スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26話版『魔王』ひそやかに見終わりました

  • 2008/05/21(水) 00:00:00

連休に見はじめた26話版『魔王』、先週土曜日に無事?見終わりました。ラストの展開はある程度ネタバレしていたので、驚きはしませんでしたが、オスに「生き抜け」と言われたスンハには、やはり生きていてほしかった…としみじみ思いました。
二人とも死んでしまえば、悲劇だけれど、一人の人生を背負ってもう一方が生きていくとすれば、それは死と再生のドラマになるから…。ヘインに二人分背負わせるのは、いくらなんでも酷なような気がします。

maou_2_1.jpg

中盤以降は、次第に揺れていくスンハを、息を詰めて見つめていました。(お姉さんの視線感じた?)
終盤は、主演の3人はもちろんですが、脇のアジョシ達がのりにのった迫力ある演技をしているのにグイグイと引き込まれました。前の記事で書いたチーム長はもちろん、スンハの事務所の事務長、オスの兄、トラックの運転手、そして、キム・ヨンチョル役のおにいさんの怪演はスレスレでしたが、超迫力。

感想は…また気まぐれに語るかも知れません…。できればもう一度、20話ver.で見たいわ~と思っています。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

チフニに見とれ、タイマーに気づかず10分遅刻・・後自習

torakoさん、こんにちは!
お疲れさまでした。ぜひ、20話ver.もご覧いただけたらと思います。スンギの写メシーンで途切れた時は怖かった~。
最近の気の抜けたお姿。名誉回復も、センイルパーティー、食いだおれ人形ともいわれ、ご紹介できないわと思っていたら、出てきましたリハーサル映像
http://tabi104.net/ent/core.php?mode=view&cid=202&uid=123
おそらくファン殺到でしょうから、見れるまで時間がかかると思います。私服はBONです。ちょっとスンハに戻ってます。

  • 投稿者: cha
  • 2008/05/21(水) 12:55:05
  • [編集]

わかりたい

雑音多いですが、チュ・ジフン氏の朗読です。
http://jp.youtube.com/watch?v=ye5tRh4ITFs&feature=related
英訳もyoutubeに出ていて内容は把握しているんですが。。
‘道まだ遠し’です。

  • 投稿者: cha
  • 2008/05/21(水) 16:38:51
  • [編集]

木は幸せだった?変則活用用言はかなり不幸です

chaさん、こんばんは~
帰宅してさっそく二つの動画をチェック。
絵本の朗読の方が「食い倒れ人形」なんでしょうか?
でも、声はスンハだわ…そして、
『オッキムオプシ・チュヌン・ノム』(惜しまず与える木)
この本、聞いたことがあるような…。こんど韓国に行った時、書店で探索してみたい!
歌は…お上手??リハーサルでの気合いの入っていない歌声…。
そうか、26歳、若いわね…。まだまだこれからだわ…。
でも、ヘアはスンハヘアで、眼鏡はかけないで…
髭もヤメて!
リュジン氏も「京ス」の少し前に、ソウルであったミョンミン氏のファンミにゲスト出演していましたが、素人の(ちょっと太めの大男)のお兄ちゃんが間違って舞台に上がってしまったかのようなオーラのなさに愕然としたのを懐かしく思い出しました。
それにくらべれば、食い倒れ人形でも、まぁ…

  • 投稿者: torako
  • 2008/05/21(水) 22:41:39
  • [編集]

野間先生の名調子に目が泳ぐ

torakoさん、こんにちは!
チフニの朗読も、何度か聞いていると、多少は聞き取れた~。
答え合せにと見たら、身に沁みました。
『The Gift of the The Giving Tree』
http://jp.youtube.com/watch?v=J0uvxoNzwvg&feature=related
大人のための絵本です。ひとりの子の父となったリュジン氏が朗読してくれたら・・・と想像してしまう。。

食い倒れ、私は腹話術の人形かと思いましたが、フニゲルには、ピノキオの絵と一緒にいました。愛だろうか?リハーサル姿が一番良いというのは日韓同じ意見。なんとかしてくれスタイリスト。

『イルジメ』はこれから2話まとめて見ます。

  • 投稿者: cha
  • 2008/05/23(金) 12:28:25
  • [編集]

今日は5回も聞きました(応)

あぁ、何だろうこの余韻…。
それでも幸せだったと言える人生だったら、ヘンボッカムニダ…
振られ役専門で惜しみない愛を与えることの多かったリュジン氏にもぜひ朗読してほしい!
今度日本でファンミがあったら、日本語で詩を朗読したいと言ってらっしゃったリュジン氏。
私たちはあなたの日本語が聞きたいわけじゃない…美しい韓国語の響きが聞きたいのよ…。
チフン氏、モデル風情の胸をハダケたシャツにも違和感あり…きっちりしたダーク系のスーツで歌って欲しかった。
スンハのままで、口をモゴモゴさせながら…。

  • 投稿者: torako
  • 2008/05/24(土) 00:12:18
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。