スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1000万回愛してる」リアル視聴でGo!第51話

  • 2010/02/21(日) 20:51:40

『1000万回愛してる(千万回愛してます)』も今日を合わせて残り5話。そろそろ打ち上げの話が出ても良さそう…。そしてリュジン氏は産休前に次回作があるのでしょうか~?今一番気になるのがそれ!

foever_1020cyaryon_01.jpg

第51話はペク家の居間からスタート!ウンニムとのアメリカ行きを許さないペク会長。ガンホは遂に「戸籍から抜いてくれ!」と叫ぶ。親に対して絶対言ってはいけないこと…。「すぐに出て行け!出て行け!」ペク会長とガンホのやり取りに慌てる家族たち…。

cyonman_ep51_01.jpg
寝室に戻ったセフンとソンヨン
「どうするんだ…」
「どうするって…ガンホさんは今はああ言ってるけど」
「全てが終われば収まるわ…そうなるわよ」

cyonman_ep51_02.jpg
「おばあさまもお父さまも
あの二人はダメだと言ってるじゃない…」
「そのうちすっきりするわよ…」

cyonman_ep51_03.jpg
「何だって?そのうちすっきりするだって?」
「ウンニムのお父さんを死ぬ目に遭わせて
人に死ぬ思いをさせて、それですっきりするってどういうことだ?」

cyonman_ep51_04.jpg
「亡くなってないじゃない!」
「お前…今…」
「あなた…そんな目で見ないで…」
「あなたにそんなことを言う資格があるの?」
「なぜこんなことが起こったのか私だけの責任じゃないわ!」

cyonman_ep51_05.jpg
「俺とお前はこんなふうに考えが違うと思わなかったよ」
「何ですって?」
「人間らしい感情があって、情があると思っていた…」
「どんなことにあっても許すことができる人間だと…」
「しかも他人ではなくて
自分の家族…愛したり愛されたりした人たちじゃないか」
「なのにどうしてこんな仕打ちができるかわからないよ!」

cyonman_ep51_06.jpg
「本当にだめなことでも俺たちが許さないと…
そうしないから、ガンホがあんなことまで言うんだ」
「本当に大したお兄様ね」
「私はあなたがガンホさんをそんなに大切に思っているって知らなかったわ」
怒って出て行くセフン。

継母とウンニムアボジは病院前の庭で散歩。(寒いのに~)赤いマフラーを優しくかけてあげる継母。ウンニムの秘密を知ってから、人が変わったように優しくなった継母。「会社に行かなくちゃ…」というアボジ。「デートだからコーヒーでも飲むか?」「そうね…」「一番高いのをな…」
病院にやって来たガンホ。病院の前でウンニムを見つける。「ハルモニとアボニムは大丈夫なの?」答えずに静かに抱きしめるガンホ。「俺たちはただ…誰もいないところに行くんだ」「ガンホさん…両親や友だちを捨てて、私たち幸せになれるのかな…?」抱き合う二人を公衆電話の陰から見つめるアボジ。継母がコーヒーを買って帰って来たら病室んに夫の姿はない…。どこへ行ったの?
ソンヨン実家では、真実を知ったオンマが泣きながら台本を書いていた。「私がドラマの台本ばかり書いていたから、子どもたちが…」そこにポンPDから電話。「声が変ですよ…泣いてるんですか?どうしたんですか?」「わかったわよ!」怒って電話を切るオンマ。そこへ帰ってきたナンジョンとチョル。ウンニムアボジが回復したことを聞いて、一安心。「ナンジョン…アボジがこんなことになって本当にごめんね…」「チョルさんの店にいかなくちゃ…」「あぁ~ソンヨンのせいで…」ウンニムとソンヨンの対立でナンジョンとチョルも辛い立場に…。優しく励ますチョル。
ウンニムアボジが病院を抜け出してやってきたのは…ペク家。驚くベラオモニ。「なぜここに?」お手伝いアジュンマがすぐウンニムに連絡。「門を開けないで!」と叫ぶベラオモニ。そこに出てきたペク会長「なぜ開けないんだ!」とベラオモニを怒鳴る。「どんなお話で…」「全て私の体のためなんです…ウンニムを許せないのはわかりますが…」土下座をするアボジ。「子どもたちを…もう一度受け入れてください…」「お立ちください…」「子どもたちをこのまま…送り出してはいけないでしょうか?」泣きながら頼むアボジ。そこにやって来たウンニム。「アッパー!立って!」必死で止めるウンニム。「アッパーが何か悪いことでもしたの?」引き止めようとするガンホに。「もうこんな家なんかイヤ!」」と言ってアボジと帰って行くウンニム。
「一人の人間が、自尊心も捨てて頼んでいるのに…オンマは本当にひどい人ですね…」ベラオモニに言い捨てるガンホ。それを見つめるソンヨン。
アボジを病院に連れ帰り、病院の玄関でガンホと会うウンニム。「ガンホさん…もう終わりにしましょう…」「ガンホさんは私にとって悪い人なの…」家族のした仕打ちに傷ついているウンニムを残し、ガンホは静かに去っていった。
翌日、裁判所にやって来たガンホとウンニム。「コ・ウンニム氏…ペク・ガンホ氏と離婚されますか?」「はい…」「ペク・ガンホ氏は…」「はい」雪の降る中、離婚手続きをした二人。もう一度結婚指輪をはずそうとするウンニム。「その指輪…お前が持っていて、捨てるか…どうするか、お前の好きなように…」BGMはいつものアッパー!
ひと騒動終えて、ペク家でへこむビューティペア。そこに帰って来るガンホ。「アボジは…?」「書斎よ」アボジの書斎に入るガンホ。「アボジ…今ウンニムと離婚手続きをしてきたよ」それだけ言って一礼して部屋を出るガンホ。自分の部屋に入ると壁にかけてあったはずの結婚写真がはずされている。ベッドの下に落ちているウンニムの髪飾り。鏡に向かうウンニムの幻。
退院して家に戻ったウンニムアボジ。帰宅するウンニム「オンマ、アッパー…お話があります。私、当分の間、家を出て一人で暮らしたいの…」「そうか…」そんなウンニムの姿が痛々しくて涙ぐむ継母。継母に「何で泣くんだ…」と言いながら部屋に帰って一人泣くアボジ。ウンニムは指輪をはずしかけて…また戻す…。一人になるとやはり涙が止まらない…。
ペク家では懲りないベラオモニが「お腹が減ったのに昼食の用意がない!」とアジュンマに因縁をつけていた…。「しばらく旅行に行ってくる」と一人自転車で出掛けるガンホ。雪降ってるのに…会社は?一人出掛けたガンホを心配するハルモニ。みんなが悩んでいるのに一人クッキーを頬張っているベラオモニを見て、ペク会長の怒りが再度爆発!「すぐに家から出ていけ!もうお前とは暮らせない!」「なんで、私が出て行かなきゃいけないの!」もうペク家はボロボロ…。お~い!長男!セフンはどこ行ったぁぁ~!
その頃ガンホはマウンテンバイクで田舎道を疾走中。そして…生活に困った斡旋アジュンマは…。

cyonman_ep51_07.jpg
一方ソンヨンは吹雪の中で一人佇んだ後
セフンのオフィスを訪ねる
「あなたの着替えよ…」「あぁ…」

cyonman_ep51_08.jpg
「ユビンがとてもあなたを探しているわ…
ユビンのことを考えて早く帰ってきて…」
「私は帰るわね…」

cyonman_ep51_09.jpg
ソンヨンが部屋から出て行き
ため息をついていたセフンに電話がかかる。

cyonman_ep51_10.jpg
「チョンさん?あぁ…その人は知人ではない」
「…適当に処理して」
電話を切るセフン。

セフンに会おうとして受付でもめるアジュンマをソンヨンが発見する。「アジュンマがあの女のオンマなの…?セフンさんに会ってどうしようと言うの?」代理母のことも全て知っているアジュンマに驚くソンヨン。「アジュンマ…あなたは誰なの?」
実家にやって来たソンヨン。「オンマ…叔母さん…故郷の先輩のあのアジュンマ…あのアジュンマが誰だか知っている?ユビンアッパーが会ってたあの女のオンマで、ユビンが産まれた時の仲介を…。」「ゑ?すぐに行くわよ!」引っ越し準備をしているヨニとオンマ。そこにやって来たソンヨンオンマと叔母。いきなりヨニを平手打ちするソンヨンオンマ。ヨニとアジュンマにつかみかかるオンマと叔母…なぜかナンジョンも。あぁ~怖い!
「オンニ~私が間違ってたのよ~」と謝るアジュンマ。怒鳴るソンヨンオンマ。「行くわよ!」「ヨニ…大丈夫?オンマが間違っていたのよ…」「大丈夫よ…私は気分がいいのよ。」逆に母を励ますヨニ。

cyonman_ep51_11.jpg

「お前、なぜ出て行かないんだ!」とベラオモニに怒鳴るペク会長。「アボジ…」そこに帰って来たセフンがペク会長を止める。「セフナ~私が間違っていたとしても出て行くほどのことなの?私は本当に悔しいのよ~セフナ~」「私一人が悪者なの?全部この家のため、あなたのためなのに~」

cyonman_ep51_12.jpg
「オモニ…私のためだなんておっしゃらないで下さい」
「私は一度もこんなことを望んでいませんでした…」
それだけひと言って冷たく部屋を出るセフン…。
「私は今まで…誰のために生きてきたの…?」
「なんでセフンが私にこんなことを言うの?」
激しくショックを受けるベラオモニ

cyonman_ep51_13.jpg
セフンが部屋で着替えようとしていると
ソンヨンが慌てて駆け込んでくる
「オモニが本当に荷物をまとめて
出て行こうとしているわ!」
「何だって!」

cyonman_ep51_14.jpg
「オモニ!どこに行かれるんですか?」
「お前に私は必要ないんだから…」
「さっきは、私が間違っていました…」
出て行こうとするオモニを止めようとするセフン。

cyonman_ep51_15.jpg
「あなたは帰って」
「私はお義母さまが落ち着くまで一緒にいるから」

息子よりビューティの絆の方が強い?「運転は私がします…」「オモニ…どこに行きましょうか?どこかで風にあたりましょうか?」「いいえ…ホテルに行って…」

cyonman_ep51_16.jpg

ホテルにベラオモニを送って戻って来たソンヨン。セフンは書斎でウイスキーを飲んでいた。「オモニは…?」「ホテルまでお送りしたわ…明日にでも…あなたが行ってみて」ソンヨンの言葉に横を向くセフン。

cyonman_ep51_17.jpg

ホテルで一人泣くベラオモニ。セフンに冷たくされたのが大きな精神的打撃。化粧が溶けてかなり怖い…。ホテルの窓から夜景を見てため息をつく。窓に書く指文字は「ソン・ヒャンスク」自分の名前…。自分の人生は何だったのか…。一人旅に出たガンホ。田舎の民泊で気持ちを切り替える。雪の中自転車を走らせる…かなり無謀。

cyonman_ep51_18.jpg

ペク家ではガンホもウンニムも、ベラオモニもいない朝食。セフンの白いシャツが爽やか~。(表情は暗いけど…)「息子には私がうまく言っておくから、あなた方はヒャンスクに会って連れてきなさい…」心配するハルモニ。

cyonman_ep51_19.jpg
電話に出たお手伝いアジュンマ
「電話が来たんですが…奥さまがいるホテルから…」

cyonman_ep51_20.jpg
「もしもし…はい…そうですが…」
「ゑ!何ですって」

cyonman_ep51_21.jpg
すぐにホテルに駆けつけたセフン
「それじゃあ、ホテルにチェックインしてから
一度もドアを開けていないんですか?」
「ええ、少しおかしいので何度もノックしても応答がないんです…」
と説明するボーイ。
「開けてください」

cyonman_ep51_22.jpg
乱雑に散らかる部屋の中を
「オモニ!オモニ!」と探しまわるセフン。

cyonman_ep51_23.jpg
セフンはファジャンシルの中で
ベラオモニを見つけるが…

cyonman_ep51_24.jpg
トイレで泣いているオモニはどう見てもおかしい…
セフンを見ても怯えるばかりで誰だかわからない…。

cyonman_ep51_25.jpg
ベラオモニを病院に連れて来たセフン。
「いろいろ検査しましたが、血管性痴呆ですね。」
医者からの説明に驚くセフン
「痴呆…ですか?」
精神的なショックで幼児逆行のような症状が出ている?
ガンホに電話をするセフン
「ゑ?オンマが何だって?」
戻ってきたガンホ。

cyonman_ep51_26.jpg
振り向いたベラオモニの嬉しそうな笑顔
しかし…それは少女のような微笑み…
「ガンホオッパー!ウンニムオンニは?」
あぁ~とんでもない展開…そして…予告もなし!
収拾つくのか?あと4話で!
どうする!どうなる!このドラマ!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

すごい展開ですね・・・

torakoさん あんにょ~ん

わ~ えらいことになってきましたね~
オリンピックの間はリアル視聴をすっかりあきらめている私には、torakoさんが頼りです~!!
しっかし、この展開は何ですか~?!
このドラマ、何を伝えたいんでしょうね~わかんないわ・・・
代理母という重い題材を扱っている割には、親孝行な娘の可哀想な物語になってしまったような・・・ショッキングな事件と強烈な個性の人物を登場させて、視聴率を稼ぐ・・・あざといっていうのかなぁ・・・そんな気がするんですけど・・・言い過ぎかな?  週末ドラマだし、あと4回で、何とか八方丸く収まるんでしょうね、きっと・・・どんなにむちゃくちゃな展開にしてでも・・・
興味はすでに、ストーリーではなく、セフンが如何に麗しいか、かっこいいか、美しいか、にあります。
あ~あと4話、セフンの見せ場がいっぱいありますように!
最後の2話はリアル視聴がんばりますから!

それにしても・・・
リュジン氏の次回作は・・・?
産休前に撮ってほしいですね~ぜひ!
「1000万回」のモヤモヤを解消してくれるような作品に!

  • 投稿者: yukippe
  • 2010/02/21(日) 22:59:20
  • [編集]

驚きの展開

yukippeさん
見ていてこの展開には驚きました~
でもイ・フィヒャンさんは「さすが…」の演技力
後半はフィヒャンさんの独壇場でしたね…息子のために生きてきて、その息子に「自分はこんなことを望んでいなかった…」と言われて、生きる目標を失った母親、一人の女性としての悲しみがすごく伝わりました…。ええい!セフン罪な奴…。
ベラオモニとの絡みでは、セフンの存在が大きいかも知れませんね。
でも本当にあと4話…どうなるのでしょうか?
ううう…51話リピートしていて、考え込んでしまいました~

  • 投稿者: torako
  • 2010/02/22(月) 02:37:39
  • [編集]

ひぇ~!!

torakoさん、こんにちは!
フィヒャンさんは、「天国の階段」でも、最後は違う世界に行ってしまったような。。
振り向き笑顔は、純粋100%で、きれいですね。さすが女優!

アボジは書斎にこもり、ガンホが傷心旅行に出かけて、セフンがひとりで会社をささえてるんですかねぇ。最初の頃は、ダメ長男だったのに、成長したのねセフン。

  • 投稿者: cha
  • 2010/02/22(月) 15:11:50
  • [編集]

びっくり!の展開

chaさん
こんばんは!
フィヒャンさんは役柄とは違ってすごく包容力がありそうな知的な女性。
けっこう好きな女優さんです。
ホテルの窓に向かって一人泣くシーンや幼女に帰ってしまった様子など…さすが、と思いました。でもこの展開にはちょっと驚きましたね~
「兄よりも仕事ができる」設定のはずのガンホがちっとも仕事をしないので、セフンががんばらざるを得ませんよね。ナビヤ~を歌うアッパー&優しい兄&有能な常務…あとは妻だけだわ…

  • 投稿者: torako
  • 2010/02/23(火) 00:10:04
  • [編集]

わや!

torakoさん、こんばんは~!

e-350e-351e-350e-351e-350e-351e-350e-351e-350e-351e-350e-351e-350e-351e-350e-351e-350e-351e-350e-351e-350e-351e-350e-351

最後にホテルのベラ母の様子を見に注意深く入っていくセフン、素敵でした。

何だか無責任な人の集まりだわ~ペク家。
ベラ母は、あそこまで自分とセフンのためにやりたいことやっておいて、結局反省はなく別の世界に行ってしまったんですか?
ちょっとズルイ台本だと思います~

ペク家から家出しなかったのって、ペク・イル会長と、ハルモニと、ユビンだけ?なんとまぁ居心地の悪い家なのに体裁を言うところがフシギです。

ソンヨンの焦りが色んなところに波及して、結局皆の知るところになった筈なのに、ソンヨンの描き方が急に中途半端でよくわかりません。セフンのことは心配しなくてもベラ母にはビンタもされてるのに忠実なんですね・・?

自転車旅行中のガンホのいたお寺?って、「京ス」でジファンシとジミンちゃんが雷の夜を過ごしたところと似てますね。ああいう造りが多いのですね。

・・で確か以前ウンニムが入水自殺しかかってる時にヨニに助けられて友情が芽生えたんだと思いますが、この二人はセフンの愛人発覚時点でもう出会うことはなくなったんですか?
ヨニが、ウンニムはセフンの子供を産んでいた事、
ウンニムが、ヨニの母親が斡旋アジュンマだったこと、既に知ったのでしたか?他にも・・、何がどこまで明らかになってるか?もう頭の中ぐちゃぐちゃです~
こういうのって、こちらの地方で【わや】って言います・・。

  • 投稿者: くちゅん
  • 2010/02/23(火) 00:38:26
  • [編集]

セフンはやっぱりステキ!

torakoさん あんにょ~ん

麗しいお写真、たくさんv-10ありがとうございます!
わ~い、また増えてる~ってうれしいなぁ~
ストーリーは、もうついていけません・・・わかりませんわ~
この回のセフンの黒いコート、黒いかばんもステキです~背が高いからロングコートが似合います!
フィヒャンさんの演技力は認めます!リュジン氏とは2度目の親子役ですもんね~^^

すべてを「子どもにために」という思いで生きるのは、女として不幸なことだし、子どもにとっても負担だし不幸だと思います。セフンが「自分はこんなことを望んではいなかった」というのは本音だと思います。
愛する息子に否定されて、ショックなのはわかりますが、これまでのベラオモニを思えば、これぐらいのことで精神に異常をきたすようなやわな女ではないような気がしますが・・・(だから、ストーリーが御都合主義的に思えてしまうのです)

くちゅんさん、私のところでも「わや」って使います。私の感覚では「わやになる」というのは「だめになる」って意味かなぁ~ 少し意味合いが違うでしょうか?

  • 投稿者: yukippe
  • 2010/02/23(火) 21:00:41
  • [編集]

あと4話なのに…

くちゅんさん
ホント「わや」な展開…
私が一番違和感をおぼえるのは、ヨニの存在感が急に薄くなってしまったこと。
イ・シヨンさんの新ドラマが始まっちゃうから?たぶんヨニはユビンを産んだのはウンニムだった知らないと思います。(そんなシーンはなかった…)
ヨニが真実を知った上でセフンとソンヨンにどんな感情を抱くのか、丁寧に演出していけば、面白かったのに…。(まして親友が愛人の子を産んでるわけですからね…)
もうヨニをめぐる展開は期待できませんね。
…とすれば、セフンの出番は、ソンヨンとの絡みとベラオモニの問題でしょうか?
いずれにせよ、あと4話では、中途半端な展開しか難しいような…
ガンホとウンニムも、手詰まりですよね…
ガンホの旅行先、韓屋というのでしょうか。伝統家屋ですね。一度はあんなところに泊まってみたいな…ソウルでも北村あたりには韓屋を利用したゲストハウスがあるようです。
懐かしいですね…「京ス」の世界。もう一度新作で見たいな~シーズン2の可能性はないのでしょうか?

  • 投稿者: torako
  • 2010/02/24(水) 01:16:45
  • [編集]

家での服装も素敵~~

torakoさん再びこんばんは~

写真有難うございます
じっくりセフンの姿を見ることができました
スーツの時のシャツ&ネクタイも変わりましたが、家での服装がとっても素敵で似合ってます~(初回頃の、真っ赤なアーガイル着てキツネ館・・が今では懐かしい・・もしかしてあれが自前の服だったりして・・)
服もですが、セフンってその時々で性格が変化してるような・・。とっても立派な事言ってるのでとても嬉しいのですが、こんなことが言えるならどうしてあの時・・なんて思ってしまいます。失敗をもとに反省して変わったということですね。
最後の4話もペク家しっかり者の長男として頑張ってくれるでしょうか?
ユビンを産んでくれたウンニムとの個人的会話が殆どないのが残念ですが、残り4話に期待してます

yukippeさん、「わや」はダメという意味なんですね?こちらは滅茶苦茶という意味合いで遣っています

  • 投稿者: くちゅん
  • 2010/02/24(水) 01:25:43
  • [編集]

やっぱり無理があるかな…?

yukippeさん
ホテルでベラオモニを探すセフン。
急な電話で駆けつけてきたはずなのに、ファッション決まりすぎ…ですよね。
でもかっこいいから許す!
足だけ映ったシーンは「京ス」のスヒョンを思い出しました。
コ・ウンミさんがインタビューで「ソンヨンは自分の家庭を守るのに必死なだけ」とおっしゃられていましたが、確かに「愛し合っている二人だから受け入れろ」というセフンの理屈も甘いような気がしますね。
ベラオモニがああなってしまったのも唐突…セフンは不妊治療の時からベラオモニの言うことを聞いていなかったんだから、代理母問題も現状追認で積極的に支持していたわけではないし…。
改めて「自分は望んでいなかった」と言われたのがあそこまでショックだったのか、少し無理があるような気がしますね。
お茶の間をハラハラドキドキさせるにはいいんだろうけど…こうやってセフンを語るのもあとわずか…
ドラマが終わってからでいいから、リュジン氏がセフンをどう解釈しているのかを聞きたいですね…。

  • 投稿者: torako
  • 2010/02/24(水) 01:26:51
  • [編集]

服装の変化の理由は?

くちゅんさん
こんばんは♪
服装の変化はリュジン氏本人に聞いて見たいですよね…
スタイリストが変わった?
韓国ドラマの衣装は俳優さん本人持ちか、協賛だと聞いたことがありますが…
協賛のスポンサーが変わった?
いい劇的変化でホント良かった…これが前半のファッションなら、かなりへこたれてました。
ウンニムとセフンはほとんど接点がないですよね
ガンホの病室に入れてあげたり、配慮をしているのはわかりますが…
ユビンのホントの両親なんですから、微妙な空気が流れてもおかしくないのに…
その辺の丁寧さが足りませんよね
さんざん文句を言ってきたのに、終わるとなると寂しいもの…
最近ずっとさぼっている『ストック』のパダスギも再会しなくちゃ…と思っています。

  • 投稿者: torako
  • 2010/02/25(木) 00:49:16
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。