スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国家が呼ぶ」ハン・ドフンのパボと呼ばないで~ 第10話

  • 2010/06/08(火) 21:56:25

국가가 부른다
제10회

kuka_14.jpg

「好きです!」「俺が好きだって!?」ハナに告白されちゃった(と思ったドフン)。韓国のニュースでは「錯覚王子」という表現が…。ハナの前でウロウロ…「俺がキム秘書の従兄弟に親切にしたから誤解したんだな!」…と言いつつ、思いっきり動揺するドフン。
その頃ウンソはアジュンマに化けていたチンピラの取り調べ中。「弁護士を呼んでくれ!」退勤時間になって…「キム秘書…」「私が先にお話します…さきほどの言葉はなかったことに…」チンサンは明後日から出勤?意味深な言葉を残して会社を出るドフン。
ハナはルンルンでジニョクの車で帰宅~。「オッパー」とじゃれつくハナ。愛してるんだから~。「コ・チーム長、オッパー!」この二人の恋愛に感情移入できない~。「コ・チーム長の家に行きたい!」というハナ。ハナとジニョクが現れたのは…チンピラの取り調べ室。「ヌナ…申し訳ありません…」と神妙なチンピラ。「彼女がいるだろ?」「彼女…何も知らないんです…」その彼女が浮気している写真を出すハナ。「ヌナ…こんなことでは生きていけません…」思いっきり弱みを付いてチンピラを吐かせるハナ。「鍵です…」チンピラがドフンに渡した鍵のこと?ウンソはハナの作戦が成功しているのが気に入らない…。
落ち込むウンソのデスクにあらわれたジニョク。「もう一度聞くわ…オ・ハナ氏との関係…本当に自身があるの?」「あなたは全てを捨てたじゃない!」感情的になるウンソ。「私が…全て…」
焼酎を飲み倒すハナオンマとシニル上司。この二人までラブラブ…?家に帰ったジニョク。「明日の夕食一緒にどうかな…?」ハナと引き合わせようとしている。「会わせたい女性でもいるんでしょ?」
捜査はチンピラの証言にある「鍵」ドフンの事務室を探すしかない…。シニル上司の携帯にハナオンマからメッセージ「なんで、急にいなくなるのよ~」
イソン財団ではドフンが遅い出勤。今日は半袖?「本当に俺が好きなのか?」「明日はコ・チンサンが出勤だ」
久しぶりに実家に帰ったハナ。「今、どこだ?」ジニョクから電話。ハナが手みやげを持ってジニョクの家にやってくると、ジニョクの他は誰もいない…。ジニョクの部屋でウンソの写った写真を見つけるハナ。「それで…写真の人は誰?」「パク先輩だ…亡くなったんだ…」「俺の親父は小さい時にすぐ亡くなったんだ…」「理事長は…悪い人じゃなさそうだけど…」
タクシーでアジトに帰ってきたハナ。家の前にはウンソ。「コ先輩の家に行ったの?」火花が散る二人…。「幼稚じゃない?」「幼稚なのはあなたよ~」遂にドタバタにウンソまで巻き込まれた~。とっくみあいの喧嘩~さすがに訓練を受けているウンソが強い!ウンソがハナを羽交い締めにしているとジニョクが帰ってきた。「何してる?喧嘩しているの?」「喧嘩じゃないわ…仲良くしているのよ…どうして…?」「明日出勤する時に、ハナ氏と一緒の方が自然だと思って…」ウンソと別れてエレベーターに乗るハナとジニョク。「喧嘩してたんだろ?」腕を組んでハナを引き寄せるジニョク。
翌朝…アジトで朝のミーティング。チンサンもアルバイトとして出勤予定。今日のハナの任務はドフンを連れ出すこと。会議中もジニョクとアイコンタクト?のハナ。そんなハナを横目で見て気にするドフン~ハナを手招き。ハナのいれたお茶を幸せそうに飲むドフン~。

イソン財団の女性職員とチンサンが偶然同じ大学。「見たことないけど…」「僕は会ったことがありますよ…」情報局からの通信でその場を逃れるジニョク。ドフンとハナが去った後は…仕事を言い付けられる。
ハナがドフンを連れだそうとするとドフンは「行かない…」という。「運転するのがしんどい…コーヒー一杯いれてくれ…アイスで」「お父さまが来られるそうです…」「私のスケジュールをまた教えたのか?」「車を準備しろ!」急に出かけることになった二人。…当然、ハナが運転、ドフンは横でZZZ…。「なぜ私が運転まで…」「今…自由路です…」二人がでかけた隙にドフンの事務室に忍び込むジニョク。ドフンのPCを操作。
なかなか進まない捜索…ウンソから時間を稼ぐようにハナの携帯に電話。PCの次は鍵の捜索。ハナは時間稼ぎのために、車が故障したとウソをつく。「バッテリーがあがったんです」周りはひたすら田んぼ~。「自由路からはずれて…こんなところにきたんですけど…」「ナビを見ないで来たのか?」ドフンとハナが漫才を繰り広げている間、ジニョクは鍵をひたすら探す~。

JAF?もすぐ来ない~「これはキム秘書が間違ったんだからな!パボ!」あぁ~パボにパボ呼ばわりされている~。秘書室でユン代理にみつかるジニョク。「頼んでおいたことは全部終わったの?」ヤバいものは見つからずにすんだ…。PCのパスワードもはずすことができた…。…で、ハナは?

スクーターを探してきたハナ。「嫌だ!」「嫌なら1時間待っててください」「俺を見捨てるのか?好きなんじゃないのか?お前は好きな男を捨てるのか?」仕方なくドフンにメットを渡すハナ。「かぶらない…」「違反ですよ」「キム秘書は警官か?」何だかんだと文句を言いながらスクーターの後ろに乗るドフン。怖くてハナにしがみつくドフン。「首じゃなくて、腰をつかんでください~」「俺を好きなのは本心か?」「本心じゃありません~」「あきらめました~」「ゆっくり行ってくれ…制限速度は?」「いぇぇぇ~」と田舎道を飛ばすハナ。

情報局では…同期アジョシ三銃士。シニル上司の携帯にハナオンマから電話。冷やかす他二人。頭を抱えてイソン財団に帰って来た二人。美術館で二人が見たものは…ハン・テシク!ドフンアボジ~。理事長室にコーヒーを持ってくるハナ。「ちょっと…新しい秘書のようだが…」ドフンの態度は明らかにアボジに反発している?ハン・テシクに責められているドフンを庇うハナ。「わかった…話はわかったから、部屋を出ていいぞ…」どぉ~っと疲れるハナ。
アボジに色々言われるドフン。「いやです…」父に逆らうドフン。「この財団はお前のものではない…責任感を持て」

ハン・テシクが帰った後、「さっきはありがとう…俺を好きだと言ったのは…本心かもな?」ジニョク@チンサンに手を振って帰るハナの様子を、少し恨めしそうに見つめるドフン。「夕食一緒に食べられる?」「PCの分析もあるし…」「仕事が終わってから少しでもデートできたらいいのに…」

翌朝…ドフンが「いい朝…」と言って出勤するとハナの姿はない…寂しそうなドフン。ハナは休暇を取ってジニョクと寺に来ていた…。例の先輩の命日?「誰ですか…コ・チーム長の家の写真の…?」「…で、チェ・チーム長となぜ別れたか聞いていいですか?」「最初の理由は…」その頃、ウンソも寺に向かっていた…。「オ・ハナ氏のせいだよ…最初は嫌いだったんだ…無責任で…でも、安らぐんだ…他の男といると、気になるし、腹が立つ」二人がベタベタしていると、ウンソがやってきた!「どうして…ここに?パク先輩の命日にどうして他の人を連れてくるの?」ウンソを引っ張っていくジニョク。「先輩がこんなことにならなかったら…?私は…あの日…」ウンソは何か秘密を知っている?ウンソとジニョクをのぞき見るハナ。ハナを残してウンソ乗せて車を走らせるジニョク。こちらの三角関係は過去もからめて複雑~。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ドフンは麗しいけれど・・・

torakoさん あんにょ~ん

昨日もきょうもドフン@リュジン氏は、すてきです!笑顔もかわいいけど、私は厳しい表情が好きです!アボジとのやりとりのあたりは、事情ありそうな二人の関係が緊張感があってよかったです。
でも、torakoさん同様、私もハナとジニョクの恋愛関係には、「はぁ?」って感じで、まったく感情移入できないし、共感できませ~ん。あんなにぶつかってばっかりだったのに、いつから、なぜ突然ラブラブになるのぉ? どこが好きなのぉ?
それに、ハナとジニョクが組んで、ドフンをだましているのも何だか気に入らないです。(ふたりじゃなくて、情報局に集団どっきりやられてるんですね)ドフンにふたりを見返してほしい!ドフンがんばれ!
・・・って、身びいき過ぎます?^^

  • 投稿者: yukippe
  • 2010/06/09(水) 01:00:37
  • [編集]

アボジへの反発と家庭への憧れ…

yukippeさん
アンニョーン♪
同感!同感!
ハナ@ジニョク、カップルは???の連続です
元カノのウンソが傍にいるのに、何であんなにラブラブになれるのか…?特にジニョクの心の動きが理解できません…。
ハナとドフンの関係を面白くするために、無理矢理ハナとジニョクをくっつけたような…
最後まで、「気になるんだけど、反発」の関係でもいいのに…ね。

最初のシノプシスでは、ドフンは「アボジを怖れている」みたいに書かれていましたが、「反発している、憎んでいる…」ような感じですね。
家庭を顧みずに、自分を理解してくれない父への反発や憎しみが、ドフンを犯罪に追い込んだんでしょうか?
アボジとのシーンのドフン@リュジン氏、真剣な目が麗しかったです~

ハナの怪しげな家庭?にシンパシィを感じているのも、家庭的に恵まれていなかったから?
あぁ…ドフナに幸せは訪れるのでしょうか?
ドフナだけが不幸になって、騙した方が幸せになるなんて展開は…許せません!

ドフンの癖?ハナを手招きする様子を見ると、生リュジン氏を思い出します♪
あの時はドフンのように、手の平を上にして手招きする(犬などを呼ぶ時にする仕草)のではなくて、手の平を下にして、丁寧に手招きしてくれましたが…

  • 投稿者: torako
  • 2010/06/09(水) 02:01:48
  • [編集]

リュジン氏の手招き

torakoさん あんにょ~ん

そうか~そんなんですね~
torakoさんは、リュジン氏の生手招きを体験されたんですね~
きゃあ~うらやましいぃぃ~!!
あの美しい手指が招いてくれるなんて!

ドフンの髪型にも慣れてきましたが、再放送の「オー必勝!」を見ていると、やっぱり長髪がいいなぁ~と思ってしまいます。思えば私が初めてリュジン氏におちたのはユン・ジェウン室長でした。茶髪で長髪で高ぴーなリュジン氏は今見ても魅力的!ストーリー的には気に入らない展開を見せますが(こういうことって多くありません?)リュジン氏はほんと麗しい~!でもひとつ、この頃よりも今のほうが痩せてスタイルはいいですよね。ジェウン室長はすごくステキでこれはこれで申し分ないんですけど・・・
ドフンはパボという設定ですが、今のスマートさは鋭さを感じさせるんですが・・・パボじゃないですよね~

  • 投稿者: yukippe
  • 2010/06/10(木) 21:19:24
  • [編集]

ドフンワールド!遅れててすみません…

yukippeさん
アンニョーン
ふふふ…「国家が呼ぶ」ならぬ「リュジン氏が呼ぶ」~
報道関係者もいる制作発表会なので、ロビーの真ん中ではまずい…と思ったのか、少し奥に行って、「こっちに来てください~」と手招きしてくれました。紳士的なリュジン氏らしい~
『オー!必勝』見てらっしゃるのですね~私も、『ソドンヨ』の次は『オー!必勝』でした。性格的には、一番ドフンに近いかも…。
「つつじの花」のノレや、赤ジャージ、雨の中の抱擁、アイスホッケー、第4話の小話?など、見せ場が多いよね~。ツンデレのジェウン室長…私も大好きです~

フォーエバーの方のお話では、今回のドフン役、監督に言われてかな~りダイエットしたそうです。「リュジン氏は運動が嫌いだから、食事制限でダイエットしているみたい」だそうです。そのせいか、ドフンはかなりシャープな印象。外見をより完璧に近づけて、言動とのギャップで笑いを取る作戦でしょうか?
個人的には、もう少しふっくらしていてもいいような気がします。

韓国のニュースを見ると、リュジン氏自身は手応えを感じているようですね。この作品をステップにして、次はどんなイメージで演じるのか…。ドフンを楽しみながらも次が気になってきました!11月のセンイルに撮影があればいいのにな~。

  • 投稿者: torako
  • 2010/06/11(金) 00:33:12
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。