スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14話 4つのコクチョン 夜の京城デート その2

  • 2008/05/22(木) 00:00:00

さて…もうすぐ「京ス」放送開始から1年(6月6日)ですよ~。韓国では何かイベントはあるのかしら…。ハン・ジュンソ監督はじめ、みなさんそれぞれ活躍中だから、忙しいとおもうけど、公式ホームページにメッセージを書き込んでくれたりしたら嬉しいですよね!久しぶりに私もスヒョンに逢いに出かけましょう。

kyonsu_ep14_sakokucyon_1.jpg

スヒョンの下宿を出た二人は、周囲を警戒しながら、京城の夜の街を歩きはじめました。下宿から大通りに出る道で周囲を警戒するスヒョンをワンがからかいます。(第14話シーン39)絵になる「大男」二人の夜のデート…

그만 해라. 기분 묘해진다.
もうやめろ、気分が変だ(変な気になるじゃないか)

…というワンのセリフが面白いですね。リュジン氏の出演作を見ていると、一人の「姫」をめぐって、主演の男優さんと三角関係になることが多いのですが、最後は「姫」よりも、ライバルの男性と「男の友情(屈折したものも含めて)」が芽生えちゃうことがよくあります。
『ソドンヨ』のチャン(チョ・ヒョンジェ氏)や『オー必勝』のビルスン(アン・ジェウク氏)、『めっちゃ大好き』のボンギ(イ・ミンギ氏)なんかとは、そんな感じがしました。
『京ス』の場合は、三角関係ではないのですが、カン・ジファンとリュジン氏の微笑ましい2ショットは好きなシーンの一つです。

ワンは心の中の残り二つの「引っ掛かり」をスヒョンにたずねました。

kyonsu_ep14_sakokucyon_2.jpg

위장연애 말이 나와서 하는 말인데,
偽装恋愛のことが出たから言うんだが、
너 나여경한테 위장연애 지시 내린 거,
お前、ナ・ヨギョンに偽装恋愛の指示を出したけど、
그거 뭐하는 짓이었냐?
それはどういうことだ?
설마 사심이 쬐끔이라도 섞였던 건 아니었겠지?
まさか私心が少しでもまざっていたんじゃないだろうな?

아쭈, 대답 안 해?
ああ、答えないのか?

kyonsu_ep14_sakokucyon_3.jpg

後ろの横断幕
祝 アムローレイ 京城大合格
鐘路住民一同

が気になっていました…

アムロといえば、『ガンダム』…
なぜ、この横断幕なのか、アムロは京城大の何科に合格したのか?
など、韓国でも話題になっていたようです


사심이... 었다고는 말 못하겠다.
私心は…まったくなかったとは言えない。

뭐야?
何だ?

나여경씨가 너한테는 연인이자,
ナ・ヨギョンさんがお前には恋人であり、
민이형 대신이었다는 거 알아.
ミン兄さんの代わりだったことはわかっている。
니가 또 다시 아끼는 사람을 잃게 될 까봐 걱정됐어.
お前がまた愛する人を失わないか心配だった。

직접 나서서 도와주진 못하겠고,
直接出て行って助けてやることができなくて、
있는 건 권력밖에 없으니 권력을 좀 이용했지.
あるものは権力しかないから権力をちょっと利用したんだ。

kyonsu_ep14_sakokucyon_4.jpg

차송주는…?
チャ・ソンジュは…?
예전부터 궁금했는데
前から気になってたけど
차송주는 너한테 뭐냐 도대체
チャ・ソンジュはお前には何なんだ、一体。
여자야?
女性か?
아님 조직원이야?
そうでなければ組織員か?
단순히 그냥 동지일 뿐이야?
ただの単純な同志であるだけか?
아님... 세 가지 전부야?
じゃなきゃ、3つ全部か?

표정 한번 되게 복잡하네.
表情がかなり複雑だな。

kyonsu_ep14_sakokucyon_5.jpg

ヨロブン オレガンマニエヨ~
イ・スヒョン イムニダ…
ジョンウォンとどっちがカッコイイですか?

ワンの質問には直接スヒョンは答えませんでした。しかし、ワンのこの問いかけは、スヒョンの心をかなり「揺らした」ようです。何故かは…。次のシーンで…。

kyonsu_ep14_sakokucyon_6.jpg
画像が粗くてミアネ~

ワンとスヒョンの「京城デート」男二人のお茶目なNGシーンを覚えていらっしゃいますか?二人で語り合いながら大通りを歩いているところに、わけのわからないBGMが突然鳴り響き、笑いを堪えきれなくなったスヒョンがワンに抱きつくシーン。
音響さんのNGだとおもうんですが、スヒョンの表情としぐさがめっちゃ可愛らしかったです!

 

第14話シーン39
夜の京城デート


※記事の翻訳部分はna-mimさまのブログを参考にしています

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

はじめまして

デジタル衛星放送で、先日この回の放送を見ました。
祝アムローレイ・・・私も気になって気になって。
でも、後ろの横断幕だから見間違えたのかな?
とか思っていました。
それでも、気になって何気に検索かけたら、こちらのページに辿り着きました。
やっぱり、見間違いではなかったのですね。
嬉しくなりました。
そして、韓国でも話題になっていたとはっ!!
気になっていた人が他にもいて良かったです。
有難うございます。
まだ、ドラマは見ている最中ですので。
このページだけで失礼させていただきます。

  • 投稿者: sara
  • 2008/09/19(金) 09:13:43
  • [編集]

はじめまして!

saraさん、はじめまして!
「京ス」のスタッフは若い人が多かったみたいなので、アニメ好きのスタッフがいたずらで作ったのかしら?なんて思ってました。
ガンダム世代を少しかすっているので「アムロ」という文字だけで反応しちゃうんですよね。
今「京ス」を見ておられるのですね~第14話ですか~
この辺は緊迫したシーンが多いので、こんなイタズラがあると「ほっ」としますよね。
昨年の夏、韓国での放送をPCで大騒ぎしながら見ていたのを思い出します。
最終話まで見終わられたら、ぜひ感想を聞かせてくださいね~。

  • 投稿者: torako
  • 2008/09/19(金) 22:55:56
  • [編集]

torakoさん、お返事ありがとうございます。
私は、小学生の時にガンダムのファーストを見ていたので過剰反応してしまいました。
ちなみに、今週もまだ横断幕は「アムロ」のままで、またチラっと出てきました。
デジタル放送では、来週が最終回です。
盛り上がっていて、とても楽しみです。

  • 投稿者: sara
  • 2008/09/26(金) 14:03:24
  • [編集]

アムロよ永遠に…

saraさん、こんにちは~
私も「アムロ~振り向かないで~」というガンダムのエンディング曲が
記憶の深~いところに刻まれている世代です。
韓国に輸出されたのはいつ頃なんでしょうか?
私の韓国語の先生は31歳ですが、漫画『きん肉マン』が日本語で読みたくて、日本語を勉強しはじめた…と言っていました。
デジタル放送は来週最終回!
…ということは、もう第15話を見られたんですか~?
韓国のリアル放送では、第15話の翌週に最終話が放送されたんですが、彼女の死で
一週間「ど~ん」と落ち込んでいました~(泣)
最終回も目が離せませんので、楽しんで見てくださいね~。
4人の俳優さんたちや脇役の方々もそれぞれいそがしいようですが、いつか『シーズン2』が実現したらいいな…と思っています。
では、また遊びに来てください~

  • 投稿者: torako
  • 2008/09/27(土) 11:08:43
  • [編集]

見終わりました!!

先週が衝撃のソンジュの死で終わった上に予告が予告だったから心配でした。
韓国ドラマだし、全員死んでしまうのではと・・・
基本的に私はドラマで登場人物が死んでしまうのはあまり好きではないのです。
死んで解決で物語を終わりにするのは、どうも・・・なタイプなので。
ドラマというフィクションだからこそ不治の病だって治るし、銃の弾丸も避けられる(笑)。
フィクションだから、ハッピーエンドで良いじゃない、ってタイプなもので・・・すいません。
京城スキャンダルはコメディ色も強く、だから楽しんでみていたのに最後は全員死亡?!
ガーン、そんな事になったらガッカリ・・・と思っていたら!!
良かったです!!
スヒョンもソヌ・ワンも死ななかった。
ちらしの3人組も。
皆、生き残った!!
良かったです。
そこだけで、大満足。
だったら、ソンジュだって生きてたって良いのに。
何で死んじゃったのかな、と思いますが・・・
でも、これだけ主要人物が生き残っていたら確かにシーズン2を期待したくなりますよね。
その後が気になります。
スヒョンは幸せになれるのか?
ソヌ・ワンとヨギョンは?
ちらしの3人組は?
上田親子は?
アムロのその後は?(笑)

ところで、今回最終回を見終わって、ブログ内のいろいろなページも見させていただきました。
tarakoさんはリュジン氏のファンなのですね。
私もリュジン氏の出演作は何本か見ています。
「夏の香り」「めっちゃ大好き」「ソドンヨ」かな。
めっちゃ大好きと京スでは共演の女優さんが小さいからかな?
ソドンヨでは、あの衣装の帽子のせいかなと思っていましたが、そうではなく背が高いんですね。
気のせいではなかった。
大きいなって思っていたんです。
それが確認できてよかったです。

ところで、私は韓国語の先生と同じ年です。
小学校の時、キンケシ(きん肉マン消しごむ→ガチャガチャで出てくる人形)を学校に持ち込み禁止令がでていました。
ガンダムはきん肉マンより前です。
きん肉マンはリアル放送でしたが、ガンダムは再放送だったと思います、兄が見ていたので一緒に見ていました。

今回で、京城スキャンダルは終わってしまいましたが、これからも訪れさせて下さい。
「オンマが怒った」が気になってしまいました。

  • 投稿者: sara
  • 2008/10/02(木) 09:38:17
  • [編集]

死ななかった理由

saraさん
『京城スキャンダル』完走ごくろうさまでした~。
私もソンジュが死んでしまったのが本当に残念で、15話が放送された次の日は、職場で「torakoさん、暗い、どーしたの?」といわれるくらいショックでした。
当時リアル視聴後、台本を訳してくださる方のブログやリュジンファンの先輩のブログで、散々愚痴をこぼしていました。
後から、ハン・ジュンソ監督のインタビューを『もっと知りたい韓国ドラマvol22』で読んでみると、何と監督は、スヒョンも、ちらし3人組も殺すつもりだったと書いてありました。
リュジン氏本人が「京城スキャンダルは生きることを描いた希望のドラマなんだから、スヒョンは生き続けるべきだ」という意見を監督と作家に訴えたそうです。
ちらし3人組は、監督の案では「朝鮮独立万歳!」と叫びながら、警察に撃たれて死ぬ設定だったそうです。これは脚本家のチン・スワンさんが「殺さないで書きたい」と主張したとか…。
結果的には、私もスヒョンや彼らが死ななくて、本当に良かった…と思っています。
もし、シーズン2が作られるのであれば、ソンジュ@ハン・ゴウンさんも絶対出演してほしいですね。(ソンジュの双子の妹でもいい!)そして、ワンとヨギョンには可愛い二世が誕生し、スヒョンは今度こそ幸せになってほしいですね~♪
お察しのとおり?リュジン氏を密かに応援しています。知れば知るほど、なかなかこの人はおもしろい人ですよ~。観察のし甲斐があります。身長は…公式には185センチ説が多いですが、共演者とのバランスから判断すれば、187センチはあると思います。
もし、再度来日されることがあったら、成田(関西)空港に身長計を持っていきたいと本気で思うくらい…。
ぜひ、初期の名作『ストック』や『純情』を見てあげてください!『夏の香り』や『ソドンヨ』で悲惨な目に遭っていますが、初期の作品は違うので~。
これからもぜひ、お越しくださいね~。
『オンマ』のジョンウォンも味があっていいですよ!

  • 投稿者: torako
  • 2008/10/03(金) 00:55:35
  • [編集]

驚きました

まさか、実は皆が死ぬはずだったとは大変驚きました。
あのお茶目な3人組が「朝鮮独立万歳!」で死んでしまったら、大ショックでした。
そして、この事を監督と作家さんに訴えてくれたリュジン氏さんに感謝です。
そういう裏話があったとは。
良い話を教えていただきありがとうございます。
リュジン氏の初期の作品には興味がありますね。
私が見ている作品では、すでに第2の男のポジションが確立されていて、残念ながら可哀想で確かに悲惨な目にあっていますから。
常に不幸の星を背負ってました。
なぜなら、最初は第1の男のポジションにいながら見離されたり、受け入れてもらえず第2の男へ。
良い人になっていました。
「ソドンヨ」では勢い余って悪の側に回ったのも可哀想でした。
端正なお顔なので、知性派の役が多くエリートが似合うのに何故か報われない。
「夏の香り」では白のスーツ着ているのに第1の男ではない。
で、何故かな?
って思っていたのですが初期では違うんですね。
ぜひ、見てみます。

  • 投稿者: sara
  • 2008/10/03(金) 10:28:28
  • [編集]

それでも生きる…

saraさん
こんばんは~♪
『京城スキャンダル』で私が一番印象に残ったセリフがスヒョンの
그럼에도…그럼에도 살아가야 하니까
(クロメド…クロメド サラガヤニッカ それでも…それでも生きていかなければならないから)だったんです。このセリフが象徴しているように、「京ス」は「生きること」を描いているんで、やはりスヒョンは死んではいけなかったんですよね。
リュジン氏がスヒョンを死なせたくなかったという話を聞いて、今までも大ファンですが、ますますファン度が上がりました~。
『夏の香り』で定着してしまった「第2の男」イメージは、『京城スキャンダル』と『オンマが怒った』でほぼ払拭されたかも。
でも次回作で11月からはじまる『総合病院2』はちょっと心配。
初期の作品は、以前は入手困難でしたが、今はDVDも発売されて、レンタルもされています。
『ストック』では亡くなった友人(ソドンヨの博士)の妻のシングルマザーを一途に愛す若手弁護士。『純情』では容疑者の妹を愛してしまう刑事の役でどちらもアテ馬ではありません♪
機会があったら、ぜひ見てほしいな~。

  • 投稿者: torako
  • 2008/10/03(金) 22:21:02
  • [編集]

こちらにお邪魔しま~す

遅ればせながら センイル チョッカヘヨ~!
今年1年がtorakoさんにとって輝かしい1年となりますように。。。

・・・どこで祝ってるのだというかんじですが。。。
またまた過去記事へのコメすいませぬ。

だって・・・私はガンダムマニア(笑)。
ここを通り過ぎられませんでした。
アムロは確か日本人の設定なので、日本が、京城大合格を祝うのはおかしくはないのですが・・・
アムロ 行きまーす って出発したら、高速すぎて、時空を超えてしまったか?
おちゃめな製作スタッフさんに乾杯!

  • 投稿者: ちぃ
  • 2009/02/03(火) 12:11:27
  • [編集]

アムロ~

ちぃさん
アンニョーン♪
お祝いありがとうございます
平穏に、健康で過ごせたら…そして、もうちょっと韓国語が上達しますように!
ちぃさんガンダムマニアなんですね~私も「アムロ~振り向かないで~」の歌は歌詞カードなしで歌えますよ~(脳に染みついている)
アムロは日本人だけど大丈夫、1937年当時の京城大(京城帝国大学)の学生比率は日本人7割、朝鮮半島出身者3割だったそうです。「京ス」torako版では、スヒョンのライバル、「山下コウジ」を京城帝大卒ということにしています。(スヒョンは東京に留学していたので、東京帝大卒という設定なんですが…これもtorako版)
http://torako2007.blog116.fc2.com/blog-entry-38.html
スタッフの遊び心に感心しつつ…こんな目立つところに…なんて思ったり。

  • 投稿者: torako
  • 2009/02/04(水) 01:07:28
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。