スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001年度KBS演技大賞であの二人が…

  • 2007/09/24(月) 00:00:00

engitaisyo_1.jpg

9月22日(土)KBSWORLDで放送された
「2001年度KBS演技大賞」を見ました!
祝:リュジン氏&ハン・ゴウン氏人気賞受賞!

engitaisyo_2.jpg

当時、リュジン氏は29歳、ハン・ゴウン氏は26歳ですが、茶髪(というか金髪)ロングヘアで長身の迫力ボディのハン・ゴウン嬢、まだ初々しさが抜けないリュジン氏よりも、姉(あね)さんに見えます…。この二人が6年後にスヒョンとソンジュを演じることになるとは…。

engitaisyo_3.jpg

この年、リュジン氏は、現在でも評価の高い「ストック」と「純情」の2本のKBSドラマに出演、同じ「ストック」に出演していたイ・チャンフン氏(なんと「ソドンヨ」のモッラス博士!)と共同受賞されていました。ハン・ゴウン氏は、「父のように生きるのは嫌だった」などの作品で、イ・スンヨン氏(「私の恋人誰かしら」の兄嫁!)と共同受賞です。人気賞は一応「その年のKBSドラマで最も人気のあった俳優さん」に贈られる賞だということ。

engitaisyo_4.jpg

「賞」というのは、その人の演技や作品に対する評価の一つにすぎないので、賞をもらった、あるいはもらえなかったからといって、どうということはないのですが、お気に入りの俳優さんが、受賞している場面をみると「おーよしよし…」と思いますよね、やっぱり。(^^;)

engitaisyo_5.jpg

ハン・ゴウン氏は挨拶の最後に「彼氏、見てる~?」みたいなことを言っていましたが(さすが、アメリカ育ち)、リュジン氏はあいかわらず、一言、一言、言葉を選んで、丁寧に挨拶していました。(どうでもいいことなんだけど、この時点では、今の奥様と知り合っていたのかしら?付き合い6年と言っていたので、微妙ですね。)


「京城スキャンダル」はとても完成度の高いドラマだし、主役の4人も素晴らしい演技をしているけれど、なかなか「賞」というのは難しいでしょうね。数年の受賞者やドラマを見ても大河系の史劇か、視聴率がものすごく良かったドラマばかりですから…。スヒョンとソンジュは私の中では韓ドラ史上最高のカップルですが、にこにこ笑って「ナイスカップル賞」を受賞するのも、何か違和感ありますよね~(^^;)
今年の演技大賞は、期待しないで見ることにします…。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

「学校4」で

torakoさん、こんにちは。
コメントは無沙汰していますが、いつも読ませてもらっています。
私も毎週末の過去の『KBS演技大賞』放映を楽しみに見ています。いろんな発見があり、面白いです。2001年はリュ・ジン、ハン・ゴウン両氏活躍された年だったのですね。
「ストック」は過去の名作、「学校4」はほんの少し前の作品と漠然と思っていたので、同じ年に製作されたという事実に頭の中の時系列が混乱しました。
その「学校4」がKBS WORLDで8月末から始まっていますが、「京ス」の脚本家チン・スワン氏が参加されているので注目していたら、4話のサブタイトルでびっくり!
『살아야 하니. 그럼에도… (生きなくちゃ、それでも・・・)』
これはもともとスワン氏のテーマでもあるのですね。それが「京ス」で描こうとする世界とぴったり一致したということでしょう。

「京城スキャンダル」は賞とは無縁でも、我々には永遠ですよね。

  • 投稿者: sori
  • 2007/09/24(月) 13:15:51
  • [編集]

サラヤハニ クロメド…

soriさん、いらっしゃいませ~。
横道に逸れながらも、何とかやっております。
これも、みなさま方と過ごした「京スの日々」のおかげ?

以前、リュジン氏も言っていたように、京スは、脚本・演出・キャスト三拍子揃っていますよね…特に私も脚本が素晴らしいと思います。
突っ込みどころは多少はあります。でも、リピート視聴していて感じるのですが、無駄な場面・無駄なセリフがほとんどなくて、どれもこれも深読みしてしまうようなセリフばかりです。(だからブログも進まないのですが)

ただ、以前soriさんもna-mimさまのところで指摘されていた「独立闘士ワンの成長物語」の描き方はどうなのだろうかと思い、そちらの方も突っ込みだしました。

「サラヤハニ クロメド…」ですか、本当に深いですね。チン・スハン作家の他の作品も見たくなりました。若い俳優さんが苦手で(^^;)「学校」もイ・チャンフン氏が先生をしていたⅠの途中で挫折しましたが、「学校4」どんな雰囲気なのか、見てみようかな?

こだわりすぎの「変なブログ」になりつつありますが、ご愛読&時折のコメントを!

  • 投稿者: torako
  • 2007/09/24(月) 17:59:11
  • [編集]

torakoサンカムサンミダ!
キャ~!これ見たかったのよ!こんな絵柄だったのね、リュジンシ♪可愛い~♪これでまだ妻と付きある前だったらもっと良かったのにい、、アネはこの前の年に友達の紹介らしいので付き合って1年目のリュジナです。私の読みではチェリムの紹介ではと睨んでいます笑^^;ゴウン嬢はアメリカ育ちなんですか!?ホンとどう見ても年上ですね笑。

しかしいつ見てもリュジンシはなんて清潔感と品性があるんでしょう。彼のサジンを見るとどうもいつもなんだか悪いことしてなくても、恥ずかしい気持ちになってしまいます笑。いつ見ても素敵な人ですね。家で起きがけでも、よってひっくり返ってもこんなにカッコいいのでしょうか。その上は子供はリュジンにそっくりだとしたら、、やっぱり嫁がうらやましいLimeです爆!!貴重なサジン有難う!いつもtorakoサンのところに来るのがホンと楽しみです。有難うございマース!!^0^

しかし京城の放送はどうなったんでしょうね。11月頃だと思ったんですが、まったく予定が聞こえてきません!このままで行くと来年かなあ、、ーー;

  • 投稿者: Lime
  • 2007/09/24(月) 20:01:41
  • [編集]

チェリムが怪しいのね

Limeさん、こんばんわ~!
喜んでもらえて嬉しいです!

>彼のサジンを見るとどうもいつもなんだか悪いことしてなくても、恥ずかしい気持ちになってしまいます笑
この感覚って「まさしくそのとおり!」これってリュジンファン共通の感覚かもって思うほど、的を得た表現だと思います。御所さまがよく言われている「イノセントな魅力」なんでしょうか?年を重ねても、この雰囲気は失わないでほしいですね。

そうか~2000年なのね。付き合い始めたのは…。Limeさんの読みどおり、チェリムが怪しいですね。…ということは、エア・フォースの時なんですね。やられた…(^^;)

でも少なくとも、KBSではこの年以来、賞ってものに縁がないですよね。色々出てるのに…。
まぁ、賞はしょせん賞ですから…。京城廃人同盟が表彰してあげますから(ねっ・みなさん!)

衛星劇場の件はだいぶムカムカしています。カン・ジファン氏を無理矢理撮影中に来日させたのに、こんなに長く待たせるとは…。だってKBSWORLDでは、「京ス」後続の「死六臣」がもう10月に放送されるんですよ。何、出し渋ってるんだ!衛星劇場!!

  • 投稿者: torako
  • 2007/09/25(火) 01:28:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。