スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15話 大事の前に…親の愛と食卓

  • 2008/08/14(木) 00:00:00

「七必殺」の仕上げ、エムルダンの「大事」は目前に来ています。命がけの「大事」、その日に向かう息子・娘たちを見守るのは、いつの時代も「親の愛」
『どっぷり京城スキャンダル』でもパネラーの尹さんも言っていましたが、こんな時、韓国の人たちが子どもたちを励ますのは、やはり「食事」でした。

kyonsu_ep15_shikusa_1.jpg

ワンが迎えの車に乗って帰宅すると、門前にはスヒョンの姿がありました。彼ら二人を呼び出したのは…。(第15話シーン41)

kyonsu_ep15_shikusa_2.jpg

息子ミンを死に追いやったのはスヒョンだと聞かされても、息子のように思っていたスヒョンを憎むことができなかった、ソヌ・カン。
全てが明らかになり、より深い絆で結ばれた彼らを待っているのは「危険な時代」。ソヌ・カンの願い、ソヌ・カンがワンとスヒョンにできることは、暖かい食事を用意してあげること。「食事を共にすること」を日本人より大切にしている韓国人の親心がよくあらわれたシーンです。

kyonsu_ep15_shikusa_3.jpg
내 언제 한 번 저 녀석 밥 한 번 먹이고 싶었다
俺はいつか一度こいつに飯を食べさせたかった

니들 둘 앉혀 놓구 밥 한 번 먹어보는 게 소원이었어.
お前ら二人座らせておいて、一度飯を食べるのが願いだった

kyonsu_ep15_shikusa_4.jpg

そして、ソヌ・カンはスヒョンに一通の封筒を差し出します。このことについては、以前にも記事に書いていますが、ソヌ・カンは物語の中で3回スヒョンに封筒を差し出しているんですよね。その一回、一回、それぞれ理由は違っても、どれも印象的な場面でした。

kyonsu_ep15_shikusa_5.jpg
거사 마치고…
大事を終えたら…
꼭 다시 한 번 이렇게 같이 식사를 할 수 있었으면 좋겠구나.
必ずまた一回こんなふうに一緒に食事ができれば嬉しいが

kyonsu_ep15_shikusa_6.jpg

そして、もうひと組、ヨギョンも母と食卓を囲んでいました。(第15話シーン54)
娘が何をしようとしているかを問うことなく、娘の信念を信じていると言う母。そんな母の日常の食卓が何よりも大きな励ましでした。

kyonsu_ep15_shikusa_7.jpg
식기 전에 어서 먹어
冷める前に早く食べなさい
많이 먹구 힘내야지
たくさん食べて力を出して。


「顔太り」と言われよーが、
何度も繰り返しますが
やっぱりスヒョンは素敵です…

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。