スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15話 スヒョンとガング 君も知らない君の「本心」 その1

  • 2008/06/27(金) 00:20:00

ヨギョンを助けるため、人目につかない古い倉庫で、ガングの部下に殴られ、頭から血を流して倒れてしまったソヌ・ワン。ヨギョンとワンの姿の消しかたに不審を抱いたソンジュは、ヨギョンの「拉致申告」とワンの「失踪届」を、ヨンランに命じて鐘路署に通報させます。「二人を助けなさい…」という、スヒョンへのメッセージでした。

kyonsu_ep15_kakushitu_1.jpg

電話を受けて、ヨギョンの「拉致申告」を調査しようとするスヒョンの行動を、山下コウジが咎めます。(第15話シーン7)

kyonsu_ep15_kakushitu_2.jpg

朝鮮人を差別する典型的な日本人=侵略者の象徴のように、描かれている「山下コウジ」
彼がどんな人間なのかは「妻と子がいるが京城では単身生活をしている」という他には、詳しく語られることはありません。彼のプロフィールにも書きましたが、スヒョンに対する態度は、差別感情ばかりでなく、屈折したコンプレックスのようなものを感じます。

kyonsu_ep15_kakushitu_4.jpg

スヒョンが「別の顔」を持っていることに、早くから気がついていた様子のイ・ガングと対称的に、山下コウジは最後までスヒョンの「偽装」に気づきませんでした。スヒョンに対する差別意識とコンプレックス、矛盾する二つの感情が彼の目を曇らせていたのでしょうか。

kyonsu_ep15_kakushitu_3.jpg

자네 둘을 보면 참 재밌단 말이야.
お前ら二人を見れば本当におもしろいよ
같은 조셍진들끼리 서로
同じ朝鮮人同士、お互いに
물고 뜯고, 싸우고, 이간질하고…
噛みついて、争って、仲間割れして…
민족성 탓인가?
すべて民族性のせいか?

어떤 놈들은 나라를 팔아먹고,
あるやつらは国を売り飛ばし、
어떤 놈들은 나라 팔아먹은 놈들을 죽이고,
あるやつらは国を売り飛ばしたやつらを殺し、
또 어떤 놈들은 밀고하고,
またあるやつらは密告し、
배신하고, 악순환의 연속이군. 안 그래?
背信し、悪循環の連続だ、違うか?

kyonsu_ep15_kakushitu_5.jpg

コウジはスヒョンに向けて朝鮮民族を侮辱する言葉をぶつけます。これまでは、黙って聞いているだけだったスヒョン…しかし、「ある決意」を秘めた、今夜のスヒョンの態度は少し違っていました。

kyonsu_ep15_kakushitu_6.jpg

그렇게 혐오하고 불신하는 조선인과 연대하는 선배님도,
そんなに嫌悪して信じられない朝鮮人と協力し合う先輩も、
꽤나 이율배반적이라 생각하지 않습니까?
相当二律背反的だと思いませんか?

kyonsu_ep15_kakushitu_7.jpg
思いがけないスヒョンの反論に対して
コウジは答えます…
ガングが聞いていることも知らずに…

이강구 말인가?
イ・ガングのことか?
그 자식은 나의 주구세력일 뿐이야
あいつは俺の走狗勢力であるだけだ。
주구가 무슨 뜻인지 알지?
走狗が何の意味かわかるな?

kyonsu_ep15_kakushitu_8.jpg

わかっていたこととはいえ、人間としてではなく、使い捨てられる単なる「道具」としてしか見られていない自分の存在。この時の山下コウジのセリフが、ラストにつながるガングの行動のきっかけになったのでしょうか。

kyonsu_ep15_kakushitu_9.jpg
エムルダンの首長を「公開処刑」しようというコウジに、
スヒョンは毅然として反論します。

잡아들여 공개처형을 한다 해도,
捕まえて公開処刑をしたとしても、
조직이 와해되거나 무력해지는 일은 없을 겁니다.
組織が瓦解して、無力化することはないと思います。
분노와 투지만 키울 뿐이죠.
怒りと闘志を大きくするだけです。
밟을수록 더
踏みつけるほど
시퍼렇게 날을 세우는 게 조선인들의 민족성이거든요
ぎらぎらと刀を研ぐのが朝鮮人たちの民族性だからです。

kyonsu_ep15_kakushitu_10.jpg

これはもはや朝鮮総督府官吏の言葉ではありません。取り締まりや弾圧が「無意味」だと言っているに等しい、この言葉、すでにスヒョンが「偽装」を脱ぎ捨てて「大事」に向かう決意を固めていることを示していました。
そして、この言葉を聞いていたガングは…?同じ貧しい小作農に生まれながら、運命を分かったスヒョンとガング、ラスト2話、絡まり合った彼らの運命は、視聴者に委ねられた「謎」も含めて、興味をそそります。

※記事の翻訳部分はna-mimさまのブログを参考にしています

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。