スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1000万回愛してる」リアル視聴でGo!第52話

  • 2010/02/27(土) 20:55:17

バンクーバーオリンピックもいよいよ最終盤。ハラハラしながらも、何とか続いているリアル視聴ですが…今週も…何とかつながりそうです。韓国のネットでは、『1000万回愛してる(千万回愛してます)』の結末をめぐって、どんでもない内容が報道されていました。もう「何でも来い!」の心境ですが…。

cyonman_ep52_01.jpg

ベラオモニことヒャンスクが痴呆で少女のように…慌てて帰ってきたガンホに「ガンホオッパー!ウンニムオンニは?」「オンマはどうしたの?」呆然とするガンホ。「オンマは…病気なのよ」とハルモニ。「ウンニムを連れてきてぇ~ウンニムと遊びたいのぉ~」と駆け寄る。「お前…しっかりして…息子の前でそんなこと…」うろたえるハルモニ。「オッパー」とガンホの後ろに隠れるオモニ。

cyonman_ep52_02.jpg
部屋で昼間からウィスキーを飲むセフン
「ヒョン…」「もう帰ったのか?」
「どういうことなんだ?オンマが痴呆だって、本当なのか?」

cyonman_ep52_03.jpg
「病院ではそうだって…」
「じゃあオンマはどうなる?治療は受けたのか?」
「薬物治療を受けながら、様子を見ないと…」
「それじゃあ、治療を受ければ、以前のように戻るの?」

cyonman_ep52_05.jpg
一呼吸置き、涙を堪えてセフンが答える
「さっきのような状態が続けば…
以前に戻るのは難しいかも知れないな…」
「それじゃあ、オンマはこれからもずっと…」
「俺をオッパーって呼んだり…」

cyonman_ep52_04.jpg
ガンホの言葉を聞いて
悲しそうにかすかに微笑むセフン…
「それでも…俺はわからないんだ…」
「オンマが兄貴をわからないだって?」

cyonman_ep52_06.jpg

痴呆状態の時、ガンホには「オッパー」と駆け寄るベラオモニは、セフンのことは誰だがわからない…。セフンの辛い表情が麗しいわ~。
「彼女は…今日はどうでした?」「今日は一日中正気じゃなかったわ…でもガンホがわかるようなの…でもガンホを見てオッパーって…ガンホオッパー…」眠るベラオモニを見守るペク会長とハルモニ。「ガンホのことはわかるのよ…ガンホ、オッパーって…」

cyonman_ep52_07.jpg

家族で居間に集まって嘆くペク家のメンバー。ペク会長に「お前が出て行けなんて言うからこんなことになるのよ!」さんざん怒った後で「今さら後悔しても仕方ないわね…」と嘆くハルモニ。「これからどうするの?家に置いておくのかい?施設に送るのかい?」「ハルモニ…施設には行かせません。病院で投薬治療を受けながら家族と過ごした方が結果がいいと言います。」とセフン。

cyonman_ep52_08.jpg

「それは大変だよ…男たちは朝出勤するからいいけど、家にいる家族が一番辛いのよ、わかってるの?ソンヨンだつて…」「ハルモニ…私は大丈夫です…」と元ビューティのソンヨン。「そうね…でもヒャンスクがウンニムを探そうとするのはどうしたらいいのかしら…」

cyonman_ep52_09.jpg

ウンニム実家では…何も知らないウンニムが荷造り。しばらく一人で暮らそうとしているらしい。結婚指輪を内側に向けてはめている。ハルモニもやって来て、ウンニム実家ではサムギョプサル・パーティ♪久しぶりに笑顔の家族。しかし、ウンニムの顔色が良くない…。(病気の前兆?)サムギョプサルを食べても胸が詰まる。ウンニムの携帯に不動産屋のアジョシから電話。一人で暮らすというウンニムを心配する家族たち。食欲のないウンニムを見たナンジョンは「子どもができてるんじゃないの?」と言って、チョルから口をふさがれる…。
ソンヨン実家では、オンマと叔母がソンヨンを心配していた…。ヨニ母を「クムジャオンニ」と呼んで、オンマにたしなめられる叔母。そこにやって来たのはいつものポンPD。「話があるんですけど…」「話があるんだったら、外に出ましょう…」とポンPDを連れ出すソンヨンオンマと怒る叔母。「作家が好きなんです…合いたかったんです」とオンマを抱きしめようとするポンPD。そこにやってきたチョルとナンジョン。とっさにチョルがポンPDを殴った!鼻血を出して倒れたポンPDを慌てて介抱するソンヨンオンマ。

cyonman_ep52_10.jpg

ペク家では…アボジがシャワーをあびて部屋に帰ると、ベッドにいたはずのベラオモニがいないことに気づく…。「ヨボ!セフンオンマ~!」「アボジは家にいて…ガンホと外を探すから…」探しに出るセフンとガンホ。「もしかしてわからないから、警察署にも連絡して…」「わかったわ…」とソンヨン。

cyonman_ep52_11.jpg

「セフニオンマ~」と探すペク会長。「オモニ~」と雪の公園で叫ぶセフン。商店街を探し回るガンホ。その頃ベラオモニは屋台で無邪気にトッポギを食べていた。食べ終わってお金を請求されるベラオモニ…でもお金がない…。泣き出すオンマ。ガンホがそんな姿を見つけて優しく口をふいて、手を取って連れて行く。嬉しそうなベラオモニ。雪の公園で手をつないで歩くガンホとベラオモニ。

cyonman_ep52_12.jpg
そこに「オモニ!」とセフンがやって来る…
驚いたオモニはガンホの背にか隠れる

cyonman_ep52_13.jpg
「オモニ!僕だよ…セフン…」
「僕はセフンだよ…オモニ!」

cyonman_ep52_14.jpg
「どこにいたんだ?」
「そこの屋台で…」
「どうしてそんなところに…」
「スンデとトッポッギを食べていたみたいだ…」

cyonman_ep52_15.jpg
ガンホの後ろに隠れていたベラオモニが
セフンに雪玉をぶつける
「トッポッギとスンデ?…」
「以前はそんなもの…」
「行こう…」
「オンマ、行こう…」
「うん、ガンホオッパー!」

cyonman_ep52_16.jpg
「オンマ…これからトッポッギが食べたくなったら僕に言って」
「僕がいっぱい買ってあげるから…」
「わかった?」
「うん…」
「絶対一人で行ったらダメだよ」
「わかった?」
「うん!」
恋人のようなガンホとオモニ
背後霊のセフン…

cyonman_ep52_17.jpg
「ん…足が痛いの…」
甘えるオモニ
「オモニ…僕がおぶってあげるよ」
駆け寄るセフン

cyonman_ep52_18.jpg
アジョシは嫌よ…
ゑ?ガーン!!!
嫌われている訳はオッパーとアジョシの違い!!!

「僕が背負おうか…」と言うガンホ
「うん!」
嬉しそうなベラオモニ

cyonman_ep52_19.jpg
「オッパー!ウンニムオンニは?」
オモニを背負うガンホの後ろ姿を見つめる
セフンの表情が悲しい…

オモニを家に連れて帰った二人。「ガンホや!とこで母さんを見つけたの?さぁ!早く部屋へ入って…」帰ってきたセフンの様子がおかしいのにソンヨンが気づく。

cyonman_ep52_20.jpg
暖かい麦茶を寝室に持ってきたソンヨン。
「オモニを世話するのは大変だわ…方法を探さなくちゃ」
「オモニを探しても見つからなかったらどうするの?」
ふと気づくとセフンの様子がおかしい…

cyonman_ep52_21.jpg
セフンは声を出さずに静かに泣いていた…
「あなた…泣いてるの?」
「いや…」
「あなた…」

cyonman_ep52_22.jpg
「どうして…どうしてオモニは僕がわからないんだ…」
「他の人じゃなくて、僕が…」

cyonman_ep52_23.jpg

そんなセフンを慰めるソンヨン。強引な展開だけど少し夫婦の絆が戻った?部屋に帰ったガンホは携帯に入っているウンニムの写真を愛しそうにながめる…消そうとしても、消すことはできない。
ウンニム実家では、すっかり心を入れ替えた継母がウンニムの好物を作っていた。そんな継母を見て「コマウォ…」と言うアボジ。ウンニムの部屋に来た継母「最近本当に顔色が悪いわ…子どもができたんじゃないの?病院に行った方がいいんじゃない?」「そんなことないわ…」「そう、それで、いつ出発するの?」

cyonman_ep52_24.jpg

会社で仕事中のセフン。そこにソンヨンから電話。「オモニが…少し正気が戻ったみたいなの…」しかしベラオモニはお手伝いアジュンマ相手に「アジュンマ、なんでご飯まだなの?」「今…お召し上がりになりましたよ…」「あたしが…いつ?アジュンマは本当にいじわるね…」「どうしたなの?」とハルモニ。「さきほどお食事をされたのに、また…」「アジュンマ…そんなこというなら、出て行ってもらうわよ!」「ヒャンスク…私と一緒に食事をしたじゃない…おぼえていないの?テンジャンチゲとあなたが好きな焼きクルビを…」悲しそうにハルモニが言う。

cyonman_ep52_25.jpg

ソンヨンの電話を受けて帰ってきた息子の姿を見て「セフナー!お腹が減ったのよ…」と甘えるベラオモニ。今は正気?「オモニ…僕と一緒に出かけましょう、僕が美味しいものをおごってあげますよ」「本当?」嬉しそうなベラオモニ。

cyonman_ep52_26.jpg

後部座席のオモニの様子を気にしながら車を走らせるセフン。一眠りした後、目覚めたオモニ。「どこへ行くの?」セフンは微笑みながら「オモニ…お腹が減ったと言ったでしょ?」「もう昼食は食べたから…」「じゃあ、どこへ行きましょうか?」「会社はどうなの?」

cyonman_ep52_27.jpg

「今日は忙しくないんです」穏やかに答えるセフン。「じゃあ…景色の良いところで風にでもあたりましょうか?コーヒーでも一杯飲みながら…」正気に戻っているベラオモニ。「わかりました…」

cyonman_ep52_28.jpg
景色のいい湖のほとりでオモニとデートするセフン
こうして見ると、わずか?12歳差
親子というよりは恋人でもおかしくない?

cyonman_ep52_29.jpg
「オンマ…これ、コーヒーを…」
「そうね…」
なぜか不機嫌そうなオモニ
「どうしたの?何か気に入らないの?」
「なんでこんな服を着てるのかわからないのよ!」
「なんでこんなに変なのかしら?どうしちゃったの?」

cyonman_ep52_30.jpg
「オンマ…」

「オンマ…」
「何?」
セフンは悲しそうに少し微笑んで
オンマに箱に入った金のネックレスを差し出した

cyonman_ep52_31.jpg
「これは…何?ネックレスと腕輪じゃないの?」
「これは…子どもたちにするものじゃない?」

cyonman_ep52_32.jpg
「オンマ…このネックレスと腕輪…」
「今日からどちらも身につけなくちゃ…」

cyonman_ep52_33.jpg
「オンマが道に迷っても
僕たちがオンマを探すから…」
「私に…こんなものが必要だと言うの?」
「私が…どうして?」
「オンマ…オンマは今とても調子が悪いんだ…」

cyonman_ep52_34.jpg
「オンマ…」
「…痴呆なんだ…」
「ち…痴呆?」
「私のこと?」
「うん、こんなふうにオンマが正気を取り戻している時間は」
「どのくらいあるかわからないから」

cyonman_ep52_35.jpg
「今いったい…何を言ってるの?」
「昨日の夜もオンマが家を出て
道に迷ったのをおぼえていない?」
「セフナ…」

cyonman_ep52_36.jpg
「オンマ…」
「それでも僕をおぼえていなくちゃだめたよ…」
「オンマ…正気を失っても」
「他の人を全て忘れても」
「僕たち…僕を忘れてはだめだよ…」
「わかった?」

cyonman_ep52_37.jpg
「オンマ!」
「僕の顔をよく見て!」
「僕をちゃんと見て!」
「僕…ペク・セフン…」
「オンマの息子…そうだろ?」
「セフナ…」
「私がお前をどうして忘れるの?」

cyonman_ep52_38.jpg
「オンマ…」
涙を堪えてベラオモニに腕輪を差し出す
ベラオモニも怯えて、どまどいながら
セフンに腕輪をつけてもらう…

cyonman_ep52_39.jpg
そして…ネックレス
ベラオモニの髪をやさしくかきあげる…

cyonman_ep52_40.jpg
後ろから肩を抱き
オンマの髪にほおずりをして
静かに目を閉じるセフン

cyonman_ep52_41.jpg
これはもはや
ラブ・シーン…?
年上女性との恋愛もいいかも…
「オンマ…もうコーヒーが冷えちゃったよ
…もう一度買ってくるからね…」
一人になっり声を上げて泣き出すベラオモニ

その頃…ヨニと斡旋アジュンマはソウル駅にいた。最後にソンヨン叔母に電話をかける。「ソンヨンに申し訳なかったと、心配しないでと伝えて…」去っていくヨニたち…。ヨニもこれで終わり?…新ドラマで忙しい、イ・シヨン嬢…あっけない…。
でかけようとするオンマに厳しい視線を送るチョル。叔母はソンヨンに電話をかけて「クムジャオンニはソウルを離れたわよ…」「ゑ?お姑さんが痴呆?」荷物をまとめて実家を出ようとするウンニムに、継母が昼食を作って食べさせる。そこにやって来たナンジョン。「ビックニュース!ウンニムの姑、いや、チョルオンニの姑さんが痴呆だって!」驚く二人。継母に見送られて出て行くウンニム。あぁ~母の愛だな…。バス停で座りながら、体の異変を感じるウンニム。
また痴呆の症状が出たベラオモニ。「出かけると言ってきかない」ソンヨンがユビンを迎えに行くついでにオモニを連れて行くと言う。にこにこと笑うベラオモニ、ウンニムを見つけてついて行ってしまう…「ウンニムオンニ~」とベラオモニが駆け寄ろうとした瞬間、バイクが迫る、とっさにベラオモニを庇ってバイクにひかれるウンニム。ベラオモニを見失ったソンヨンはペク家に電話。続いて病院から電話。「ゑ?病院?」
病院に担ぎ込まれたウンニムとベラオモニ。「オモニは…大丈夫ですか?私はもう帰ります」「いいえ、検査がまだあります。保護者はいらっしゃいませんか?」「保護者はいないんですが…」「コ・ウンニムさんの状態が良くないんです。…胃ガンです。」「ゑ?」

cyonman_ep52_42.jpg

そこにやって来たセフンとソンヨン。慌てて点滴を取って逃げるウンニム。呆然として病院を出るウンニムに気づかずにガンホが駆け込む。
ベラオモニに付き添うセフン、ソンヨン、ガンホ。隣のベッドを見た医者が彼らに尋ねる。「コ・ウンニムさんはどこに行ったんですか?」

cyonman_ep52_43.jpg

「ゑ?コ・ウンニムさん…」「ええ、一緒に運び込まれたんです…」「彼女は大丈夫なんですか?」「傷はないのですが…状態は悪いです。検査が終わっていないので確かなことはわかりませんが…胃ガンです。」驚く三人。誰だかわからない人間に言っていいのか!医者!

cyonman_ep52_44.jpg
52話目で胃ガンになる私って
いったい…?

別の病院に来て診察を受けるウンニム「胃ガンで間違いありません…治療をはじめましょう」ガンホが何度電話をかけてもウンニムには通じない。その頃…ウンニムは以前セフンが悩んでいた夜景スポットでオンマの写真を見ていた…。
意を決して、ウンニム実家にやって来たガンホ。「ウンニムさんはいらっしゃいますか?」アボジが出てきて、「ウンニムはいないよ…もう二度とこんなことはするな…」とすぐに家に引き籠もる。
バスに乗りながら、実家に電話をかけるウンニム。「部屋は暖かいの?」「うん、オンマが用意してくれた服のおかげてとっても暖かいよ…」ウンニムの家の前に車を止めていつまでも待つガンホ。
ウンニムがやって来たのは…?遂に朝…ウンニムの電話は通じない…。留守電に吹き込まれたガンホのメッセージ。「お前は病気なんだ…わかってるか?俺と一緒に病院に行こう…」
チョルからウンニムの居場所を聞いて車を走らせるガンホ。やっと突き止めたウンニムの居場所。ベルを鳴らしても誰も出て来ない…。「本当にどこにいるんだ…」坂を上がってくるウンニムを見つけたガンホ。嬉しそうなガンホ、逃げるウンニム。ベラオモニの痴呆、ウンニムの胃ガン…話は遂に難病モノに…。どうなる?結末??????

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2010/02/27(土) 22:32:55
  • [編集]

何でも来い!いえ、何でもあり!?

torakoさん あんにょ~ん

毎回の実況中継、진심으로 감사합니다 !
話の展開は、もうついていけないものを感じているので、別に見られなくてもいいんですが、今回のセフン@リュジン氏は、リアルで見たかった~!!「なぜ僕がわからないんだ」と涙を流すセフン!
湖のほとりでオンマとデートするセフン!
torakoさんの記事を読んでいるだけで泣けてきそうなシーンですね!あ~どんなに麗しいことでしょう!想像してしまいます~v-10 お写真待ってますv-238ぜひぜひよろしくお願いします!
韓国のネットで流れているドラマの結末って、どんなのですか?あと3話ですよね。ついに癌まで持ち出したか~って今回のtorakoさんの記事を見て思いました。

  • 投稿者: yukippe
  • 2010/02/27(土) 23:03:22
  • [編集]

^^;

リュジンさんのドラマだから・・・がんばって見てきましたが・・・・正直この結末はひどいですね・・・
いろいろ韓ドラを見て来ましたが・・・こんなにひどいのは初めてです。儒教思想のきびしい韓国で男の子を産む事を求められている事実は認めますが・・・だったらこの問題でずっと繰り広げ、
女性の立場を軽くするとか・・・そういう方向に最後はいってほしいと思ってましたが・・・本当に失望しました。
この作品を選んだリュジンさんが一番ガッカリなさっているんではないかと思います。ゴメンナサイ、正直にかいちゃいました。

  • 投稿者: rira
  • 2010/02/28(日) 13:02:47
  • [編集]

年上彼女♪

torakoさん、こんにちは!
代理母という倫理問題を提供して注目させておいて、あら~っな古典的展開ですね。
悪女ベラオモニが、大きなストレスをかかえてボケちゃった展開はわかるのですが、ウンニムを病気にしちゃうのは、陳腐だわ。
今回のセフンは、見どころいっぱいでしたね。
オモニの髪をかきあげ、肩を抱くシーン、できるものならベラオモニと替わりたかったわ~。
最近、年上彼女がドラマで流行ってますから、そんな役もいいかも~^^ 甘える姿も見てみたい。きゃ~

  • 投稿者: cha
  • 2010/02/28(日) 14:43:29
  • [編集]

もうすぐ春ですね♪

鍵コメさま
こんにちは♪
こちらこそ、本当に遅くなって申し訳ありませんでした…。
色々と心痛むことが多い昨今ですが
少しの楽しみを見つけて、元気になることもあります
時間のある時に、彼らの時間をもう一度リピートしてみてください
私もBOOKで読ませていただいたことと合わせてそうしたいと思います。

  • 投稿者: torako
  • 2010/02/28(日) 15:19:28
  • [編集]

ひぇぇ~の展開

yukippeさん
こんにちは!
ドラマそのものは「まじかよ!」という展開ですが、第52話のセフンは麗しかったです。
まるで、中年版?「頭の中の消しゴム」のような
ベラオモニとのラブ・シーン。
こんなストーリーの中ではなく、もっと大人の素敵なラブストーリーで演じてほしいと思いました。
リアル視聴の写真添付もついつい力が入って、枚数が増えいます~
韓国のネットで出ていたのは、ウンニムの胃ガン問題までの展開で、最終的にどうなるのかはわかりません。。。
あと4話で、ヒロインを突然病気にするか!
しかも、胃ガン…
痴呆と胃ガンでソンヨンもヨニも吹っ飛んでしまいました
本当にすごい脚本です…
第52話がセフンの最後の見せ場でしょうか…?あぁ~

  • 投稿者: torako
  • 2010/02/28(日) 15:26:01
  • [編集]

ここに来てこの展開…

riraさん
こんにちは♪
絶対一人では最後まで見続けることができないドラマですね。
みなさんと愚痴を言い合いながら見ていたので何とかここまで来ることができました。
多少の無理な展開はガマンするけど、ヒロインの胃ガンはあんまりですね…
「代理母」というテーマも十分生かされていない…と思います。
リュジン氏のセフンは…
脚本的にセフンの性格や発言が一定しないところが目立ちましたが
かなり行動に問題があるキャラを品良く演じていたのは、やはりリュジン氏かな…とひいき目に見てしまいます。。。
でも、次回は、ストーリー的にもしっかりしたドラマを選んで欲しいと強く思います。
ううう…やっぱり少しお休みされるんでしょうか?
ベビーの誕生は7月頃?
もう一本素敵な作品で会いたいな~riraさんもそう思うでしょ!

  • 投稿者: torako
  • 2010/02/28(日) 15:33:04
  • [編集]

ヌナの妄想…

chaさん
こんにちは!ヌナの妄想広がる湖畔のシーン♪
『夏の香り』では、眉毛王子がヒロインの髪を後ろからかきあげていたけど、リュジン氏にやらせたら、もっとかっこよかったのに…と思いました。
年上女性との大人のラブストーリー!
フランス映画のような綺麗な映像でお願いします!
やっぱりセフンはヨニよりも、ソンヨンよりも、ベラオモニを愛しているのね…
あぁ~肩を抱かれて頭の上で声を出されたら、もう完全にチョンシンオプソです…
今夜はどうなるのでしょうか?ウンニム闘病…ガンホとの愛で最後まで突っ走る?

  • 投稿者: torako
  • 2010/02/28(日) 15:39:01
  • [編集]

ベムでもベラでもベロでもいい!

torakoさん あんにょ~ん
たくさんのセフン@リュジン氏の写真、ありがとうございます。いいですね~v-238
53話も読ませていただきつつ、52話を動画でやっと見ることができました!ほんとにほんとにステキでしたv-10セフン@リュジン氏のシーンだけ3回繰り返し見ました~v-10
あ~ベラオモニになりたい!あれはもうラブシーンですよね!ステキでしたわ~
フィヒャンさんなら、わたしと年齢的にはちょうどいい!?年齢だけね・・・
あの美しい手指で、ブレスレットつけてくれてネックレスつけてくれて、髪をかきあげてくれて、肩を抱いて・・・いいなぁ~ 気持ちはベラオモニ!
ストーリーはもうどうでもいいです~

  • 投稿者: yukippe
  • 2010/02/28(日) 22:12:17
  • [編集]

見せ場だった52話

yukippeさん
こんばんは!
52話はストーリーと関係なく、リュジンファンのツボにはまりましたね…
個人的には泣き顔よりも切ない&クールな顔が好きですが
今回のフィヒャンさんとのシーンは良かったです
やっぱり芸達者な人と呼吸を合わせると、いい感じになりますね
若いヨジャではこの味は出せないわ…
髪にほおずりして肩を抱く…までで、決して抱きしめないところが
セフンらしくて?いいですね
ベラオモニと仲良くするガンホに少し嫉妬する
公園のシーンも好きでした
「アジョシヌンシロ!」と言われた時は
私もショックでしたが…

  • 投稿者: torako
  • 2010/03/01(月) 01:52:02
  • [編集]

ありえません~

torakoさんこんばんは~

私もウンニムが胃がん、という記事を見て唖然としてました
ちょっと前までユビンの生みの母と育ての母の話だったのに、急展開じゃなくて・・急転換??

で、セフン夫婦かガンホ夫婦が外国に行くんじゃなくて、ヨニが飛行機に乗ってどこかに行っちゃったんですか??
そっとセフンが柱の陰から見送る事もなく?時間ギリギリに走りこむこともなく・・
それまで人の視線を気にすることなく会っていた方が不自然だったからこれで良いのでしょうか・・。

どうしてここでセフンを泣かすんでしょうか。
数話前からの、冷静でいて暖かい考えの持ち主セフンが、ウンニムを拒絶した家族をどうまとめて行くかを、とてもとても楽しみにしていたのに・・。その流れの中で、母親からの独立も描いていくのかと思ったんですが、これじゃぁ逆戻りでは。そしてセフンはメソメソしすぎ。
胃がんと痴呆で皆を一つにしようだなんて・・。
セフンが考えを変えて、ソンヨンをあたたかく受け止める姿を期待していました。
セフンの努力を無にするのはやめましょう~~~!!
でも、やっぱりtorakoさんが上げてくださった写真を見てるとついつい素敵~~と思っちゃいます。

  • 投稿者: くちゅん
  • 2010/03/01(月) 02:02:54
  • [編集]

torakoさん、こんにちは!
スミマセン、続きです~
あまりにも・・のお話に、途中で見辞めていたみたいです^^;
52話見終わりました
すみません、ヨニは、空港でなく、ソウル駅だったんですね

ウンニムとベラ母が運ばれた病院で、聞き覚えのある声がした時、
♪うきゃ♪としました
ここは好きです、姿より先にセフンの声を聞かせてくれる演出、OK!OK!

セフン、ベラママとの辛いデートでもう一度涙してましたね
自分のために代理母プロジェクトまで為してしまう母だったのに・・。
セフンの一つ一つは理解できるんですが、このお話を最初から思い出すとどうもしっくりこなくて。
セフンの考え・行動は一話一話で考えていかないと・・。演じるのが難しかったはずのリュジンシに、そろそろお疲れ様でした、と半年の長丁場をねぎらう時期が来ましたね・・

そうそう、継母さん、ウンニムに対して愛情深いお母さんになってるのが救われます。女優さんってスゴイなぁ~、そうなるとあれだけ騒々しい!!って思っていた人が、中からにじみ出る美しさを放ってるんですもの。
チョン・ギョウンシも最初、あんなに麗しい兄セフンのいる弟??と失礼ながら驚いてしまいましたが、回を追うごとに深みが出てきたと思います。台本では、最初の設定から最後まで、彼の人物像はブレがなかった様に感じます。
きっと麗しい兄セフンのリュジンシからも支えられていたと思います。目標とする人は遠いけど、近くの愛もきっときっと感じてるはず~~・・・とフォローしておこう。うむ。

  • 投稿者: くちゅん
  • 2010/03/01(月) 11:16:20
  • [編集]

涙のセフン…

くちゅんさん
こんばんは~
何かテーマが変わっちゃった…と肩透かしをくらったような胃ガン騒動…
しかもウンニムはまた逃げちゃうし…
悲劇のヒロインになるよりも、ちゃんと病気と闘ってほしいですね…
セフンとヨニは尻切れトンボそのもの…
イ・シヨンさんの新ドラマスタートの事情が大きいんでしょうけど
あれだけ騒いでたのに、あっさりしてますよね
切ないシーンや、お互い言葉を掛け合って、別れるシーンが見たかったのに…
私もリュジン氏があまりメソメソするのは好きではありません
ワンと殴り合った時のスヒョンの涙や、ヨンジュが去った時のスンジョの涙は別ですが…
でも、少しセフンの心情は理解できるかな…
今まで無条件に自分を一番に思ってくれていて、うっとおしいくらいの愛情を注いでくれた母が突然、自分を忘れてしまう…
ガンホやウンニムに対する優しさも含めて、セフンは成長したんだ…と思いたいですが…
賢明なリュジン氏のことですから、セフン役の難しさや台本の一貫性のなさは実感していると思います。そのことを含めてこの作品をどう評価しているんでしょうね…?

  • 投稿者: torako
  • 2010/03/02(火) 00:37:34
  • [編集]

クランク・アップは…?

くちゅんさん
続きもこんばんは!
ヨニとオンマが去るシーン。私も最初は空港だと思ったんです。仁川とは違うからてっきり金浦空港だろうって…。でもよく見たら「KTX」の看板が…
ヨニはどこか田舎でオモニと暮らすのね…
チョン・ギョウン氏はがんばっていますよね!
ドラマが終わったら日本でファンミを開くとかで…リュジン氏を無視したら、無事に帰れないわよ!…なんて。。。
クランクアップは今週でしょうか?
ドラマのストーリーはともかく、出演者のみなさんが、和気あいあいと楽しく撮影されたのであれば、良かったと思います。
フィヒャンさんはもとより、ウンニムアボジ、継母…ベテラン勢のみなさんはさすがの演技力ですね。打ち上げでリュジン氏が何て言うか…楽しみです~

  • 投稿者: torako
  • 2010/03/02(火) 00:44:25
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。