スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月が浮かんだと電話をくださるなんて キム・ヨンテク

  • 2009/12/04(金) 23:59:59

今週は詩の翻訳に専念~でも…いつもより遅く帰宅すると不在配達票…おぉ!『主婦生活』12月号です!早速明日の朝再配達の依頼をしました~明日からはリュジン氏の長文インタビューの翻訳だぁ!…で今日の詩は…だんだん難しくなってきました~。今日、留学生のソンセンニムとお会いした時、わからなかった表現をお聞きしました。最後から2行目「눈부시게 부서지는 소리」です「눈부시다=まばゆい」「부서지다=砕ける」(ソンセンニムにお聞きすると、何かがぱぁっと飛び散るような感じ…だそうです)???「まばゆく飛び散る音」と訳して見ましたが、「まばゆく」という視覚にうったえる表現が「音」にかかるのは、普通の文章ではおかしいそうです…詩の文学的表現でしょうね…とも。ソンセンニム曰く、詩の翻訳は、韓国語の辞書的な意味とニュアンスをつかめば、あとは、日本語の表現力の問題だそうです…ひぇ~(泣)

stok_fans_ep8_01.jpg

◆달이 떴다고 전화를 주시다니요◆
김용택

달이 떴다고 전화를 주시다니요.
이밤 너무나 신나고 근사해요.
내 마음에도 생전 처음 보는
환한 달이 떠오르고
산 아래 작은 마을이 그려집니다.
간절한 이 그리움들을,
사무쳐 오는 이 연정들을
달빛에 실어
당신께 보냅니다.

세상에,
강변에 달빛이 곱다고
전화를 다 주시다니요.
흐르는 물 어디쯤 눈부시게 부서지는 소리
문득 들려옵니다.


stok_fans_ep8_02.jpg
◆月が浮かんだと電話をくださるなんて◆
キム・ヨンテク

月が浮かんだと電話をくださるなんて
今夜はとても得意げで素敵です
私の心にも生まれて初めて見る
明るい月が浮かびあがって
山の麓の小さな村が現れます
切実なこの恋しさを
染みいってくるこの恋情を
月明かりにのせて
あなたに送ります

ああ
川べりの月明かりが美しいと
電話をしてくださるなんて
流れる水 どこかでまばゆく飛び散る音
ふと聞こえます

stok_fans_ep8_03.jpg


김용택(金龍澤・キム・ヨンテク:1948年~)韓国の詩人。全羅北道任実郡ジンメ村生。21歳で母校の小学校教師となる。1982年、創作と批評21人新作詩集『꺼지지 않는 횃불로 消えないたいまつで』に、「섬진강 1 蟾津江(ソムジンガン)1」他8編を発表し、作品活動を始める。1986年、「맑은 날 晴れた日」で第6回キム・スヨン文学賞を、1997年、第12回素月詩文学賞を受賞した。2008年8月に教壇を後にするまで、子どもたちとともに童詩集を発行するなどして、故郷で教師をしながら詩人としての活動を行った。蟾津江の連作が有名で「蟾津江の詩人」とも呼ばれる。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。