スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『華麗なる休暇』(光州5・18)5月10日から日本公開

  • 2008/04/19(土) 00:00:00

1980年5月18日にはじまった「光州事件」を本格的に描いた初めての映画、『華麗なる休暇 화려한 휴가』(邦題『光州5・18』)が5月10日から全国でロードショー公開されます。

kyuka_1.jpg

原題の「華麗なる休暇」は、光州事件の鎮圧軍の作戦名で、国軍が市民に銃を向けたこの事件を象徴する題名ですが、日本ではわかりやすいように、そのものズバリの『光州5・18』に改められました。

◆ 『光州5・18』日本公式サイト ◆

kyuka_4.jpg

日本公式ホームページも開いていて、この事件が起きた1980年に、日本では何が起きていたか(山口百恵が婚約・モスクワ五輪不参加など)を見ることができる年表と、当時の日本の新聞記事(「光州暴動」と書かれていますね…)をリンクさせたコーナーがあるなど、けっこう工夫されています。

kyuka_5.jpg

アン・ソンギ、キム・サンギョン@世宗大王、イ・ヨウォン@リュジン氏主演『純情』ヒロイン、イ・ジュンギなど人気のある俳優陣を揃えているので、そのことでも話題になっていますが、軍事政権~パク・チョンヒ大統領射殺~光州事件に至るまでの韓国現代史をどのように理解するのか、日本人にとってこの事件とは何か、「京ス」の時代よりも別の意味でさらに複雑な国際関係の中で、無関係ではない重さを感じます。

kyuka_2.jpg

字幕のない韓国版を知人から借りているのですが、やはり内容をきちんと理解するためには、日本語字幕のロードショーを見に行かなくては…と思いつつ、時間ができたら先に見てしまうかも…。

kyuka_3.jpg

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

「私たちを忘れないでください」

torakoさん、こんばんわ~
見てしまいました・・。「私たちを忘れないでください」宣伝カーに乗って、シネ(イ・ヨウォン)が言ってたセリフです。
夕飯の準備をしながら、ウルウルするのは「魔王」以来です。「華麗なる休暇」という言葉のイメージと現実に起きたこととの落差が一層残酷です。笑わない花嫁のこのシーン。
ほんの28年前に起きたことだということも。。
ロードショーに行かれる際には、ハンカチ、ティシュをお忘れなく。
今夜の「オンマ」も悲しいなぁ。でも幸せに感じる。

  • 投稿者: cha
  • 2008/04/19(土) 20:42:04
  • [編集]

忘れ得ぬ人々…

わー!chaさん、『華麗なる休暇』ご覧になったんですね~。
手元にあるので、見よう見ようと思いながら、ちょっと見るのに緊張そうで…。
でも、chaさんの教えてくれたセリフ
「私たちを忘れないでください」
これだけで、この作品が言い表されているような、この言葉を聞いただけで、背中がゾクリとするような、特別な感慨のある言葉ですね。
今ちょうど『オンマ』見終わりました。
今日のジョンウォンは短かったけど、思いやりがあって良かったな…。
末娘の反応には、ちょっとびっくりしました…。
最後の頼りはやはりハラボジか?
長~い予告編、これが全部明日の内容なら、スゴイですね。
ここらへんで視聴率30%台安定確保の勝負をかけているんでしょうか?
遂に、ジョンウォン、オンマと直接対決。
ブルーのサマーセーターは素敵ですが、オンマ攻略にはスーツが良いような。

  • 投稿者: torako
  • 2008/04/19(土) 21:07:54
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。