スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迎えに来てよ!リュジン氏

  • 2007/09/12(水) 00:00:00

ryujin_4.jpg

釜山から韓国の新幹線KTXに乗ってソウルへ。11日の午後と12日の飛行機の時間まではフリーなので、コンビニのおにぎりをかじりながらソウルを徘徊しました。残念ながらリュジン氏はソウル駅に迎えに来ていませんでしたわ…プンプン。

まずはやっぱり旧ソウル駅。京スで何度も出てきた「京城駅」ですよね。1925年の建築。現在は新駅が隣に出来ているので、1階はギャラリーに使われているようでした。ホテルに荷物を置いて光化門駅へ。前回の訪問で行けなかったソウル歴史博物館へ直行。漢陽~漢城~京城~ソウルの歴史を通観。ここの博物館には閲覧室が付属しているので、1936年の「地番区画入大京城精図」を熟覧、京スの時代にタイムスリップしていました。

博物館を出て、大韓帝国と近代史の旅へ。徳寿宮の周辺は、高宗が「乙巳条約」を結んだ重明殿や、徳寿宮内には韓国初の西洋建築「石造殿」など大韓帝国に関連する建物がいくつか残されています。

光化門交差点に面している1926年建設の「東亜日報本社ビル」の1階はちょっとお洒落なカフェになっていて、歩き疲れたので、ここで休憩。
やはり1926年に竣工した京城府庁は現在、ソウル市庁舎になっています。入口を入ってすぐにツーリストセンターがあるので、資料収集。

その後、2005年に高速道路を撤去して復元された清渓川を東大門の五間水標まで2.5キロ散策しました…。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。