スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「総合病院2」レジデント・ヒョヌ応援日記 第11話(後編)

  • 2008/12/29(月) 23:30:07

종합병원2 제11회
『総合病院2』 第11回(後編)

いかにも怪しげな組織アジョシたちが運転するワゴン車に押し込められ、連れ去られたジンサンとハユン姐さん。そんなことも知らず、私は講堂で제1회 의료관광 협력 세미나(第1回医療観光協力セミナー)の開会を待っていた。しかし…ジンサンの姿がない…ヨンハン先輩が目配せをする。

hospital_ep11_40.jpg
최진상이 어딨는지 알아
チェ・ジンサンはどこかわかるか?
모릅니다
知りません
빨리 좀 찾아봐
早く捜してみろ!

hospital_ep11_41.jpg

電話をしても、つながらない…。そういえば、セミナーが始まる前に、ジンサンが深刻な顔でどこかに電話をしていた。嫌な予感がした…引きつった顔のヨンハン先輩がやってくる。

hospital_ep11_42.jpg
안 받아
出ないのか?

はい…
전화가 꺼져있습니다.
電話がつながりません
꺼졌어
つながらない?

ジンサンとハユン姐さんを乗せたワゴン車は、山奥のペンションに到着していた。玄関から出てきた渋~い、アジョシは…

hospital_ep11_43.jpg
조봉기
チョ・ボンギだ!

ボンギは渋く目礼して…
自分から訪ねることができなかった非礼を詫びる…

hospital_ep11_44.jpg
セミナーの発表と毒蛇教授が気になるジンサンは…
ボンギを呼び止めて
저기요
ちょっと…
난..아무 상관도 없습니다
私は何の関係もないんです
제발 좀 보내 주십시오
頼むから送ってください

ハユン姐さんも、自分は望んで来たけれど、ジンサンは巻き込まれただけだと説明する。ボンギは部下に目配せをして、ジンサンを返すように指示をしたが…。ジンサンに近づいてきたボンギの手下は!!!

めっちゃ凶悪そうで二人きりになるの嫌だし~
ハユン姐さんは帰らないというし~
今から帰っても、セミナー発表間に合わないし~

あきらめたジンサンは…
핸드폰이나 좀 쓰게 해 주시죠
携帯電話をちょっと使わせてください

hospital_ep11_45.jpg

セミナーは中盤、毒蛇教授が事例発表をしている。外国人の医療観光の事例だ。外国人は24時間以内に全ての検査を終えて、英文の結果判定書を受けることができるという…。

hospital_ep11_46.jpg
その時、携帯にメール着信、ジンサンからだ!
현우야, 나 어디 좀 와있어
ヒョヌ、俺はどこかにちょっと来ている
설명은 나중에 할게
説明は後でするから
내메일 열면 발표 자료가 있으니까
メールを開けば発表資料があるから
니가 어떻게 좀 해줄래
お前がどうにかちょっとやってくれるか?

hospital_ep11_47.jpg
ゑゑゑっ!

hospital_ep11_48.jpg
무슨 급한 사정이 있는 모양입니다
何か急な用事があるようです

무슨 사정
何の事情だ?

와서 직접 설명하겠답니다
来てから直接説明すると言っています

hospital_ep11_49.jpg
「この野郎…手足を縛っておけば良かった…」
と怒るヨンハン先輩…
それよりも症例発表が問題だ

제가 대신 해보겠습니다
私が代わりにやってみます

hospital_ep11_50.jpg
위암요
胃ガン?

映像医学科の教授も胃ガンと判読しており、一日も早い精密検査が必要なことを説明するハユン。ガンならもう助からないのではないか、というボンギ。ハユンは「他の臓器に転移がなければ、十分希望がある」とボンギを励ます。しかし、ボンギはかぶりを振った…
난 지금
私は今…
누명을 쓰고 쫒기고 있습니다
濡れ衣を着せられて逃げています
지금 병원에 가서 잡히면
今病院へ行って捕まれば
누명을 벗을 방법도 막막하고 어쩌면
濡れ衣が晴れる方法も見つからずにどうすれば…
평생을 감옥에서 보내야 할지도 모릅니다
一生を監獄で過ごさなければならないかも知れないんです

hospital_ep11_51.jpg
무슨 죈데
何の罪ですか?

살인혐의예요
殺人容疑です

hospital_ep11_52.jpg

遂に症例発表。この程度は秀才の私には「ちょちょいのちょい」だ!ジンサンが用意したコメントをもっと賢そうに報告する私。そんな私を見ていたギテ教授と毒蛇教授。

hospital_ep11_53.jpg
저 친구가 누구 파트야
あいつは誰のパートだ?
제 파트입니다
私のパートです

괜찮군
なかなかいいね

ははは…毒蛇教授に褒められても…
「パート」って何よ!
私はギテ教授のモノじゃないわ…
はぁ~私のこの大きな体は…
ハユン姐さんに
捧げようと思ってるのに…

hospital_ep11_54.jpg

引き続きボンギのペンション。濡れ衣は後で争うことはできるが、ガンは時期を逃せば永久に取り返しがつかないと説得するハユン姐さん。

내가 약속할께요
私が約束しますよ
조봉기씨가
チョ・ボンギさんが
검사를 받는 동안
検査を受ける間
모든 신원은 비밀로 하겠어요
全ての身元は秘密にします

hospital_ep11_55.jpg
セミナーは無事終わったが、毒蛇教授の怒が炸裂した!
ヨンハン先輩とヨンボムにスネ蹴り二連発!
말이 돼
言うことがあるか?
발표를 앞두고 사라지다니
発表を目の前にして消えるだと!
이게 무슨 개망신이야
これはなんたる赤っ恥だ!

hospital_ep11_56.jpg
すぐに捕まえて来いという毒蛇教授
ヨンハン先輩は私を問いつめる。
무슨 일인지 짐작 가는거라도 없어
どんな事なのか見当がつかないのか?

hospital_ep11_57.jpg

ナースステーションで様子を見ていたスンドク看護師が、出勤途中にジンサンとハユンが出かけるのを見たという。どこかに遊びに行くという雰囲気ではなく、怪しげなアジョシの車に乗っていく様子が少し変だった…。

ゑ?
ハユン姐さんも?

私は少し裏返った声で叫ぶ
납치된거예요
拉致されたんですか?

hospital_ep11_58.jpg

ただならぬ私の態度を見たヨンハン先輩。医局に私を連れて行って事情を聞く。その場に居合わせたテヒョクとヨンボム…修練部長のドフン教授に知らせなくては…

백현우..따라와
ペク・ヒョヌ…ついて来い!

hospital_ep11_59.jpg
その頃…ドフン教授とヘス教授は仲良くお茶を飲みながら
めくるめく?二人の世界に浸っていた…
정하윤인 어때
チョン・ハユン先生、どうなのよ?

何?
선배가..정선생한테
先輩が…チョン先生に
자꾸 관심두면 나
しきりに関心を持つから私…
그 친구 괴롭히고 싶은거 알아요
あの子をいじめたくなるのわかる?

特別な意味はないと言って笑うドフン教授。笑って済む事じゃない、先輩みたいに女心がわからないナムジャは世の中に二人といない…だから、たまに의심(疑心)がおこる…と、大姐さん攻撃!

hospital_ep11_60.jpg
의심
疑心?

사랑도 모르는 남자가
愛もわからない男が
어떻게 환자 맘은 안다고 할 수 있나?
何で患者の心を理解することができるの?
환자 맘 헤아린다고 하는거
患者の心を推しはかるということが
다 위선 아닌가
全て偽善じゃないの?

hospital_ep11_61.jpg
내가 정말 사랑을 모르는거 같아
私が本当に愛をわからないように見える?

알면
わかるなら
왜 그러구 살아요
どうしてそんなふうに生きてるの?

사랑이 무서워서
愛が恐ろしくて

(ヘス大姐さんが恐ろしくて…)

병이다
病気だわ
불치병
不治の病
문젠
問題は
그 병 고칠려고
その病を治そうと
애쓰지도 않고 그냥 세월만 보낸다는거지
努力すらせずにそのまま歳月だけ過ごしていることね…

あぁ~大人の会話…
でも14年間の怨念が籠もっているだけに
深~い!怖~い!

hospital_ep11_62.jpg

そんな二人の世界に水を差すように、私とヨンハン先輩が部屋に入る
大姐さん攻撃から逃れて上機嫌のドフン教授。「どうした?セミナー発表はどうして、ペク・ヒョヌ先生が替わったの?」とたずねる。

진상이하고 정하윤선생
ジンサンとチョン・ハユン先生…
지난번에 응급실에 왔던 그 조폭들한테
先日応急室に来た例の組織暴力団たちに
잡혀 있는거 같습니다
捕まっているようです

hospital_ep11_64.jpg
ゑ~っと驚くドフン教授とヘス教授
그때 응급실에서
その時応急室で
그 환자가 사라지고 난후에 나온 CT 소견 으론
その患者が消えた後で出たCT所見によれば
위암이 의심되는 상황이였습니다
胃ガンが疑われる状況でした

그걸 알려 줄려고
それをしらせてあげようと
계속 연락을 했는데 오늘
ずっと連絡をしてたんですが、今日…
그 환자하고 만난거 같습니다
その患者と会ったようです

hospital_ep11_65.jpg

ボンギとの話を終えて、再びワゴン車に乗り込んだジンサンとハユン姐さん。強面アジョシから携帯電話を返してもらったが…このままでは、毒蛇教授に殺されることは確実だ…。
ジンサンの行方不明はウンジにも知られ、外科の医局ではレジデントが全員集合して、ジンサンからの連絡を待っていた…。

hospital_ep11_66.jpg
私の携帯が鳴った!

진상입니다!!
ジンサンです!
너..어디야
お前…どこなんだ?

세미나 어떻게 됐어
セミナーはどうなった?
지금 세미나가 문제야
今セミナーが問題か!
어디냐니까
どこなんだよ?

hospital_ep11_67.jpg
나 돌아가면 죽는거냐
俺、帰ったら死ぬのか?
세미나는 잘 끝냈으니까 걱정마
セミナーは無事終わったから心配するな
정하윤선생 같이 있어
チョン・ハユン先生は一緒か?

うん

hospital_ep11_68.jpg
어디 다친 데 없어요
どこか怪我はないですか?
정말 괜찮은거예요
本当に大丈夫なんですか?

hospital_ep11_69.jpg

はい…
걱정시켜서 미안해요
心配かけてごめんなさい

다들 기다리고 있으니까
みんな待ってるから
병원으로 바로 와요
病院にすぐ来てください


はい
기다릴께요
待ってますよ

hospital_ep11_70.jpg

帰ってきたジンサンとハユン姐は、「連絡なしに何てことするんだ!」とドフン教授に雷を落とされた。患者には全て話をした…けれど…。

두사람은 할 만큼 한거니까
二人はやるだけのことはやったんだから…
치료를 받고 안받고는 이제 그 환자 몫이야
治療を受ける受けないはその患者の判断だ
그러니까
だから
더 이상 신경쓰지 말고
これ以上気にやまずに
잊어
忘れなさい
さすが!ドフン教授…
ジンサンはついでに毒蛇教授への取りなしも頼んだ…

hospital_ep11_71.jpg

ナースステーションでは、ヨンボムがスンドク看護師にビッグな熊のぬいぐるみのクリスマス・プレゼント!通りがかった内科のウンジは「ヨンボムとお似合いね~」とスンドクをからかった。あぁ~ここでもヨジャの怨念は怖い~。今のところ無縁なのは、私だけ…。一番イケメン?なのに、ウェ~????

hospital_ep11_72.jpg

懲りないジンサンは暴力団のアジトでの武勇団をインターン相手に語っている。ソウル郊外、連れ込まれた山の中のペンション…現れたボスは…

영화 약속
映画『約束』の
박신양같이 폼나더라구
パク・シニャンのように格好良かった

※『約束』(1998年)
やくざのボスと女医のラブストーリー。パク・シニャンは、聡明で気の強いレジデント、ヒジュ(チョン・ドヨン)と出会って愛し合い、平凡な幸せを夢見ながらも抗争に巻き込まれる組織のボス、サンドゥを演じる。→名作らしいです~。

hospital_ep11_73.jpg
그 사람이 박신양이면
その人がパク・シニャンなら
정하윤선생이 전도연이냐
チョン・ハユン先生はチョン・ドヨンなの?

그 비슷한 분위기지
似たような雰囲気だ
그 두목을 딱 보자마자
そのボスを見るやいなや
내가 한마디 던졌지
私がひと言なげかけた~

hospital_ep11_74.jpg
ちょっと~私は関係ないから
頼むから送ってください~

ジンサンの泣き真似をするハユン姐さん
呆れ顔で帰っていくインターンたち…
連絡はないの?とジンサンに聞くハユン姐さん
もしかして…組織アジョシに
チョン・ドヨンみたいに…
惚れたんですかぃ?

hospital_ep11_75.jpg

その日の夜、ハユン姐さんはERでの最後の勤務を終えた(早っ)ジョンフンともすっかり仲良くなって、いい雰囲気だ。(またライバルが増えた?)「コンパの時は呼んでね~」と笑うハユン姐。その時…ERの入り口に現れたのは…

hospital_ep11_76.jpg
パク・シニャン@チョ・ボンギだった
정밀 검사를 받겠습니다
精密検査を受けます

ハユンがボンギを応急隔離室に案内する
その姿を…怪しげな男が見ていた…

hospital_ep11_77.jpg
内視鏡検査の最中、ドヤドヤと刑事たちが病院にやってきた
ハユンに疑いの眼差しを向けるボンギ
이 사람
この人は
살인사건 용의잡니다
殺人事件の容疑者です

逮捕、拘束するという刑事たち。ハユン姐さんは必死で説得する。検査をして、ガンの転移がないか調べないといけない。ドフンやヘス教授も刑事に説明している。刑事たちの監視下でCT検査がおこなわれた…。見守るハユン姐…私は、全く出番がない…。あぁ~ライバルはパク・シニャン…オットケ~

hospital_ep11_78.jpg

教授会では、殺人容疑者の入院の件が話し合われている。ボンギは有力な容疑者らしい…。検査の結果転移はなく、手術が可能だというギテ教授…しかし、ギテ教授は多忙を理由にボンギの手術ができないという…ゑゑっ、教授が手術しないと、私の出番もない?~すかさずドフン教授が執刀を申し出る。

hospital_ep11_79.jpg

医局にも、ボンギの話題でもちきりだ。ドフン教授が執刀を引き受けたことも伝えられた。内科や麻酔科の医師たちとも打ち合わせを終え、あとは手術日を決めるだけ…。

hospital_ep11_80.jpg
ドフン教授とハユン姐さんは、ボンギの病室を訪れる
入口には強面の刑事たち。
검사 결과가 나왔습니다
検査結果がでました
예상했던 대로 위암이 맞습니다
予想したとおり胃ガンでした
다행히 전이는 없으니
幸いにも転移がないので
이제 수술 받으시면 됩니다
今手術を受けられればいいでしょう

警察に連絡したのは自分たちではないと説明するハユン…ボンギはわかっていた、タレこんだのは相手方の組織…。手術の説明をしようとするハユン…しかしボンギは…

됐습니다
結構です
수술을 받지 않겠어요
手術は受けません

hospital_ep11_81.jpg
病室を出て行こうとするボンギにドフン教授が叫ぶ
지금 조봉기씬 제 환잡니다
今、チョ・ボンギさんは私の患者だ
입퇴원은 제 동의가 있어야 합니다
入退院は私の同意がなければできません

hospital_ep11_82.jpg
누구 맘대로 당신 환자야
誰がお前の患者だ!

ハユン姐さん…
惚れちゃいけませんよ~
パク・シニャン、いや
チョ・ボンギに~

(出番がないので、舞台裏からの叫び~)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。