スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化と芸術と歴史と…リュジン氏の旅?

  • 2009/10/02(金) 23:59:59

10月8日(木)から12日(月)まで韓国に行ってきます♪今回は全くの個人旅行。往復の航空券はANAのマイレージで、宿泊は、東大門に今年の8月にオープンした、日本系ビジネスホテルチェーンの「東横イン」を予約。いつもながらのチープな気まま旅です。今秋のテーマは「1000万回愛してる」?いいえ、秋にふさわしく、文化と芸術と歴史の旅…???

2009_10_korea_01.jpg

10月8日は人間ドッグの検診を終えてから夕方に出発。バリウムと下剤を飲んで飛行機?いや~仁川からのリムジンバスで「ゴロゴロ…」になったらどうしよう!ソウルに到着するのは午後8時くらいになりそうなので、夜はおとなしくしているつもりですが、時間があれば、映画でも見に行こうかしら?

2009_10_korea_02.jpg

今回観たいな~と思っている映画は、チング、キム・ミョンミン氏が20キロ減量して挑んだ意欲作『私の愛、私のそばに 내 사랑 내 곁에』とスエちゃんが明成皇后を演じた『花のように、蝶のように 불꽃처럼 나비처럼

2009_10_korea_03.jpg
翌日9日は
今回の旅行の目的の一つ
韓国国立中央博物館の特別展へ~

한국 박물관 개관 100주년 기념 특별전
韓国博物館開館100周年記念特別展
여민해락
與民偕樂

なぜ100年…かというと、朝鮮王朝の最後の王統(第27代)、大韓帝国の第2代皇帝純宗(高宗と明成皇后の子)が昌慶宮内に設置した動物園、植物園と帝室博物館を一般民衆に開放したのが1909年11月1日だから…。韓国の博物館の総力をあげて、朝鮮半島の歴史の中で特筆される作品を国内外から集めた特別展として話題になっています。展示作品150点あまりのうち、国宝・宝物は55点。

2009_10_korea_04.jpg
◆夢遊桃源図 몽유도원도
絹本墨画 38.6×106.2センチ
(日本で重要文化財指定:天理大学附属天理図書館所蔵)
展示:9月29日~10月7日(見れない!)

朝鮮王朝初期の山水画家安堅안견が、安平大君(世宗の三男:1418~53)が夢にみた桃源郷を美しい淡墨で描いた1447年の作品で、朝鮮時代の絵画の傑作。現存する朝鮮時代の絵画のうち最古の作品。安平大君が首陽大君に殺害された癸酉靖難(1453年)以降行方不明になっていたが、1893年鹿児島で発見されたもの。

2009_10_korea_05.jpg
◆天馬塚天馬図 천마총 천마도
展示:9月29日~10月11日
5~6世紀 新羅時代 53.0×75.0センチ
(国宝第204号:国立慶州博物館所蔵)

1973年に慶州で出土した新羅時代の絵画。황남동155墳は、この図が出土したことから「天馬塚」と呼ばれるようになった。白樺の皮で作られた馬具(泥よけ)に描かれている絵画で、「天馬」の頭の部分の突起をめぐり「麒麟の角」という説と「馬の耳」という説がある。高句麗の古墳壁画以外の古代絵画資料は皆無に近いため、大変貴重な資料。

2009_10_korea_06.jpg
◆水月観音図 수월관음도
14世紀 高麗時代 113.7×55.2センチ
(アメリカ・メトロポリタン美術館所蔵)

韓国内初公開。仏教が隆盛だった高麗時代の水月観音図の画面構図に則りながらも画面下端で善財童子や竜王などの人物が観音に敬拝する様子が描かれる点が特徴的である。透明なベールと繊細な文様の表現、鮮やかながらも仄かな彩色法が高麗仏画の優秀性をよく表している。

2009_10_korea_07.jpg
◆弥勒寺址石塔舎利壷 미륵사지 석탑 사리호
全羅北道益山弥勒寺址出土
百済時代 639年 高さ13.0センチ
国立文化財研究所所蔵

2009年1月、国立文化財研究所が弥勒寺址石塔解体調査及び補修整備をする中で、石塔一階基壇部で発見した舎利荘厳遺物500余点のうちの一つ。百済武王の時代の百済の工芸技術の粋を集めた作品で、全面を蓮華紋、忍冬唐草紋と魚々子模様で埋め尽くされている。

2009_10_korea_08.jpg
◆訓民正音解例本 훈민정음해례본
国宝70号
澗松美術館所蔵
展示:9月29日~10月11日

解例があることから「解例本」と呼ばれる。解例本は1940年慶尚北道安東郡臥龍面周下洞李漢杰家で発見されたものが最も有名である。全鎣弼(チョン・ヒョンピル)が所蔵していることより全氏本とも呼ばれた。一部(はじめの2帳)が欠落しており、世宗実録より補完し復元したとされている。

2000年に文化財保護法50周年記念として開催された「日本国宝展」の時も思ったんですが、一つ一つの文化財が超一級品でも、集められて一箇所で見ると、疲れちゃうんですね。やっぱり「天馬図」は慶州で見た方がいいし、「訓民正音解例本」は、澗松美術館の春秋の開館日を待った方がいい…?でもボストンやメトロポリタンにある文化財も里帰りするみたいだし…これを逃す手はないのも確かです。開催期間中は入館料は無料なので、ソウルに行かれる方はこの機会にいかがでしょうか?

2009_10_korea_09.jpg

午後からはサムスン美術館 Leeumへ
サムスン財閥2004年、漢南洞に開館したこの美術館。サムスングループが長年収集してきた朝鮮古美術を中心とした所蔵品の質の高さはもとより、マリオ・ボッタ、ジャン・ヌーベル、レム・コールハースと言った、世界的にも有名な建築家が設計に携わったことでも知られています。以前は完全予約制だったそうですが、今はフリーで入館できるそうです。

2009_10_korea_10.jpg

10日はチングと会ったり、お買い物をしたり…時間があれば、『総合病院2』のロケがあった病院にも行きたいのですが…。夜はシベリア家で教えてもらった、アン・ソクファン氏の舞台『笑いの大学 웃음의 대학』を見に大学路の劇場へ。JCBソウルプラザを通じて予約したんですが、R席(前から3列目!)通常価格40000Wが、アンコール記念価格で30%オフ!28000W+手数料2000W=30000W!日本で舞台を見ることを思うと安いですね~。ただ、会話劇なので、内容が理解…できるかな?…ということで、10日の土曜日はリアル視聴でGo!はお休みします~。ミアネ~リュジン氏。

11日はお天気次第のところもありますが、早起きして高速バスで百済最後の都、扶余へ。定林寺や錦江(白馬江)、落花岩や扶蘇山城など、百済の遺跡めぐりをのんびりと…。この日は8時50分までに帰ってきて、『1000万回愛してる』リアル視聴(TVで)見ますよ~。待っててねリュジン氏!

12日は午後便で金浦空港から帰国予定。…でも、3連休の最終日なのでまだ空席待ちなんです…。帰れるかな?「のんびり~」といいながら、かなり盛りだくさんの予定になってしまいました。心残りは澗松(カンソン)美術館の2009年秋の定例公開の日程(10月18日~11月1日)と合わせられなかったこと…。今回も『風の絵師』シン・ユンボクの絵は何点か展示されるようですが、テーマが「道釈人物画」なので、風俗画の展示はないようですね。来年の5月に期待しましょう~。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

訓民正音!すごい!

「訓民正音解例本」すばらしいですね。
画像を見て感動しました。

中国の文字が流通しないので、文字が読めない「愚民」のために新しく文字を28字作ってみます、これから人々が易しく習ったり便利になったりできますよ、みたいなことが書いてあるのでしょうか。

私も先日、景福宮で、書斎の文机に漢字の書物が開いて置いてあるのを見て、その美しさに感動したところでした。

すばらしい国宝がたくさん見れそうですね。さすがtorakoさん。
私も次は歴史の感じられる旅行にしたいなと思いました。
楽しんできてくださいね。

  • 投稿者: na-mim
  • 2009/10/04(日) 18:32:42
  • [編集]

歴史vsリュジン氏?

na-mimさま
こんばんは!

「国の語音、中国に異なり、文字と相ひ流通せず。故に愚民、言はんと欲する所有れども、終ひに其の情を伸ぶるを得ざる者多し。予此れが為に憫然たりて、新たに二十八字を制り、人々をして易く習ひ、日用に便たらしめんと欲するのみ」

「わが国の言葉は中国とは異なり、漢字をそのままあてはめることはできないので、愚かな民は言いたいことがあっても、その意を述べることのできない者が多い。私(世宗)はこれを憐れに思い、新たに28字を作った、ただ人々が簡単に習い、日々用いるのに便利なようにさせたいだけである。」

「ハングル」を勉強していると、同じ中国文化圏にありながら、漢字の受容の仕方や、固有語の表現方法の違いや共通点に行き当たって、言葉を勉強している、というより、日韓の文化や歴史を学んでいるような気分になります。
両国とも朝廷の官人たちは漢文を公用で使っているのに、早い段階で固有語を「かな」で表現するようになった日本と、15世紀に時の学者たちが何年も苦労を重ねてハングルを作り出した朝鮮。

近代化以降の西洋文化の受容もちょっと違うような…外来語が日常語に定着している日本と、意外と「固い」漢字語が残っている韓国と…。

制作年がはっきりしている最古の朝鮮絵画が日本にある…というのも不思議です。しかも、植民地時代じゃなく、もっと古い時代から…朝鮮出兵の時なのか…それとも、李朝の政変を逃れた人物が密かに海を渡ったのか…作品を見ながら、歴史に思いを馳せる?

…でも、街中にリュジン氏のポスターを見つけたり、市場から美味しそうな香りが漂ってきたら…一気に現実に引き戻されてしまいそうですが…

  • 投稿者: torako
  • 2009/10/04(日) 20:22:58
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。