スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1000万回愛してる」リアル視聴でGo!第44話

  • 2010/01/30(土) 20:55:49

バタバタした一週間でしたが、やっと週末までこぎつけました~。記事の更新ができなくてミアネ~。あ~もう番組のテーマソングがぁ~公式HPにも予告にも登場しないセフン。

cyonman_ep44_01.jpg
真剣な表情は「ウンニム=代理母」を
知ったからではありません
「ガンホ=ベラオモニの子じゃない」を
聞いたから…

ウンニムとガンホの問題に冷たい反応のベラオモニに文句をつけるハルモニ。「ガンホはあんたの本当の子じゃないから…」聞いていたガンホ。「俺は…オンマが産んだ子じゃないのか?オンマの子じゃなければ、誰の子なんだ?」そこに帰ってきたペク会長。「オンマが俺を産んでないって本当なのか?」家を飛び出すガンホ。

cyonman_ep44_02.jpg
おいかけるセフン
今までガンホは知らなかった…?
セフンは?

cyonman_ep44_03.jpg

「ガンホ…とにかく一旦家に帰れ!」引き止めるセフンを振り切って出て行くガンホ。ハルモニ、セフン、ソンヨン…ペク家は皆呆然…。「どうしたら…?」さすがのベラオモニも途方に暮れる。

cyonman_ep44_04.jpg

ユビンを寝かせながら、ベラオモニがあれほどまでにセフンの子にこだわった理由を考えているソンヨン。「あなたも、本当に知らなかったの?」「知らなかった…そういえば、おかしなことがあった…」険しいけど麗しい表情のセフン。

cyonman_ep44_05.jpg

漢江でグレながら、兄をえこひいきしていたベラオモニのことを考えるガンホ。ウンニムのことだけでなく、自分の出生の秘密まで知ってしまうとは…あぁ~。
孤児院近くの海岸で海を見ながら、新婚旅行のことを思い出すウンニム。シスターに励まされて、少しずつ生きる気力が出てきた様子。ユビンと同じ年頃の子どもを見ると思わず抱きしめてしまう…。
ウンニムの失踪も知らず、気楽な実家の継母とアボジ。全くつながらないウンニムの電話。少しずつ心配になるアボジだが…。
新しい店の開店準備に忙しいチョル、ナンジョン、叔母。だいぶ元気になったソンヨンがチョルの店に差し入れ。ナンジョンに継母から「ウンニムに連絡がつかないの…」と電話。「ウンニムさんは…ガンホさんと喧嘩して…離婚されるかも知れないわ…ウンニムさんに、男がいるみたいよ…」ソンヨンの心ない嘘で大騒ぎになるウンニム実家。
憔悴して出勤するガンホ…まるで幽霊のよう。「チーム長!どうしたんですか?何があったんですか?」「しばらく会社を休むかも知れない…」ガンホはペク会長の部屋を訪ねて「俺を産んだのは誰なんだ?誰なんだ?」ペク会長から居場所を聞いてやってきたのはとある小さな家。ペルを鳴らして「誰かいらっしゃいませんか?」出てきたのは一人のハルモニ。取りだした一枚の写真。小学校の時に見知らぬ女性に呼び止められて撮った写真。あの人がオンマだったのか…?「本当に知らなかった…オンマは今どこに?」「あなたのオンマは死んでしまったの…」
涙と鼻水を流しまくって車を走らせるガンホ。(あぁ~また黒い考えが…)写真の後、何度か家の前で出会った記憶がある…あの人がオンマだったのか?「オンマぁ~オンマぁ~」ハルモニから聞いた墓にやってくる。墓の前でつぶやく「なぜなんだ…なぜ一度だけでも、ガンホヤ~と呼んでくれなかったんだ…オンマ…」その頃ウンニムも孤児院を後にしてバスに乗っていた…。やって来たのはユビンの幼稚園。元気に遊ぶユビンを見つめていると…「ユビンの叔母さんじゃないですか?」「ユビンを見に来ただけですから…」慌てて去るウンニム。迎えに来たソンヨンに、ウンニムが来たことを告げる幼稚園の先生。「ユビンに会ったんですか?」「いいえ…」
家に帰ってユビンに「チャグンオンマが来ても、ついて行っちゃダメよ!」「なんで?チャグンオンマに会いたいよ~」

cyonman_ep44_06.jpg
うりゃーあ!
苛立つソンヨンは「手を出して!」ユビンの手をビシバシ叩く…
怖いわ…
ユビンの泣き声を聞いて
慌てて入ってくるベラオモニとハルモニ

「会わなければ忘れるわ…」「でも、あの女…今日幼稚園に来たみたいなんです…」ドラマの中心はウンニムとガンホ…そしてソンヨン。セフンは完全にカヤの外…セフンが秘密を知ろうが知るまいが関係ない?
ふらふらと歩いていると、ペク家のお手伝いアジュンマに出会う。「それが…ガンホさんが奥さまの本当の子どもじゃないとわかって…ガンホさんも家を出てしまって…」「ゑ?」驚くウンニム。公衆電話でガンホの携帯に電話をしてみる…しかし…電話はつながらない。留守電に向かって「私よ…ガンホさん…」それ以上言葉が続かない、電話を切るウンニム。もう一度ダイヤルを回す。「ウンジョナ~オンニや~」
「ウンニムが離婚されるかも…」という話をしていた継母とナンジョン。帰ってきたアボジに聞かれる。「ウンニムに男ができたって…」ナンジョンの言葉に「ウンニムに限ってそんなはずはない…」ウンニムにかけても、ガンホにかけても電話がつながらない…。家を出て、ペク産業に行くアボジ。「ペク・ガンホチーム長に会いたいのですが」「ペクチーム長は会社に来ていませんが…」「それじゃあ、ペク会長に…いいえ、結構です…」会社を後にするアボジ。心配した継母がハルモニに電話。「ウンニムは来てないけど…何かあったのかい?」驚くハルモニ。その時、ちょうどアボジがやってきた。「ウンニムは…幸せに、ちゃんと暮らしていると思っていたのに…ウンニムに何かあったら…生きていけないよ…」つぶやくウンニム。孤児院のシスターのところに、修理に出していたウンニムの携帯電話が届いた。ペルが鳴る。電話に出たシスター「ウンニムさんのご家族ですか?」「ウェハルモニです…そこはどこですか?」すぐに駆けつけてきたハルモニ。「ゑ?ウンニムが海に入水したんですか?」そこに帰ってきたウンニム。「ハルモニ!」「ハルモニ…ごめんなさい…私が間違ってました…」ウンニムを引っ張って連れていこうとするハルモニ。「ウンニム…まさか…真実がガンホにわかってしまったのかい?」泣くだけのウンニム。
ベッドに入ってミカンを食べながら、ウンニムのことを話すナンジョンとチョル。「ヌナが嘘を言ってるのかな?」そこにやってきた叔母。「夕食の仕度は…?」「ちょっと気分が悪くて…」「じゃあ、夕食も食べれないわね…」
ポンPDと打ち合わせをするソンヨンオンマ。ドラマの方向性をめぐって言い争い~。キス・シーンの話?突然ソンヨンオンマを抱きしめるポンPD「何するのよ!」「気がふれたんじゃないんです…キム作家が好きなんです…」ポンPD捨て身の告白。
斡旋アジュンマ登場…アジュンマとヨニが出てくるとセフンの出番も…?TVではバイオベンチャーをめぐる詐欺事件の報道が…ベラオモニとセフンからもらった数億ウォンが水の泡に…「私のお金…私のお金…」あぁ~帰ってきたヨニに抱きかかえられて気を失うアジュンマ。

cyonman_ep44_07.jpg

オンマの墓でそのまま寝てしまったガンホ。墓で寝るシーンなら、『純情』のリュジン氏の方が素敵だったわ!ふん!
帰って来ないガンホを心配するハルモニが、ウンニムを迎えに行くようにベラオモニに言う。そこに疲れ切って帰ってくるペク会長。「もしかして、今日、ガンホから連絡があったの?」「じゃあ、産みの母のところに…?」その話を聞いて怒り出すベラオモニ。
その夜…ガンホが家に帰ってきた…「アボジ…俺を産んだオンマをなぜ捨てたんだ…、オンマは一人で死んだんだぞ…」「ゑ?死んだのか?」知らなかったペク会長。

cyonman_ep44_08.jpg

「オモニも…ハルモニも嫌いだ!」再び家を飛び出すガンホ。追いかけるベラオモニ。「オンマが俺になんで冷たかったのか…訳がわかったよ…」「俺を憎んでいるんだろ!」「憎んでなんかいないわ…」「俺がオンマの子じゃないから、兄貴の子どものために代理母まで!」「ハルモニやアボジに聞こえるから、もうやめて…」

cyonman_ep44_09.jpg

そこに帰ってきたセフン。「お前の気持ちは全てわかる…だけど…」「俺を産んだオンマは俺の名前も呼べないまま死んでしまったんだ!ヒョンが俺の気持をどうやってわかるんだよ!」出て行くガンホ。セフンが代理母問題を知るいい機会だったのに…ここでもウンニムの秘密は知らないまま…。

cyonman_ep44_10.jpg

連絡のないウンニムを心配するアボジと継母。帰ってきたウンジョンが「オンニ?連絡あったよ…旅行してるんだって」「ウンニムの声はどうだった?」「声?普通のオンニの声だったよ…」安心する家族たち。
漢江に車を止めて死んだオンマのことを考えているガンホ。携帯の留守電にはウンニムの声「ウンニマ~ヨボ~」ウンニムのハルモニが家の前でしゃがみ込むガンホを見つける。外はマイナス10度?ガンホを抱きかかえて家に連れてくる。「ウンニムが死のうとして海に入って…」ガンホに話し出すハルモニ。「アボジが肝移植をしないと死んでしまうというんで…それで…ウンニムは…」代理母の事情を話す。
施設の子どもたちが蹴ったボールを止めた男性…振り向いたウンニムの目に映ったのは…ガンホ。
予告では…ヨニ妊娠?別れてから何ヶ月?レストランで食事をするソンヨンとセフン。とりあえず、出てくることは出てくるようです…

cyonman_ep44_11.jpg
監督ニム…作家ニム…
僕…一応ユビンのアッパーなんですけど…
いつまで蚊帳の外なんでしょうか?
「ゑ?知らなかった?忘れてたわ…」
と言わないでくださいね…

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

あぁ・・・

torakoさん あんにょ~ん

きょうの(あ、もう昨日だ・・・)セフンもひどい扱いでしたね・・・もう!何とかしてください~ torakoさん!
出演時間の短さはもちろん腹立ちますが、それよりもセフンの蚊帳の外扱いが、耐えられない!居てもいなくてもいっしょやん!!
あんまりむなしくて、すぐにはコメ書けなくて、スヒョン&ジュヌォンに慰めてもらい、ここのもどってきましや。
セフンや~い

それから、ガンホの行動、態度の幼さににあきれてしまいました・・・あんたは小学生か!ええ歳した大人なら、仕事に責任もあるし、他人への思いやりや感謝の気持ちも、忘れたらあかんやろ~ と思いながら、セフンの出てこない画面を見ていたのでした・・・

PS:くちゅんさん、ありがとうございます。試してみます!

  • 投稿者: yukippe
  • 2010/01/31(日) 04:34:14
  • [編集]

☆ヒマン・・・

torakoさん、こんにちは!
あまりのセフンの扱われように言葉もありません。がっ、ふっと思ってしまった。
ひょっとしたら、セフンが真実を知った動揺にたっぷりと時間を取ってくれるのかもっ!!
・・・・・裏切られるのはいつものこと。期待せずに待っていようかしら?今夜は無理でも来週・・・。

  • 投稿者: cha
  • 2010/01/31(日) 16:32:45
  • [編集]

ぼやき…ぼやき…ぼやき…

yukippeさん
あぁ~もうあきらめの境地。
一度ガンホが戻って来てベラオモニと口論しているところが、セフンが代理母のことを知るいいタイミングだと思ったのに、ここでも気づかず…
仲良しだったウンニムとガンホが何でここまでもめてるかわからないのかな…?
そして、やっぱりペク会長。この子にしてこの親ありですね。ガンホの本当のオンマの実家の住所まで知ってても、本人が亡くなったことすら知らない…。
セフンと同じ行動パターン。やさしいけど、無責任~
ガンホもちょっと似てるかな?一番辛いウンニムを思いやれなかったことも…。
お金を失ったヨニオンマがまた騒ぎ出しそうだし、代理母問題がソンヨン実家にもバレそうな予告…もしかして、大部分の登場人物が知ってても、セフンだけ知らない…とか。
あと10話なのにどーするのよ!の心境です。

  • 投稿者: torako
  • 2010/01/31(日) 20:25:33
  • [編集]

ネガマニルチャキラミョン…

chaさん
こんな扱いに慣れっこになってるリュジンファンの健気な姿…
韓国のPDや作家は知ってるんでしょうか?
セフンの動揺は…また漢江で5秒くらい「うぁぁぁ~」と叫んで終わりのような気がします。
私が脚本家ならヨニの口から聞かせるけど…ふふふっ
あと10話…ウンニムとガンホの物語で終わってしまうんでしょうか?あるいはベラオモニとガンホの親子関係の修復?ソンヨンとウンニムの和解?
どちらにしてもセフンは蚊帳の外…あぁ!

  • 投稿者: torako
  • 2010/01/31(日) 20:30:39
  • [編集]

ガンホに軍配

torakoさん、こんばんは~

うーーん!
妻が内緒で代理母を依頼していたセフン
妻が過去に代理出産をしていたガンホ
セフンはショックのあまり、家族には内緒でよその女性に走った
ガンホは妻が兄の子を産んでいた事、実の母親の存在と既に亡くなっていたことを知ったショックで家族にいっぱい心配かけながらもウンニムの留守番メッセージを聞いて「ウンニマー・・」
かなりガンホに分がある演出だわ・・。

名乗れなかった自分の母親と、ユビンの母であるウンニムを重ねたんですね~。。
ここからガンホはウンニムにとってどうしてあげるのが良いのか考えるんでしょうね~
セフンが、ベラ母に脅されて代理母に依頼したソンヨンの立場や気持ちを考えなかったのが悔やまれます~

ガンホの母親の死をしらなかったペク会長・・。
セフンとヨニの関係は、最後はどんな風になるのでしょうか

ベラ母さまが泣いてガンホを引き止めてましたね~でも、代理母の事がペク会長やハルモニに知られないようにという思いが強いような・・。

ショックを受けてる弟に、もっともっとセフンと弟の対話があっても良かったですよね。セフンにとってガンホは大事な弟であることにかわりないんだ~って、ここでも頼りになる素敵なお兄ちゃん振りを見せる演出、ウンニムのことをガンホがセフンに言いかける演出が欲しかった~!!!

忘れられて蚊帳の外~~じゃなくて、皆がセフンに知られまいと必死で蚊帳の外~~にしようとする演出プリーズ!!でしたね

それにしてもセフンの最初頃と今のこの服装の違いは・・?ヨニとお付合いしててセンスが良くなったのかしら~??

  • 投稿者: くちゅん
  • 2010/02/16(火) 03:05:41
  • [編集]

セフンというナムジャは…

くちゅんさん
こんばんは~
ペク会長がガンホの母の死を知らなかったのには驚きました
「何やねん!このおっさん!」と突っ込みいれたくなりましたよ~
セフンもこのおっさんの血を引いている?
どんな気持ちでガンホ母はガンホを産んで、産まれたばかりの息子をベラオモニに渡したんでしょうか?
そうですね…ガンホは母とウンニムを重ねあわせていますね…
一度も息子と呼べなかった母の立場と…
セフンは…ベラオモニに甘やかされて育った割には性格がまし!と思います。
何度も言っていますが、他の男優さんが演じていたら、本当にイヤな奴で終わっていたかも…。
リュジン氏なりの良さは演出や脚本にも負けず、がんばって出しているのでは?と思います。
ファッションも改善できて、本当に良かった!
序盤の服装が続いていたら、リアル視聴のモチベーションを維持するのが難しかったかも知れません~
もうすぐ蚊帳から出るセフン…
どうか最後まで。。。キワドイところで、素敵さを失わないセフンでいて欲しい!

  • 投稿者: torako
  • 2010/02/17(水) 00:55:53
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。