スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10話 カン・イノの悲劇 「燦爛たる悲しみの春」

  • 2007/11/19(月) 00:00:00

第9話、ラスト近く、諧和堂(ヘファダン)にヨギョン@ハン・ジミンちゃんを送ったスヒョン@リュジン氏。ヨギョンを心配してヘファダン前いたカン・イノ少年を見つけて、鐘路署に連行します。(第9話シーン59)

kyonsu_black_1.jpg

スヒョンは、「七必殺」第一の殺人で殺された高利貸ミン・ファンシクによって北間道に売られたイノの妹に会わせるかわりに、ミョンビンカンとヘファダンの情報を週一回スヒョンの元に報告する「쁘락지 ブラックG(諜者・スパイ)」の役割をイノに持ちかけます。

kyonsu_black_2.jpg
妹会いたさに、イノはこの話に乗ってしまうのですが…。

kyonsu_black_3.jpg

쁘락지」とは…リアル視聴の時にもna-mimさまが色々調べられて、スパイという意味を含んで「ブラックG」と翻訳されています。
インディペンデント系で結構有名(だそう)なファン・チョルミン監督の2004年の作品に『쁘락지』という映画があって、邦題は『偽装活動家』となっていました。語源は何なのか気になるのと、1930年代か本当にこう言っていたのかは疑問なんですが、「諜者・スパイ」という意味で使われています。

kyonsu_black_4.jpg

スパイ行為とひきかえに釈放されたイノ。スヒョンの指示どおり、ミョンビンカンで仕事をしながら暮らすことになりました。ソンジュ@ハン・ゴウン嬢に呼ばれたヨンランが、イノを部屋に案内します。(第10話シーン23)

kyonsu_black_5.jpg

イノに名前を聞く、ヨンラン…何となく、少年少女時代のスヒョンとソンジュを思い出しますよね。
「ソ・ヨンラン」という名前を聞いて、イノは「キム・ヨンラン詩人の名前みたいですね…」と言いますが、字が読めないヨンランは、キム・ヨンランを知らず、きまり悪そうに部屋を出ます。


キム・ヨンラン(金永郎 김영랑)は本名を金允植(キム・ユンシク)といい、1903年全羅南道康津生。三一独立運動の際に逮捕され半年間拘留、翌年1920年に青山学院大学英文科に留学、帰国後、1930年代には、すでに何度か紹介している鄭芝溶などとともに、活発に詩作活動をおこないました。1935年には『永詩集』を刊行、郷土愛に裏付けられた抒情的な作風で知られています。1950年、朝鮮戦争のさなか、ソウルで爆弾の破片にあたって亡くなりました。「北道に素月がいれば、南道に永郎がいる」といわれるように、韓国を代表する詩人の一人です。


모란이 피기까지는 김영랑

모란이 피기까지는
나는 아직 나의 봄을 기다리고 있을테요
모란이 뚝뚝 떨어져 버린 날
나는 비로서 봄을 여윈 설움에 잠길테요
5월 어느 날 그 하루 무덥던 날
떨어져 누운 꽃잎마저 시들어 버리고는
천지에 모란은 자취도 없어지고
뻗쳐오르던 내 보람 서운케 무너졌느니
모란이 지고 말면 그뿐、내 한 해는 다 가고 말아
삼백 예순 날 하냥 섭섭해 우옵내다
모란이 피기까지는
나는 아직 기다리고 있을 테요
찬란한 슬픔의 봄을


*************

牡丹が咲くまでは 金永郎

牡丹が咲くまでは
私はまだ 私の春を待っているはずです
牡丹がぽつりぽつりと落ちてしまった日
私ははじめて 春をなくした悲しみに沈みます
5月のある日 その一日中 蒸し暑かった日
落ちて横になった花びらでさえ 萎んでしまってからは
天地に牡丹は名残も消えて
噴きあがる私のやりがいは名残惜しく崩れてしまったから
牡丹が散ってしまえば それだけ、私の一年は殆ど過ぎ去ってしまい
三百六十日 ひたすら寂しくて泣きます
牡丹が咲くまでは
私はまだ 待っているはずです
燦爛たる悲しみの春を


イノの処遇に関しては、スヒョンに文句があります。イノを保護しようと思って、「ブラックG」を持ち出したのかも知れないけれど、最後まで、面倒見なさいよ!アンタ!
中途半端にほったらかしにするから、コウジとガングに○×△されて、最後はああなっちゃったんだから…。
よっぽどガングの方がイノに関しては面倒見が良かったと思うtorakoでした…。

kyonsu_black_6.jpg

イノはやっぱり賢くって、早熟な少年だったんですね。1935年に出版された『永郎詩集』を愛読していたんでしょうか?そのままずっと生きていて、次の春を迎えることができば、ヨンランちゃんと恋が芽生えることもあったかも知れないのに…。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。