スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1000万回愛してる」リアル視聴でGo!第35話

  • 2009/12/27(日) 20:05:04

究極の修羅場を経験したセフン…身から出たサビとはいえ、飲んだくれたくなる気持ちもわかりますが…何とか立ち直って、これから明らかになる本当の修羅場、ユビンの出生問題に直面するソンヨンを支えてほしい…でも…また「ゑゑゑ…」となってキツネ娘@ヨニに走るようなことになれば…仏の顔も三度まで…???三度まで大丈夫?まだ2回目だから…?いいえ、本妻と愛人と両方から愛想をつかされることになりかねませんよ~!

cyonman_ep35_01.jpg

さぁ…今夜はソンヨン実家を訪ねたウンニムが斡旋アジュンマと衝撃の再会をするところからスタート!「コモのチングなの…」と紹介されたウンニムは戸惑ってすぐ帰ろうとする…。「あのお嬢さん…ペク産業のお嫁さん?」「お会いできて嬉しかったわ…」と意味ありげに挨拶する斡旋アジュンマ。ソンヨンの実家を出て、息苦しいほど動転するウンニム。呆然と街を歩くウンニムに声をかけるガンホ。「声かけてたのに、何考えてたんだ?」「何でもないわ…、用って何?」「ついてきて…」ガンホがウンニムを連れていった先は、ハルモニのトッポッギ店、屋台の店から立派な店に…。「負担だとかすまないとか思わないで、ハルモニのおかげで、ヒントをもらって、うちの会社がヒット商品を出せたんだ」
斡旋アジュンマがヨニのカフェに行くと、「臨時休業」の貼り紙、家に帰ると、リビングに酒瓶がゴロゴロ…ヨニは一人で寝込んでいた…。「あんた…何かあったのね」「あったわよ…オンマのせいであの人と喧嘩したのよ」「家はどこなの?会社はどこなの?」セフンのことを問いつめるアジュンマ。ヨニの様子を見てたまらずにセフンに電話をするアジュンマ。会社にいるセフンにアジュンマから電話。「ホン・ヨニの母ですが…一度会いましょう…」「間違い電話ですよ」すぐに電話を切るセフン。すぐに電話を換え、電話番号も変えるセフン。厳しい表情が痛々しい…。
ガンホとウンニムはハルモニの店を出て、二人歩く。ウンニムにキャッシュ・カードを渡すガンホ。「お金が必要なら、これを使って…」ガンホの気持ちがありがたくて、そっと抱き合う二人。ウンニムはハルモニの店に戻ってお手伝い…。「怖いのよ…ハルモニ…」つぶやくウンニムを心配するハルモニ。「何でもないの…」「もしかして、あの女に会ったの?」「なぜハルモニが…?」「あの女が変なこと言ったの?」「ハルモニ…ガンホさんに良くしてもらって…幸せで…」「あの女は関係のない人なの…知らない人なのよ…」ウンニムの手を握るハルモニ。
ソンヨンがユビンを連れて実家から戻ってくる。まだ戻って来ないウンニムに文句を言う、ハルモニ。すぐにウンニムが帰ってくる。「夫の仕事時間中に外出ばかりしていると…」とお小言…そうね~ガンホもセフンも仕事抜けすぎ…。
実家での態度が心配なソンヨンがウンニムに声をかける。「大変だと思うけど、私が助けてあげるから」ウンニムの手を握るソンヨン。ナンジョンとチョルが結婚したら、別の意味で親戚だしね…。でも、真実を知ったら、ソンヨンの態度がどう変わるんだろう…。
二人で仲良く大きなアイスクリームを食べるチョルとナンジョン。最近、この二人を見ると「ホッ」としますね。結婚はいいけど、どうして暮らして行こう。「オンマが援助してくれるかな?」というナンジョンに、「家のオンマは離婚して苦労してきたから、そんな心配はさせたくないんだ」「じゃあ、お姉さんは?大企業のお嫁さんだから助けてくれるんじゃない?」とあくまで他力本願のナンジョンに「他の人に頼らず暮らしていかなきゃ…」と真剣な表情のチョル。
家で夕食の準備をするウンニムとソンヨン。「ケーキを買ってきて欲しいんだけど、セフンに電話がつながらないんだけど…どうして?」ハルモニが来る。ソンヨンがセフンに電話してもつながらない…。
「セフンは電話を換えたみたいね…」帰宅してユビンを久々の笑顔で抱き上げるセフン。そんなセフンを複雑な表情で見るソンヨン。「お義母さんの誕生日に行ってきたのか…?」話しかけてもよそよそしいソンヨンの態度に辛いセフン。
その頃、電話のつながらないセフンにたまりかねたヨニが酒に酔って家の前に来ていた…。ヨニを見つけるガンホ。「ここで何してるんですか?」「あ!常務の弟さんね、ウンニムは元気?」「だいぶ、お酒に酔っているようですね、帰ってください」「常務に電話がつながらないんです、常務を呼んでもらいません?」「電話がつながらないのは会いたくないからです、すぐ帰ってください」「常務を呼んでください!わたしの常務を!」

cyonman_ep35_02.jpg

その頃、リビングでは、ユビンを囲んで家族団らん…セフンも笑顔…「ユビン、上手だね!最高!」幸せそうな家族。二階にセフンを呼び出して「あの女…お酒を飲んで家の前にいるんだ…義姉さんが知ったら大変だ…」慌てて、家を飛び出すセフン。トボトボと帰っていくヨニの後ろ姿を見つけた…切なく見つめるセフン…でも声はかけられない…声をかけてはいけない…。

cyonman_ep35_03.jpg

ウンニム実家では、アボジと継母がナンジョンの結婚資金のことで悩んでいた…。「何か方法を考えてみるよ」あぁ~先立つものは…やっぱり…。継母は得意の料理を作ってペク家に…アボジの就職のこともあるし…。迎えるハルモニ。「ご主人は仕事うまくいってるの?」「おかげさまで~」ハルモニとエラン…昔から知り合いの二人なのに微妙な関係の二人…。そこに帰ってきたのはベラオモニ。冷たい態度。「オンマ~」と声をかけて、自分の部屋を継母に見せるウンニム。「オンマ…私は元気よ…、ガンホさんが良くしてくれるから、辛くはないわ…」「ウンニム…ナンジョンが…」「ナンジョン姉さん、本当に子どもができたの?」「それでね…あなたにしか頼めないわ…お金を少し都合してくれない?」「どのくらい…わかったわ、ガンホさんに頼んでみる」「あなたしかいないの…」
寝込んでいるヨニのために、家で料理をする斡旋アジュンマ。アジュンマの携帯に電話…暴力夫の借金の取り立て?お金に困っているアジュンマの行動が怖い…。
ヨニは相変わらず寝込んだまま…。セフンにも連絡がつかない。その頃セフンは会社でヨニ専用の電話をゴミ箱に捨てていた…。(分別収集じゃないの~?)ソンヨンに電話して、ユビンとソンヨンを夕食に誘うセフン。夫婦の関係を何とか修復しようと努力中。
下着の開発チーム長のガンホ。下着売り場で仕事中。そこにチョルから電話、夕食の誘い…。ガンホは家に電話をして「夫婦同伴の外食だ」とウソをついて、ウンニムを誘う。

cyonman_ep35_04.jpg

ユビンを連れてレストランで食事をするセフン夫妻。笑顔をつくろうとするセフンにソンヨンの表情は冷たい…セフンはプレゼント攻撃。ネックレスの箱を開けて「これも二つ買ったんじゃないでしょうね」と強烈な嫌味…。「ありがとう、きれいね…」そっけなく言って、ちっとも嬉しそうじゃないソンヨン。あぁ~前途多難のセフン。
ガンホとウンニムは、ナンジョンとチョルと4人で食事。旺盛な食欲のナンジョンに驚くガンホ。「ナンジョンさんは二人分食べなくちゃ…」「チョルが先にアッパーになるなんて…うらやましいよ…」とウンニムを見つめるガンホ。

cyonman_ep35_05.jpg

夕食を終えて、眠るユビンを連れて帰宅したセフンたち。ベラオモニが気をきかせてユビンを自室に連れて行く。先にベッドに入るソンヨンに寄り添うセフン。ソンヨンを抱きしめようとするセフンに「何するの?」とセフンをひっぱたく。まだセフンを許せない。一人書斎で悩むセフン。…そう簡単に許してもらえるわけがない…。
斡旋アジュンマが家に帰ると、暴力団風の男が二人。暴力夫の借金取り立て。「どうしたら…」追い込まれた斡旋アジュンマがまず思いついたのは…ウンニム。家の近くでウンニムに声をかけるアジュンマ…。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

リュジン氏じゃなきゃ・・・

torakoさん あんにょ~ん

昨夜は久々に紙芝居状態が数度・・・それでもストーリーに支障ない程度には見ることができました(支障をきたしているのは私の語学力・・・)
セフンはなかなか許してもらえそうもありませんね・・・
ソンヨンは許すつもりでなく、復讐するためにもどったように思えてしまいます。セフン@リュジンシを追いつめるとまた・・・という不安がよぎります・・・子どもがいなかったら二人は離婚していたんでしょうね・・・特にソンヨン・・・
このへんで笑顔を見せて、セフンを受け容れてあげたらいいのに・・・そうしたら、セフンはソンヨンに感謝して本当に戻ってくるのに・・・と思うのは、セフンひいきしすぎでしょうか?!  早くセフンに笑顔を!今のセフンは麗しいけど、ちょっとやつれて見えてかわいそう・・・

ウンニムにお金の無心をしそうですね、ヨニ母。脅迫するんだろうな、代理母の秘密をだまっててほしければ・・・とか。
そのあたりからガンホがお金の使い途を怪しんで・・・?
わ~!誰にどういうふうにばれていくのかな~
ウンニムをはさんでセフンとガンホはどうなるんだろう?そしてソンヨンは・・・

忍耐に満ちた、このリアル視聴も物語の3分の2を越えましたね!(予定通りなら)
リアル視聴初体験の私には、まだまだ試練の道が長そうです~

  • 投稿者: yukippe
  • 2009/12/28(月) 16:36:25
  • [編集]

ヨニを追いかけてはいけないセフン…2回目!

yukippeさん
アンニョーン♪
セフンとソンヨンのシーン。こちらも思わず緊張してしまいます。
プレゼントや食事で癒されるような傷じゃないのに、セフンも考えが甘い…。
レストランで、手を振るユビンに対する優しい眼差しと、目の前にいるセフンに対する凍り付くような眼差しが対照的で、コ・ウンミさん「乗ってるな~」と思いました。

セフンがヨニを追いかけようとして、思いとどまるシーン、以前にもありましたね。
リュジン氏の表情や眼差しで切なさは伝わってくるのに、セフンのヨニに対する気持ちがドラマの中で十分説明されていない(こっちが聞き取れていないだけかな…?)ので、せっかくのリュジン氏の演技が生きてこなくて残念です~。

代理母問題が動き出して、主演カップルの見せ場になるのでしょうか?
でもやはり、リュジン氏VSコ・ウンミさんの緊迫感のあるやり取り中心で展開してほしいな~
予告では、許そうと努力しても、どうしても許せないソンヨンの辛いセリフが流れていましたよね。…うむむ…その気持ち、何となく分かるんだけど…でもリュジン氏を邪険にしないで~と叫んでしまう!

  • 投稿者: torako
  • 2009/12/28(月) 23:59:02
  • [編集]

またもやネックレス・・

torakoさん、こんにちは

家の前でヨニの後ろ姿を見送るセフン、携帯をゴミ箱に捨てるセフン、あ~どうなんでしょうね?スヒョンがソンジュを見つめていた時のような目の奥のものは感じにくいですね。
セフン演じるリュジンシもはかりかねてるのでは・・?ちゃんと監督か台本で今のセフンの気持ちの説明がなされてるのでしょうか・・?
セフンが最後にどう行動するか期待を持たせるためにあやふやなのかしら・・。

必死に関係を修復しようとするセフン。ソンヨンにまたネックレスだなんて・・。ヨニとの関係を怪しまれるきっかけにもなったのに、ちょっとあり得ないプレゼント。
「二つ買ったんじゃないか」と尋ねるソンヨンの言葉はごもっとも^^、セフンは気付けないのか罪の意識の感じ方が浅いのか?無神経・・って思っちゃいました。

継母はウンニムが嫁ぎ先であまり良くない状況にいるにも関わらず援助をお願いしましたね。ウンニムが代理母になったのは誰も病気の父親を助けられなかったから。これから先ウンニムがペク家で辛い目にあった時にちゃんと温かくかばってあげて欲しいです。。

  • 投稿者: くちゅん
  • 2010/01/21(木) 16:26:10
  • [編集]

リュジン氏の感想が聞きたい…

くちゅんさん
こんばんは♪
セフンの気持ち…本当に中途半端…
セフン役を演じてみてのリュジン氏の感想をぜひ聞いてみたいですね
ヨニに対しても「放ってはおけない」という気持ちが残りつつ、ソンヨンに対しては、やはり初恋の人…だからソンヨン以外の妻は考えられない?
完全に嫌な男にならないように、切なさを残しながら演じられるのは、やはりリュジン氏ならでは、と思いたいですが、感情移入できないのは辛いですね。

ネックレスの件も、演出だから仕方ないけど、「それはないやろ…」と私も思いました
ソンヨンからすれば、「この人、私がどのくらい傷ついたか、全く分かってないの?」と疑いたくなるような無神経さ…

贈り物でごまかそうとするのも気に入らないですね
これってペク会長からの遺伝かしら…何かと言えば、嫁に車をプレゼントするセレブな会長~
今のところウンニム=代理母の秘密をセフンは知らないけど、これを知った時、セフンがどういう行動を取るか…真価が問われますね…

  • 投稿者: torako
  • 2010/01/22(金) 01:18:02
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。