スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『光州5・18(華麗なる休暇)』OSTと「民衆歌謡」

  • 2008/05/14(水) 00:00:00

日曜日に同居人と二人で、『光州5・18(華麗なる休暇)』を見に映画館に出かけました。政治的背景の描き込みが少し薄い印象を受けましたが、その分、銃弾の下で命を落としていった人々の姿が重く心に残っています。近日中にtorako風感想(ネタバレあり?)を書こうと思っていますが、今日はOSTのことを少しだけ…。

kyuka_1_1.jpg

01. 5월의 서막[prologue]
02. 화려한 휴가
03. 별이빛난 오후
04. 사랑의 그림자
05. 진입[進入]
06. Escape
07. 당신을 압니다
08. 왕사[枉死]
09. 광국재해[狂國災害]
10. 진혼곡 (鎭魂曲)
11. 대한민국 만세
12. 동행의 미사[Mass]
13. 대응 [對應]
14. 자유의 깃발
15. 그날의 서곡[序曲]
16. 잃어버린 하늘
17. 되찾은 평온
18. Fear
19. 영혼
20. 영이별 I [永離別]
21. 영이별 II [永離別] orchestration
22. 신의 은총[恩寵]이 함께하여 주소서
23. 자유의 소망
24 04:00
25. 우리를 잊지말아주세요
26. 님 가시는길 편하옵소서
27. 임을위한 행진곡
28. 5.18

映画を見終わって、販売コーナーでOSTを売っているのを見つけました。なぜか2枚組です。1枚目は普通に『화려한 휴가(華麗なる休暇)』のOST。もう一枚パッケージされていたのが、『아가미(アガミ・魚のエラ)』というアルバム。
これは、70~80年代、まさに光州事件がおこった時代の「民衆歌謡(민중가요)」のリメイクアルバムのようです。韓国で民衆歌謡といえば、民主化運動や労働運動などのさまざまな闘いの中から、作られた歌のジャンルです。軍事独裁政権下では発禁処分とされましたが、草の根で歌い継がれていきました。

agami_1.jpg

01. Intro 숨 - 이자람
02. 불행아 - 이적
03. 사랑노래 - 스윗소로우
04. 미칠 것 같은 이 세상 - WindyCity
05. 영산강 - 정재일
06. 빼앗긴 들에도 봄은 오는가 - 채수연,이은혜,김현정
07. 불나비 - 나비효과
08. 민주_햇살 - MOT
09. 타는 목마름으로 - 전제덕
10. 어머니 - 문화활동가와 그 벗들
11. 임을 위한 행진곡 - PartI 하림
PartII 한대수.문화활동가와 그 벗들
12. 오월이야기 - 정세훈

映画のラストシーン、「笑わない花嫁」のシーンで流れた「임을 위한 행진곡(ニムのための行進曲)」は映画のOSTではインストだけですが、『아가미』では韓国のスティビー・ワンダー(勝手に言ってすみません)ハン・デス(한대수)が歌っています。強い慶尚道なまりとしゃがれた歌声のハン・デス、『光州5・18』のキム・ジフン監督も慶尚道出身。
光州のある全羅道と地域間の感情的対立が激しい慶尚道出身者が関わっているのは偶然でしょうか。

キム・ジフン監督は…

「事件は暴徒や不純分子が起こしたと子どもの頃に教えられ、大学時代まで信じた。いずれ事件を理解できる映画を作りたいと考えていた。ざんげの思いを込めた作品でもある」(朝日新聞5月10日付朝刊文化欄)

…と語っています。

淡々とストーリーに忠実に重厚なBGMを編集した『화려한 휴가』のOSTと民衆歌謡を現代のアレンジで再現した『아가미』二枚で2,200円だったので、韓国で買うより高かったかも知れませんが、ちょっと得した気分になりました。


中国、四川省の地震は大変な被害になっているようです。倒壊した建物の下でいくつの命が失われているのでしょうか。こんな時は、何か自分にできることはないものかと思ってしまいます。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

『光州5・18(華麗なる休暇)』

torakoさん、こんばんは!
私も会社帰りの水曜日、『光州5・18』を見に行きました。いい映画でした。「いい映画」と一言では言えない衝撃があり、そしてまだ衝撃が大きく、なかなか抜けきれないでいます。岩波『世界』6月号、私も買って読みたいと思います!

  • 投稿者: シベリア
  • 2008/05/15(木) 00:35:46
  • [編集]

オサレとは縁なし

おぉ、シベリアさんも行かれたのですね。
圧倒的に胸に迫るものがあった一方で、わずかに違和感もありました。
その違和感が魚の小骨のように引っ掛かっています。
自分の中の整理も含めて、記事を書いていますが、ただのあらすじになりそうです。
ぜひシベリアさんの感想も聞かせてください。
『魔王』と『光州』そして、週末は『オンマ』そして何故か毎日『憎くても可愛くても』…ホームドラマとシビアなドラマにどっぷり漬かっています~。
『スポットライト』のようなオサレなドラマを見る日はいつのことか…?

  • 投稿者: torako
  • 2008/05/16(金) 00:53:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。