スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日10月9日はハングルの日!ミョンミン氏見ました~

  • 2009/10/09(金) 01:41:34

ソウルに来ています♪今回は完全な一人旅~。午前中人間ドッグを終え、お腹の中で固まるバリウムと闘いながら、何とかホテルにたどり着きました~

0910han_02.jpg

関空発が夕方近かったので、仁川上空に着くころには陽がだいぶ傾いていました。神々しい夕映えの仁川上空です。入国やら何やらでバスに乗る頃には午後6時。あぁ~この時間はおきまりの渋滞~。仕方ないのでバスの中でTVを見ていたら、へぇ~と思うような話題。10月9日(もう今日)は「ハングルの日 한글날」なんですね。

0910han_01.jpg

1446年9月10日(旧暦:ユリウス暦の10月9日)に世宗大王が訓民正音を公布した日なんそうです。1970年までは公的な休日だったハングルの日。ところが1990年に休日ではなくなり、2006年に国慶日はなりましたが休みではありません。ニュースでは、この「ハングルの日」を休日にするための運動が紹介されていました。市民アンケートでは、84パーセントの人が「休日にすべき」と答えているんですって。地下鉄の駅でも、景福宮でおこなわれる祝賀行事のポスターが貼られていました~

0910han_03.jpg

渋滞の影響で、ホテルにたどり着いたのは午後8時半。しかし、ここでのんびりしているヒマはない…荷物を部屋に入れると、すぐに地下鉄で明洞へ。ロッテシネマで映画鑑賞TIME~。ちょうど9時30分からの上映に間に合った~昼間人間ドックでもらったパンをかじりながら、上映までしばし休憩…。

0910han_04.jpg
…で、今夜見たのは
내사랑 내겥에
私の愛私のそばに
そう、チング@キム・ミョンミン氏が20キロ体重を落として難病患者を演じた映画…

とにかく、改めてミョンミン氏の演技にかける執念、情熱を思い知らされた作品でした。MBCで以前放映されて、リュジン氏もちょっとだけコメントしていたドキュメンタリーでも一部が報道されていましたが、撮影をすすめながら体重を落としていく(病が進行して衰えていく)様子が凄まじい迫力で演じられています。
物語の最初の時点でミョンミン氏はすでに発病しているんですが、車イスに乗って、それでも元気に暮らしている状態から、眼球を動かすのがやっとという状態になるまで、不治の病と闘う一人の男性としての苦悩を見事に表現されています。ミョンミン氏が裸で体重を測るシーンがありますが、最終的に51.2キロ…もう骨と皮ですよ…
劇中、体が動かなくて、何度か倒れるシーンがあって、本当は体が動くわけですから、人間、本能的で自分の体を庇う動きをしてしまうもの…でも、ミョンミン氏はそれを一切感じさせない。この人、本当に体が動かなくなっているの?と思わせるような、完璧な演技。ドラマとしての感動ももちろんですが、ミョンミン氏の「演技道」に完全降伏していました~。なぜ、この人とリュジン氏がチングなのだろうか~?わかるような、わからないような…

映画を見ていて、一つ「発見」がありました。映画の前半、ジス@ハ・ジウォン嬢がジョンウ@ミョンミン氏とデートで食事をしながら

오늘밤 같이 살까

というシーンがあります。ジスはその後すぐ、アボジに「今日は仕事で帰れない~」と電話して、ジョンウとモーテルへ。

…そうか、『1000万回愛してる』第7話、セフンがヨニ@きつね娘に

우리 같이 살까
왜 싫어

と言ったシーンを「俺たち一緒に暮らそうか?」と訳してしまいましたが、もっと直接的な表現(一晩一緒に過ごそう…みたいな)だったのね~そう思ってもう一度リュジン氏の声を聞くと、めちゃめちゃ危ない~やっぱりセフンは「危険」な男!

明日は少しゆっくり目に起きて、韓国国立中央博物館の特別展に行ってきます~!!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

無事に着いたか?無事に○たか?

torakoさん、こんにちは!
無事着いたんですね。
台風の影響とバリウムの行方が気になってました。

우리 같이 살까? 왜 싫어?に、そんな意味がぁ~!
よくある、二人でどっか行こうって夢を語ってたんじゃなくて、「一緒に寝ようか? イヤか?」だったら、きゃ~あぁぁ。。

明日の夜は、シベリアさんと合流?「笑の大学」の感想もお待ちしてます。

  • 投稿者: cha
  • 2009/10/09(金) 11:07:34
  • [編集]

うらやましぃ~

あんにょ~ん。

なんて爽やかにご挨拶しておきながら、・・・・・・う・・・やばひです。
一晩一緒に過ごそう に反応してにやけてしまっている。
しかも、chaさんのコメの、「一緒に寝ようか? イヤか?」にものすごく反応してしまう・・・。
脳みそ噴火して鼻血でそう・・・(爆)。
ちょっとぉ。ちょっとぉ。あの清潔なリュジンssiにそんなこと言わせちゃう~?きゃ~(故障)♪


ネサギョ観られたんですね~。いいなぁ。
日本での配給先、まだ発表されてないんですよね。。。そもそも決まってるのかも不明。
ミョンミンさんファンの皆様はじゃがじゃが渡韓ますが、私にはそんな度胸ないし。
日本での~んびり待ってます。
・・・って、ここはミョンミンファンクラブじゃなくて、リュジンssiファンブログだったわ(爆)。

  • 投稿者: ちぃ
  • 2009/10/09(金) 12:33:08
  • [編集]

キツネ娘はやはり子を産むのか?

chaさん
こんばんは!
○も無事でした、ちょっとお尻が痛いけど…
torako版は、これまでのリュジン氏の品行方正さが頭にあって、訳し方が中途半端でしたね。
살다にそんな意味があるかどうかなんて、韓国語の先生にも聞けないわ~
でも、そう思って聞くと、かな~り危なくてセクスイなセリフでしたね!
そうそう、明日の夜は「笑いの大学」。シベリアさんも、釜山で奮闘中のようです。イ・ドクファアジョシを海雲台のホテルで見たんですって!うらやましい~。

  • 投稿者: torako
  • 2009/10/09(金) 23:37:02
  • [編集]

いやん、リュジン氏、良きアッパーなのに…

キャー!ちぃさん、故障しちゃイヤ~
このセリフひとつで、リュジン氏ファンは大騒ぎになりますよね。
日本語字幕版が放送される時には、どんな字幕で来るんでしょうか。
ヤバイセリフに訳されてしまったら、リュジン氏のイメージがぁぁ~
字幕のお仕事している方が、もし万一、このブログを見られたら、ご配慮お願いします。
今日は、日中は博物館・美術館めぐり、夜は同じくロッテシネマに行って、『花火のように蝶のように』を見てきました~
うむむ…torako的には今ひとつ…時代劇風ロマンスということで、朝鮮王朝末期の時代背景がきちんと描かれていなくて、明成皇后を暗殺に来た日本人たちも、浪人風や忍者みたいな人たちが混ざってたりで、ちょっと興ざめ。ミョンミン氏を見た後なので、スエちゃんとチョ・スンウ氏のカップルも、芝居がかって(芝居なんだけど)見えました。
ミョンミン映画は字幕でも見たいわ~

  • 投稿者: torako
  • 2009/10/09(金) 23:59:40
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。