スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「また風が吹く」故ノ・ムヒョン前大統領追悼コンサート

  • 2009/06/22(月) 22:07:33

6月21日(日)、ノ・ムヒョン大統領追悼コンサートが、ソウル聖公会大学大運動場で開催されました。延世大と聖公会大、ソウル市立大学の総学生会などが主催したこのコンサートは当初は延世大学屋外劇場の予定でしたが、翌22日控えた司法試験のため「勉学の雰囲気を台無しにする」という理由で大学側から許可が下りず、会場を聖公会大に移して開催されました。

nomuhyon_01.jpg

1万人収容の会場に2万人を超える人が詰めかけたため、会場に入れない人は大学構内でコンサートの雰囲気を味わったそうです。

nomuhyon_02.jpg

司会は『冬ソナ』でもおなじみの俳優クォン・ヘヒョ氏。以前韓国に行った時、向こうで、大企業の不当解雇撤回の運動をしている人が「クォン・へヒョ氏は、ボランティアで運動の支援をしてくれる」と言ってたのを思い出しました。運動の中に身を置いている俳優さんです。

nomuhyon_03.jpg

そして、民主化運動といえば…アン・チファン氏です。「アン・チファンと自由 안치환과 자유」というバンドで活動しているアン・チファン氏は、この日、故ノ・ムヒョン前大統領も好きだった、「솔아 솔아 푸르른 솔아(松よ松よ青い松よ)」を歌ったそうです。

nomuhyon_04.jpg
トゥゴウンカムジャ
キムC

アン・チファン氏の他に、ピア、ユン・ドヒョンバンド、ネクスト、カン・サネ、トゥゴウンカムジャ(熱いじゃがいも:1泊2日のキムCがヴォーカル*torako注)、ノ・チャ・サ(歌を探す人々)など、ノーギャラで駆けつけたミュージシャンたちが4時間にわたって熱唱したそうです。

nomuhyon_05.jpg
ユン・ドヒョンバンド

43歳にしてなお運動の中心を担っている、アン・チファン氏。アン・チファン氏の歌が心を打つのは、歌が単なる歌ではなく、生き方そのもの、社会そのものだから…。彼が仲間たちと思い描いてきた社会、誰もが、何ものからも束縛されずに自由に生きていける社会、実現したかのように見えたけれど、最近昨年の「ろうそくデモ」の報道をめぐって、メディア関係者が逮捕されたり、逆戻りするような動きも…隣国とはいえ、深いことはわからない…そして、日本だって、この先はわからない…何もしなければ、思いもよらぬ方向に変わっていってしまうこともあるかも知れない…。

다시 바람이 분다
また風が吹く

風を吹かせるのは…?

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

印象の違い

torakoさん、こちらでもおじゃまします~

先日、http://www.bunkakorea.com/bbs/board.php?bo_table=news&wr_id=18025
のニュースを読んで、「何、何、何が起っているんだろう?」と思っていました。逆戻りのような出来事が怒っているんですね。

昨日深夜TBSで「報道の魂 日韓の若者が文化交流 ~高校生の修学旅行に密着~」というドキュメンタリーを見たんです。その中で、韓国への修学旅行を企画し実行した日本の女子高生(とてもしっかりした生徒さんでした)に、大統領が親書を贈ったんです。それを見てその時は、「李明博大統領ってそんなに良くない大統領なのかな~ 良さそうだけど」と、安易に思いました。でもその後、「しかし自国の国民に危機感を与えるような大統領は失格だよな~」とも思ったり。外国人から見る印象と、その国の人々の印象ってこれほど違うものなのでしょうか。日本の首相は最近任期1年ですがどう思われているんでしょう。名前も知られていなかったりして・・・(大いにありうる?)歴史を勉強するのも難しいですが、今まさに起っている政治経済を知ることもすら難しいと感じる今日この頃です。

  • 投稿者: シベリア
  • 2009/06/23(火) 01:14:53
  • [編集]

また吹く風は逆風ではなく…

シベリアさん
こんばんは!
このような声明が出されていたんですね。
ありがとうございました。原文を読んで見たいです~
文面を見るとかなり深刻な事態…
私も最近『韓国語ジャーナル29号』のVoice of KJに「メディア関係者の拘束が続く」という小さな記事が出ていて、「何かヤバイことになっている?」とはじめて気づいたんです。日本のマスコミではほとんど報道されないから…。

私が韓国に魅力を感じるのは、日本との共通性と差異を発見するのが面白いからかも。
そして、共通性と違いを考える過程で、日本という国を客観的に見れるような気がするんです。
だから逆に韓国で起こっていることが、他人ごとには思えない…
アン・チファン氏のメッセージは、私たちに対しても発せられているような気がするんです。
日本人だって、本当の意味で自由ではないわけで…
ご紹介いただいた声明の中の「今日の私たちは人を上下に分けて、押さえつけて喘ぐ世の中に慣れて生きつつあります。傷つけて憎悪する世の中に生きています。」
胸にずしりと響きます。

  • 投稿者: torako
  • 2009/06/23(火) 02:16:40
  • [編集]

そうですね

torakoさん、こんばんは~
>日本との共通性と差異を発見
そうですね、その発見に喜んだり驚いてしまったり。torakoさんの言葉に「なるほどな~」と思いました。ありがとうございます。

話はガラッと変わるんですが、スミマセン!)去年リュジン氏が出演している?と噂のあったヤン・ジヌ氏の映画 『青い自転車』が8月7日発売&レンタル開始だそうです。これでリュジンさんという女優さんをチェックできそうですね。もしかしてリュジン氏目当てでDVD買っちゃった方いるのかしら??

  • 投稿者: シベリア
  • 2009/06/23(火) 23:59:13
  • [編集]

『第5共和国』でもマスコミ統制

シベリアさん
こんばんは~
今ちょうど『第5共和国』でマスコミ統制をやってるんですよね。
当時は今みたいにネットも普及していなかったし、TVや新聞を押さえれば、国民にはまともな情報が流れない…みたいな話が出ていて…
あいかわらず、アジョシ・オールスターズドラマですが、おもしろいです。
おっと『青い自転車』…未だにリュジン氏のプロフィールにこの作品があがっていることも…。DVD出たら借りてみて、リュジン氏の無実(出演していない)を証明しなくては…。キム・ジョンファさんも好きなので、映画も楽しみたいです~

  • 投稿者: torako
  • 2009/06/24(水) 01:24:42
  • [編集]

明日から7月号。連帯形~

torakoさん、こんばんわ~

まさかtorakoさん家で、キムCさんを見かけるとは、思いませんでした。
1泊2日でしか見てないので、ほんとにミュージシャンなんだと変なところで感動しました~。
シベリアさんのコメのニュースを見ました。韓ドラを見て身近に感じている韓国は、求めなければ知ることができない、外国なんだわとあらためて思いました。

ついでに人気検索語を見たりして・・・。人気の意味が違うのがかなしい。。

同居人の方の登録の意味がいまひとつわかってなかったけど、こういうことだったんですね~。
すごくわかりやすいです。
IDとか名前とか、何にしようかなぁとか考えていて、まだ登録していません。そのうち~。

  • 投稿者: cha
  • 2009/06/28(日) 23:16:10
  • [編集]

結構バラエティも…

chaさん
こんばんは!
実は結構好きで見ている「1泊2日」
キムCさんは、心根が優しそうで好きですね~
以前、ちょっとアンニュイな歌を歌っているのを見ましたよ
あの中で一番好きなのが、イ・スグン氏、リュジン氏とは対極の小さいお兄さんですが気配りの人…その次が優しいキムCさんかな?
アン・チファン、キムC、ユン・ドヒョンだったら、ホント見に行きたかった…

これだけ韓国情報に溢れているかのような日本ですが
知りうる情報は一部なのだということを忘れてはいけませんね~

表現も発言も自由な社会をお互い持っているということが大切なんですから…

  • 投稿者: torako
  • 2009/06/29(月) 02:05:18
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。