スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『モデル』イム・ユジン氏の下積み時代?

  • 2009/04/20(月) 23:59:59

ミョンミン氏のドキュメンタリー、韓国でも話題になっているようですね。遅い時間にもかかわらず、視聴率は10%、新作映画が楽しみですが、体重を落としすぎて体を壊さないか心配ですね。ミョンミン氏と一度も共演したことのないリュジン氏がこの番組でインタビューを受けていたのは、SBSの公採同期だったから。1996年組です。キム・ミョンミン氏は1972年10月8日生まれですから、11月16日生のリュジン氏よりも少し「ヒョン」ですね。でも韓国では、年が明けると、一歳年を取るわけだから、同じ年の生まれだと、全く同列かな?

model_01.jpg

ドキュメンタリーでは、公採の時や無名時代のミョンミン氏の映像が紹介されていましたよね。今とはだいぶ印象が違うような~。それでは同じ頃のリュジン氏は?まだイム・ユジン(本名)と名乗っていた頃にリュジン氏が出演した最初?のドラマが『モデル 모델』(1997.4.9~8.7:SBS全36話)

model_02.jpg
すでに「トップスターオーラ」バシバシの
チャン・ドンゴン氏

主演は、今やドラマで見ることは少なくなった、チャン・ドンゴン氏、Lime家の主?キム・スンウ氏夫人のキム・ナムジュさん、ハン・ジェソク氏。その他、若手のモデル役で、ソ・ジソプ、チャン・ヒョク、ウォンビン、『薔薇の戦争』でリュジン氏のお相手だったソン・ソンミさんなど、今となっては、超?豪華なキャスティング。チャン・ドンゴン氏出演作ということもあり、ちゃーんと日本でDVDも出ています。

model_03.jpg

リュジン氏は第1話に出演、開始45分くらい、売れっ子モデルのウォンジュン(ハン・ジェソク)が渋滞に巻き込まれて舞台に穴が空きそうになって、デザイナー志望のギョンリン(キム・ナムジュ)が、代わりのモデルを探そうと、観客のなかから背の高い男性に声をかけていくシーン。本当に「ちょい」役ですが、台詞もあります~。

model_05.jpg

私はDVDではなく、ネットの小さな画面で見たんですが、第一印象は「やっぱりデカイ」そして…ヘアスタイルのせいか、スヒョンよりクラシカルかも?


girudon_01.jpg

そして…今さらながら『ホン・ギルドン』日本語字幕版で視聴中。だらだら見ていた今日この頃ですが、今夜は19話・20話、タオルを握りしめながら、息を詰めて見守りました。イノクを守ろうとして死んだ、イノク祖父。息子への愛情を胸の奥に秘めて、両班の誇りを賭けて毒をあおったギルドン父、父の死を見守るギルドンとギルドンを見つめるイノク…そして、イノクへの想いが切なすぎるコンジャ~!ギルドン父が死ぬ時の王様の演技も最高でした~。コンジャのテーマを歌っている、パク・ワンギュ氏は、『純情』のチャンソクのテーマも歌ってるのよ~あぁ~切ない~♪リアル視聴していれば良かった~

あぁ~何て私は
멍청이

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

^^

どこから探してくるのか・・・torakoさんすごいですね~~^^
4月10日の土曜日リュジンさんをインチョン空港で見かけたという情報が出てました。どこに行ったのかなぁ~~チャニョン君も一緒なら南の島かしら~~^^日本ならどうしましょう???

  • 投稿者: rira
  • 2009/04/21(火) 11:25:41
  • [編集]

『私は願う』

こんにちは。
なんてタイムリーな!
私も昨日、こちらで教えて頂いたリュジン氏チョイ役出演の
『私は願う』(シム・ウナさん主演、1998年)を見ていたばかりです。
『モデル』の方が早いのですね~。
この頃から、爽やかで貴公子風は変わらないですね。
少し声が高く、若さは感じましたけど。
でもホントよく見つけられました!
さすが、torakoさまです。

『ホン・ギルドン』そんなにイイのですか?^^
同じ怪盗モノでも、ひとり孤独な『イルジメ』と、チームワークの『ホン・ギルドン』。
どちらを先に見るか迷い、『イルジメ』を取ってしまった私。
でも『イルジメ』も切なく、美しく、脇のベテラン俳優が素晴らしいです~。
『ホン・ギルドン』も早く見たいな。


riraさま、初めまして!
先日は『白い巨塔』の仰天裏話を教えていただきありがとうございました。
今更ですが、サンヒョク役といい、惜しい決断で。
今回も目撃情報ですか?
いろいろとありがとうございます。
英気を養い、リフレッシュして新たなリュジン氏を披露して頂きたいものです^^




  • 投稿者: Misa
  • 2009/04/21(火) 18:10:30
  • [編集]

若いですね。

『モデル』のリュジン氏画像、コマスミダ~
本当に、torakoさんは達人ですね。

トルコー買い物編ー

トルコ絨毯にトルコ石とお決まりの免税の店に。
しっかり、本物の見方を教わり・・・トルコのコーヒーも。
買った方も数人いました。

そこで、鼻を低く整形した男性をみました。
トルコでは、目が大きく、鼻の高い人はもてないとフセインさんから聞いた後だけに、びっくり!!
やはり、彼もトルコではもてず、日本に来たとき、もてたらしく戸惑った話をしていました。
所変われば・・・ですね(笑い)

グランドバザールでは、本物、本物と・・・日本語で声をかけてきます。友人が聞いてみると、トルコ石のイヤリングが12000が3000までダウン!!?どこが本物?
そこで私は韓国人のふりで、イゴ オルマエヨ??
ウーン~・・・韓国語はあまり解らないのか、ハウ マッチ?でOKでした(汗。。。)

  • 投稿者: レンハルモニ
  • 2009/04/21(火) 18:39:07
  • [編集]

やたら背の高いベビーカーを押すナムジャ

riraさん
アンニョーン♪
『モデル』ちょい役出演情報は、以前から知っていたのですが、なかなか見る機会がなくて…、次回作情報がなかなか出ないので、旧作を掘り起こして、気を紛らわせています~。
インチョン空港目撃情報は、フォーエバーでも見ました。
ご家族でどちらかに行かれたのか?
それとも奥さまの仕事の関係?
お住まいの地域でやたらと背の高い、ベビーカーを押して歩くナムジャがいたら、要注意です!

  • 投稿者: torako
  • 2009/04/22(水) 00:15:16
  • [編集]

チョイ役でも目立ちますね~

Misaさん
こんばんは!
確かに、初期のチョイ役は、声が今よりも高め。
緊張しているのかしら?
『私は願う』シム・ウナさんのドラマなんですね~博士も出てる~?
シム・ウナさん、今の韓国女優さんにはいない、凛とした気品のある女優さんですね。貧乏な役でも品があります…(リュジン氏もそんなところはあるけど)

チョイ役でも、さすがにリュジン氏は目立ちますよね。
なんどか、そんな出演をしていれば、PDが注目して、大きな役にキャスティングされる可能性も…。

『ホン・ギルドン』途中、少し中だるみしましたが
19~20話は傑作です
久しぶりに泣きました~
カン・ジファン氏も魅力たっぷりなんですが、脇役陣がいいです
時間があれば、ぜひお薦めです~

  • 投稿者: torako
  • 2009/04/22(水) 01:09:24
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2009/04/22(水) 13:21:38
  • [編集]

衝撃のトルコイケメン基準

レンハルモニさん
こんにちは!
トルココーヒーって甘系ですか?日本でも出してるお店を見たことがあるような…
「びろ~ん」と伸びるトルコアイスはよく見るけれども、本当にトルコにもあるんでしょうか?宝石や絨毯は敷居が高いな~
でも、グランドバザールって何でも揃ってそうですよね。
香辛料とか、お茶とか興味があります~
目が小さくて、鼻が低いとイケメンなんて、衝撃的です!
女性もそうなのでしょうか?
先日、パスポートの更新で写真を撮りに行ったら、しっかり目を開けているのに、「もっと目を大きく開いて!」と言われて、ショックでした…(泣)
トルコの人には、中国人・韓国人・日本人の区別はつくんでしょうか?
以前、スロバキア(旧共産圏)に行った時は、どこに行っても、中国人に間違えられました。そういえば、中国で日本人観光客に中国人に間違えられたこともあります~
私も早く韓国人のふり?ができるようにがんばります!(何を?)

  • 投稿者: torako
  • 2009/04/22(水) 16:42:11
  • [編集]

意外な人が!

レンハルモニさん、お帰りなさ~い♪
私も「観光編」と「お買い物編」、楽しく読ませて頂きました。
わざわざ鼻を低くだなんて、本当にお国変わればですね。
「ホンモノ」の掛け声も可笑しい~。
韓国の明洞や東大門などは、「カンペキなニセモノあるよ~」でしたっけ。
どうしてすぐ日本人だと分かるのか。
平和な顔をしているのでしょうね。
んふふ、トルコの香りをありがとうございました^^


torakoさま。
『私は願う』に博士ですか?
再度確認したのですが、博士のお顔は発見出来ず・・・
クレジットに「이장훈」の名前があり、別人のようですね。
博士は「이창훈」なので。
それより!!!
リュジン氏チング、ミョンミン氏も居ましたーーー!!!
一昨日は早送りで、リュジン氏のシーンだけ見ていたので気づかず・・・
一応、共演していたのですね。
でも同じシーンではありません。
しかもミョンミン氏は二場面!
セリフもリュジン氏より長い~
さすが演劇科出身。いい難そうなセリフをサラサラ言ってます。
リュジン氏は二枚目の役。(シム・ウナさんが面食いの役なので)
機内でウナさんからチラチラ見つめられます。
クレジット順はセリフと出番が多い、ミョンミン氏の方が上でした。
ただこのドラマ、冒頭と最後に、ドラマとは関係ない悲惨な実録映像が入るのです。
それにウナさんが、TVとは思えない脱ぎっぷりで!
(下着姿で激しく踊ったり、シャワーシーンはカーテン越しですが、
何も付けないで撮影したかのようにシルエット全体が見え)
映画でもこのようなウナさんを見たことがなかったのでビックリ致しました。
そういえば『総合』のシーズン1では、チョン・ドヨンさんが
乳がんの心配をするシーンで、必要以上と思わせる露出で衝撃を受けましたよね。
当時は、あまり珍しいことではなかったのでしょうか。ビツクリした~。

  • 投稿者: Misa
  • 2009/04/22(水) 19:57:07
  • [編集]

盛り上がってます~

鍵コメさん
こんばんは!
うん!面白いです!
後半の盛り上がりはスゴイですね~
カン・ジファン氏も仕事の選びかたが上手ですね~
見事に自分に合ったキャラを演じています
脇の個性派陣がまた良いです、おじいちゃんは死んでしまって本当に残念!
和尚さまとの掛け合いが楽しみだったのに~
お声かけコマスミダ~実はすでにガンガン聞いています~
軽めの曲からラブ・バラードまで、なかなかチョアです♪
お写真、拝見しました。ドアップに驚き~!!

  • 投稿者: torako
  • 2009/04/23(木) 00:25:05
  • [編集]

おぉ!ミョンミン氏が!

Misaさん
こんばんは!
イ・チャンフンではなく、イ・ジャンフン氏ですか~
調べてみたら、全然違う俳優さんですね~ミアネ~博士!
漢字で書いたら、全く別なんでしょうけど、カナで発音を書くと、間違いやすいですね~
何と!その代わり?にミョンミン氏が?
同じドラマに同じくちょい役で出てたんですね…ということは、二人は共演していた!
でも、全く別のシーンでしょうから、共演まではいかないか…
本当に貴重な情報ありがとうございました~
かえって10年以上前の作品が「過激」なのも意外ですね
私もスペシャルでちらりと出た、ドヨンさんのシーン、ドキリとしました。
ワンド編でのスンドク看護師の乳ガン自己診断講座は、ドヨンさんのシーンを意識しているのでしょうか?
現代版は可愛かっただけでしたね~

  • 投稿者: torako
  • 2009/04/23(木) 00:40:13
  • [編集]

モ・・・

torakoさん、こんばんは

リュ・ジン氏、俳優へのきっかけは、間違ってどなたかが申し込まれたからだということですが・・
そうされなくても、こんな風に歩いていたら、もしかしたらスカウトの目に留まったかもしれませんね!
頭一つ群集の中から抜け出てる・・しかもその抜け出た姿は身長の高さだけでなく、目を引く美しさ~~!
もしかして日本でオフを過ごされていたら・・
torakoさん、この映像の中の姿を発見したように、都会の人波の中でもババッとリュジン氏を見つけちゃうのでは??^^

テレビでハングル講座、まだ第一回の途中でストップです・・(お恥ずかしい~)
こんなに物覚えが悪かったかしらとショックを受けながら、ここ数日「50音ハングル表」とにらめっこしてます。
先ほど開いたら、何とどうしたことか、シミだらけ!!!熱心からなのか、不真面目からなのか・・(後者だわ・・・)

ジファンしの『快刀・・』時代劇のコメディタッチのものかと思っていました。
タオルを握り締めて・・とは、予想外でした!今度見てみなくては!

そして、この記事の一番下のハングル三文字・・
「あぁ~何て私は」・・
「モ・・モン・・・??」・・・・・頑張ります・・

  • 投稿者: くちゅん
  • 2009/04/23(木) 01:58:08
  • [編集]

お宝だわ~

torakoさん あんにょ~ん。

なんともお宝映像ですね。
本名での活動ってあったのですね。
私はてっきりプロダクションに入ってすぐにリュジンという名になったのかと。

くちゅんさんの「間違って誰かが申し込み・・・」の話ですが、
確か当時の彼女がモデルで応募しようと思って間違って俳優で応募しちゃったという話を聞いたことがあります。
モデル→俳優の方も多いですが、
もしモデルだったらリュジンssiを知ることはなっかたかも・・・と思うと、
間違えた彼女さんに感謝です。

で、この映像ですが、すごくお若い頃のはずなのに、なんとなく洗練された印象があるのはなぜでしょう?
torakoさんのおっしゃってるヘアスタイルが原因かしら?
それにしても豪華な面々で。
チャン・ドンゴンssiがなんだかすごくかわいくて、笑っちゃいました。
ウォンビン、まだヨン様ブームになる前、好きだったな~。
深キョンとやったドラマもかぶりつきで見たのを思い出しました(笑)。

レンハルモニさんのコメみてびっくり~。
トルコは西欧系の顔立ちの方もおおいのに、モテル基準はちがうのね~。
子供のころから「よく息できるね」といわれてる私のこの鼻も人気になれるのかしら?

  • 投稿者: ちぃ
  • 2009/04/23(木) 11:58:53
  • [編集]

モンチョンイ~

くちゅんさん
おはようございます~
昨夜はブログサーバーの不具合で、なかなかつながらず…
???となっている間に寝てしまいました~

ふふふ…デビューのきっかけは、みなさんの情報から…
ミョンミン氏や、やはり同期のユン・ギウォン氏@「京ス」イ・ガングは俳優にどうしてもなりたくて、苦労して公採に通ったのに、リュジン氏は、偶然&運良く、俳優への道が舞い込んだような…。

でもおっしゃるように、こんなに目立つナムジャは放っておかれないでしょうね。
日本に来られてて、現実にお目にかかったら…
うむむ…例の「グラサン・アジョシ」だったら、引いてしまうかも知れません(泣)

チェハ@「ローズ」やスヒョン@「京ス」みたいな雰囲気だったら…
後ろから自転車でどこまでもついていきます~

TVでハングル…私はラジオ派なんですが、TVも録画だけしています
先日チラリと見てみましたが、ネイティブの方の口の動きがTVの画面で見てわかるので、最初に発音を覚えるのは、TVの方が効果的だと思いました。

最初はとっつきにくいかも知れませんが、見慣れると愛おしくなるハングル♪
一番下のハングルは
「モンチョンイ」(間抜け・アホ@イノク&ギルドンの口くせ)
ホン・ギルドンをご覧になる時によく出てきます~

  • 投稿者: torako
  • 2009/04/24(金) 07:34:26
  • [編集]

若侍が似合いそう?

ちぃさん
こんばんは!
リュジン氏、いや、イム・ユジン氏…すっきりした雰囲気で今以上に「端正端正」していますよね。
『モデル』のリュジン氏を見て、私は、若き日の加藤剛さんを思い出しました(古い!)
日本の時代劇の若侍役が似合いそうな感じです~

ドラマそのものは、ちらっとしか見ていないのですが、テーマが「モデル」なだけに、出演者がみんな妙にカッコつけていて、それはそれで楽しそうでしたよ。

デビューのきっかけが「偶然」というのもリュジン氏らしいところ。
俳優になりたくて、がんばってきた同期から見れば、「何やアイツ」と思われていたかも知れませんね。そんな中で、ミョンミン氏との友情は今まで長くつづいているのが、嬉しいです~

  • 投稿者: torako
  • 2009/04/24(金) 23:58:30
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。