スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「千回のキス」ギリギリアジョシウジンの純愛日記その49

  • 2012/02/04(土) 20:45:23

천 번의 입맞춤
제49회

「千回のキス」
ギリギリアジョシ ウジンの純愛日記
第49話

cyonbone_ep49_01.jpg
천번의 입맞춤 많이 사랑해주셔서
정말 감사드립니다
항상 행복하고 건강하세요

「千回のキス」をとっても愛してくださって
本当にありがとうございます
いつも幸せに、健康でいてください

リュジン氏~字が綺麗だわ~

「家に帰りたい…あなたや子どもたちの傍にいたい…」「希望を捨ててはダメだ…」骨髄移植が失敗した継母の状態は日々悪化していく…。友人の博士に相談するスンジェ会長。「答えてくれ…どうしたらいいのか…もうあきらめろというのか?」「そんなことを医者の口から言わせるな…」
一時的にでも家に迎えてはというジュミをウジンが説得する…。そんな深刻なウジン家とは関係なく?ミニ弁護士の母に会いに来た妊娠中のヘビン。「料理教室、文化講座…」嫁になるために身につけなくてはならないと言われて渡されたメモには、数え切れないくらいの習い事…。ミニ弁護士に文句を言っても…「兄嫁さんもそうしていたけどなぁ…」しかも彼の家は3世代同居…。次々と大変な事実がわかってくる…。
ユギョンも結婚に備えて、ウビン母と相談中。そこに「私、結婚しないからね!」とヘビンが帰ってくる…。「お腹の中の赤ちゃんはどうするのよ!」となだめるウビン母。
最後までしつこく元夫の家、ジュニの元カレが50万ウォンあったら出て行くから…と言っているが…泣く泣く50万ウォン渡すジュニ。本当に出て行くのかな?市場で買い物する元夫の母…30年ぶりに昔の知り合いに会う。「キム・ドゥシク社長が亡くなったって…息子に会って…」「え?社長は亡くなってませんよ、元気ですよ…それに息子の名前は…」話が食い違う…。
早く出て行くように言うジュニに「今日は体の調子が悪くて…」といいながら、ジュニが出かけた後で家の中を物色する元カレ。あぁ~もうどうしょうもない!出かけるジュニとすれ違いでタクシーで帰宅する姑。「あいつは偽物だよ!」逃げる元カレ。家の中はめちゃくちゃ…。
事務所の仲間とノレバンに来ているウビン。主人公のはずなのに、存在感が…。ウビンに電話をするユギョン「どこにいるの?」「友達と一緒だ…」「行っちゃダメ?」「次にしろよ…」「行きたいわ、ウビンさんの友達ってどんな人か気になるの?」
50万ウォンと宝石を盗られて男に逃げられた元夫家は大騒ぎ…もういいから、ウジン家はどうしたのか場面を切り替えて欲しい~。ウビンはかな~り飲み過ぎ…で、機嫌も悪い…。ウビンがトイレに立った隙に友人たちが携帯を勝手に触り出す。「絶対1番だよ~」1番の登録はジュヨン…。「出てきてくださいよ~婚約者でしょ~」「なにかの間違いです…」電話を切るジュヨン。そこにユギョンから電話。「そこ、どこなんですか?」
ユギョンがノレバンにやって来ると、ウビンは酔い潰れていた…。「まぁ、まず一杯どうですか?」酔った友人たちが「ユギョンさん、ウビンを信じちゃダメですよ…あなたの電話番号は1番じゃないですよ~」と言わなくてもいいことを言う…。ウビンを家まで送って帰ってきたユギョン…ウビンの携帯を確認する…1番は…ジュヨン…。助手席で眠るウビンの寝言も…。ユギョンのプライドはズタズタ…。ウビンと車を家の前に放置して、タクシーで帰るユギョン。しかたなくウビンアボジがウビンを引きずって家の中に…。
ユギョンは家の中の結婚写真を粉々にして泣き崩れる…。翌日…ユギョンに車を返しにきたウビン…「警備室に預けて…」「俺…何か失敗でもした?」「出勤するから…後で話しましょう…」マンションから出て来てもウビンに冷たい視線を投げつけるユギョン。「何か間違ったことでもしたのか?」「もう、これ以上待つ自信がなくなったわ…あなた…酔って助手席でジュヨンさんの名前を呼びながら、泣いていたわ…しかも、まだ携帯の1番目はジュヨンさん…」
ウジン継母が入院する病院。看護師に便箋を持って来てもらうように頼む継母。「あなた…家に帰してください…もう無菌室に過ごしたくない…あなたや子どもたちと一緒に幸せに過ごしたいんです…」その手紙を受け取ったスンジェ会長…秘書に命じて、病院に駆けつける…「お前…家に帰ろう…家に…」妻を車に乗せて、しっかりと手を握るスンジェ会長。「日の光が眩しくて、とっても気持ちいいわ…幸せよ…」
ウジン、ジュミ、スア…子どもたちが迎える…。ジュヨンに母の帰宅を知らせるジュミ…。「もう移植手術をするつもりはないのかい?」「1回失敗すると、もう一度成功させることは簡単ではないみたい…」
ウビン母に呼び出されるユギョン。「あなた…ウビンを車に置き去りにして、もし何かあったらどうする気だったの?」責めるウビン母。そこに帰宅したウビン。二人でカフェに来て別れを告げるユギョン。「私…ウビンさんから離れることにしたわ…」「もう一度考えてくれないか…僕が、努力するから…」「ウビンさん…最初から責任感だったのよ…責任感から始まったことだわ…ウビンさんが家に泊まった日…何もなかったのよ…」「努力するよ…」「何を…」「お前は信じないかもしれないけど…彼女を心の中から追い出すように…」「もういいわ…」自分から別れなのに、涙が止まらないユギョン…。
家でベッドカバーの取り替えをしている母、驚くジュミ…。そこに帰宅したスンジェ会長。「幸せよ…本当よ…」朝…ジュミが起きると、母が朝食の仕度をしている…。「そんなことするなら、すぐに病院に帰れ!」「私がそうしたくて、しているのよ…見逃して…」
会長室で社長と話すスンジェ会長。ジュミが寝室に来てみると、母がベッドの傍で倒れている…。「大丈夫ですか?」「大丈夫よ…」不安になるジュミ…。看護するジュミを愛おしそうに見つめる母…。
ミニ弁護士と結婚問題について相談中のヘビン。「間違いなく母さんが譲歩するから…」そう言って、母に会うように勧める弁護士。「この結婚はなかったことにしましょう…」「お義母さん…私…」「二つに一つね…同居するか、結婚をなかったことにするか…」「2年間だけということで…覚書を書いていただけませんか?」
出勤して部下に挨拶するユギョン…「おはよう…でも、これが最後ね…今まで助けてくれてありがとう…」爽やかなユギョンの笑顔…。その足でウビンの家に来て、結婚を止めたことをウビン母に告げるユギョン。「え?結婚しないことにしたって?何を言ってるの?」「お母さん…ウビンさんが努力すると言った事を信じていたけど…あきらめました…来週発ちます…すみませんでした…」両親に呼びつけられるウビン。体面を気にする母とウビンのことを心配する父。「もう、終わりにしたいんだ…ユギョンのためにも…」「不幸な結婚は必要ない…」と父。わ~わ~泣き叫ぶ母。
母を看護するジュミ。化粧をしたいと言う母。「お父さんに綺麗に見せたくて…」ジュミが母の顔におしろいを塗る…。次に頬紅…口紅も…。顔色が良く見える…。ウジンと一緒に帰宅したスンジェ会長。「今日はどうだった…少し吐いて…倒れました…でも、化粧をしたいって…」ウジンがCDを母に買って来た。高校生の時に母が好きだった歌手の歌…。家族たちに囲まれて幸せそうな母…。
夜中…突然苦しみ出す母…スンジェ会長に手を伸ばす…「あなた…」「どうした?」ウジンを呼ぶスンジェ会長…。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

寒いですね~

torakoさん あんにょ~ん

ソウルほどではありませんが、大阪もマイナス気温の寒さです。
長い長いと思っていた「千回のキス」も明日が最終回。はて、何がどうした話だったのか、リュジン氏はどんなポジションだったか~など思い出そうとするのですが、たいしたことが浮かんできません・・・はじめの頃はおもしろかったんですけど・・・
↑にあげていただいているリュジン氏!HPの「最後の撮影を控えた出演者」の現場写真のコーナーで見て、こんなかわいい、すてきな40歳はいないわ~と思ったので、torakoさんがUPしてくださって、うれしいです~!
きょうは、ウジンの出番が少なかったですね。明日もこのまま終わってしまいそう・・・スンジェ会長夫妻が主役ですね!
それにしても、こんなウビンは嫌だなぁ~ 情けないです。
あ~、なんだかもやもやしたまま終わってしまいそうな予感です。明日ですね!

  • 投稿者: yukippe
  • 2012/02/04(土) 22:30:26
  • [編集]

お元気ですか・・・

本当に麗しいお顔と字です。もう少しあの麗しい手も見えたら・・・なんて、カレンダー2月の羽田駐車待ちのお姿を見て、いつも
にやけてしまう私です。お風邪などめしませんように・・・

  • 投稿者: ranran
  • 2012/02/05(日) 15:00:33
  • [編集]

本当に最後ですね…

yukippeさん
途中、かなり苦しいストーリーでしたが
何とかまとめたって感じですね~
前半は本当にいい雰囲気のカップルだったんですんが
後半は普通の若夫婦に…
もう少しウジンを活かしてほしかったです…ウビンよりはましですが…
このメッセージボード写真、いいですよね~可愛い~

  • 投稿者: torako
  • 2012/02/05(日) 22:00:50
  • [編集]

素敵なワンショット!

ranranさん
本当に字がきれいですよね~
以前サインを書いてもらった時も、丁寧に書いてくださいました!
性格かな?
大変な寒さの中の最終撮影も終え、打ち上げも楽しまれ…
色々大変なことも多かったようですが、一区切りと感じていらっしゃるのではないでしょうか?
少しだけのんびりされて、もう少し暖かくなったら、私たちがあっと驚くようなシチュエーションで登場してほしいですね~

  • 投稿者: torako
  • 2012/02/05(日) 22:04:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。