スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日から…百済に行ってきます!

  • 2010/09/23(木) 18:49:23

『国家が呼ぶ』の終映(6月29日)以来、長くて、暑くて、いそがしかった夏が過ぎました。昨夜は明け方に猛烈な雷雨。雷の音がうるさくて、目が覚めました~。窓から吹き込む風はやっと秋風。
そんな秋風に誘われて?土曜日から「百済の旅」に行ってきます!
この旅…そもそもの発端は、同じ会社、違う部署の部長ニムが言い出しっぺ。この部長ニム、韓国映画が大好きで、韓半島一周バス旅行をするのが夢、「韓国語マラソン」で独学して、韓国語をそれなりに自由に操る面白いアジョシ。一昨年韓国・忠清南道から視察にやってきたCさん(男性)と部長ニムが意気投合し「2010年の秋に扶余と公州で大きなお祭りがあるから、必ず遊びに来て~」とのCさんの誘いに部長ニムが仲間?に声をかけて、総勢12名の旅となりました~。

pekjie_01.jpg
『ソドンヨ』ポスター撮影にて
この時は不幸な最後だとは思ってなかった?

土曜日の朝、関西空港を出発して、金浦空港からバスで扶余へ。忠清南道の扶余と公州を会場に9月18日から10月17日までの1ヶ月間、「世界大百済典」というイベントが開催されています。今奈良で開催中の平城遷都が1300年祭なら、百済は1400年~

pekjie_03.jpg
扶余のシンボル
「聖王像」

百済の歴史を簡単に振り返ってみると…百済の神話では、紀元前18年頃、朱蒙(チュモン)の第三子温祚王によって建国されたといわれています。百済が具体的に資料に登場するのは、4世紀の近肖古王から。 その頃の百済の都は現在のソウルの漢江南岸にあって、漢城と呼ばれていました。紀元前1世紀から紀元後3世紀の間に作られたとされるソウルの風納土城、夢村土城がその遺跡に比定されています。(夢村土城は現在歴史公園になっている)
北方の高句麗からの圧力を受け続けていた百済は、高句麗長寿王から攻められ漢城が陥落、百済文周王の時代に熊津(現在の公州)に遷都しました。東城王、武寧王の時代には中国、南朝の梁と活発に交流を行って国力の回復に努め、聖王(アン・ソクファン氏@ソドンヨ)の時代(538年)に泗沘(扶余郡)に都を遷しました。
聖王は倭国(日本)に諸博士(学者)や、仏像、教典を送って、盛んに交流を行いましたが、554年に新羅との戦いで戦死。(聖王の頭蓋骨の話がソドンヨでも出ていましたね~)その後、武王(チョ・ヒョンジェ氏@ソドンヨ)は王権回復のために益山(全羅北道益山市)への遷都を計画しますが、実現せず、武王の後を継いだ、義慈王の代、660年に新羅と結んだ唐に泗沘を占領され、百済は滅亡しました。
663年には百済遺臣と倭国水軍が、唐・新羅の連合軍が白村江(錦江、白馬江)で戦いましたが、唐・新羅連合軍の圧倒的勝利に終わり、多数の百済人が倭国に亡命しました。

pekjie_02.jpg
白馬江に浮かぶ復元船
「善花(ソンファ)号」

百済が滅亡した年から数えると、1350年目なんだけど、どうして1400年~?韓国では、四捨五入なのか?それとも細かい数字は気にしないのだろうか…。今までも、毎年秋に、扶余と公州では、「百済文化祭」というお祭りがおこなわれていましたが、今年は、「韓国忠清南道訪問の年」とされ、扶余・公州地域の世界遺産認定をめざす動きも絡んで、大規模なイベントになっているようです。
白馬江の北岸には、メイン会場の「百済歴史文化団地」や「百済歴史文化館」が造られ、メイン会場そばには9月に大型ホテルロッテ扶余リゾートがオープンしました。イベント期間中は扶余市内でも、「薯童(ソドン)・善花(ソンファ)ナイトパレード」やマダン劇などさまざまな行事が行われているようです。
※扶余ではあちこちにソドンとソンファの人形がありますが、サテッキルは~?(泣)
昨年10月、ソウルから高速バスで2時間かけて、一人で訪れた扶余は、の~んびりした街でしたが、今年1年でどう変わっているのでしょう?日本の飛鳥のようだった扶余の良さがなくなってほしくないな…と思いつつ、「世界大百済典」で、どんなイベントが行われているのか楽しみでもあります。
扶余で2泊(1泊はロッテ扶余リゾート)した後、最後の日はソウルへ。今回の3泊4日の旅は、添乗員さんや現地ガイドがいないので、部長ニムとtorakoが現地ガイド代わり!?韓国旅行が初めての人もたくさんいるので、自由な時間が取れるかどうか不明ですが、時間があれば、現地レポもしたいと思います。
サッテキル@リュジン氏が不幸な目にあった悲しい扶余ですが、現地の文化と歴史にふれる旅になれば…と思っています~それでは、行ってきます~!!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

いってらっしゃ~い

torakoさん あんにょ~ん

数時間後には出発ですね!
ガイドさんは気苦労が多いかもしれませんが、torakoさん自身も楽しめるといいですね!
あ~torakoガイドさんのツアーに、私も参加したいです~^^
帰国されてからでいいので、ぜひルポお願いします!待ってま~す!
サテッキルに会えるといいな~

↑で紹介されている「韓国語ジャーナル34」、それでなくても買おうと思っていたところでした。こんな記事があるのならますます楽しみです!紹介くださり、ありがとうございました!

では、きをつけて、いってらっしゃ~い!
楽しい旅でありますように!

  • 投稿者: yukippe
  • 2010/09/25(土) 02:54:54
  • [編集]

アクシデントはありましたが…

yukippeさん
アンニョーン!
無事帰ってきました~
アクシデント?はそこそこありましたが、皆体調を崩すことなく帰ってこれたので、良かったです!
torako添乗員の旅は、「ひたすら歩く」旅~
みんなホテルに帰ってから、足や腰に湿布を貼っていました
現地レポも1日目は余裕があったのですが、2日目からすっかり夜はバタンキューで、3日目に至っては、マッコルリのせいでふらふらに…
扶余市民のみなさん、12名の怪しい日本人集団が、街を荒らしてすみませんでした~
また旅を続きは後ほど…

  • 投稿者: torako
  • 2010/09/30(木) 01:15:30
  • [編集]

おかえりなさ~い

torakoさん あんにょ~ん

お元気ですか?
無事にご帰国されたようで、よかったです!お疲れ様でした!
旅のレポ、楽しみにしていますので、時間がある時にまた聞かせてくださいね~ サテッキル~!
あ、わたし体力に自信あります!torako添乗員さんの「ひたすら歩く旅」にもついていけます!よろしく~^^
「国家・・・」日本語字幕版も見ていますが、「私の恋人・・・」も見ています。torakoさんご推薦の地下鉄改札のシーン、第7話見ましたよ~ 
ヒョンシク@リュジン氏、いいですね~麗しいですね~
まだ10話までしか見ていません。週末に続きを借りに行きます!  やっぱり美しい手指!!

  • 投稿者: yukippe
  • 2010/09/30(木) 02:10:10
  • [編集]

出てこい~リュジン氏ぃぃぃ~

yukippeさん
あんにょん!
しばらく家のメインPCの調子が悪くて、コメントできませんでした~ミアネ
歩け、歩けの旅の後で、仕事でも歩け、歩け~
足が鍛えられましたが、痩せませんね~
『国家』は同居人と一緒に、彼の反応を見ながら見ています。やっとリュジン氏の様子がいつもと違うのに気づいたみたいです~
…しかし、何度見ても、ハナとジニョクのラブラブはいただけませんね~
KNTVでは『三銃士』がはじまったようだし、Gyaoでは『めっちゃ』プチ・リュジン祭りですね!
肝心のリアルリュジン氏は、全く音沙汰なし!
そろそろ、公的な活動を再開してほしいな~
みんなでエールを送りましょうか?

  • 投稿者: torako
  • 2010/10/04(月) 23:29:56
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。