スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チンダルレコ つつじの花 その2

  • 2007/10/01(月) 00:00:00

昨日の続きです…いつの間にか季節は神無月。では、「チンダルレコ つつじの花 その2」をどうぞ…。

pirusun_yujin_4.jpg

役どころとしては、傲慢なプレーボーイのユン・ジェウン室長。でも、このシーンでは、なぜかシャイで儚げに見えます…。

リュジン氏が唄う「つつじの花」は金素月(キムソウォル・1902~1934)が20歳の時、1922年に発表、今も韓国の人々に愛唱されている大変有名な詩です。
「寧邊(ヨンビョン)」は平安北道の北部、現在は北朝鮮に属している地域で、現在はこの附近に、核開発施設が集中しているそうです。
金素月は平安北道の出身、彼の生きていた時代には「寧邊」の「藥山」は岩つつじの名所だったそうです。現在の薬山につつじの花は咲いているのでしょうか…。

pirusun_yujin_5.jpg

実は、「熱唱」している間に、スニョン@チェリム嬢に先に帰られてしまったのですが…


四聯の短い詩の中で、愛する人から離別を告げられた主人公が、「あなた」の行く道に「つつじの花」を撒き、そのつつじの花を「そっと踏みしめてお行きなさい…」という行動に象徴される、葛藤、諦念、未練、悔恨、単純な恋慕ではなく、まさしく「恨(ハン)」の感情が見事に読み込まれています。

このような複雑な感情が読み込まれている詩だからこそ、詩の持つリズムと、その重層的な内容を日本語に置き換えるのは、大変難しいことのようです。

名著『朝鮮詩集』(岩波文庫)を著した金素雲(1908~1981)は、1943年に興風館から出版された『朝鮮詩集』ではこの金素月の詩を「岩つゝじ」として掲載していますが、10年後の1953年に創元社から出版された『朝鮮詩集』では削除しています。

『金素雲「朝鮮詩集」の世界 祖国喪失者の詩心 』(中公新書)で林容澤氏は、削除された理由を「金素雲自身も「岩つゝじ」を、いわば失敗作と受け止めていたと察せられる」と述べています。つまり、金素月の原詩(韓国語)で表現されている「恨」の感情を、日本語で表現し、伝えることの困難さが、削除の理由だったのではないかと推測しているのです。

卓越した美しい日本語を駆使する金素雲が一旦は訳した「岩つゝじ」を先に紹介します。


岩つゝじ
金素雲訳

どうで別れの
日が来たら
なんにもいはずと 送りましょ。

寧辺薬山
岩つゝじ
摘んで お道に敷きませう。

歩み歩みに
そのつゝじ
そつと踏まえて お行きなさい

どうで別れの
日が来たら
死んでも涙は見せませぬ。

kyounsu_tutuji_ryujin_1.jpg

金素雲が苦労した「つつじの花」の日本語訳。今回は金素雲・金思・姜晶中・林容澤各氏の訳を参考にtorakoバージョンで原詩と併記して紹介します。



진달래꽃 つつじの花
김소월 金素月

나 보기가 역겨워
私が嫌で
가실 때에는
行くのなら
말 없이 고이 보내드리우리다
黙って静かに 送りましょう

영변에약산
寧邊の藥山
진달래꽃
つつじの花
아름 따다 가실 길에 뿌리우리다
ひと抱え摘んで 行く道に撒きましょう

가시는 걸음걸음
行かれる歩みごとに
놓인 그 꽃을
置かれたその花を
사뿐히 즈려밝고 가시옵소서
そっと踏みしめ お行きなさい

나 보기가 역겨워
私が嫌で
가실 때에는
行くのなら
죽어도 아니 눈물 흘리우리다
死んでも涙は 流しません

kyonsu_tutuji_ryujin_2.jpg

しかし、実は、リュジン氏が唄った「つつじの花」は金素月の詩をそのまま唄っているのではありません。女性ロックシンガー「マヤ」が2003年のデビューアルバム『Born to Do it』で素月の詩を引用した「つつじの花」を歌い注目されましたが、リュジン氏が唄ったのは、この歌のようです。彼女の歌の歌詞は、素月の詩を軸にしていますが、別の女性のもとに去っていく恋人に対する哀切な思い、愛の絶唱の色彩が強く打ち出されています。
「マヤ」バージョンで加えられた歌詞を青字で表示しています(翻訳はtorakoなので、間違っているかも…)が、どう感じられますか?


진달래꽃 つつじの花
마야 マヤ
(2003『Born to Do it』より)


나 보기가 역겨워
가실 때에는
말 없이 고이 보내드리우리다

나 보기가 역겨워
가실 때에는
죽어도 아니 눈물 흘리우리다


날 떠나 행복한지
私から去って 幸せですか
이젠 그대아닌지
今はもう あなたではないのでしょうか

그댈 바라보며 살아온 내가
あなたを見つめて生きてきた私が
그녀 뒤에 가렸는지
彼女の後ろに 遮られてしまうのでしょうか
사랑 그 아픔이 너무 커
愛 その痛みがあまりにも大きくて
숨을 쉴 수가 없어
息をすることができません
그대 행복하게 빌어줄께요
あなたの幸せを祈ります
내 영혼으로 빌어줄께요
私の魂で祈ります


*나 보기가 역겨워
가실 때에는
말 없이 고이 보내드리우리다

영변에약산
진달래꽃
아름 따다 가실 길에 뿌리우리다

가시는 걸음걸음
놓인 그 꽃을
사뿐히 즈려밝고 가시옵소서

**나 보기가 역겨워
가실 때에는
죽어도 아니 눈물 흘리우리다


내가 떠나 바람되어 그대를 맴돌아도
私が死んで風になり あなたのまわりを彷徨っても
그댄 그녈 사랑하겠지
あなたは彼女を愛するのでしょう


*repeat
** repeat

 

「つつじの花」マヤ編
*repeat以降のパート
曲の全体はこちらのサイトで聞けます


「恨」の感情、日本人である私にとって、深いところまで理解するのは難しいかも知れません。しかし、「つつじの花」で表現された複雑な「恨」の感情は、言葉の壁を越えて、私の心を揺らすことは確かです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

熱傷、もとい熱唱リュジン氏

torako様、偶然マヤさんの歌を聴いて「これがリュジン氏の愛唱歌か」と思ったものです。
私の本籍地の町の花(今は合併したので未定とか)が「つつじ」なので感慨深くて。って、こじつけか・・・
日本の「もののあはれ」とポルトガルの「サウダーデ」と韓国の「恨」を比較した文章を読んだことがありますが、確かに奥の深い「感情」ですね。

  • 投稿者: 御所
  • 2007/10/01(月) 12:19:01
  • [編集]

遠隔 読心術?

御所さま
こんばんわ~

「つつじの花」シリーズ、いかがでしたか?昨日御所さまのところで、『朝鮮詩集』の話題が出ていてドキッとしました。ソンジュじゃないけれど、遠隔「読心術」かしら…。

リュジン氏は、類稀なる「安心感」のない俳優さんだと思います。いつどんな目に合うか、常にドキドキしながら見守って、ちょっとでも「異変」があるとトラウマで大騒ぎしてしまいます。「京ス」11話で首長「つるべ落とし」の時の時の廃人同盟@リュジン支部の反応がいい例ですよね~。好感度の高いお方は数多あれど、不安にさせられる方はめったにいらっしゃいませんから。

  • 投稿者: torako
  • 2007/10/01(月) 18:18:10
  • [編集]

ファンミ

torakoさん今日は!
今頃移動中でしょうか?実は先日ソウルでの意外な所で耳にしました。それで記事を書く際この記事をリンクしたいのですが、宜しいでしょうか?やはりアンチファンのこの曲は皆好きなんですね。ある意味カラオケなんかの定番ソングなんでしょうね。

今日のオンマさあ、ウルトラマンか!?Qか!?或いは滅多に出ない出ずっぱりか!?Qでない事を祈って今晩何とか留守を守ってみマース!ってアンマリ頼りにならないか笑、、^^;

  • 投稿者: Lime
  • 2008/06/14(土) 15:02:45
  • [編集]

ソウルのつつじの花~

Limeさん
地震ケンチャナ~?
まだ余震が続いているのでしょうか?土砂崩れの現場の映像もやっていましたが、大変な被害ですね。私もお出かけから、やっとこさ帰ってきました~
スンウ氏のファンミ、さすが10周年~Limeさんの記事を読んで、ファンとスンウ氏の絆の強さがひしひしと伝わってきました。あんな雰囲気のファンクラブって素敵ですね~
ソウルで「つつじの花」聞かれたのですか?
マヤさんの歌は力強くって、以前見たMVもメッセージ性のある内容でした。
リンク、もちろんOKですよ~。
久しぶりにこの記事に来て、「オー必勝」のジェウン室長、「素敵…」なんて、見とれていました。(自己満足…)

  • 投稿者: torako
  • 2008/06/15(日) 09:26:47
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。