スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7話 クールな「ソウルメイト」

  • 2007/10/14(日) 00:00:00

シベリアさんの「見直し復習編」と歩調を合わせているわけではないのですが、torako部屋もやっと第7話に突入しました!

kyonsu_soulmate_1.jpg

息を飲んで見守るしかないくらい、張りつめたスヒョン@リュジン氏とソンジュ@ハン・ゴウン嬢の関係とくらべて、ソヌ・ワン@カン・ジファン氏とソンジュは気楽な関係。

kyonsu_soulmate_2.jpg

第7話で、そんなソヌ・ワンとソンジュの出会いの場面が回想されています。
ヨギョン@ハン・ジミン嬢と海辺のデートにでかけたワン、帰りの車の中で、ヨギョンにソンジュとの関係を追及されてこう答えます。(第7話シーン61)

개랑 나는 서로의 영혼의 깊이에
あいつと俺は、互いの霊魂の深いところで
감화 감동받아 영혼의 동반자가 된
感化感動した魂の同伴者で


そして、ヨギョンの誤解を解くために、ソンジュとの出会いを語りはじめます。

kyonsu_soulmate_3.jpg

ある夜、カルペディエムのオープンカフェで、男たちに絡まれていたソンジュをワンが「超かっこよく」助けます。

kyonsu_soulmate_4.jpg

…ところが、倒れたと思った敵がワンの背後から…ソンジュが簡単に片付けます。(だってソンジュはロシアで専門的な戦闘員の訓練を受けたプロですから)

가끔 뇌쇄적인 그 미소에
時には悩殺的なその微笑に
내가 잠깐 넘어서는 안 될선을
俺がしばし越してはいけない線を
넘을 뻔 한 적도 있었지만
超えそうだったこともあったが
우린 여자 남자 이런 거 안하구
俺達は女、男、ということじゃなくて
그냥 쿨한 쏘울메이트로
ただのクールなソウルメイトで

(第7話シーン63)…と説明しています。ヨギョンちゃんの誤解は解けたかな?

kyonsu_soulmate_5.jpg

確かにソンジュとワンはとてもリラックスした、何でも話せる関係…。だけど、ワンは、ソンジュの過去や内面について、ほとんど知りません。ソンジュが抗日秘密組織エムルダンの狙撃手だっていうことも、ソンジュの初恋の相手がスヒョンだっていうことも…。

kyonsu_soulmate_6.jpg

내 평생 사는 동안…
俺、生涯生きてる限り…
절대 만나고 싶지 않은 놈을 만났거든 오늘
絶対に会いたくないやつに会ったんだ、今日

kyonsu_soulmate_7.jpg

난 오늘.... 내 평생 사는 동안
私、今日…私が生涯生きてる間に
꼭 한 번 만나보고 싶었던 사람을
もう一度会いたかった人にまた会ったんだけど

(第2話シーン40)

kyonsu_soulmate_9.jpg

그대의 연인은 독립투사
あなたの恋人は独立闘士
나의 그대는 변절자
私のあなたは変節者
청춘은 언제나 봄 조국은 아직도 겨울
青春はいつも春 祖国はまだ冬
아! 해방된 조국에서 신나게 연애나 해봤으면!
ああ、解放された祖国で楽しく恋でもしてみたら!

(第6話シーン25)

kyonsu_soulmate_10.jpg
ここは「手パッチン」シーン!手はつないでいません、あしからず…

ワンのような男友達がいたら、とっても素敵です(本当にそう思っています…)京スの年齢設定では、1937年当時、ソヌ・ワンが27歳、ソンジュが25歳です。でも、二人の関係を見ていると、ソンジュの方がリードしていて、年上みたいに見えます。

最終話のソヌ・ワンのセリフで、自分にとってソンジュがどんだ存在だったか語る時に「ヌナ(男性から見た姉)」という言葉を使いました。 (第16話シーン36・ヌナ疑惑)
年齢による上下関係が厳しい韓国で、年下の女性に対して「ヌナ」なんて、言うことがあるんでしょうか?

クールな「ソウルメイト」今のところ、ワンはソンジュの掌中にある可愛い弟のような存在です。

kyonsu_soulmate_8.jpg
おいっ!あなたのことで、みんな悩んでるんだから!
スヒョン@リュジン氏!

あーやっぱり、リュジン氏出してしまった…

※記事の翻訳部分はna-mimさまのブログを参考にしています

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。