スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲に月行くごとく 行く旅人

  • 2008/05/24(土) 00:00:00

4月の途中から録音して聞いている『アンコール ハングル講座』(月~土 午前11:20分から40分)、応用編(金・土)の野間秀樹先生にはまっています…。
ユーモアに溢れた独特の語り口は一度聞いたら忘れられません。ご自分の講義を目一杯楽しんでいらっしゃるので、聞いている私たちに、先生の楽しさが伝染する感じです。
野間ソンセンニム、東京外国語大学の朝鮮語学科の先生なのね。色々な大学に出講されていらっしゃるようです。先生の経歴を見ると、美術家としての顔も。先生らしからぬ?雰囲気は、そんなところからもきているのでしょうか?

すみません~
ここに出していた写真は
入門編のキム・トンハン先生の写真でした
『コヒプリ』のマスター&『白巨』の副院長に
似ているのはトンハン先生でした!(080531訂正)

…とは言っても、入門編すら終わっていないので、応用編のレベルについていくのは大変です。ついつい、「聞くだけ~」状態になっているんですが…昨日(5月23日)放送分は、「詩」をテーマにしたスキット。朝鮮詩好き?のtorakoとしては、聞き逃せん!と必死になって聞いたのでした…。

◆나그네 박목월◆

강나루 건너서
밀밭 길을

구름에 달 가듯이
가는 나그네

길은 외줄기
남도 삼백리

술익는 마을마다
타는 저녁놀

구름에 달 가듯이
가는 나그네


****
◆旅人 朴木月◆

川の渡しを越えて
麦畑の道を

雲に月行くごとく
行く旅人

道はひとすじ
南の道三百里

酒の味付く村ごとに
燃える夕焼け

雲に月行くごとく
行く旅人

朴木月(박목월 1916~1978)パン・モゴゥル(鼻音化を反映させて読んでみました)はスキットにもあるように韓国の有名な詩人です。新羅の古都慶州の生まれ、1940年に鄭芝溶(チョン・ジヨン)の推薦で文芸誌『文章 문장』に「道のごとく 길처럼」を発表して文壇にデビュー。解放後の1946年には「朝鮮青年文学家協会」を結成、朴斗鎮(パク・ドウジン)趙芝薫(チョ・ジフン)らと『青鹿集』を刊行したことから「青鹿派」とよばれています。「青鹿派」は「つつじの花」で有名な、金素月の流れを継ぐ自然に親しみ民謡の響きをもつ詩を多く発表しています。木月はまた、漢陽大学校の教授なども務め1978年に没するまで、韓国詩壇の実力者として、また、教育者としても活躍しました。

2006年3月、慶州で最も有名な史跡、仏国寺と石窟庵のある吐含山の中腹に、同じく慶州で生まれた小説家の金東里と朴木月を記念する「東里・木月文学館」がオープン、公開されているそうです。

昨年の9月慶州を訪れ、仏国寺や石窟庵も行ったのですが、そんな文学館があるなんて、全く知りませんでした。

◆最後に、「野田先生の詩の趣()を味わう」という文章(語り)の一部を紹介します◆

韓国は詩を愛する人々の地です。(한국은 시를 사랑하는 사람들의 땅입니다)このことばをさらに学んでいただいてですね、ハングルで書かれた詩集を(한글로 쓰인 시집을)1冊1冊紐解けば(한 권 한 권 펼치면)、きっと生涯の友となるべき(평생의 벗이 될 만한)そういう詩が見つかるでしょう(시를 만날 수 있을 겁니다

例えばこういう詩ですねぇ

구름에 달 가듯이
가는 나그네…


雲に月行くごとく
行く旅人…

それではみなさん、ごきげんよう~

 

◆雲に月行くごとく 行く旅人◆
野間秀樹先生のお声はこちら

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

オンマのシャドーイング?上級の次段階

toakoさん、こんにちは~
今日も録音した野間先生のお声を聞いているのでしょうか?
夫のラジカセ(CDプレーヤー?ラジオ付き)で聞いているので、録音ができるかどうかも知らない状態。リアルで聞かないと、きっと聞かないだろうなぁ。野間先生はよどみなくお話されるので、くしゃみ1つしたら、もうどこだかぁ~置いていかれます。でもごきげんよく講座が終われるのは、野間マジック。
アンコール講座の進みは、入門編でも早いですよね。これで勉強されてた方達は、すごい!

  • 投稿者: cha
  • 2008/05/25(日) 11:35:57
  • [編集]

今日はラ講休講音楽で耳馴

chaさん
こんにちは~
野間先生のお声は、いつも車に乗るとき聞いています。
応用編はテキストを見ながらだと、ハングルに全然目がついていかない?ので、耳ならしのつもりで、運転のお伴となっています。(ちょっと前までは「京ス」の音声版だった…)
確かに、「アンコール」は入門編でもレベルが高い!
でも「まいにち」も最近あなどれないですよね。
いつも連休明けくらいに挫折していたのですが、今年はchaさん&『オンマ』のおかげで続いています。
『オンマ』でシャドーイングするとすれば、やはりZENSAI?
ジョンウォンを口ぎたなく罵ってみたい…。

  • 投稿者: torako
  • 2008/05/25(日) 15:35:23
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。