スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「読書の秋…」なので「風の絵師」原作

  • 2009/09/30(水) 20:09:58

9月も今日で終わりです。日曜日にちょっと大きな仕事のヤマを越え…やっと一息つきました。8月末の釜山~ソウル出張の後は、ほとんど休みなし。ドラマも「1000万回」のリアル&リピート視聴以外はほとんど見ることができず、韓国語の勉強もさぼってました~。

少し余裕ができたので、チングが貸してくれた「京ス」関係の本(韓国語)を読むことと、8月末に渡韓した時に購入した『風の絵師』の原作이정명(イ・ジョンミョン)氏の『바람의화원』を読むことで韓国語の勉強を再開したいと思っています。
『風の絵師』原作者のイ・ジョンミン氏はこの作品以外にも、世宗大王時代、ハングル創成中に起きた殺人事件を題材にした歴史ミステリー『뿌리깊은 나무(根の深い木)』などの書いた40代の男性作家。

gensaku_hyoshi_s01.jpg

韓国で本を買うと、日本の本が割高に感じてしまうほど、素敵な装丁なのに価格が安い!『바람의화원』は2冊組ですが、1冊10,000W、1巻目は、シン・ユンボクとキム・ホンドの描いた作品がカラーで18点も載せられています。

「読む…」といっても、段落ごとにわかる単語をマークする→全体の意味を考えてみる→わからない単語(これが多い!)を辞書で引く→日本語に訳してみる、という、遅々とした作業。1冊250ページの本を読破するには一生かかりそうですが…。

『바람의화원』はすでに翻訳本(米津 篤八氏訳:早川書房:2009年5月)も出版されているので、意味がわからない部分は、カンニングもできます~。翻訳もすばらしいけれど、やっぱり韓国語でどんな表現が使われているのか知りたいと思いませんか。初学者には、かなり難しい歴史小説ですが、のんびり、ゆっくりチャレンジしたいと思っています。

gensaku_page_s01.jpg

프롤로그
プロローグ

산꿩의 날갯짓 소리에 설핏 잠에서 깨었다. 낙숫물이 떨어지는 낮은 처마엔 날아간 꿩의 기쳑이 남았다. 내가 모르는 곳에서, 내가 모르는 시간속으로 비가 내렸다. 늙은 몸은 긴 낮을 견디지 못한다. 고적한 산속 누옥의 마루턱 너머로 눈길을 던진다. 앞뜰엔 여름풀이 우거지고 새들이 덧없이 날아오른다. 무엇을 위해 날아오르려 하는가.새야! 세상의 영화란 흔적없는 여름비 같음을

山雉(きじ)の羽ばたきの音で浅い眠りから覚めた。雨だれが滴り落ちる低い軒に、飛び去った雉の気配が残っていた。私が知らないところで、私が知らない時間の中で、雨が降っていた。年老いた体は長い昼に耐えることはできない。孤寂な山中の陋屋の屋根ごしに視線を投げた。前庭に夏草が生い茂り、鳥たちは跡かたもなく飛び立った。何のために飛び立つのか、鳥よ!世の栄華の痕跡のない夏の雨のように…

늙은 육신은 더이상 가는 붓대 하나조차 지탱하지 못한다. 붓을 놓은 지 이미 오래, 마음만 빈 화폭 위를 서성인다. 흰 종이를 가만히 들여다보면 하나의 얼굴이 떠오른다. 가르치려 했으나 가르치지 못한 얼굴, 뛰어넘으려 했으나 결국 뛰어넘지 못했던 얼굴, 쓰다듬고 싶었으나 쓰다듬지 못했던 얼굴, 잊으려 했으나 결코 잊지 못한 얼굴

老いた肉体はこれ以上細い筆さえ持つことはできない。筆を置いてからすでに久しく、心だけが虚しく画幅の上をさまよっている。白い紙を静かに見つめると一つの顔がよみがえる。教えようとしても教えられない顔、乗り越えようとしても、結局乗り越えられなかった顔、宥めたかったけれど、宥められなかった顔、忘れようとしても絶対に忘れられない顔…

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

素敵ですね。

すごく素敵な装丁ですね。目を引く鮮やかな朱、本当に画集のようです。日本ではあまり見ないような。
それにすごく難しい本ですね。静謐な幻想的世界というか…torakoワールドですね。しかし私はこの日本語訳さえ難しくて理解が難しいです。これはすごい。

torakoさんの向学心に脱帽です。すばらしいです。

  • 投稿者: na-mim
  • 2009/10/01(木) 19:25:10
  • [編集]

向学心よりも好奇心?

na-mimさま
こんばんは♪
昔…本を持っているだけで、幸せな気分になりませんでしたか?
ちゃんと読めなくても、本って夢がいっぱい詰まっているおもちゃ箱みたいで…
読めないのに、韓国に行くたびに本を買ってしまいます。
『風の絵師』は、ドラマとしての映像美、ドラマの中で使われている「絵」の水準の高さで、感動すらおぼえた作品です。
原作は…まるで「詩」を読んでいるようでもあり、日本の時代小説とはまた違った幻想的な世界。
実際の会話に応用できるような単語は少ないですが、少しずつ読めればいいな~なんて…
背伸びしずきかな?

  • 投稿者: torako
  • 2009/10/02(金) 01:15:46
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。