スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オンマが怒った」torako版 第23話

  • 2008/04/21(月) 00:00:00

엄마가 뿔났다 제23회

かなり唐突感のあるオンマへのソンムル(贈り物)攻撃が見事に玉砕したヨンス…。次なる作戦の相談に、アボジとお出かけ。「どこ行くの?」と脳天気な長男に「デートだよ~ん」と軽くいなすアボジ。伝統茶店みたいなところで、お茶を飲みながら深刻そうな表情で対策を練るヨンスとアボジ。困り果てながらも実はこのアボジ、娘に頼られて、嬉しいのかも?

onma_ep23_1.jpg

アボジとヨンスが並んで家に帰る途中、私はヨンスの携帯に電話を入れてみた。今日も普段着はKENZOオム?ファンがスーツ派とカジュアル派に別れてるんで、困るよな~。でも、弁護士の割にはスーツ姿が少ないかも。

onma_ep23_2.jpg

第22話で「まだ結婚もしていないのに何の権利があって…」ヨンスを傷つける暴言だ~とちょっと非難された私。論戦に勝つのが私の仕事、相手がヨンスだろうが容赦はしない…なんて、職業病?ちょっと反省したんで、今日は、「思いやり」路線で行くぞ~。

onma_ep23_3.jpg

私との電話を短めに切り上げ、アボジと帰宅したヨンス。オンマの顔を見ているうちに、もうこれ以上隠し続けることができなくなって、オンマに遂に告白してしまう…。いきなり今回のクライマックス~!!!

onma_ep23_4.jpg

그 사람 재혼남이에요
その人 再婚なのよ


どっひゃーっ!驚愕するオンマ
「こうなりゃヤケだ、言ってまえ」とさらに追い打ちをかけるヨンス

아이가 있어요 아홉살짜리 딸
子どもがいるのよ 9歳の娘

onma_ep23_7.jpg
どっひゃっひゃーっ!
もう耐えられないオンマは
「ギャーっ!」と異様な叫び声を上げる。

엄마 친구 자식들 중에 변호사 없다
オンマの友だちの子どもたちに弁護士はいない…

onma_ep23_8.jpg

ヨンスはナ家の自慢の娘、洗濯屋さんのつましい生活の中で、苦労していい大学に行かせて、ヨンスも親の期待に答えて弁護士になって…。36歳になるまで、結婚できなかったのが唯一の心配で、彼氏がいるって聞いて、喜びを隠せなかったオンマ…。でもその彼氏が

子持ちのバツいち
だったなんて~

リュジン氏みたいにかっちょよくて、弁護士だったら文句ないだろ…
と個人的には思うのですが…

onma_ep23_9.jpg

天国から地獄に突き落とされるオンマ、しかもアボジはその事実を知っていて、ヨンスと一緒に隠していた~。ヨンスとアボジを振り切って、自分の部屋に籠もるオンマ。いつも冷静なヨンスが、くしゃくしゃの顔で涙を流しながら叫ぶ~

결혼하고 싶다!
結婚したいのよ!
같이 살고 싶다!
一緒に暮らしたいのよ!

あぁ~ヨンス。そこまで私のことを…。反省するよ。これまでの心ない発言の数々…。日本でも私の「性格改造プロジェクト」が発足したみたいだし、これからは優しいジョンウォンを貫くよ。
ヨンスの涙の訴えも虚しく、オンマの強硬姿勢がかわらない、間に入ったアボジも辛そうだ…。原因を作ったのは私なのに…。出る幕なし。

onma_ep23_11.jpg

オンマを苦しめているのは十分わかっているのに、妹ヨンミにまで批判されたヨンス。どどーっと疲れ切って帰宅。よかった…今日はエレベーターで前妻に会わなかったようだ。

onma_ep23_12.jpg

ヨンスの部屋のロフトに隠れていた私。ソファにもたれてぐったりしているヨンスの様子を見に1階に降りていく…。「いたの?」と驚くヨンス。ヨンス…お前がしんどい時にはいつでも僕は君のそばに居るよ…。そっと肩を抱き寄せる私。またまたいいムード。

onma_ep23_13.jpg

さて、その頃、ZENSAIは…。ウリオモニと面談中。先週ヨンスと会って、彼女の人となりをチェックしたオモニは「もういい加減に理解せんかい!」とZENNSAIを説得に来た模様。

onma_ep23_14.jpg
どうでしょうか?
ジョンウォン性格改造プロジェクトチーム推薦
この優しい表情…

さすがウリオモニだ~。しかし、そんな説得に応じるZENSAIではない!逆ギレ!今気づいたが、ウリオモニは運転手付の高級車に乗って来ていた~。やっぱり私の実家はお・か・ね・も・ち?

onma_ep23_15.jpg

さて、ナ家では重苦しい空気の中、オンマがヤケ食い、なぜウリナラのドラマは「絶食」とか「ヤケ食い」とか、食に絡んだストレスの表現が多いんだろうか?なんて考えているうちに、オンマが嘔吐!オンマぁ、悲しいのはわかる、悔しいのもわかる、でも便器に顔を擦りつけて泣くのは…やっぱり…さっきハラボジと小姑が座りこんでいたでしょ!その便器~!

onma_ep23_16.jpg

さて、その頃、私はヨンスを励まそうと二人でチゲを作って、食事の準備。久々の料理シーン、まるでCMのようだ。

onma_ep23_17.jpg

その時、携帯の着メロが~。おっとソラからだ。今ヨンスを刺激すると大変なことになるぞ~。「アッパーの部屋に寄っていい?」とソラからの可愛い申し出に、心を鬼にして「アッパーは部屋にはいないんだ~」と電話を切る私。

onma_ep23_18.jpg

「いないんだって~」というソラ、一番怖いのはZENNSAIの目つき…。ここ何回かおとなしいけれど、何をたくらんでいるんだろう…。

onma_ep23_19.jpg

ソラの誘いを断ったと知ったヨンスは、なぜか不機嫌。うむむ…複雑。オンマも手強いが、ソラも相当手強い…。モンスター級の障害を乗り越えて、私たちの行く道の向こうには…?

onma_ep23_20.jpg

しかし、番組のファンも「障害を乗り越えて、ハッピーエンドなんて月並みなストーリーはつまらない」と言っているようだし~。明日はいよいよオンマとの直接対決!どうする、ジョンウォン!?

今回の私の出演時間
57分のうち6分00秒

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

親子対決

torakoさんアンニョ~ン!
23話レビューご苦労様でした!詳細な記事で今拝見させて頂きました。これだけ台詞も判ったらもうもうスッカリ完璧!素晴らしい!土曜日の『オンマ~』を思い出しながら読みました。土曜日はスッカリオンマVSヨンス対決でしたね。間に入ってるアッパーが痛々しくて、可愛かった笑。でもオンマの悲痛さは痛いほどこちらに伝わってきました。娘だけに納得出来ない男にやるのは絶対に認めたくないですもんね、、、大きくしてもこんな試練が待ってるんだ、、親って大変だなーー;

いよいよ24話で、本丸に向かうジョンウオン、、、昨日は活躍したかな?さあ、これから23話!!見れるといいな笑?^^;

  • 投稿者: Lime
  • 2008/04/21(月) 08:47:44
  • [編集]

今日も居眠り講座、あとで復習しときます

torakoさん、こんにちは!
tirakoさんのレビュー見て「お父さんとお母さんと、どっちが好き?」なんて愚問を思い出しました。子供は小さくても生きる本能は強い。自分に、より有利な答えをする。
ナ家では、アッパが一番くみしやすいのね。オンマはやさしそうだが、頑固なんだ。と思わせられました。ファジャンシル、きっとオンマは綺麗に掃除してるのね~。爪の垢、頂こうかなぁ。
今回のジョンウォンがやさしくてホッとしました。激しい論戦、所詮韓国では、痴話げんかに過ぎないのか?・・・
それにしても、もう話の中心じゃないのぉ?6分て・・・。

  • 投稿者: cha
  • 2008/04/21(月) 11:44:16
  • [編集]

ヨンスvsヨンミ

Limeさん、アンニョーン
ハハハ…23話のセリフは実はズルをしています(^^;)
韓国サイトのオンマの記事でセリフを紹介しているものがあったので…。
知ってる単語でも正確にハングルで書き取るのは私の実力では到底ムリエヨ…。
日々の訓練が大切ですよね。
結婚式の一週間前にオンマを動揺させたことに、ヨンミは激しく怒っていましたが、韓国の視聴者の中でも、ヨンス派とヨンミ派と分かれているようですね。
私も最初はヨンスに泣いて抗議するヨンミの態度が気に入らなかったんですが、よくよく考えてみると、オンマへの告白はヨンミの結婚式が終わってからでもよかったんじゃない?と思ったりしています。
24話は本丸に突入する寸前で終わってしまいましたね~。ダークスーツも遠目にしか拝めなかった~!来週に期待?
視聴率は伸び悩んでいるようですが、破綻なく見せ場をつくるところはさすが、キム・スヒョン作家!

  • 投稿者: torako
  • 2008/04/21(月) 21:34:49
  • [編集]

ジョンウォンも恐縮すればスヒョン

chaさん
今日のアンコール講座、鼻音化の勉強をしようと張り切っていたのに、雑音だらけで、録音に失敗した…。
やはり、リュジン道よりハングル道の道のりは遠いようです。(どちらも険しいけれど)
アッパーいい味出してますよね。これがベテランの味でしょうか?
やはり韓国でも弁護士一人育てるには、家族の犠牲は大きい?。ジョンウォン実家はお金持ちそうだけど、ナ家は庶民だもんね~。
韓ドラを見ていて思うのは、子どもの結婚にかける親の期待の大きさ…。
私は、挨拶の時に「メシマコンブ」を持っていっても怒らない家なら、どんな婿でも結構なんですが…。
オンマに気を遣うリュジン氏の姿に、ソヌ・ワンの前で恐縮するスヒョンがだぶる…。
恐縮しているリュジン氏はひときわ端正にみえます。

  • 投稿者: torako
  • 2008/04/21(月) 21:43:23
  • [編集]

共感できません

torakoさん あんにょ~ん

再放送も23話まで来ました!朝の放送を録画して夜に見ています。
リュジン氏カップルはステキだし、これからどうなるのかなぁ~と期待しています。でも、ドラマとしては、騒々しい人が多いし、何より主人公のオンンマの気持ちに共感できません・・・
韓国では、親が子どもの結婚に「死んでも許しません」って宣言して、「親子の縁を切る」って叫ぶことがフツーにあるのかなぁと思ってしまいます。スンジョ弁護士も苦労?しました。
今回も、娘の結婚したい相手が「バツイチ」「子持ち」というだけで、その人物・人間性は関係なく切って捨てる、というのが理解できないです・・・娘の涙より自分のプライドが大事なのかな? 泣いたり叫んだり、過剰な反応も苦手だなぁ・・・(こんなことでは韓国ドラマは見れない?)
私も、バツイチでもこぶつきでも、リュジン氏くらいかっこよくて弁護士ならええやんか!って思います!リュジン氏ならOKよ!
残念ながら私には娘がいないので、リュジン氏が婿に来てくれる可能性はありませんが・・・

ヨンスに肩入れしてしまうのは、自分も同じような状況で結婚したからだと思います。弁護士じゃないですけどね^^
うちの親は泣いたり怒鳴ったりしなかったし、反対もしませんでしたが、親戚からはいろいろ言われたらしいことを随分後で聞きました。あ~20年以上昔のことを思い出しちゃいました!

ドラマの続き、リュジン氏のステキなスーツ姿が楽しみで~す!!

  • 投稿者: yukippe
  • 2009/12/19(土) 00:29:35
  • [編集]

ジョンウォンが婿なら即決!

yukippeさん
アンニョーン♪
そうですね~私もオンマが結婚に反対するのは、自分のプライド?と思っちゃいました。
長男(ヨンスの弟)が年上の彼女と「できちゃった結婚」した時は、そんなに怒らなかったのにねぇ~。オンマにとって弁護士やってるヨンスは、超自慢の娘だったんでしょうね…そんな娘が子持ちのバツイチと…ということで逆上しちゃってるのはわかるんだけど…。
「愛する子どもが選んだ人だから…」と黙って認める母親は、韓国ドラマではまず登場しませんね…。
でも、とことん反対しても最後は折れるし、折れた後は面倒見がいいのも韓国オンマのいいところ…子どもの背中をバシバシ叩くのも、愛情表現ということで…

私も久しぶりにジョンウォンの姿を見て、「あぁ~やっぱり、リュジン氏いいわぁ~」とため息をついています。カジュアルな服もスーツもセンスが良くて、セフンとは大違い(汗)
オンマを見て、セフンも同時に見ると、セフンが情けなくなりませんか?
あぁ~もう土曜日…今夜はどうなることやら…

  • 投稿者: torako
  • 2009/12/19(土) 01:06:01
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。