スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田代親世の『どっぷり京城スキャンダル 延長戦』その2

  • 2008/07/19(土) 00:04:55

ちょっと最近、いそがし度がUPしてしまって、コマギレに振り返る『どっぷり京城スキャンダル 延長戦』です。さて、今回は『京城スキャンダル』数々の名シーンの中から4人のパネラーのみなさんが「好きなセリフ」です。

dopuri_e_2_1.jpg
尹春江氏
危険な中でも幸せを探すこと
それが革命です

(第15話―スヒョン)

dopuri_e_2_2.jpg
このドラマのテーマ「生きる」ということにも関連しているし
どんな状況でも言えること。

あなたは自分も愛せないから
祖国も愛せないのよ

(第14話―ヨギョン)

dopuri_e_2_6.jpg
このシーンのセリフも「愛」「祖国」
う~ん、色々とつながってますよね~

望月美寿氏
それでも
生きねばならないから

(第4話―スヒョン)

dopuri_e_2_3.jpg

このあたりから「ぐぐぐっと」スヒョンの方にもっていかれてしまった。単に「生きていく」だけじゃなくて、「それでも」とつくところが「何かあったのね~」と思わせる。単に密告者であるということだけではない「何か」をにおわせるスリリングなセリフ。

教えてくれ、革命が何なのか
かわりに俺が愛を教えてやる

(第10話―ワン)

dopuri_e_2_4.jpg

このドラマ全体のテーマにもつながるセリフ。しかもこのセリフを言っている時のワンがカッコイイ。(望月)生き方も考え方も違う二人が愛によって接点を見つけていく、色々な人間関係に可能性を見いだせるようないいセリフ(田代)

高橋尚子氏
お前への愛が祖国への愛になった
(第16話―ワン)
dopuri_e_2_5.jpg
「愛」というものを集約しているようなセリフ。

いいか、何があっても俺を助けろよ
あいつを残して一人で死ねるか

(第15話―ワン)
dopuri_e_2_7.jpg

「生きる」ことを放棄するようなドラマが多い中で、このドラマは「生きること」の大切さをいうたっていて、愛によって生きるエネルギーを得るようなこのが描かれている。ヨギョンのために自分は死ねない、ということをスヒョンに言うところがまたいい

何で俺、ここに来たんだっけ
(第5話―ワン)
dopuri_e_2_8.jpg
「足が向いちゃう」って
シチュエーションが好きなので…

大勢の人が
命を懸けて守ってくれたこの地で
思う存分恋をし
幸せになってください

(第16話)
dopuri_e_2_9.jpg
監督が一番言いたかったことなんだろうな~。
最後のメッセージで
ドラマのランクが一段上がった!

田代親世
ワンとソンジュのこ洒落たセリフの応酬。
スヒョンとソンジュでも…

私と一杯いかがですか
(第9話―ソンジュ)
dopuri_e_2_10.jpg
僕と一杯いかがですか
(第10話―スヒョン)
dopuri_e_2_11.jpg

色んな関係の中で「通じあってるじゃん」というのがわかる。すごく、ウマイセリフ…、「勉強になるな…」と。粋なセリフは脚本の勉強にもなるし、恋の実戦にも使いたい。でも相手がそれをわかってくれる人じゃないとね~。

dopuri_e_2_12.jpg
続いては…視聴者による「好きなセリフ」ランキング~

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんにちは^^

torakoさん~こんにちは♪
わざわざ先にmailありがとうございました。
25日までなので空いてる時間にでも送金してくださいね♪

さてさて・・・
わたくし^^;突然キョンスにはまったわけですが、(早く観ていればTT)
この番組や「訪問者」が観たくて先月から衛劇に加入したんです^^;
しかも約ウン十年加入していたWOWOWを止めてまでです(笑)
それなのにTTこの延長戦がミスで録画できていなかったと言う失態。
アホ過ぎて笑えないですよね~。
でも再放送前にこちらで少し観られるので楽しみです♪

そうそう、京スゲルのタンブラー担当ちゃんに
この「どっぷり・・」を変換して送信してみたんです。
彼女、日本語が堪能なので楽しんでくれたようです。
そしたらね@@それを監督さんに転送してくれたんですよ@@
なので、この番組を監督さんも観ていらっしゃる!わぁお!
後半も送ってーと頼まれたので、後半も監督さんが観られるはず。
結構辛口もあったからどう思われるのかな?と心配もあり
かなりミーハー目線番組なのも気になるところですが・・・^^;
それに、監督さんは、ヨギョンがお気に入りなのに
好きなキャラの上位ではなかったですしね~(笑)


このドラマは本当にセリフが素晴らしかったですね。
私的にはやっぱり・・ワンばかりに執着しますけど^^;

ではでは、また寄らせてもらいます♪素敵なブログです!
紹介していただいて、chaさんにもお礼言わなくちゃ♪

  • 投稿者: しぃ
  • 2008/07/19(土) 20:12:38
  • [編集]

ようこそ&よろしくお願いします

しぃさん、こんばんは~♪
「京ス」タンブラーの件では、大変お世話になりました!
こちらからご挨拶に行かなくちゃいけないのに、お越しいただけるなんて、本当に恐縮です&でもとっても嬉しいです。

「どっぷり」をハン・ジュンソ監督が見いらっしゃるなんて、何て素敵な話なんでしょう!「どっぷり延長戦」の中でも少し話題になっていたのですが、監督自身はこのドラマが日本で放送されたり、日本人が興味を持って見るとは思っていなかったようですね。
「どっぷり」をご覧になって(特に延長戦)、日本人も監督のメッセージをちゃんと受け取っていることを感じていただければ嬉しいですね~。

しぃさんは、ジファン氏目線で見られたんですね。私は、このブログの通り、スヒョン&ソンジュ目線~
昨年の今頃は寝ても覚めてもスヒョン@リュジン氏の低くてくぐもった声が、頭の中をグルグルして、仕事も手につきませんでした。ソンジュが撃たれた翌朝などは、廃人同然…(笑)

リュジン氏一筋とはいえ、chaさんにお薦めいただいて、『魔王』を見た時は、ジフン氏の麗しさに一瞬「くらり」としました~(^^;)
しぃさんのお家は熱心なジフニファンの方がたくさんいらっしゃっているので、マイナーなリュジンファンの私は、場違いかも?なんて、思ってたんですが、是非、近々おじゃましたいと思います。

こんな傾倒ブログですが、よろしくお願いいたします。
ご縁をつないでくれた、chaさんに、ナド、カムサ~
PC熱、ケンチャナ~?

  • 投稿者: torako
  • 2008/07/19(土) 23:48:12
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。