スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1000万回愛してる」セフンの不適切な日々 第2話

  • 2009/09/02(水) 00:51:47

천만번사랑해 제2회
1000万回愛してる 第2話

episode1
愛する妻との口論…そして

cyonman_ep2_01.jpg

愛する妻が子どもに恵まれないこと責めるベラオモニ…。私はこれ以上無理に不妊治療を続けたくはなかった。しかし、あきらめないオモニ。私が帰宅すると、今夜も家の中に不穏な空気が流れている…「どうしたんですか?」と聞いてもオモニは「何でもないわ…」と答えるだけだった。

cyonman_ep2_02.jpg

どうやら、不妊問題をめぐって、ハルモニとベラオモニが口論になったらしい。ソンヨンから喧嘩の原因を聞いた私は、もう一度オモニに話をすることにした。理解してもらえないのなら、説得するしかない。

cyonman_ep2_03.jpg

今日はブルーのストライプのシャツに派手な黄色いネクタイ…スーツはダークグレーというチグハクな組み合わせだ。

cyonman_ep2_04.jpg

ベラオモニと闘うために、気合いを入れてリビングへ向かう私をソンヨンが止めた。「何するの、あなた!」ソンヨンは今日は「ヨボォ~」と言ってくれない。「タンシン」そして、他人行儀に「セウンシ」~
ソンヨンはベラオモニだけの問題ではない、自分も子どもが欲しい。だからあきらめたくはないの…と言う。私は愛する妻が傷つくのを見ていられないだけなんだ。

cyonman_ep2_05.jpg

辛くても不妊治療を続ける、死んでも続ける…と憑かれたように言い続けるソンヨンを見ているとなぜか腹が立って、私は部屋を出た。子どもがいなくても、初恋の人と暖かい家庭を築くことができたら、それで満足なのに…。二階の廊下にいた弟ガンホが私のカッコを見て言う「ヒョン、そのシャツとネクタイの組み合わせ、ビミョーに変だと思うよ」弟の忠告に耳を貸さず、ミスマッチなスーツ姿で、私は再び夜の街を彷徨った…。

episode2
子役への不満

cyonman_ep2_06.jpg
少年時代のガンホ~

私が家を飛び出した後、ふとした行き違いから、ベラオンマにひどく怒られたガンホ。気分転換に出かけたのはスカッシュ場。…なぜ…私の気分転換がキツネバーなのに、ガンホはスカッシュなんだ?私も昔は、爽やかなスカッシュ・シーンがあったのに…(注:『ストック』キム・スンジョ弁護士)
汗を流して、スカッシュ場に倒れ込み、ガンホが思い出しているのは少年時代。妖怪一族の首長、ベラオモニは、昔から血のつながらないガンホに冷たかった。100点を取って帰ってきても、怖い顔でガンホを怒る。しかし…私が学校から帰って来ると、猫かわいがり…。今となっては、ベラオモニの期待は重荷でしかないのだが…。

cyonman_ep2_07.jpg
少年時代の私@セフン…ううう

し…しかし、いかにも利発で腕白そうな少年時代のガンホと比べて、私の少年時代はヒョロヒョロだし…髪形も変だ…

episode3
キツネバーでの再会…

cyonman_ep2_08.jpg

ミスマッチなファッションのナムジャしか入店できない会員制のキツネバー。前回ラクダのカーディガンで初めて会員として認められた私。今日も、派手な黄色いネクタイで決めている。カウンターの女性バーテンに「冷えたビールを一本」とカッコ良くオーダー。そのまま一気にラッパ飲みして、バーテンに声をかける…。

cyonman_ep2_09.jpg

「掛け持ちでしんどくないのか?」ふふふ…愛妻一筋とはいえ、まだまだ現役。若いヨジャの見分けくらいつくのだ。不適切な視線の持ち主が誰かということも…。「申し訳ありません」と、気まずそうな彼女。「会社が終わってからの仕事だから、あやまる必要はない…」と渋く決める私。

episode4
妖怪一家の食卓

cyonman_ep2_10.jpg

翌日…新しい病院で診察を受けたベラオモニとソンヨン。しかし…検査結果はやはり「卵巣に異常があって、一生子どもは望めない…」それでも「信じることができない」というベラオモニ。そんなオモニに近づく謎のアジュンマ…。差し出した名刺には「家族問題研究所」の文字が…。

cyonman_ep2_11.jpg

その日の夜…久しぶりに、家族全員揃った夕食の席。ハルモニが私に目くばせする。帰国したガンホのこれからのことで話を切り出す役割だ。私はわざとらしく「これからどうしようと思ってるんだ?」と言った。

cyonman_ep2_12.jpg

「経営学でもやってみようかな…MBA?」と答えるガンホ。ヒョウ柄のワンピースを着たベラオモニの目がキラリと光った。「よっぽどがんばらないとだめだぞ…」私はヒョンらしく、ガンホにアドバイス。今まで「音楽だ、美術だ…」と色々な分野に手を出しては長続きしない弟。「経営学なんて、無理よ。美術をやったらいいのよ」というオモニに、「美術は趣味だよ、経営を勉強してみたいんだ」というガンホ。

cyonman_ep2_13.jpg

わかめスープをモグモグやりながら、このやり取りを聞いていた会長アボジはガンホがMBAをめざして勉強をすることを許可した。「カムサハムニダ~」爽やかに喜ぶガンホ。ハルモニも嬉しそうだ。

cyonman_ep2_14.jpg

アボジの会社…今は名実ともに後継者は常務理事の私だが…。今までフラフラしていた弟だが、やる気になってくれたのは嬉しい…しかし…この不安は何だろう…???

cyonman_ep2_15.jpg

モヤモヤした私の気持ちを見抜いたかのように、ベラオモニが話題を変える。「今日、新しい病院に行ったら、結果が悪くなかったのよ~。これまでの病院が間違っていたみたいなの」子どもに恵まれる可能性は十分にあるというベラオモニ。「それ、本当なの?」私は素直に嬉しかった。「本当によかった」喜ぶ会長アボジ。

cyonman_ep2_16.jpg
暖かな雰囲気に包まれる妖怪一家の食卓…
笑顔があふれる家族たち…ただ一人をのぞいては…。

episode5
アジョシ柄のサマーセーター

cyonman_ep2_17.jpg

先に寝室に戻ってソンヨンを待つ私。嬉しい知らせがなかったら、今日もキツネ・バーに行こうと、さっきから着ているのはアジョシ柄のサマーセーター。子どもができるかも知れないという話を聞いて、私は部屋に入ってきたソンヨンを抱き上げて2回転。

cyonman_ep2_18.jpg

「本当に良かった…」「昨日は怒ってごめんな…」「そうだよな、俺たちゆっくりとやっていこう」「セウンシ、本当にごめんね」と消え入りそうなソンヨンの声。

cyonman_ep2_19.jpg

「おまえが何であやまるんだ…、オモニのことも…あやまるのは俺の方だよ」「絶対に無理するな、わかったな」

cyonman_ep2_20.jpg
私の腕の中で泣きながら、目を閉じるソンヨン
そう…このセーター、柄はおっさんくさいけど
吸水性は抜群だから…

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

縞々・・

torakoさん、こんばんは

夜中に声をたてて笑わせていただきました!

一見シリアス夫婦に見えたんですが、まるでおっさんくさい^^着ぐるみに包まれたリュジンシのコメディーかのようですね^〇^

ご丁寧に少年時代のセフンまでも縞々シャツなのに感動してしまいました。
ベラさまの好みだったのかもしれませんね~。三つ子の魂・・セフンは100歳になっても縞々を着続けるかもしれません^^;

キツネ館にお勤めのシヨン嬢。セフンの動きを調査して働き始めたのでしょうか?それとも偶然?気になります~
今回のブルー縞々のセフンは気付いていて現れたのですよね~今までの役柄とはやっぱりどこか違いますね・・?ドキドキ。

50話もあるのですから、ゆっくりとわかるつながりもありそうですね・・

うぅ~~ん、ソンヨンとウンニム・・辛い展開ですね~・・
夫との合意でない代理母要請になるわけですよね~
そこの部分がフィクション過ぎて、正面から向き合ってるドラマと言えるのかなと頭をかすめましたが・・
まあ妖怪もキツネも出るわけですから、かまわんかまわん?^^

  • 投稿者: くちゅん
  • 2009/09/02(水) 02:18:06
  • [編集]

ドラマ紹介

度々申し訳ありません
紹介が上がっていました

http://contents.innolife.net/listd.php?ac_id=3&ai_id=10931

あれれ?人物紹介はあるのに、【登場人物】欄に名前が抜けてます?

  • 投稿者: くちゅん
  • 2009/09/02(水) 02:32:35
  • [編集]

大ウケ!

本当はシリアスなドラマ!?
なはずなのに、相変わらずのtorakoさんの自由な訳文に大ウケで楽しませてもらっています。
特に、子ども時代のセフン。
確かにちょっとガックリですよね。
分かります。
もっと、格好良かったはずです!!
そして、やはり突っ込みどころ満載の衣装は韓国ドラマならではですね。
スタイリストは付いているはずなのに・・・
リュジン氏がスタイル良すぎて、体に合う服を見つけるのが難しい・・・そう思うしかないのでしょうか?
でも、第1話からガンガン出てきてくれるのは嬉しい限りですね。
続きが楽しみです。

  • 投稿者: sara
  • 2009/09/02(水) 11:31:43
  • [編集]

弟は橋の下で拾われたのね・・

torakoさん、こんばんわ
2話のセフン衣装キィワードは、縞でしたか。アボジもなにやら金色めいて・・・。つっこみどころ満載の衣装ですね。スタイリストさんのセンスなのか・・そういう役設定の上での意図があるのか・・・。
うれしくて妻を抱きしめ、くるくるセフン。かがみこむあたり、背の高さが随分違うんでしょうね。
セフンの子役は、「華麗なる遺産」で、自閉症の弟ウヌではないかと。上手だったんですよ。

  • 投稿者: cha
  • 2009/09/02(水) 18:58:08
  • [編集]

かなり派手&ベタな展開ですが…

くちゅんさん
こんばんは!
セフンのファッションはオモニ好み?
オモニも黒&紫の帽子に、ヒョウ柄のワンピと、大阪のアジュンマ風個性派ファッション。
セフンも見ようによっては吉本の舞台衣装?
そうですね~バー・キツネ館のシヨン嬢、出会いは偶然なのか?
でも第2話でセフンがキツネ館に行ったのは、明らかにシヨン嬢を意識してますよね。
妻帯者とわかっていて、不適切な視線を向けるシヨン氏。愛妻家?なはずのセフンがこれからどう動くか…あまり安易にヨロメイて欲しくないわ~

  • 投稿者: torako
  • 2009/09/03(木) 00:06:24
  • [編集]

コマスミダ!

くちゅんさん
ドラマ紹介の紹介?ありがとうございました。
ガンホ弟は幼い時から兄よりも優れていたなんてオドロキ?
日本語だと色々わかりますね~…でも、人間関係把握するだけでもずいぶん話数は必要かも。

  • 投稿者: torako
  • 2009/09/03(木) 01:45:53
  • [編集]

大まじめ!

saraさん
こんばんは♪
ちょっとねぇ~と思っていた子役の子、chaさんのこめだと活躍中の少年だとか…。
ということは、これからも何度か回想シーンがあるのでしょうか?
どんなにシリアスな展開でも、大まじめなセフン中心に笑いの絶えない?torako版
ご愛読くださいね!
ネタ的には、今回のファッション…いいのですが
一度は、ため息がでるくらいカッコいい姿を見たいです~

  • 投稿者: torako
  • 2009/09/03(木) 01:52:55
  • [編集]

ヤンキーの兄ちゃん?

chaさん
アンニョーン♪
セフンの子役の子、そんな重要な役をやっていた子なんですね!
オドロキました。あのヘアスタイルも計算でしょうか?
ガンホとセフンの確執も興味津々です
いったい何枚サマーセーター持ってるの?のセフン
オモニのヒョウ柄に対抗して、今度はトラ模様?
あぁ~これではヤンキーじゃん!

  • 投稿者: torako
  • 2009/09/03(木) 01:57:32
  • [編集]

口元~

torakoさん、こんばんは!

torakoさんが切り取ってくださった映像ナイスです。
髪の毛と縞々衣装、そして・・・。
子供時代のセフン。
そしてその二枚下のバー・キツネ館のリュジンシのセフン。
何と同じ口元です~

chaさん、凄い子役さんなんですね!
もしかして、リュジンシの口元を彼が研究して真似てるとか・・ぉぉぉっ!

  • 投稿者: くちゅん
  • 2009/09/03(木) 02:39:22
  • [編集]

ここでは主役!

torakoさん あんにょ~ん

素材はいいのに、着ているものにセンスが感じられない・・・でも韓国ではこういうもんなの?と思ってみたり・・・ スタイリストさんって専属じゃないんでしょうか?
それにしてもtorakoさんの解説はおもしろすぎて、リアル視聴の時ほとんど聞き取れないもどかしさを解消してくれます^^
ありがとうございます!
出番が少ないんじゃない!?と思ってしまうのですが、torakoさんちでは、いつもリュジン氏が主役v-238
そう、リュジン氏が主役のドラマを見せていただいて、ヘンボッケヨv-10
本編でも、リュジン氏の登場時間が増えて、重要なポジションを今以上に占めて、もっともっとステキな姿を見せてほしいです!
そしたら、髪型が気に入らなくても、変な組み合わせの服を着てても、うれしいんですけどね・・・

ところで、ベラオンマですが、10年前のジェヒョクオンマ@「有情」時に比べると、怖さや迫力も増しましたが、確実に美しくなってる!と思います。化けるのがうまくなったのでしょうか・・・妖怪人間としては・・・

  • 投稿者: yukippe
  • 2009/09/03(木) 20:20:32
  • [編集]

あなどれない!

くちゅんさん
こんばんは♪
なるほど~この子役…あなどれないかも知れないですね。
ちょっと歪めた口元が、オンマに愛されて嬉しいけれど、溺愛が負担になっている長男の雰囲気をよく出してるかも。

でも、昨日も書きましたが、ガンホの方が子どもの頃から優れていたといわれてもねぇ~
リュジン氏って、いつも出演者の中で誰よりも頭のいい役しかやったことがないから…
ひいき目だとわかっていても、チョン・ギョウン氏の方が賢くは見えないのです~
賢さだけじゃなく、人あたりとか色々あるんでしょうけど、今回のセフンは人当たりも悪くなさそうですし…

  • 投稿者: torako
  • 2009/09/04(金) 01:05:40
  • [編集]

ソンベとしての思いやり?

yukippeさん
アンニョーン♪
torakoワールドでは、たとえ出演時間が30秒でも、アジョシ&ヤンキー風の衣装でも、いつもリュジン氏が主役です。
ただし、セリフを捏造しているところが多々ありますので、信じないで、お読みくださいね!

さて、リュジン氏の服のセンス…これで完璧だったら、ガンホが霞んじゃうから、髪形や衣装をわざとダサくして先輩としての思いやりをアピールしているのではないかと思います。
50話と長丁場なので、きっと髪も伸びるだろうし、冬服はきっと上品かつシックな衣装を身にまとってくれるに違いない…と信じて、リアル視聴に励みます!

確かにベラオモニ、『有情』の時と比べて格段に迫力がアップしていますね。
2回も親子なんて、かなり縁があるかも…
いつかそのうち、年齢の離れた男女のラブストーリーなんかいかがでしょうか?
うむむ…想像したくないかも…。

  • 投稿者: torako
  • 2009/09/04(金) 01:15:03
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。