スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「総合病院2」レジデント・ヒョヌ応援日記 第10話(後編)

  • 2008/12/27(土) 15:36:59

종합병원2 제10회
『総合病院2』 第10回(後編)

ハユン姐さん大ピンチ!
よぉっしゃあ~やったるでぇ~
と医局を飛び出して、警察署の前でハユン姐を待つ
寒~い!!!

hospital_ep10_50.jpg
姐さんは弁護士だから、慣れてるんだろうけど
コトがコトだけに疲れがたまって
아줌마
になっちゃってるかも知れないし…。
今日はどんな
아저씨技で
姐さんを励まそうか…

hospital_ep10_51.jpg
おぉぉっ姐さんが玄関から出てきた!
おぉぉ~い、ハユン姐さん
여기있어~!
(声にならない叫び)

hospital_ep10_52.jpg
ゑ!
警察の玄関前にすべるように入ってきた一台の乗用車
ハユン姐さんは笑顔で助手席に乗り込んだ

hospital_ep10_53.jpg
運転しているのは
진짜 아저씨
本物のアジョシ
キム・ドフン教授だった!

hospital_ep10_54.jpg
あ…姐さん…
去っていく車を見つめる私
私の頬に「フッ」と浮かんだかすかな微笑みに
気がついていただけましたか?
いったい私は何を期待してるんだろう…
私と姐さんの関係は、しょせん姐と舎弟…

hospital_ep10_55.jpg
「取り調べを受ける側」は初めてで、いい経験をしたというハユン姐
病院に帰ろうとするドフン教授に
저 술 한잔 사주시겠어요
あの…お酒一杯おごってください

hospital_ep10_56.jpg

さすが、진짜 아저씨…やってきたのはオサレなワインバー。ハユンは胸のうちをドフンに告白する。「もしかして…患者は自殺だったのかも知れない」明確な根拠はないが、患者の様子を見守る中で、そう感じた…と語るハユン姐。ドフン教授は…

우린…
われわれは…
그 환자가 자살을 기도했을거라는…
その患者が自殺を企てたにせよ…
어떤 의학적인 물증 도
いかなる医学的な物証も
확인하지 못했잖아?
確認することができなかったんじゃないの?

hospital_ep10_57.jpg

私は…
정선생으로선
チョン先生としては
그게 최선의 선택이었다고 봐
それが最善の選択だったと思うよ
법과 양심의 범위안에서
法と良心の範囲の中で
의학적인 근거로만 환자를 판단한다는 거 말야
医学的な根拠だけで患者を判断するということだ

그러니까
だから…
너무 괴로워 하지마
あまり苦しむな

hospital_ep10_58.jpg

さすが、진짜 아저씨…言うことが違う!ドフン教授の言葉にハユンの心はふっと軽くなる…でも、患者が自殺だったのかどうか、法と良心の問題よりもハユンを苦しめている思いがあった…それは…医師としての思いだ。

내가 빨리 뭔가를 알아냈으면
私が早く何かをわかっていたら…
살아야 한다고
助けることができた
원인을 알면 살수 있다고 그 환자를 잘 설득했으면
原因がわかれば助けることができると患者を説得していたら
아니 혹시
いいえ、もし
내가 아닌
私ではない
다른 의사였다면
他の医師だったら
그 사람을 구할 수 있었을까
その人を救うことができたでしょうか

弁護士としての発想を抜け出して、次第に医師としての感情を抱くようになったハユンの様子に、ドフン教授は嬉しそうに微笑みながらワインを傾けている…しか~し、そんなドフン教授とハユン姐さんを…

hospital_ep10_59.jpg
ERのヘス教授が見ていた~
しかも後輩のソイ医師と一緒~

思いっきり動揺するヘス…
ふと思うに、ヘス教授の「片思い」って
いつから続いているのだろうか…
もしかして14年前?

hospital_ep10_60.jpg
私がハユン姐さんに片思いしたら
思いがかなうのは…
また14年後?
14年後って私…50歳なんですが
(アジョシの秘法でも42歳)
ねっ姐さん!!!

hospital_ep10_61.jpg

翌日の朝、医局にレジデントたちが集まっている。いつものようにヨンハン先輩がメンチを切りながら入ってきて、明日開かれるセミナーの準備状況をレジデントたちにたずねる。セミナー当日は外来診療や手術を行わないため…もしかして…1年365日働きずめのレジデントたちの顔が期待でふくらむ…。

세미나 준비 완벽하게 해내는 사람만
セミナー準備を完璧にこなした者だけ
오프다
オフだ!

hospital_ep10_62.jpg

俄然やる気マンマンになるレジデントたち。ヨンハン先輩が資料を持って、黒ギラ顔のギテ教授の研究室に報告に行く。資料に目を通したギテ教授は…。

hospital_ep10_63.jpg
이거 밖에 못해
これだけしかできないのか!
쓸만한 게 하나도 없잖아
使うに値するものが一つもない
대체 어떻게 준비를 시킨거야
一体どんな準備をさせたんだ!


ギテ教授の大迫力黒ギラ攻撃!
ヨンハン先輩ダメージ!

hospital_ep10_64.jpg
思いっきり怒られたヨンハン先輩
むかつきながら、医局に戻る途中…
ぶつかった…
その人物は?

hospital_ep10_65.jpg
당장 집합해!
今すぐ集合しろ!

(屋上は寒いので)医局裏の廊下にレジデントたちが整列させられている。ヨンハン先輩はちょっと反抗的な3年目のテヒョクにまずヤキを入れる。そして、次のターゲットはジンサンだ!

넌 자식아
てめえ…
예과학생들 레포트도 너 보단 낫겠다!
予科学生のレポートでもお前のよりはましだ!

hospital_ep10_66.jpg
ジンサンに蹴りを入れる、ヨンハン先輩の背後に
その男は突然あらわれた
어떻게 여긴 변한 게 하나도 없군
なんと、ここには変化が一つもないね

hospital_ep10_67.jpg
彼の名は…
독사
毒蛇
박재훈
パク・ジェフン

「14年前」からやって来た『風の国@イルグク』を倒す男…

hospital_ep10_68.jpg

毒蛇先生は、何と外科の新任教授だった!副院長やオギョモ科長が笑顔で握手。そこに入ってきたドフン教授…。毒蛇先生の顔を見た瞬間、14年前の悪夢がよみがえった~。思わず、目が泳いでしまうドフン教授。何も知らないギテ教授は、最近一部で大人気の黒ギラ顔で挨拶をする。

hospital_ep10_69.jpg

ドフン教授を震え上がらせた毒蛇先生、次はナースステーションに現れた!毒蛇先生の姿を見たベテラン看護師のサンミの表情が凍りつく!なぜか毒蛇先生はひと言も語らずに深々と頭を下げた…。

hospital_ep10_70.jpg
また遠い目~

毒蛇先生の来襲に思わず「遠い目」になるドフン教授。そこへERのヘス教授が寄ってくる。過去を知っているヘスのツッコミに笑顔で答えるドフン教授。しかし…どうやらヘスは何か頼みがあるらしい。

우리 응급의학과 티오에 문제가 좀 있어서
私たち応急医学科T.Oにちょっと問題があって
외과에서 파견 좀 받아야 되요
外科から派遣を受けたいのよ

누굴 보낼까?
誰を送る?
정하윤선생요
チョン・ハユン先生よ

hospital_ep10_71.jpg

医局ではヨンボムが毒蛇伝説を見てきたかのように語っている。毒蛇先生に比べれば、ヨンハンチーフは…???ヨンハン先輩からERに派遣されるレジデントの名前が発表された。外科よりもERの方が楽しそうだ~♪皆期待に胸を膨らませて聞いている。
派遣されるのは…

정하윤선생
チョン・ハユン先生!

hospital_ep10_72.jpg
ゑ!
ハユン姐が外科を出たら…
私は…舎弟の私は…
どうなるの?
(出番が減るの…?)

hospital_ep10_73.jpg

応急医学科の医局を訪ねたハユン姐さん、そこにはヘス教授と、第8話でハユン姐にヒドイ目に遭わされた、ジョンフンがいた。ERの診療着は、外科のような爽やかブルーではなくて、ヘス教授の趣味で派手目の紫だ!ヘス大姐さんの仲介で手打ちをするジョンフンとハユン…「がんばります!」を笑顔で答える姐さん…。

hospital_ep10_74.jpg

その夜から早速、ER詰めとなった姐さんが、ベッドを見回っている。しばらくして、目つきの鋭い黒服の二人連れが入ってきた。(何で勝手に入って来れるんだよ~)よく見ると男のシャツは血で染まっている…。驚いて駆け寄るハユン姐。手首から怪しげな入れ墨をのぞかせた男はドスのきいた声でささやく

조용히 좀 처리해주십시오
静かに処理してください
부탁합니다
お願いします

hospital_ep10_75.jpg
応急隔離室で男の傷の治療が始まった。腹部の刺し傷
幸い出血はほぼ止まり、血圧も安定している
단순 복부 좌상 같습니다
単純腹部刺傷のようですね
일단
一応
응급 CBC・BC나가고...
応急Complete Blood cell Count(一般血液検査)
Blood Chemistry(血液化学検査)に出して…
체스트 피에이 하고..
chest PA(胸部X線検査)と…
어브도멘 도 찍어요
abdomen(腹部)も撮ります

ハユンはジンサンに検査の手伝いを頼もうと携帯を探したが、見つからない。仕方がないので枕元にあった男の携帯を使って連絡を取った。

hospital_ep10_76.jpg

CT検査室にジンサンがやって来る。いかにも怪しげな男の様子を見て、ハユンに尋ねる。刃物による腹部刺傷…もしかして…この男は…

조직아저씨
組織アジョシ?

またもや新種のアジョシの登場だ!ますます影が薄くなる私…このままフェード・アウトなんでしょうか~?

hospital_ep10_77.jpg

応急医学科のステーションで、ハユンとジンサンが検査結果を見ている。刺傷の状態は洗滌して筋膜と皮膚を縫合すれば大丈夫だ~しかし…

여기 말야
ここなんだけど
좀 이상하지 않아
ちょっと変じゃない?

胃壁の影がおかしい…
縫合をすませた後で映像医学科と相談することにする

hospital_ep10_78.jpg

その頃…病院の夜間出入り口に怪しげな男たちが集っていた~♪黒服軍団は、まさに大量の조직아저씨たち…。アジョシ軍団は保安要員の制止を振り切って、院内に押し入る。刺し傷の男を追ってきた対立組織か?院内放送が急を告げる…。

코드 그레이
CODE GREY(攻撃的危険人物統制)

ERになだれ込む組織アジョシ軍団~ERのジョンフンが制止するが、あっけなく蹴散らされる。ジンサンは呆然と見てるだけだ。

조봉기 환자..어딨습니까?
チョ・ボンギはどこだぁ?

hospital_ep10_79.jpg
そこに、組織アジョシ患者チョ・ボンギの傷の縫合を終えた
ハユン姐があらわれた~
양아치들도 아니고
ヤンアチ(チンピラ)でもないのに
무슨 짓들 입니까!
何してるんですか!

怒鳴るハユン姐

hospital_ep10_80.jpg
아가씬 뭐야?
お嬢さん何か?

ゑっ?
아가씨

アガシ(お嬢さん)ぃぃぃぃっ!!!
ヒョンニム、目が悪いんですかぃ?

hospital_ep10_81.jpg

「アガシ」と言われ、気を良くした?ハユン姐さん、男たちに向かって啖呵を切りはじめた「このCCTVが何だかわかってるの?あんたたちの行動を全て記録してるんだよぉ~」関係する法律を次々並べて「10年臭い飯を喰らうようにしたろ~か!」冗談やないで~とハユン姐さん。「今すぐ最高検察庁に電話したるわ…」と携帯を取り出した!

백현우 부장검사님
ペク・ヒョヌ部長検事さん?
..
あの…
중수부에 있던 정하윤인데요
中央捜査部にいたチョン・ハユンです
지금 통화가능하신가요
今お電話よろしいですか?
悔しそうに引き上げを指示するボス
組織アジョシ軍団はERから出て行った…

hospital_ep10_82.jpg
電話をもらった私は…
?????
부장…검사
部長…検事?はぁあ?

ハユン姐とジンサンが応急隔離室に戻ると
チョ・ボンギの姿は消えていた…。

hospital_ep10_83.jpg

翌日の朝、さっそくヨンボムがまるで見てきたようにハユン姐の武勇談を医局で語りはじめる!「チョン・ハユン姐さんがヤンアチのお兄さんを一刀両断に片付けた~ぁ」「私は検事出身だ!今すぐ立ち去らないと手錠やで!」…「オーバーだなぁ~」と笑うジンサンしかしお調子者のヨンボムは…

정의 사회 구현을 위해 앞장서는 우리의..
社会正義具現のために先頭に立つ私たちの…
의사?
医師?
변호사?
弁護士?

hospital_ep10_84.jpg
また騒動に巻き込まれそうなハユン姐さん…
しかも今回は渡世の世界…
姐さんにもしものことがあったら…私は…

hospital_ep10_85.jpg

しかしやはりハユン姐さん、これだけでは終わらなかった。映像医学科にボンギのCTを持ち込んで診断を受ける…しかもこの映像医学科の女性教授は『純情』でギテ教授の妹セジンの白血病を治した先輩じゃないか!

자세한 검사를 해봐야겠지만
詳しい検査をしてみるべきだけど
스토막 캔서 일 가능성이 높아.
Stomach ca(胃ガン)である可能性が高いわね

連絡を取って、早く精密検査を受けさせないと…焦るハユン。しかし、診療時の義務記録に書かせた自宅の電話はつながらない…。

hospital_ep10_86.jpg

その日の昼、ジンサンと私が食堂で昼ご飯を食べているとハユン姐さんがやってきた。すすっと隣の席を空ける私。

외과는 별일 없어요
外科は変わりないですか?

hospital_ep10_87.jpg
私は笑いながら答える
정선생 없으니까
チョン先生がいないから
진상이가 심심해해요
ジンサンが退屈してますよ

慌てて否定するジンサン…久しぶりに3人揃って笑い合うが、どことなくハユン姐さんの様子がおかしい…。

hospital_ep10_88.jpg
무슨 일 있어요?
何かあるんですか?
복부자상으로 들어온 조봉기 환자
腹部刺傷で入ってきたチョ・ボンギ患者…

그 조직 아저씨
組織アジョシの?
그 사람이 왜요?
その人が何です?

hospital_ep10_89.jpg
映像医学科の教授が胃ガンと診断したが
患者は事実を知らないまま、姿を消してしまった…
스토막 캔서면 진행이 빠르잖아요?
胃ガンなら進行が早いでしょう?

hospital_ep10_90.jpg

突然ハユン姐さんが、患者の携帯を借りてジンサンに電話したことを思い出した!着信履歴を探し出す!いやがるジンサンから無理矢理携帯を取り上げて、ボンギに電話するハユン…。渋いボンギ氏…姐さん、カタギの姐さんが惚れる相手じゃありませんよ…。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。