スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15話 終わりのはじまり…ソンジュ・メモリアル

  • 2009/08/01(土) 19:45:01

リュジン氏パッピンスで満面の笑顔…の後で、180度話題が変わりますが、今日8月1日はソンジュの2回目のメモリアル・デー。前回の「京ス」は…。2008年の9月11日なので約10ヶ月ぶりの『京城スキャンダル』をソンジュに捧げます。

kyonsu_ep15_kiss_01.jpg

カルペディエムのVIPルームで「ちらし」チームに正体を明かしたスヒョン。次の大事まで、つかの間の和やかな時間でしたが、ソンジュがミョンビンカンでの宴席のために途中で席を立ちます。エムルダンの狙撃手であることをカムフラージュする最も安全な手段として選んだキーセンという仕事でしたが、仲間たちは、総督府や親日家の金持ちたちに偽りの笑顔を振りまくソンジュを痛々しく思います。ましてスヒョンは…

kyonsu_ep15_kiss_02.jpg
宴席を離れて
夜風にあたるスヒョンの横に
ワンが立ちます
その言葉は、最初はいかにもソヌ・ワンらしく
…そして、最後は…

kyonsu_ep15_kiss_03.jpg
머리 깎구 절에 들어갈 생각이야
頭をまるめて寺に入るつもりか?
아니면, 종교적인 이유 말고 수절 지킬 일 있어
それとも、宗教的理由じゃなくて貞節を守る必要があるのか?
수장으로서 품위 떨어질까 봐 그래
首長としての品位が落ちそうで心配か?

kyonsu_ep15_kiss_04.jpg
여자보다 조국이 우선이라는 신념 때문이야
女より祖国が優先だという信念のためか?
살수라 위험해서 싫어
殺し屋は危険だからいやか?
그것도 아님, 기생이라서
でもなければ、キーセンだからか?

kyonsu_ep15_kiss_05.jpg
위험 속에서도 행복해질 수 있는 방법을 찾아라
危険の中でも幸せになれる方法を探しなさい
그게 바로 혁명이다
それがまさに革命だ

kyonsu_ep15_kiss_06.jpg

殴られて重傷を負ったワンの復讐のためにガングを殺そうとしたヨギョンに対してスヒョンが言った言葉…。もしかして、暗い時代の中を誰よりも柔軟に未来に向かって生き抜く力を持っているのは、横にいる友人、ソヌ・ワンなのかも知れません。いつもは、落ち着いたスヒョンが兄のようにも見える二人の関係ですが、この時は、ワンが内気な弟をけしかける兄のようでもあり、人生や革命について、スヒョンを導く師のようでもあります。肩をポンと叩かれたスヒョンは深いため息をつきました。

kyonsu_ep15_kiss_07.jpg
植民地支配と解放運動の中で
一人の人間としての幸せを見失った人物が
もう一人いました
宴席で笑顔をふりまきながらも
心を占めているのは、あの日のあの人の言葉…

당신이
あなたが
다른 남자들에게 웃음을 파는 모습을 보는 게…싫습니다
他の男たちに笑顔を売る姿を見るのが…いやです
당신이
あなたが…
다른 남자들 품에 안겨있는 모습을 보는 게 싫습니다.
他の男たちの胸に抱かれる姿を見るのがいやです


kyonsu_ep15_kiss_08.jpg
夜風に当たるため
宴席を抜け出したソンジュは
ミョンビン館の庭に佇む
あの人の後ろ姿を見つけます

kyonsu_ep15_kiss_09.jpg
見つめるソンジュ
振り向くスヒョン
目と目で交わし合う想い…

kyonsu_ep15_kiss_10.jpg
涙をうかべながらも
自分の人生に
そして今ここに立っていることに
誇らしげなソンジュと比べて

kyonsu_ep15_kiss_11.jpg
スヒョンは悲しげなまなざしで
ソンジュを見つめます
祖国解放のためとはいえ
愛する人の手を血で汚したことへの
後悔なのでしょうか

kyonsu_ep15_kiss_12.jpg
そんな想いを振り切るように
スヒョンはソンジュに向かって
一歩踏み出します
優しくソンジュを引き寄せて
唇を合わせました

kyonsu_ep15_kiss_13.jpg
끝이라 믿는 그대◆
소설

끝을 모르는 후회뿐인 시간속에
혼자 남은 난 이 말밖엔
그만 잊으라 해도 말을 듣지 않는 맘
이미 날 떠나 어느새 그대만 찾는데


unfortunately in my heart
you're still the biggest part of me that's true

긴 하루끝에 머무는 눈물이 되어 스쳐가는 길
더 위로받지 못해도
다 이해하지 못한다 해도
아직 난 그대를 맴돌아

사랑한다고
말을 할수도 없는 내게
그대 흔적이 너무 많아

잡을수가 없기에
보낼 수도 없다고

들리지 않을 내 고백이 되어
다시 그댈 찾는 나


*repeat

계절이 지나 모든 것이 변해도
그대를 난 잊을수가 없기에
다음 세상엔 그대보다
내가 먼저 기억하고
더 사랑한다고

끝이라 믿는 그대

kyonsu_ep15_kiss_14.jpg
◆終わりと信じるあなた◆
ソソル

終わりが知れない後悔だけがある時間の中に
一人残った私にはこの言葉しか
そのまま忘れてと言っても言葉を聞かない心
もはや私から去っていつのまにかあなただけを探しているのに

*それでも私の心の中で
あなたは私にとっていちばん大切な人

長い一日の終わり 涙になってすれ違う途中
もっとなぐさめられることができなくても
全てを理解することができなくても
今でも私はあなたから離れられなくて

愛しているという言葉すら
言えない私に
あなたの名残がとても多くて

手に入れることができないのに
送り出すこともできないと

聞こえない私の告白になって
もう一度あなたを探す私

kyonsu_ep15_kiss_15.jpg

*repeat

季節が過ぎて全てのものが変わっても
あたなを忘れることはできないから
次に生まれかわればあなたより
私が先に憶えていて
もっと愛すると
終わりと信じるあなた

テキトー訳by torako

◆「終わりと信じるあなた」試聴はこちら◆

kyonsu_ep15_kiss_16.jpg

今さら言うまでもないことですが、スヒョン@リュジン氏と、ソンジュ@ハン・ゴウンさんのたとえようもなく幻想的なキス・シーン。ひと言のセリフもないこのシーン。今まで、強く惹かれあいながらもすれ違い、銃を向け合ってきた二人の万感の想いがこめられ、この間何度も緊張感のある会話を交わしたミョンビン館の庭での美しい立ち姿。


今回台本を読んでいて初めて気がついたんですが(当時はna-mimさまの訳だけで台本を読んでいなかった)台本では、庭でのキス・シーンにはなっていません。ミョンビン館の庭で見つめ合うところまでは同じですが、スヒョンがソンジュの手を引いて、ソンジュの部屋に入り、そこで口づけするシーンになっていました。ドラマも終盤、現場での変更は当たり前の世界ですが、庭でのシーンになってよかった~。身長がリュジン氏と釣り合って、こんな美しいシルエットになる女優さんはめったにいないもの…。『オンマ』でさんざんキスをしたジョンウォン&ヨンスのシーンに動じなかった奥さまも、『京ス』のスヒョン&ソンジュのキス・シーンでは怒ったのも無理ないかも…。

ソンジュが逝って2年がたちましたが、私たちの中でもスヒョンの中でもソンジュは永遠ですね~

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

生まれかわっても・・・

torakoさん あんにょ~ん

ありがとうございます!!このシーン待ってました!
以前、ソンジュの命日を教えて頂いたので、私もきょうは(きょうも!)京スの11話から最終回まで見ていました。何度見てもいいです!
ワンに背中を押されて、やっとソンジュを抱きしめたスヒョン!
10年間のお互いの想いを確かめ合う抱擁とくちづけ・・・
あ~美しいふたりの美しい立ち姿・・・torakoさんがおっしゃるように、庭での抱擁でよかったです。ふたりの押さえきれない想いが伝わります。部屋にはいってあらためて・・・ではなくてよかったです。
ほんとに色っぽい、艶っぽいラブシーンですよねぇ~どきどきしてしまう・・・それでいてせつなくもあり・・・
そして、この歌!大好きなんです!実は、この歌をお願いしたくて、リクエストしようかと思っていたくらいなんです^^
特に 
「계절이 지나 모든 것이 변해도  그대를 난 잊을수가 없기에
 다음 세상엔 그대보다 내가 먼저 기억하고 더 사랑한다고」
のところが好きで、聴く度にウルウルきてしまいます^^歌っている男の人の声もいいですよね~哀切な感じで・・・
この歌の「私」と「あなた」は、どっちのことなのかなぁと考えたこともあったのですが、結局、ふたりとも同じ想いだろうなぁと思いました。 毎日この歌とこのシーンが頭の中をまわっています~
残念ながら曇り空で、きょうは月が見えません。それでも空を見上げて、ソンジュを思っています。
スヒョンとソンジュの愛は永遠です~!!

torakoさん 
ほんとにありがとうございました!!
あ~今夜もう一度「京ス」を見なくては、眠れそうにありません

  • 投稿者: yukippe
  • 2009/08/01(土) 21:57:35
  • [編集]

演じたのではなく・・

torakoさん、このシーンはリュジンシには申し訳ないのですが、リュジンシの姿を借りたスヒョンが存在してると思ったシーンです。

庭に出てみたらそこにスヒョンが佇んでいた・・。
佇んでいたら、そこにソンジュが出てきた・・。
偶然ではなかったと思っています。
確かにその前にワンが背中を押しているんですが、そうしなくてもここは二人の魂が呼び合ったと思えてならないんです。

演技の上でリュジンシがゴウンさんと、ではなく、その体を借りてスヒョンとソンジュが愛を確認したのを目の当たりにして、奥様はヤキモチではなく少しコワクなったかもしれません。

両ポケットに入れた手を歩みながら出す瞬間、手を隠す形で覆っていた上着の裾がぱさっと落ちる。
台詞のないシーンで、音を目で感じたシーンです。

ありがとうございました。

  • 投稿者: くちゅん
  • 2009/08/02(日) 00:45:23
  • [編集]

名場面♪

torakoさん、初めまして。m(_)m
いつも、楽しみにブログ拝見させて頂いております♪

その昔、「秋の童話」でスゴイハンサムな俳優さん!と認識してはいましたが、
それから時は流れ、
「京スキャ」でリュジン氏にぞっこん!
もちろんこの作品自体にも、ソンジュにも、惚れております。

このシーン、本当に震えました~!

yukippeさんがご指摘の通り、
ワタクシもtorakoさんの名解説での
「このシーン待ってました! 」^O^/
くちゅんさんの
「台詞のないシーンで、音を目で感じたシーン」に同調です!

新たな真実(台本では庭でのキスシーンでなかった)も教えて頂き、
なるほど!ザ・ワールド~。
でもホント、この庭でのシーンに変更でよかった!よかった!大成功~♪

スヒョンの美しい立ち姿!ソンジュの手の美しい置きどころ!
今だかって、
東洋人で、こんなお手本のような美しすぎるキスシーンができるのを
見たことありません!
大人の気品…上品で…愛がこもってて…せつなくて…

で、思わず、コメントに参加したい衝動に駆られ…^^;
興奮してしまい…失礼致しました~。m(_)m

ありがとうございました♪m(_)m

  • 投稿者: そんじゅこ
  • 2009/08/02(日) 09:02:24
  • [編集]

切なさと強さと…

yukippeさん
こんばんは!
2年前の夏、このシーン、止まってばかりいたリアル視聴の画面がこのシーンだけは、しっかりと見えて、でも、あっという間で何がおこったかわからないうちに15話ラストの衝撃…
今から考えても、あんなに夢中になったドラマは「京ス」の他にはありません。

スヒョンとソンジュの間に流れる曲は、やはり「希望歌」の印象が強かったのですが、「끝이라 믿는 그대」をバックにしたこのシーンの素晴らしさに、希望歌の切なさが昇華したような想いがしました。
この歌から感じる切なさと強さはまさにスヒョンとソンジュそのもの…。
何度生まれ変わっても、今よりももっと愛するという強さ…
永遠の二人の姿を、もう一度見たい!と思うのは贅沢でしょうか?
また違う世界で、違った形で出逢うスヒョンとソンジュという設定で、『京城スキャンダル2』作ってくれないかな~!!

  • 投稿者: torako
  • 2009/08/02(日) 23:12:33
  • [編集]

そうですね スヒョンとソンジュそのものでした…

くちゅんさん
そうですね…リュジン氏とハン・ゴウンさんというよりも、スヒョンとソンジュとしか言いようがありませんでした。
ソンジュを演じたハン・ゴウンさんも、衣装をつけたスヒョンを見るとドキドキした…と言っていましたね。演技ではなく、「京ス」の世界の中で、虚構ではなく、本当に愛し合っていたのでしょうね。
こうして考えると、俳優さんて本当にスゴイ!
ここまで、役柄になりきってしまうと、役から抜けられなくなるのでは…と心配になるほどです。当時チャニョン君がお腹にいた奥さま…気が気でなかったでしょうね。
スヒョンとソンジュの「本当の愛」が見る人の心を打って、後半は、ワンとヨギョンの主役カップルを凌ぐ存在感につながったんでしょうか。
リュジン氏の演技歴を思い浮かべて、これほど役になりきったのは『京ス』と『ソドンヨ』のキルくらいかも…。同じく名作ですが『ストック』は役になりきるというよりも、リュジン氏もともとの個性がスンジョにぴったりとはまったというか…演技よりも天性のものを感じます。

>両ポケットに入れた手を歩みながら出す瞬間、手を隠す形で覆っていた上着の裾がぱさっと落ちる。
スヒョンが自分自身の心の枷から解き放たれた瞬間なのでしょうか。

リュジン氏はスヒョンを超える役に巡り逢えるのか…
巡り逢って欲しいような…欲しくないような…複雑です

  • 投稿者: torako
  • 2009/08/02(日) 23:26:06
  • [編集]

はじめまして!コメントありがとうございます!

そんじゅこさん
はじめまして♪
『京城スキャンダル』でリュジン氏にぞっこん!なんて、嬉しいコメント!
そして…語らずにはいられない、深~い魅力のあるドラマですよね
語っても、語っても語り尽くせない
もうかれこれ2年ですが、楽しく語り続けております

容貌の端正さはもちろんですが、決して派手ではない「静の演技」、佇まいだけで、複雑な感情を表現できる俳優さんは、他にはなかなかいませんよね。
世間の評価は決してメジャーというわけではないけれど、目が離せない魅力の持ち主です。

新作も8月末からはじまりますので、新作、過去作、「京ス」と筆の向くまま気の向くまま…
楽しく語り合いましょうね~
キス・シーンの後は…辛いシーンも…
自分でもまだ割り切れない15話ラストのシーンをどう書こうか…
悩んでいます~

  • 投稿者: torako
  • 2009/08/02(日) 23:36:39
  • [編集]

美しすぎます・・・

torakoさん あんにょん

ああ。チャ・ソンジュssi、なんであなたはこんなに美しいのでしょうか。
恐れながらも、この辺りからは私はスヒョンよりソンジュに目がハートで。
私のリュジンssiドラマ視聴の中で、女優さんのほうに目が釘付けなんて今までありえなかったのですが。。。
二人の長年の想い(特にソンジュはそうですよね)がひとつになったシーン。
美しく、そして悲しい時代の背景の中で切なく、ほんと胸に響きます。

いろんなリュジンssiをこちらで拝見して
「素敵」とか「麗しい」とか思いますが、
スヒョンはやっぱり表の美しさもさることながら、
静かな物腰の中に、心の奥底に秘めている熱い想い(祖国への、ソンジュへの)もあり、
別格ですね。。。
・・・って、あれ?私の中でピカイチはキルだったはずなのに(笑)。

  • 投稿者: ちぃ
  • 2009/08/03(月) 12:31:07
  • [編集]

スヒョン再び・・・

torakoさん あんにょ~ん

15話のソンジュの最期は、白いドレスを血に染めて壮絶なものでしたが、torakoさんもわたしもスヒョンの涙にひっかかっている、ていうか納得できていないんですよね・・・泣いたらあかんよ~ 心を鬼にして、首長として、ソンジュを愛する男性として銃の引き金をひくべきだったと・・・
torakoさんの「京ス」を完結してほしいと願いつつ、torakoさんの心の趣くままに、無理のないようにと思います。
15話から16話まで辛い展開ですよね・・・
でも最後近くのシーンで、ワンとスヒョンが「解放されたら何をしようか。釣りでも行くか」「かき氷を食べに行こう。俺がおごるから」の場面が見たい・・・

それからね、torakoさん、
私「京ス」を映画館のおっきなスクリーンで見てみたい!
リュジン氏のお顔、立ち姿をスクリーンで見たい!と思ってしまうのですが、いかがでしょう?それが、スヒョンなら言うことないと・・・

(手製リュジン氏しおりはスヒョンです。台詞も入れてまた作 ってみます。「그럼에도 불구하고 살아가야겠지」を)

  • 投稿者: yukippe
  • 2009/08/03(月) 22:24:20
  • [編集]

二人をつなぐ『希望歌』

ちぃさん
ソンジュは男性的に見えるほど強いですよね
でも、強くなければ生きていけなかった哀しみも感じます
女性が惚れる女性とでも言うのでしょうか…
壮絶な最期といい、スヒョンそのものだったリュジン氏に負けず、ハン・ゴウンさんはソンジュそのものでしたね。
そして…二人をつなぐのは…『希望歌』永遠の二人のメロディです
キルの演技も深くて素晴らしかったですが、残念ながら、恋の相手がいなかった…(泣)
スヒョンはソンジュがいるから、孤独な闘いだったキルと比べて恵まれているかも…

  • 投稿者: torako
  • 2009/08/04(火) 01:42:57
  • [編集]

パッピンス…

yukippeさん
ソンジュの最期、どう描きましょうか…
スヒョンの泣き顔も…
そうそう、私もあのセリフ好きなんです
「パッピンス食べに行こう、俺がおごるよ」
第1話の少年スヒョンのセリフと同じですよね…
ワンとスヒョンも最高の二人でした!
パッピンス…あぁ~クールビスで巨大なボールに盛られたパッピンスをニコニコして振る舞っているリュジン氏をスヒョンが見たら何て言うか…
映画館でスヒョンが見れれば…
座席で失神ですね
あの深~い、素敵なセリフに
麗しいお姿…
映画版『京城スキャンダル』作るしかない!

  • 投稿者: torako
  • 2009/08/04(火) 01:49:17
  • [編集]

ステキすぎて鳥肌がたちました

朝、仕事場で見てゾワーっと。
こういう感覚って今までなかったです。
しばらく ぼーっとなりました。

京スは、いろんなものが対になっていると思うのです。
静(スヒョンや愛論団の水面下での活動)と動(ワンや最終決戦)、陰(暗い時代背景)と陽(ちらしチームの馬鹿騒ぎ:これは絶対必要)、など

そして
「パッピンス、俺のおごりだ」1話と最終16話
「初恋を知った少年のようね」(何話か忘れました)と「初恋を知った少女みたいだ」15話
のように

本当に作りこんだ、スタッフの思い入れたっぷりの作品だと思います。
続編か映画化しないのかなぁ。

うちの下の娘(小2)に「ワンとスヒョンどっちがかっこいい?」と聞いたら
「(スヒョンをさして)この人のほうがいい!」
よしよし、いい方向にいってます。

  • 投稿者: ごん
  • 2009/08/04(火) 09:55:23
  • [編集]

作家と監督

ごんさん
そう、スヒョンは別格
ふとした表情、言葉の一つ一つまでゾクゾクするような魅力がありますよね。
夜…家でこっそり見てください~
お嬢様の教育はわすれずに…この調子で!
『京城スキャンダル』は脚本がとても素敵です、そして、その脚本をよく理解した演出(監督も素敵です)今でも「京ス」イベントに参加してくれているハン・ジュンソ監督とチン・スワン作家の才能でしょうね~
スヒョンとソンジュの会話の中にも、対になっていたり、深~意味が隠されていたり…
何度見ても飽きないのは、そんな優れたスタッフのおかげかも?
チラシも最高!この三人は続編にもでてもらわなくちゃ!

  • 投稿者: torako
  • 2009/08/05(水) 00:15:29
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。