スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビニール狂時代 83P.11L~87P.20L

  • 2011/04/28(木) 02:05:41


비닐광 시대

83P.11L~87P.20L

今回はずいぶん時間もかかってしまい、申し訳ありませんでした。この本の文体にもだいぶ慣れてきましたが、まだまだ読むのが遅くって…お時間ある時にコメントよろしくお願いします~!

◆83P.17L
何と言っても頭を悩ませたのは、「僕」とコアラのスクラッチでの会話です~

'삐비비, 치이이칙칙키, 뚜위뚜위뚜위이, 히히피피'
'투구투구붐츠츠두두치키둥둥, 프프삐삐히치키피픽, 휘이치키치키'


並んでいる言葉に何か意味があるのかとだいぶ考えたり辞書を引いたりしてみたのですが、結局わからずに、そのまま音に置き換えて

ピビビ、チイイチッチッキ、トゥッイトゥッイトゥッイイ、ヒイピピ
トゥグトゥグブムチュチュドゥドゥチキドゥンドゥン、ププピピヒチキピピッ、フィイチキチキ

としてしまいました~意味のある言葉だったのか、そうではない音の羅列なのか、みなさん、教えてください~

◆84P.5L
내가 어떤 부분의 소리를 비틀어서 들려주면

비틀다
は「ねじる、よじる、ねじ曲げる」という意味があります
私は
「僕がどんな部分の音をねじって聞かせても」と直訳気味にしてみましたが
どうもしっくり来ません。みなさんはどんな訳にされましたか?

◆85P12L
눈이 꼭 야광 같더라니까

の中の「야광」という言葉です。そのまま訳せば「夜光」なんですが
「目が異様にギラギラしている」みたいなニュアンスでしょうか?

◆85P.20L
그건 서로 다른 유리조각들을 모아 새로운 유리창으로 만드는 일과 비슷하다.
혹은 퍼즐을 조립하는 과정과 비슷하다.
그 모든 조각을 하나의 커다란 틀로 완성시키는 순간 디제이만의 음악이 탄생하는 것이다.


それは互いに違うガラスの破片を集めて新しいガラス窓を作る仕事に似ていた。あるいはパズルを組み立てる過程と似ていた。その全ての破片を一つの大きな型として完成させる瞬間、DJだけの音楽が誕生するのだ。

ここは、疑問点というよりも印象に残った部分です。それぞれ違うガラスの破片が一つの作品になる。DJがさまざまな曲をリミックスして自分の作品に仕上げる過程になぞらえていますが、まさにこの本『楽器たちの図書館』の世界と一緒ですよね!それぞれ異なった設定の つの短編小説を組み立てて、キム・ジュンヒョク作家だけの世界が誕生する~そんな自分の創作活動を意識した表現として面白く読ませてもらった部分です~

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ラップはそのままにしました

まず、ラップ部分は、「意味があるのでは?」とか全く疑うこともせず、単に音としてそのまま訳してしまいました。

85ページ7行目「音楽が得意だったんですか?」と訳されているところは、93枚のレコードを聴いて「よかったですか?(どうでしたか?)」と尋ねているところだと思いました。

85ページ12行目「目が夜光みたいだったから」と訳されているところは、「アニキ、アイツちょっとヤバくない? 目、見た? 異様に光ってたじゃん」としました。やっぱり目がギラギラしているイメージですね。

86ページ8行目「続けて付けることのできない何枚かのレコードのために」と訳されているところは、「揃わないピースのせいで徹夜した朝だった」としました。2行目に「(DJが音楽を作るというのは)パズルをはめ込んでいく過程と似ている」とあるので、自分の思い通りの音にならないことを、パズルのピースの隣同士が揃わないと比喩しているのかな?と思いました。

86ページ17行目のtorakoさん訳の「心ここにあらずだったからか」は、まさにそうですね!

*ちょっと気になったのは、87ページ1行目の「남자의 창고는,예상대로,지하에 있었다.」の部分で、なぜ2カ所にカンマがあるのかな~?ということです。とくに必要じゃないですよね? なんらかの効果があるんでしょうか?

  • 投稿者: nikka
  • 2011/04/28(木) 08:49:23
  • [編集]

なるほど!の連続です~

nikkaさん
いつも丁寧なコメントありがとうございます~
85P7行目、そうですよね~単純な言葉ほど、意味を取り違えてしまって…
86P8行目も訳していて違和感があった部分でした~
そうか、その前のパズルを受けていると考えればすっきり解釈できそうですよね…
この辺が、キム・ジュンヒョクさんらしい表現なんでしょうね~
一歩深い部分がまだまだうまく解釈できないし、訳せないのがジレンマです
でも、色々考えて、結びついた時は楽しいですね~
最後のカンマ問題…これから倉庫の中で起こることを暗示しているのでしょうか?
「男の倉庫は…予想どおり…地下にあった…」なにかおどろおどろしい効果を期待しているのかな?
気がつかれたnikkaさん、さすがです!
今日から10日間、韓国暮らしです~少しでも韓国語のスキルが上がるようにがんばろうと思っていますので、またのぞきに来てください~

  • 投稿者: torako
  • 2011/04/29(金) 00:45:50
  • [編集]

コメント

を送ったつもりでしたが、なんかダメだったようです。たまにこういう실수が(^^;)。

p85の7行目はnikkaさんと同じ意見で
 「どうでしたか」にしました。

p86の8行目の
 이어붙이지 못한 몇 조각의 음악들 때문에は「うまくつなぎ合わせることの出来ない部分がいくつかあったので」なんて長くなっちゃいました。ちょっと変ですね(^^;)。
ラップに関してはホントにわかりませんでした。
韓国旅行、楽しそうですね。お気をつけて~。

  • 投稿者: ハーちゃん
  • 2011/04/29(金) 01:48:54
  • [編集]

ありがとうございます!

ハーちゃんさん
ありがとうございます…
本物のDJを実際見たことがないので、どんな作業をしているのか、あまり想像ができないんですよね…。
P86の8行目は、実際の作業なのか、観念的なものなのか…nikkaさんのパズル説で「なるほど!」と思ったんですが、また悩んでしまいました~
韓国行きは旅行というよりも、リフレッシュタイムというか、生活の場を変えて、あすへの元気をもらう習慣みたいなものでしょうか…。
見て、聞いて、食べて、しゃべって?来ますね~

  • 投稿者: torako
  • 2011/04/29(金) 23:50:20
  • [編集]

今は韓国ですね

torakoさん、10日間も韓国暮らしとは、うらやましい~。プチ留学ですか?おみやげ話を聞かせてくださいね。

スクラッチの会話、意味があるかも?とは私も疑いませんでした。音の羅列のようですが、擬音が多い言葉ですから何らかのイメージを喚起することはあるのでは、と思います。日本語でも、ピビビ、とかは鳥のさえずりのようなイメージが自然とわいてきます。韓国語ネイティブなら、この音からどんなことをイメージするのか…。想像もできません(T_T)

84P.5行目 비틀어서 は「ひねって」としました。レコードの音そのままではなくスクラッチ等でちょいとひねる、て感じかな、と思って。
「僕がある部分の音をひねって聞かせてやると」としました。この場合、어떤 で始まり -면 で終わってるので、「どんな~しても」という譲歩表現というよりは、単純な仮定条件で、「ある~」かな、と思いますが。

85p.7行目、「よかったですか?」「どうでしたか」がいいですね。私も「音楽が」をそのまま訳してしまったので、なんかおかしい、どういう意味かな~、と思ってました。

야광、私も「夜光」とそのままにしてしまっていました。nikkaさんの訳、いいですね!

86p.8行目 nikkaさんの解釈と同意見です。私は、「いくつかの音楽のかけらを上手く繋げられなくて」としました。パズルのピースの感じを出したかったのですが…。

86p.最下行 왕창、どさっと、がっぽり、わんさと、とすごく大量を表す副詞のようなので、若者らしく「がっつり」としてみました(^_^;)

87p.1行目のカンマ問題。私も一瞬なぜ?と思いましたが、そのままスルーしてしまっていました。예상대로 が強調される感じですよね。その前の、一人では行きたくなかった、てところから繋がって、不安感をより感じさせる効果を狙ったのでしょうか。…にすると、たしかにおどろおどろしい感じが効果的ですね。

  • 投稿者: ひがなお
  • 2011/05/03(火) 11:47:18
  • [編集]

ありがとうございました~

ひながおさん
こんばんは~
10日間とはいえ、逆に日本よりも授業以外の勉強はしない(する時間がない)かも?
毎日ウロウロしていると、本当に時間の経つのが速いです~
同じハスクに2ヶ月コースの方がいらっしゃるので、本当にうらやましいですね~

本当に詳しいコメントありがとうございます~
ラップの部分は、知り合いのネイティブの人にも聞いたのですが
ひと言で「意味ないと思いますよ~」でもラップに詳しいネイティブの人が見たら、また違うかも…なんてまだ疑ってますが…

비틀어서…そうですよね、単に聞かせるだけでなく、ひねり出す感じ~
二人の息が合っているということが言いたいのかな…?と思って、「どんな~でも」と訳してしまったのですが、文法的には通常の仮定なんですね~すみません~

왕창を「がっつり」も雰囲気出てますね~
若者言葉?の知識も必要だな~
翻訳をすすめながら、色々勉強になっています~
会話中心の授業と、小説を読むのと、全く思考回路が変化しますが、どちらも刺激的です~!

  • 投稿者: torako
  • 2011/05/04(水) 01:09:47
  • [編集]

大変遅くなりました…

お帰りなさい!!Twitterではどうも^^
ハスクライフ、楽しく読ませてもらってます♪

そして、大事なこの記事を読み逃げしてました~!!ごめんなさい(涙)!

비틀다、結構出てきますよね!
マニュアル~でオルゴールをねじる?回す?動作も、비틀다でしたし。
今思うと、あのオルゴールとレコード、どちらも「丸いものを비틀다」で、ここももしかして共通させてたのでしょうか?それとも作家の好み?

それから、새로운 유리창으로 만드는 일과 비슷하다.
ここの일は、単純に作業、とかつくること、の方でいいんですかね?
torakoさんは仕事と訳されたようですが、職人という言葉が出てくるとやはり仕事なのでしょうか?

カンマ問題は、私も全くのスルーでした!
宮部みゆきも良く使う、倉庫は―予想通り―地下にあった。
的なものでしょうか?
こういう作家の意図をくみ取るって大変ですね;
お気づきになったnikkaさん、すばらしいです。

  • 投稿者: おけいはん。
  • 2011/05/10(火) 02:48:40
  • [編集]

色々ありがとうございました~

おけいはん。さん
こんばんは~
こちらこそ、色々と教えていただき、ありがとうございました~
まだバスの乗車は慣れなくて…でも、バスをばっちり乗りこなせるようになったら、ちょっと留学生みたいでカッコイイですね~かなりアジュンマなのは、勘弁してもらって…。
「비틀다」そうですね~「マニュアル」では、オルゴールをひねるという動作はすごく意味のある動作でしたよね~作家の好きな表現というものがあるのでしょうか?
丸いものから、「音をひねり出す」ことに作家なりのイメージを持っていらっしゃるのかも知れませんね~
その辺は、作家の癖や思いを汲んで訳さないといけないんでしょうけど、まだまだ私はそのレベルにはほど遠いです~
でも、こうやって連作を読み進めていくと、作家がそれぞれの作品に散りばめた、それこそ「조각들」が一つの形になるのかも知れませんね~
「새로운…」の「일」について、固く「仕事」と訳してしまいましたが、「こと」とか「作業」の方がしっくりくるような気がします。ビジネスではなくワークですね~ありがとうございました~

  • 投稿者: torako
  • 2011/05/11(水) 01:07:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。