スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシルさまコマウォ~「郎粧決意」

  • 2009/11/23(月) 23:59:59

遅ればせながら『善徳女王 선덕여왕』を見はじめました。秋にソウルに行った時に現地の友人から「おもしろいよ」と薦められ、史劇好きの日本の友人から日本語字幕版を譲ってもらって見ています。

sundoku_nanjyan_01.jpg

韓国ドラマを見るようになったきっかけが『ソドンヨ』だったので、ほぼ同じ時代…。とはいえ、作り込み方の違いもあって、雰囲気がだいぶん違いますね。
韓国で放送中の『善徳女王』では、イケメン花郎(화랑)軍団が話題らしいのですが、花郎という言葉を初めて知ったのは、学生時代(幾つ?)に読んだ、山岸涼子の『日出処の天子』に登場する淡水(迹見赤檮)…そして、マイ・ナンバー1花郎は当然『ソドンヨ』のサテッキル?

sundoku_nanjyan_03.jpg
『1000万回』のナンジョン@パク・スジン嬢が
若い頃の摩耶夫人だったりします(上)

「花郎」は新羅貴族の青年組織で12世紀に編纂された史書『三国史記 삼국사기』によれば、真興王@イ・スンジェ氏37年(576)に創設されたと伝えられています。
この『三国史記』が引用している書物に『花郎世記 화랑세기』があって、700年頃に新羅の金大門が記したとされていましたが、長く現存しないとされていました。ところが、1989年、日本の宮内庁書陵部に保管されていた原本を写したとされる筆写本が「発見」されましたが、韓国の学会では「偽書」だという説が有力だそうです。

sundoku_nanjyan_05.jpg

『花郎世記』には540年から681年までの32人の風月主(花郎の首長)の伝記が含まれていて、話題のミシル(美室)さまについても、詳しく記述されています。―3人の風月主を夫や恋人とし、真興(チンフン)・真智(チンジ)・真平(チンピョン)の3人の王と通じて朝廷を掌握、 弟と2人の息子も風月主の地位に就いた―『花郎世紀』で記されているミシルさま。他の歴史書には登場しないため、実在は疑問視されていますが、『善徳女王』は『花郎世記』の記述を巧みに利用して、ミシルさまを魅力的な「悪女」に仕上げているようです。

sundoku_nanjyan_04.jpg
そのミシルさまに今回教えていただいたのが…
郎粧決意
낭장결의 ナンジャンキョリ
화랑들이 화장을 하고 죽음을 불사하겠다는 의지를 세우는 일
花郎たちが化粧をして死をも辞さないという意志を示すこと

おぉ~そうだったんだ!と思わず膝を打ってしまいました。『ソドンヨ』54話~最終話でのサテッキル@リュジン氏の最期。最期の姿が白塗りメイクで、麗しいリュジン氏を酷い目に遭わせて最期はこれかい!と、ずっと、イ・ビョンフン監督を恨んでいましたが…。でも何もかも失ったサテッキルが新羅の貴族、花郎として、死を賭けた決意のあらわれが、あの白塗りメイクだったわけですね…(今頃わかった、コマウォ~ミシルさま!)

sundoku_nanjyan_06.jpg

後半見るのが辛かった『ソドンヨ』ですが、以前インタビューでリュジン氏が「サテッキルは決して悪役ではありません。彼は忠誠心を捧げた祖国に裏切られてしまう、本当に悲しい人物です。」と語っていたように、キルにはキルの大義があるんですよね。でも…それに比べて『1000万回』@セフンは~!!

sundoku_nanjyan_02.jpg
…で、今『善徳女王』でマイ・ブームなのは
不死身系キャラ
チルスクこと
안길강 アン・ギルガン氏♪
まだ6話なので、主人公たちも子役です~

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ミシル様怖い~

torakoさんあんにょ~ん。

ちょっとトピ違うけど、リュジンssi、ベビたんおめでとうです♪
やっぱり次は女の子がいいな~。
チャンヒョンくんがママ似だから、リュジンssi似の女の子。
美人だろうな~。と妄想中です。
家族四人支えるためには、役なんて選んでられない!
ハラボジになったときに奥深い役を演じるためには、いろんな経験が必要なのかも?です。

さて、善徳女王。面白いですね。
私は女性が主役のものはどうもどろどろで苦手なのですが、これはどろどろもあるけど、
ミシル様の逞しさにけっこう面白さを頂いてます。
ちょうどソドンヨと時代もかぶってますしね。
でも、チョンミョンがどんなにいい子でも、「こいつめ~」と思ってしまう。。。
作品が変われば記述も変わる。
日本の時代劇は歴史に忠実ですが、韓国はフィクションが多いですね?
実のチョンミョンやトンマンがどんな方たちだったのか、気になりだしました。
そういえば、このドラマに出てるソルォン役の方、リュジンssi、ミョンミンssiとチングとか?

  • 投稿者: ちぃ
  • 2009/11/24(火) 12:13:30
  • [編集]

ミシル弟ミセンってやまちゃん?

きゃぁ 山岸涼子の『日出処の天子』読みました。
当時も、明日仕事((幾つ???))なのに止まらなくて、明け方まで一気に読みました。
花郎 記憶にありません。もう一度読んでみます。

『イサン』『特別捜査班HIT』を見ながら『善徳女王』を見てると混乱してきます。へへ

《郎粧決意》 だからあの化粧だったんですね。
私はどこから何を間違えてしまったのか、教えてください!崖の上で天に向かって叫ぶキル
なんだか又悲しくなっちゃう。

  • 投稿者: kiru
  • 2009/11/24(火) 17:04:25
  • [編集]

リュジン氏似の次男でも…

ちぃさん
アンニョーン♪
「堅実」?に中堅俳優さんへの道を歩んでいるリュジン氏。
ご本人を含めて、みんな女の子!を期待しているみたいですけど、リュジン氏にそっくりの次男もいいぞ~なんせ、赤ちゃん時代の写真がとびきりプリティなリュジン氏ですから…
30代は30代の40代は40代の良さを出して、パッと打ち上がる花火でなくて、コツコツとキャリアを重ねていってほしいですね。
今回の「根性腐れ」セフン(ひどい言い方でミアネ~)もその過程だと思って、見守りたいと思っています。

『1000万回』のストレスを『善徳』で晴らす?まだ6話ですが、スピーディな展開にはまりつつあります。もともと興味のある時代ということもあって、フィクション部分、史実をふまえた部分、あ~だこうだと考えながら見るのも楽しい。
まだ成人役者は登場していませんが、リュジン・フォーエバーでキム・ユシン@オム・テウン氏の役はリュジン氏にも似合いそうという書き込みを見たことがあるので、そんな目でも見てみたいと思っています。

ソルウォン役のチョン・ノミン氏、リュジン氏、ミョンミン氏よりも少しヒョンですが、デビュー時期が近く、親しい間柄のようですね。笑顔が素敵な方のようですが、『善徳女王』ではほとんど表情を動かしませんよね。私が夢見る、リュジン氏、ミョンミン氏主演のハードボイルドコメディに出演してほしいな~(アン・ギルガン氏もです)

  • 投稿者: torako
  • 2009/11/24(火) 23:10:08
  • [編集]

リュジン氏、がんばったのね…

kiruさん
アンニョーン♪『日出処の天子』読まれたのですね!
懐かしい~
花郎ってちょっと同性愛的なところもあるみたいで、キルの最期も、チャンへの愛情すら感じました。昨日、画面キャプをするのに久しぶりに見た『ソドンヨ』最終話。キルの長セリフが迫力だった…。初めて見た時は、(かわいそうで)正視できなかったんだけど、改めて見ると、「リュジン氏、がんばったのね…」と感慨深いものがありました。

『1000万回』に耐えられれば、何でも耐えられる?だんだん逞しくなるリュジン道を歩んでます。『善徳』みながら、また『ソドンヨ』も見なくちゃ!

  • 投稿者: torako
  • 2009/11/24(火) 23:15:31
  • [編集]

花郎メイクにはやっぱり慣れない・・・

torakoさん またまたあんにょーん

ギルガンssi、イルジメでけっこう好きでした。善徳では今のところ敵側ですが、造形が気のいいアジョシ系なので、きっと味方になるのだろう・・・(だいたいのあらすじは知ってますがいまいちどちらにつくのか不明で)と信じてます。花郎メイクにあってなかった~(大笑)。

それにしても、ユシン郎の役をリュジンssiとは。ユシンは「美しい花郎」の設定だそうですね。ぴったりだったのにぃ。PDどうしてキャスティングしてくれなかったのかしら(笑)。ちょっと熱いところは「静」のリュジンssiがどう演じきるか、難しいところかもしれませんが、リュジンssiが演じることで、心の奥に熱さをひめた静のユシンがみれたかもしれませんね。オム・テウンssiとの比較がおもしろそ~。また妄想が暴走です。でもあの花郎メイクはもういやかもです。テウンssiもするの??

さて、どこに書くか悩んだ結果こちらに。
やっとBSで「総合病院2」がみれています。タイトルが「総合病院」になっていたのでスルーしていて、1話め見過ごしちゃいました(泣)。すさまじいカットで、ところどころ???ですが、torako版での予習のおかげでなんとかついて行ってます。ヒョヌのシーンもかなりカットされてますね。がっくりです~。ジンサンの患者に外出許可を出しちゃったやつも、ジンサンとのやりとりや葛藤がカットされちゃっていたので、遺族の前でだまりんぼの卑怯者、そして耐え切れずヨンハンへ事実を語る・・・ってかんじになってました。頼む、いい人ヒョヌを薄っぺらい人にしないで~。そういえば、こちらで話題になったハユンの医療弁護士希望発覚事件のときのヒョヌの台詞。やっぱり「好きです」の訳になってました。それにハユンは反応しめさないのでスルーされてるように見えるぞ~。嗚呼、オリジナルでみれないのはこういうとき悲しいです。 イ・ジョンウォンさん、このときちょっぴりふくよかですね?直後の風の国ではオバQ唇も目立ってないのになぁ。

  • 投稿者: ちぃ
  • 2009/11/25(水) 12:11:59
  • [編集]

今週までは、花郎メイクならぬスモーキーメイク@미남이시네요

torakoさん、こんにちは!
『日出処の天子』の淡水も花郎だったのね~。おぼろ~です。
『ソドンヨ』の白いサテッキルを見てなんじゃいな?でしたが、『善徳女王』では、花郎総化粧の自決でやっと理解できた気がします。
ミシルさまもお亡くなりになって、視聴意思も落ちてきております。キム・ナムギル氏がインフルで、登場場面が減るとの話もあり・・・後1ヶ月、ここまできたからには頑張って視聴せねば!
ちなみに、オム・テウン@ユシンは今まで白くなってません。
Gya0『ソドンヨ』もそろそろサテッキルも出てくる頃ですね。

リュジン氏、第2子懐妊・・あの動画は、そのことを話してたんでしょうか?
お祝い事が重なりましたね^^

  • 投稿者: cha
  • 2009/11/25(水) 14:42:38
  • [編集]

大人になりました~

ちぃさん
こんばんは!
昨夜遅くから発熱!ヒャーインフルか?と仕事をお休みして病院へ。
検査結果は陰性。ただの風邪のようです。
…ということで、いつもの平日より時間があったので『善徳女王』9話まで。(何してるんだか…)やっと大人になりました…ハイ。子役で入れ込んで見てたので、めちゃくちゃ違和感が…。
特に、キム・ユシン…子役の彼氏がちょっと情けなげでプライドが高いおぼっちゃまユシン君が似合ってたので、突然おっちゃんユシン郎になってびっくり…。
34歳のオム・テウン氏でもアジョシすぎなのに、3歳年上のリュジン氏だと…!!!
10年前ならばっちり似合いそうなのに…なんて~
チルスクアジョシはまだ再登場していません。韓国では不死身のチルスクこと、チルミネーターと呼ばれているとか…気のいいアジョシを演じているギルガン氏もぜひ見てみたいです~

BSの「総合病院」やっぱカットですか~?「1000万回」と違って、登場人物一人一人の感情や葛藤をきちんと描いているのが「総合病院2」のいいところだし、無駄なシーンがあまりないはず…。話数を延ばしてでも、全部入れてほしいな~
特にヒョヌのシーンは韓国オリジナルでも、台本にあって撮影もしただろうシーンでカットされれているところがあるんですよね。監督版を期待しているくらいなのに…

なにげないシーンがその人物の深みを演出するものですから、カットはアンデェ~でも、ヒョヌのシーンは(セリフも含め)torako版でおさらいしてくださいね~
今から思えば、「総合病院2」豪華キャストですよね。主演3人はもとより、イ・ジョンウォン氏、イ・ジェリョン氏、ト・ジウォン氏に、リュ・スンス氏…あげれば切りがない…毎回の患者も芸達者ばかり~
リュジン氏にとってもいいドラマだった~と今さらながら思います。ぜひシーズン3も撮ってほしいわ~

  • 投稿者: torako
  • 2009/11/26(木) 00:47:59
  • [編集]

あの態度は…

chaさん
こんばんは!
史劇でリアル視聴するのは大変そう!
でもリュジン氏が史劇再挑戦することがあれば、きっとチャレンジするだろうな~
「善徳」は「チャングム」「ソドンヨ」と脚本家が同じだとか…
でもセットや衣装は格段にお金がかかっていますね~

リュジンフォーエバー動画、「チブサラム」が、どうのこうの言っていたのまではわかったのですが、おめでたの話までは…
あの照れくさそうな態度は「これか!」と思いました。
少子化に挑戦するリュジン氏、第一子のチャニョン君の胎教は「京ス」のスヒョンだったけど、第二子はこのままでいくと「根性腐った」セフンです~まだ間に合う~2月に「1000万回」終わったら、すかさずミニシリーズで産休前を飾ってほしいです~

  • 投稿者: torako
  • 2009/11/26(木) 01:16:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。