スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・グァンソクとClassicな?『三銃士』

  • 2009/03/15(日) 02:17:45

土曜日の朝、自室でちょっとした仕事をしながら、韓国映画のOSTを聞いてみる。今日は映画『클래식 The Classic』(邦題:ラブストーリー)。やはり一番印象的なのは、ジュナ(チョ・スンウ)がベトナム戦争に行くために旅立つシーン、ジュヒとの別れで流れる歌。

sanjyushi_ost.jpg

김광석
キム・グァンソク
너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을
悲しすぎる愛は愛ではないのに

그대 보내고 멀리
あなたを見送って遠く
가을새와 작별하듯
秋の鳥と別れるように
그대 떠나보내고
あなたが立ち去るのを見送って
돌아와 술잔 앞에 앉으면
帰って酒杯の前に座れば
눈물 나누나
涙がともに流れる

그대 보내고 아주
あなたを見送ってとても
지는 별빛 바라볼 때
消え去る星明かりを眺める時
눈에 흘러내리는
涙が流れ落ちる
못다한 말들 그 아픈 사랑
最後まで言えなかった言葉その辛い愛
지울 수 있을까
消すことができるだろうか

어느하루 비라도 추억처럼
ある日の雨すら想い出のように
흩날리는 거리에서
舞い散る道
쓸쓸한 사람되어 고개숙이면
寂しい人になって頭を垂れれば
그대 목소리
あなたの声
너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을
悲しすぎる愛は愛ではないのに

어느 하루 바람이 젖은 어깨
ある日の風がふれた肩
스치며 지나가고
かすめながら過ぎ去って
내 지친 시간들이 창에 어리면
私の疲れきった時間が窓にうつれば
그대 미워져
あなたが憎くて
너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을
悲しすぎる愛は愛ではないのに

이제 우리 다시는 사랑으로
もう私たちは二度と愛で
세상에 오지말기
この世に来ないように
그립던 말들도 묻어버리기
懐かしかった言葉も埋めてしまおう
못다한 사랑
終えることができない愛

너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을
悲しすぎる愛は愛ではないのに
너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을
悲しすぎる愛は愛ではないのに

※テキトー訳 by torako
◆映画『クラシック』より 映像と歌はこちらへ◆

classic_01.jpg

時々このブログにも登場するアン・チファンが1966年生まれ。キム・グァンソクは1964年生まれ。ともに韓国では386世代と呼ばれる世代。この言葉ができた当時30代(現在はほとんどが40代)、80年代に大学に通い、60年代に生まれた世代。80年代後半の軍事政権からの民主化運動を中心的に闘ってきた「熱い」世代です。

以前に一度、1965年生まれの同学年の日本の歌手、尾崎豊とアン・チファンの二人を取り上げた記事を書いたことがありますが、「夭折」という点では、2歳年上だったキム・グァンソクの方が尾崎豊に近いのかも知れません。1996年1月6日、32歳で突然自ら人生に幕を引いたキム・グァンソク。アン・チファンと同じように、闘う人たちを励まし続けた彼の歌は、死後も、映画やドラマの挿入歌として愛され続けています。

映画『JSA』の挿入歌だった
이등병의 편지
二等兵の手紙
はご存じの方も多いと思います
◆映画『JSA』より 映像と歌はこちらへ◆

sanjyushi_01.jpg

そして、リュジン氏主演作『삼총사 三銃士』(2002年11月7日~2003年1月2日)で使われている(OSTにも収録)

먼지가 되어
埃になって

바하의 선율에 젖는 날이면
バッハのメロディに浸る日なら
잊었던 기억들이 피어 나네요
忘れていた記憶が甦るよ
바람에 날려간 나의 노래도
風に飛ばされた私の歌も
휘파람 소리로 돌아 오네요
口笛の音になって帰ってくるよ
내 조그만 공간 속에 추억만 쌓이고
私のささやかな居場所に想い出だけが積もって
까닥모를 눈물 만이 아른거리네
肯いても涙だけが見え隠れするよ

작은 가슴은 모두 모두와
ちっぱけな心はみんな全てと
시를 써봐도 모자란 당신
詩を書いてみても足りないのはあなた
먼지가 되어 날아가야지
埃になって飛ばなくては
바람에 날려 당신 곁으로
風で飛ばしてあなたの傍に
*repeat
※テキトー訳 by torako

◆歌はこちらへ◆

アン・チファン氏ほどキム・グァンソク氏の歌をよく聴いているわけではないんですが、アン・チファン氏の歌からは「希望」が伝わってくるのに、キム・グァンソク氏の歌からは「深い悲しみ」が伝わってくるように思えます。同じ時代に生きた二人の類い希なメッセンジャーの心の叫びを聞き比べてみてはいかがでしょうか?
…そういえば、『クラシック』が公開されたのは、『夏の香り』と同じ2003年。可憐なソン・イェジンさん…できるなら、『クラシック』のような映画で、リュジン氏と共演してもらいたかったわ~!!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

タイトル

torakoさん、こんばんは!

リュジン先生の声を聞き取ってお勉強真っ最中でしょうか?頑張ってください~!←君も見習いなさい!!

『ラブストーリー』懐かしいです~まさにあげてくださった↑駅のホームのシーン!!ジュヒが何度も「ジュナァ~、ジュナァ~」と呼ぶ声が耳に残っています。
友人に誘われていった映画だったんですが、とても良くて、また別の友人に勧めたら、見事にチョ・スンウ君のファンになったことを思い出しました。そういえば、スンウ君も少し前に兵役に就かれましたね。彼女もこんな風に心の中で叫んでいたんじゃないかな・・。
映画の原題は『クラシック』だったんですね。知りませんでした。もう一度見たい映画です。ソン・イェジンさん、可愛かったです~
『夏の香り』でも、この映画でも、前世とか、先代とか、何か魂がとり付きやすい方なのかもしれませんね~。許しちゃう。←え???

『JSA』は映画館では見てないのですが、家でナゾのシーンを繰り返し見ました。

どちらの映画も次回見るときは、torakoさんのご紹介シーンで、音楽を意識してみますね~!

で、タイトル『THE TRIO』のO.S.Tの三人の男性の写真。
まぁ!!真ん中の男性素敵~~!v-10
一体どなたかしら!?^m^ウフッ。ダレカオシエテv-238

  • 投稿者: くちゅん
  • 2009/03/15(日) 23:13:24
  • [編集]

サランハミョン ハルスロク

くちゅんさん
こんばんは!『クラシック』@『ラブストーリー』を映画館で見られたんですね。
やっぱり映画は大きな画面で見なくちゃね~
韓ドラ・映画を見はじめて日が浅い私は、公開されていた頃は何も知らず…。
今頃になって、ちょっと昔のいい映画を見つけては、少しずつ見ています。
ソン・イェジン嬢が、チョ・インソン氏と雨の中を駆けて、雨宿りした学校。昨年の秋、延世大学に行って見てきましたよ~。本当にクラシックな校舎、もう○○年若くて、仕事をしていなかったら、あんなところで何年間か勉強したいわ~とため息。
久しぶりにOSTを聞いて、キム・グァンソク氏の歌も印象的だけど、昨日から主題歌の「サランハミョン ハルスロク(愛すれば愛するほど)」が頭をグルグル回っています。
ちょうど金曜日に韓国語の先生から、「ミョン ウルスロク(~すればするほど)」の文法を習ったところだったし…。
抒情的な歌を聴きながら、でも脳裏をよぎる面影は…??そりゃあ当然、TORIOの中央のお方しかありません!だって凛々しいんですもの!

  • 投稿者: torako
  • 2009/03/16(月) 01:22:15
  • [編集]

『The Classic』0ST、久々に聴いてみました♪

torakoさん、そして、くちゅんさん、アンニョ~ン!

『The Classic』、私も懐かしいです。『夏の香り』で知ったソン・イェジン嬢の映画ということで
『永遠の片思い』と共にレンタルで見てました。ラストシーンもとても印象的で大好きな映画です。私は、イェジン嬢とチョ・インソン氏が雨の中を駆けてくシーンで流れた、『君にとって僕は、僕にとって君は』が気に入ってOSTを買ったのですが、『愛すれば愛するほど』や『悲しすぎる愛は愛ではないのに』も聞けば聞くほどに心にしみて素敵です。そういえば、見終わって暫くは、元々好きだった「パッヘルベルのカノン」が頭の中をぐるぐる廻ってたのを思い出します♪

キム・グァンソク氏のご紹介有り難うございます。アン・チファン氏については、torakoさんの過去記事を読んで興味をもって、「ネガマニル」「水に沿って私も行きながら」の入ってるCD「アン・チファン4」を購入して時々聴いています。

それから、祝!『三つ葉のクローバー』DVD発売☆ 実は私、このドラマは未だ未見で、この時を首を長くして待っていたのでめっちゃ感激です。まだ2ヶ月程先ですが、ツンデレぶりが可愛いと評判のリュ・セヒョン@リュジン氏に会えるのが今から楽しみです。そのうちに「ローズ」や「三銃士」も日の目を見る日がきて欲しいですね~☆

  • 投稿者: ユメユリ
  • 2009/03/16(月) 21:20:01
  • [編集]

今日も通勤のBGMはThe Classic

ユメユリさん
こんばんは!!!
『The Classic』言葉ではあらわしきれないのですが、何か懐かしいような抒情的な雰囲気が大好きです~。
私も、映画を見る前に、時々このブログにもいらっしゃっている韓国在住のnaneunnaさんに「너에게 난 나에게 넌(君にとって僕は、僕にとって君は)」が入ったパーソナルセレクトのCDをいただいて、この歌が大好きになりました。

その後、映画を見てからOSTを買って「사랑하면 할수록(愛すれば愛するほど)」や「너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을(悲しすぎる愛は愛ではないのに)」を聞いたんです。
時々取り出して聞きたくなる本当に素敵なOSTですよね。

アン・チファン氏は、ドラマの中でリュジン氏が歌っていたのをきっかけに、大好きになったのですが、ちょっとアクの強い、キム・グァンソク氏は今まではちょっと敬遠気味だったんです。でも、改めて聞いてみて、やっぱりいいな~と。最近のK-POPも好きなんですが、どうしても386世代、「運動圏」の歌手にシンパシィを感じてしまいます。

『三つ葉』DVD発売には、私も驚きました。韓国での評価があまり高くなかったので、まさか…と思ってたんですが、チングからのメールに思わず「おぉぉ~!」と叫んでしまいました。
ユメユリさん、未見でしたら、楽しみですね。
何を隠そう、私も最後まできちんと見ていないんです。
発売日が近くなったら、リュ・セヒョン祭り?で第1話の衝撃映像を公開しようかな?

  • 投稿者: torako
  • 2009/03/16(月) 23:49:14
  • [編集]

悲願

torokoさん今日は!
久しぶりに伺ったら新しいNewsテンコ盛りで嬉しい悲鳴笑!
三つ葉とうとうDVDなんだ!嬉しいね♪
その勢いで是非『ローズの戦争』も言って欲しいものです^^;

『三従士』いつかみたいと憧れの作品なんですが、もう制覇してるtorakoサン。流石!
出演者も皆有名所で見応えありそうですね。9回裏の彼と、ミンジョン氏のTheBlueの相方ソンジチャンだもの。これはいつか絶対見てみたいドラマの一つです。これもDVD化してくれないかなあ、、『ローズ~』と『三~』はリュジンファンの悲願ですよね!!-人-

  • 投稿者: Lime
  • 2009/03/19(木) 15:08:47
  • [編集]

旧作サプライズ!

Limeさん
こんばんは~
ミンジュン氏やスンウ氏のようにリアルネタや新作ネタがないかわりに、旧作絡みのサプライズが飛び込んできたリュジン氏。
『三つ葉』までDVDになるのなら、『ローズ』が日本放送すらされていないことが、納得できないですね~!!!
『総合病院2』の翻訳がまだ少し残っているので、それが終わったら、本格的に「ローズ・プロジェクト」を再開しなくては…と思っています。
『三銃士』は例の中国語圏サイトで見ただけで、制覇はまだまだですよ~
リュジン氏の髪の毛の長さ具合や雰囲気はいいですよね。
でも、リュジン・フォーエバーに来ているファンの感想を読んでいると、政治ドラマ系の内容とリュジン氏の演技がいまいちかみ合っていなかった…みたいな意見もありました。
9回裏の彼も、そこそこ人気のようなので、彼を中央に「バーン」と押し出しても、日本放送→DVD化してほしいですね。
Limeさんとリアル視聴で盛り上がれる次回作を早く決めてほしいです~

  • 投稿者: torako
  • 2009/03/20(金) 00:44:29
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。