スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1000万回愛してる」リアル視聴でGo!第53話

  • 2010/02/28(日) 20:48:25

最終話(第55回)までカウントダウンに入って、ヒロインが胃ガンになるというとんでもない展開…確かに、兄の子のオンマが弟と結婚したままでいられないし…。リュジン氏の歴代出演作の中でもストーリー展開の「トンデモ度」はNo.1?昨夜はセフンの見せ場が多くて良かったけど、今夜はどうかな~?

cyonman_ep53_01.jpg

胃ガンになったウンニムの住まいをやっと探し当て、アパートの前でウンニムを待つ。坂を登ってきたウンニムはガンホの姿を見て逃げ出す。車に乗せてソウルに帰ろうとするガンホ。「なぜ、ソウルに行くの?」「私は家で休みたいの…」「ソウルでどうするの?」「病院に行くんだよ…」「車を止めて!止めてったら!」強引に車を降りるウンニム。「なぜガンホさんと病院に行かないといけないの?」「お前はとても悪いんだ…検査して、悪ければ治療しなきゃいけないんだ!」「そんな必要はないわ…私は知ってるの…希望がないことも知ってるわ…」手をつかんでウンニムを連れて行こうとして、内側に向けている結婚指輪を見つけるガンホ。「特別な意味はないわ…捨てるのが惜しかっただけよ…」冷たく言う。「そう…お前がそうなら、お義父さんに言うだけだ…」「やめて…」止めるウンニム。「じゃあ…俺と病院に行こう」
一緒に検査を受け、医者の診断を受けるウンニム。「状態は悪いです…手術を受けて助かる可能性は半々です」他の病院を探そうとするガンホ。「これからは私が全てやるから、ガンホさんは帰って」ガンホの助けを拒否するウンニム。「家まで送るから…」再びウンニムを車に乗せて家に向かう二人。「送ってくれてありがとう…気をつけて帰って…」部屋の中に入れてもらえない。扉の前で待ち続けるガンホ…。
しばらく経ってウンニムに実家から電話。「何食べているの?キムチもないのに…」「市場に行ってナムルも買ってきたのよ…」声は元気そうでも泣いているウンニム。
ペク家ではベラオモニがセフンにつけてもらった腕輪を見つめている…。部屋にやってくるソンヨン。「オモニ…大丈夫ですか?」「私…失敗ばかりね…」いつ正気を失うかわからない自分が怖いベラオモニを励ますソンヨン。「私があなたに子どもができないと責めて…代理母まで…」ソンヨンに詫びるベラオモニ。「オモニ…そんなことを言わないでください…オモニのおかげでユビンを育てることができました…心配しないでください…私は最後までオモニを守ります。」
家に帰って来たガンホ「家が大変な時に…会社にも行かないで、何をしていたんだい?」「ハルモニ…あとで話すよ…」暗~いガンホ。部屋で着替えて荷物をまとめる。寝室で眠るベラオモニを見つめるガンホ。「オンマ…しばらく家を出るよ…」「そう…わかったわ…」「俺がいなくても元気でね」「わかったわ…」「寝て…俺は行くから」「ガンホ…ごめんね…ガンホ…お前を憎んでいたんじゃない…愛していたのよ…」「オンマ…そんなこと前から分かっていたよ…」「本当なの…本当?」オンマにキスして出て行くガンホ。
一人書斎でウイスキーのペク会長。やっぱり会社はセフンの肩にかかっている!
チョルナンチキンを訪れたポン監督。歓迎するナンジョンと監督に敵意むき出しのチョル。「ちょっと、外で話をしましょう…」出て行く二人。そこにやってきたウンニム継母「もしかして…お姑さんとポン監督が…」
公園で決闘?のチョルとポン監督。にらみ合いはチョルの勝ち?「俺は本気なんだ!」「俺は嫌なんだ!」「心配するな!」「キム作家が好きなんだ!」言い争う二人を止めに来たソンヨンオンマ。ポン監督がオンマを好きなことが叔母にバレる…。あぁ~修羅場…。そんなことはいいからセフンを出して~!
ウンニムが一人横になろうとしていると、ガンホが訪ねてくる。「ドアを開けて~寒いよ~」なかなか開けないウンニム。「わかったよ!開けてくれるまで外にいるから!」

cyonman_ep53_02.jpg

ペク家…ソンヨンとセフンが寝室で話す「ガンホさんがウンニムと一緒ですって?」「たぶん…ウンニムさんの状態が悪いみたいだ…」「こないだ病院で胃ガンだと聞いただけだけど、それでも治療を受けるのが遅れるといけないし…状態がとても悪いから見てやらなくちゃ」

cyonman_ep53_03.jpg

「悪いと言っても、二人は離婚したのよ。ガンホさんがウンニムを世話することはないわ。」「だけど、二人は嫌いになって離婚したわけじゃない。家族だった人だろ?」「だから…俺たちもユビンを連れて、一度行こうか?」

cyonman_ep53_04.jpg

「ユビンを連れてですって?」「ただ…他に別の意味があるわけじゃない、人間が病気になったら…」「それほどウンニムが気になるんだったら、あなたが一人で行ったらいいのよ!」怒って部屋を出ていくソンヨン。

cyonman_ep53_05.jpg

夜も更けて…ドアの前にも車の中にもガンホはいない…。心配になったウンニムがドアを開けると…階段で寝込んでいるガンホ。慌てて閉めようとするウンニム。足を突っ込んで無理矢理部屋に入るガンホ。
「あなたが部屋にいるんなら、私が出て行くわ!」追いかけるガンホ。「私にあなたは必要ないの…」「俺が必要なんだ!死ぬまで一緒にいたいんだ!俺がお前を必要なんだ!」「最後まで…最後まで一緒にいるから…どうか…」やっとガンホの腕の中に飛び込んだウンニム…。
翌朝…一人目覚めるウンニム。ガンホはテキストを片手にお粥を作っている。「ウンニマ~朝ご飯だよ…」「そう…おいしそうね…」「味はどう?」「がんばったんだけどな…」「おいしいわよ…」「お粥を食べたら、病院へ行こう…早く治療をはじめなくちゃ…」
何も知らないウンニム実家のアボジと継母。そしてハルモニ。すっかり良くなったアボジは今日から出勤。ハルモニはウンニムの好物を持ってきた。「一度行こうと思っているだけど…」と継母。
元気に仕事中のアボジ。ウンニムのことが気になる。電話をしてみるが…「アッパーだ、元気か?」「アッパーは?」「会社だよ…ところで、ガンホ君は行ってないか?」「どうして?」
電話を終えたウンニムに「お義父さんと、お義母さんにはいつ話すの?俺が話そうか?」「もう少し後で…」
ソンヨン実家では…叔母がオシャレをして出かける用意。ポン監督のこともあって怒り出す叔母。実家に来ていたソンヨンが止めに入る。「ハルモニ~」と抱きつくユビン。ユビンを抱きしめてソンヨンの顔を見るオンマ。
ガンホとウンニムは市場を散歩したり、川で遊んだり…。無邪気なガンホの姿に微笑むウンニム。
二人で家に帰ると、部屋の中はバラの花でいっぱい~風船も…韓国ナムジャ得意のイベント!「驚いただろ?」「いつ…こんな…?」「気に入った?」ウンニムを部屋に座らせる。浴槽もバラの花びらでいっぱい!

cyonman_ep53_06.jpg

ペク家では…セフンが帰宅。「今日は変わったことなかったか?」「今日は…ガンホさんから連絡なかった?」「ウンニムさんの実家の人はウンニムさんが病気だということを知らないみたい…」「そうなのか?」「なら家の両親にも言わない方がいいな…」

cyonman_ep53_07.jpg

「本当に人間って人によって違うのね…」「私なら、ガンホさんが訪ねてきても受け入れないわ…」「本当に愛しているんなら会わないんじゃないの?」「そんなこと…でも暮らしていけないなら誰かが行ってあげないといけないだろ?」「あんなこと…バカみたいね」「ガンホさんに連絡して戻って来てもらって…。オモニがいなくなった時に探しに行けるのはあなただけじゃない?」

cyonman_ep53_08.jpg

「お前な…俺はただ…ガンホの好きなようにさせたいだけだ…」ソンヨンを説得するセフン。
夜…痛みに苦しむウンニム。ガンホに心配かけないように、声が出ないようにしても、激しい痛みに耐えられない。ソファで眠るガンホがウンニムの異変に気がついた。「苦しいの?病院に行こう!」「鎮痛剤を…」と言って倒れるウンニム。薬の場所がわからない…。あわてて薬を飲ませるガンホ。「大丈夫か?大丈夫か?」あぁ~早く入院させろよ~
やっと落ち着いて眠るウンニムを身ながら、泣きながら眠り込むガンホ。目が覚めたウンニムはガンホを見つめながら考える…。
朝…ガンホが目覚めるとウンニムの姿がない。「どこに行ったの?」携帯電話も通じない。ふと机の上をみると置き手紙。「何も言わずに行ってごめんね…こんな辛い姿をあなたに見せたくないの…探さないで…ガンホさん…本当にありがとう…」一人去っていったウンニム。
実家でもウンニムの携帯が通じないのを心配していた。ウンニム実家に飛び込んで来たガンホ。部屋の中を探す。「いったいどういうことなの?」「お義父さん、お義母さん…ウンニムを…ウンニムを助けてください…」泣き崩れるガンホ。予告はなしセフンの出番が少なくて悲しかった第53話…あぁ~来週は遂に最終週です!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

言葉がない・・・

torakoさん あんにょ~ん

いよいよあと2話を残すのみとなりましたね!
代理母も結局はウンニムとガンホの悲恋を演出するための道具、最後は癌まで持ち出して、悲恋・純愛・献身・・・で視聴者の関心を引こうという魂胆か・・・
長かったオリンピックが終わったら、来週はリアル視聴ができるかな?!セフンが少しでも長く写っていますように!
けど相変わらず、ソンヨンとは気持ちがすれちがっているような・・・ユビンをつれて見舞いに行こうなんて、わかってないな~  しかし、ほんとに、ソンヨンもヨニも吹っ飛びましたね~ それぞれの人物の描写がいい加減なんですよね・・・

最後の週は、しっかり見ようと思いますが、今の私の楽しみは明日からKBSWORLDで「京城スキャンダル」が放送されることです!月・火の放送で、8週間は楽しめそうです。
DVDでは、好きなところだけ繰り返し見てるので、全話通して見たのは1回だけ・・・TVでちゃんと全部見ようっと!
「京ス」過去記事にコメさせていただきま~す^^

  • 投稿者: yukippe
  • 2010/03/01(月) 00:09:58
  • [編集]

セフンからスヒョンへ…

yukippeさん
五輪が終わり、来週はリアル視聴できればいいですね~
セフンを堪能した52話とは違って、53話は、ちらりと2シーンのみ!
ドラマが病気に苦しむウンニムと献身的なガンホにシフトしてしまって、セフン&ベラオモニの切ない親子愛は脇に追いやられてしまいました…。
でも、最後はユビンとの関係で、セフンがきっと重要な役割を…
いや、ユビンをウンニムに会わせるのはソンヨンかな…?
どーしょーもないストーリー展開になりましたが
あと2回で終わってしまうとなるとやはり寂しいです…
リュジン氏はこのドラマや役柄についてのコメントをのこしていませんが
どこかの雑誌か新聞でインタビューしてくれないかな…
リュジン氏がどう思っているかが気になります

そうですね!「京ス」がKBSWORLDに帰ってきますね!
3年経っても色あせないドラマ
心に残るドラマって、やっぱり「京ス」がぴったりです
私もこの8週間の間、「京ス」関係の記事を書こうかな…?
yukippeさんも是非是非好きなシーンにコメントをお願いします♪

  • 投稿者: torako
  • 2010/03/01(月) 01:59:52
  • [編集]

torakoさん、こんにちは

PCの調子は如何ですか?
毎日使っているものが不調だと、使う人間側も気分的に調子が、ということがあります。直りますように~!
1000万回の公式HPを見ようと思ってもそちらも快調とは行きません。最終回に近づいてスタッフがお忙しいのでしょうか

ウンニムがガンホから逃げるのは、生きる希望を失って既に死を受け入れようとしてるということですか?新しい命の誕生を巡ってのドラマのはずが・・。な、な、なんと・・。
5話延長したのはどういうわけか考えてしまいます・・。ウンニムの胃がんでなくて、最終話まではヨニの存在で話を揺さぶるのかと思ってましたが・・・。昨夜からイ・シヨンさんの新ドラマが始まったんですね。既にそちらでお忙しくなっていますね(リュジンシにシーフードBQご馳走になったんじゃないのぉぉ??)

ウンニムの病気に対し、ソンヨンが凍りつきそうな事言ってますが(ウンニムのお父さんが倒れた原因を作ったことに結局は反省してないんですね)「ウンニムが最初からユビン目当てでガンホに近づいた」と思い違いをしてるところもわからせてあげないままなんて、ウンニムもソンヨンも不幸だわ。

ユビンは血縁上、ソンヨンの母親でなくウンニムの父親にとっての孫。そのあたりの心理も大切だったと思います・・。これだけ三家族+ヨニ母娘だけの偶然ドラマなんですから、一人一人に何重にも立場があって悩み深く、それだからこそ心理描写が面白くできるはず。
ウンニムの病気が、収拾付かなくなった逃げ道でありませんように・・。
収拾付かなくてもセフンはきっちりまとめていただかなくては。台本できてるのかしら。。(うーーん、自分がソンヨンよりキツイ人間になりそうだ・・)

  • 投稿者: くちゅん
  • 2010/03/02(火) 13:26:56
  • [編集]

torakoさんあんにょーん
すさまじくご無沙汰いたしました。
実はこちらで「1000万回・・・」だけはしっかり把握させていただいてました~。
コメできずミアネヨ~。
予算を与る仕事をしてるので、どうも冬はばたばたです。やっとひと段落着きました。

「1000万回」は毎回いろんな感想がありますが、あまりに難しいテーマなだけに、
コメントしづらかったというのもあるかも(^ ^;)
現時点だけをいうと、実はけっこうソンヨンにも疑問を感じておりまして。

ウンニムは、まず深い中に成りそうになった時点でガンホに全てを打ち明けるべきでした。
その上で、2人で秘密を持ち続け、その代わり家をちゃんと離れるか、2人の仲を精算するか、 決めるべきだったかな、と。
代理母をしたから、日陰の身にならないといけないわけではないので。。。その後の行動が現実逃避すぎました(汗)。
そしてソンヨン。代理母を頼むということは、母がもう1人できてしまうというリスクをもう少し理解するべきだったと思います。
義理のお母さんの圧力で、辛かったのだと思います。でも、代理母を頼むと決めたのなら、将来、もしかしたら子供と代理母が接触してしまう危険があるかもしれない。
それは理解しておくべきだったのではないでしょうか。世の中は広いようで狭いので。
なので、私はウンニムだけでなく、ソンヨンも甘かったと思うのです。
同じ、子を持つ母という立場としてはちょっと厳しすぎる意見なのかもしれませんが。。。
まぁ、これもそれも、男性陣がもっとしっかりしていれば女性は救われたかも という結論に行き着いちゃいそうですが(笑)。

リュジンssiの役も、首尾一貫しておらず、「???」ですが、
なにはともあれ、最後はいい人になってくれたようで(苦笑)。
ウンニムもソンヨンも、そして大変なことになってるオンマも、
皆が距離を置き(狭いところに集まりすぎ)、少しでも平安に暮らせたら・・・と思います。

で、ヨニはこれで終わり??彼女ってなんのためにでてきたの???


P.S.エアフォースのリュジンssi、かわいすぎです。

  • 投稿者: ちぃ
  • 2010/03/02(火) 14:36:42
  • [編集]

微妙な感情が…

くちゅんさん
こんばんは!
PC…酷使しすぎかも?
何とか追っかけ視聴もできそうですが、画像アップは遅れています~
くちゅんさんのコメントを呼んで…おぉ!そうか、ユビンのハラボジは、ウンニムアボジじゃん!と初めて気がつきました。トッポギのハルモニは、ひいおばあちゃんだわ…。第53話でソンヨンがユビンを実家に連れてきて、ソンヨン母に「ハルモニ~」と言ってた時に、ソンヨンオンマは少し複雑そうな顔をしていましたが…
演技力のありそうなベテラン俳優さんも多く使っているのだから、どぎつい設定よりも、そんな微妙な感情をきっちり描いたら良かったのに…
ソンヨンとウンニム…最後は和解して欲しいですね
そして、最後はウンニムの死じゃなくて、皆がユビンを囲んで希望を持って生きていけるようなストーリーに…。
ウンニムも死んで、ベラオモニもあちらの世界だったら…救いようがないもの…

  • 投稿者: torako
  • 2010/03/03(水) 01:55:19
  • [編集]

ヨニの存在は…肩透かし

ちぃさん
アンニョーン♪
こちらこそ、お久しぶりです!
お仕事大変ですね~でも忙しければ、忙しいほど、リュジン氏の声が聞きたくなりませんか?
「1000万回」長かったような、短かったような…
どうしても週末連続は、長い分、キャラクターのブレが大きくて辛いものがありますね…。20話くらいがちょうどいいのでしょうか…。
それにしても、よくわからないのはヨニの存在。
未練を断ち切って、独立しようとする強い女性を描きたかったのか、昔ながらの耐える女を描きたかったのか…売り出し中のシヨンさんとリュジン氏の「不倫」ですから、ドラマチックな結末を期待していたのに、肩透かし…でしたね。
ソンヨンも悪女なのか、可哀想な女性なのか、強い女性なのか…???
セフンは最後はリュジン氏らしく、いい人に…
まだ2話ありますから、わかりませんが、せっかく半年、それなりに「楽しく」視聴してきたので、後味の悪い「悲劇」で終わってほしくない…そう願っています。
気になる次回作…フォーエバーにも期待する声が上がっていましたが、どうでしょうか…脇役でもいいから、リュジン氏自身が納得できるキャラクターを演じてほしいわ~

  • 投稿者: torako
  • 2010/03/03(水) 02:05:48
  • [編集]

希望・・!

torakoさんこんばんは~

そうですね、ユビンが希望の象徴になって終われるドラマでありますようにと祈っています。ガンホがそうだったように、グレるユビンは想像したくないです~

・・と、リュジンシ出演作を散々に言ってしまってごめんなさい。今日・・でなく昨日の記事に、KBSのドラマで視聴者が選んだ不朽の名作の中に、『母さんに角が生えた』が5位に上がっていました。嬉しいわぁ~!
まだ見てないのですが、リュジンシの出演時間がウルトラマン並みに短いのですか^^;??正義のヒーローは出し惜しみしたんですね、きっと。

そうそう、ユビンには、とても若くて可愛いウンジョンっていうおばちゃんもいるんです~。これから生まれるナンジョンの子供にとってよりも先におばちゃんになってますね。

ウンニムの父親が、ガンホ&ウンニムの仲を許してアメリカに行かせて欲しいとセフンの父親に土下座してた時、両方ユビンのおじいちゃんなのになぁ~と思ったのでした。そしてウンニムの父親はペク家に行ったんだから、ユビンを今までと違った気持ちで見つめるシーン、プリーズでした~!

  • 投稿者: くちゅん
  • 2010/03/03(水) 03:44:58
  • [編集]

『母さんに角が生えた』も長かったけど…

くちゅんさん
こんばんは!
あと2話…泣いても笑っても今週末が最後…
後味が悪かったら、暴れてやる~SBS覚悟しなさいよ~なあんて。。。
『母さんに角が生えた』が不朽の名作の5位!『アイリス』が一位なんですね~
確かに奥の深いホームドラマ、リュジン氏の演じるイ・ジョンウォンも、人間味もあって、ヨンス@シン・ウンギョンさんとの呼吸もばっちり!濃厚キス・シーンもあって(前半)良かったですよ…スーツ姿も素敵だし…。ぜひぜひ『1000万回』終わったら、見てみてください~
ここ数話、ほとんど寝てばかりのユビン。セフンはユビンをウンニムのところに連れて行くのでしょうか?でもウンニムは失踪しちゃったし…逆にウンニムが最後にひと目…とユビンの幼稚園に現れる?そこでソンヨンと会っちゃって…
何とかこの二人に和解してほしいですね…

  • 投稿者: torako
  • 2010/03/04(木) 01:54:50
  • [編集]

予告

torakoさん、こんばんは~

いつも写真を上げてくださって有難うございます。黄緑のセフンにピンクのソンヨン。春の装いですね。
ふと〇都駅で販売されていた代表的銘菓、春ヴァージョンの「桜」と「抹茶」を思い出しました。(購入済み^^・・。完食)
寒い冬の時を越え、二人の間にまた暖かな春が巡ってきたならいいなぁ~・・・。でもソンヨンの心はまだまだ固いつぼみ。

いよいよ今週で終わってしまいますね。
気になって毎日チェックしていた予告、上がっていました・・。翻訳機の助けを借りて読んでみると、ウンニムの病気に焦点が・・。

もう一度ドラマの「企画意図」を読み直しました。
http://contents.innolife.net/listd.php?ac_id=3&ai_id=10931
最後まで、ブレずに仕上がってますように・・・。

  • 投稿者: くちゅん
  • 2010/03/06(土) 01:31:26
  • [編集]

ユビンはかけがえのない贈り物

くちゅんさん
いよいよ最終週の週末がやって来ました…
長かったような短かったような…
「企画意図」もう一度読ませていただきました。セフンがウンニムのことを語る時に「ユビンという贈り物を贈ってくれた人」という表現をしていましたが、まさしくドラマの最後がそうなるように、ユビンというかけがえのない贈り物を通じて、それぞれの登場人物が人間の優しさを取りもどすことができるように…
セフンも、ソンヨンも…そんなエンディングを期待しています。
でもやっぱり…不安だわ…
最後までしっかりセフンが登場してくれれば…いいです…(弱気)

  • 投稿者: torako
  • 2010/03/06(土) 02:47:03
  • [編集]

ソンヨンが感謝する相手

torakoさん、再びこんばんは!

そうなんです
セフンがこの企画意図を言葉でしっかり表現していました
>「ユビンという贈り物を贈ってくれた人」という表現
ソンヨンに語っていましたよね

ところがこの回でソンヨンは、ベラ母さまに感謝してましたね
>「オモニのおかげでユビンを育てる事ができました」
ソンヨンがセフンでなく、ベラ母さまへ傾倒してしまってるあたり、まだまだ心の傷が深いのでしょうか・・。

ウンニムの病気に流されず、企画意図メッセンジャー担当セフンが主役二人を皆に認めさせていく姿に期待しましょう!!!(・・と強気に叫びつつ・・・同じく弱気。)

  • 投稿者: くちゅん
  • 2010/03/06(土) 03:01:46
  • [編集]

二人の愛の世界~

くちゅんさん
こんばんは…
あぁ~セフンがフェイド・アウトしていく~
もはや、「贈り物」ユビンもソンヨンもセフンも関係がないガンホとウンニムの「愛の世界」
もう、勝手にやって!と開き直りそうです~

余談ですが…今日韓国語教室で、チソン氏の誕生日ファンミに行った人の話を聞いていて、日本から2日間で160人参加したという話に「すっごいですね~そんなに集まったんですかぁ~?」と驚いていたら、横にいたイ・ビョンホン氏のファンの人が「1000人単位のこともあるわよ…って…」リュジン氏のファンで良かった…?と思いました。
「企画意図」…忘れてる?

  • 投稿者: torako
  • 2010/03/06(土) 22:08:03
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。