スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュ・クンドク 秋勤徳

  • 2007/09/07(金) 00:00:00

kyonsu_kundok.jpg

チュ・クンドク 추근덕 秋勤徳


1908年生(推定) 29歳 守り 見守る「影」の男

조선의 혼을 고취하고 민족 대단결을 촉구하며
朝鮮の魂を鼓舞し 民族の大団結を促進し
식민 지배를 타파하고 자주독립을 실현하며
植民支配を打破し 自主独立を実現して
충의와 희생정신으로 정의사회를 구현하고
忠義と犠牲精神で正義社会を具現して
민중의 민중을 위한
民衆の 民衆のための
민중에 의한 자유평등국가의 건설을 지향하며…
民衆による自由平等国家の建設を指向して…

三一独立運動(1919年)の際に、家族が皆殺され、天涯孤独の身に。当時少年(11歳)だったクンドクは、義士会に拾われ、ロシア・沿海州で成長する。19歳の時、4歳年下のソンジュがロシアに連れられてきた際に、彼女の教育係になる。その後、ソンジュとともに京城に戻り、ミョンビンカンに入る。…ここまでtorakoの想像です。

現在はミョンビンカンの運転手兼用心棒。射撃の腕も一流。「エムルダン」の構成員と首長との連絡役も勤める。
常にソンジュの「影」の存在として、守り、見守る。ソヌ・ワンを「坊ちゃん」と呼んで世話を焼き、ミョンビンカンの若いキーセンたちの面倒をよく見る、良き兄貴分でもある。

クンドク氏の漢字表記も全くの想像です。揺れることもなく、真面目に「任務」に取り組むクンドク氏のイメージで。でも、どんな生い立ちか、家族はいるのか、全く彼のプライベートはわかりません。彼の気遣いや優しさから感じるのは「天涯孤独」という言葉…。ある意味、スヒョンよりもソンジュの身を案じていたのは、この人かも知れませんね。



チャン・テソンさん、1980年生まれです…まだ26歳です。う・う・う…若い…「学校3」(2000年)でデビューされたそうです。リュジン氏より8歳も年下なのはしかたがないにしても、ハン・ゴウンさん、カン・ジファン氏より年下なんですよね~。はじめは30代にしようかなーと思ったのですが、俳優さんの実年齢があまりにも若いので20代にしてみました…。でも、ワンより年下にはできないので、29歳くらいでいかがでしょうか。このクンドク役、結構、「おいしい」役ですよね。最初は「長州小力」によく似てる人が出ている…くらいの印象でしたが、どんどん役が重くなってきて、最後はなかなか格好よかったです。きっと隠れクンドクファンもいるのではないでしょうか。隠れてないで名乗り出てください。

※記事の翻訳部分はna-mimさまのブログを参考にしています

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんにちは、

何日かソウルに行ったり来たりして疲れが出て
昨日はダウンしちゃいました。
 torakoさんが毎日ブログに新しい記事を
書き込んでらっしゃるのは本当にすごいと
思います。
 きょんそんスキャンダルの登場人物を
一人一人想像して書き込んでらっしゃるのが
また、新鮮です。
 主役でもないのに ものすごく印象に
残り感動した役が あのチュグンドクさんでした。
チャソンジュといっしょに自分のためじゃなく、お国のために生きて
お国のために命をかけ、この国を守ってくれた人。

今の私たちがこうして幸福に暮らしているのを
初めて本当に心から感謝し、すごいとおもいました。
だからもっときょんそんスキャンダルが本当に
いいドラマだと思うようになるんです。
 今でもそのラストシーンの場面を考えると
鳥肌が立つくらい心に残りました。
早くもっとたくさんの人々に見てほしいですね。

 私は週末に両親といっしょに映画館で
ALWAYS三丁目の夕日を見ました。
前から日本で話題になった映画だと聞いていたので
見たかったのですが、近くの映画館で小さな日本映画際を
開いたのでいい機会でした。
映像もきれいだったし心温かくなるストーリで本当に
良かったです。両親も本当に良かったと喜びました。
映画の時代背景が母の子供のころだったので、とても
懐かしがっていました。

 韓国旅行はどうでしたか。
最近こっちはずっと雨か曇りでしたので。。

 じゃ、また 遊びにきます。

 

 

  • 投稿者: naneunna
  • 2007/09/07(金) 12:20:49
  • [編集]

明日から韓国に行きます

naneunnaさん、こんばんわ~

体調は大丈夫ですか?そろそろ夏の疲れが出る時期なので、十分休養を取ってくださいね。
私の韓国行きは、明日の朝からです。午前中の便で釜山に行き、土・日は研究会形式の会議に出席する予定です。
月曜日は慶州で史跡めぐりをして、火曜日に釜山からソウルに移動、水曜日の夜に日本に帰国する予定です。
昨日は日本にも台風がやってきました。私の住んでいる地域はほとんど被害はありませんでしたが、直撃したところは大変だったようです。

クンドク・オッパーの記事、読んでいただいてありがとうございます。主役4人を別にして他の登場人物の経歴は、ほとんどわからないので、私の勝手な想像ですが、それを考えるのも楽しいものです。

3丁目の夕日は、日本でも大ブームになりましたよ。今のようにモノが溢れていないけれど、人情が厚くて、みんなが小さな幸せを夢見ていた時代。そんな時代への共感がしみじみと伝わるいい映画だったと思います。昭和30年代は、私もまだ生まれていなかったけれど、何か懐かしいような気持ちになりました。

ご両親と映画を見に行けるなんて、すごく仲が良くてうらやましいです。
私は、母が数年前に亡くなり、父は今私の住んでいるところから、離れた地域で暮らしているので、年に3~4回会うくらいです。
韓国に行ったら、おみやげを買って送らなくちゃ。少し親孝行したくなりました。
カン・ジファンさんは、11月から始まる新しいドラマに出演が決まったようですね。リュジンさんはやっぱりしばらくお休みかしら…。
また、韓国から帰ってきたら、感想を書きますね。
くれぐれも体に気をつけてください。元気が一番ですから。
それでは、また、お話しましょう!

  • 投稿者: torako
  • 2007/09/07(金) 22:20:45
  • [編集]

アンニョンハセヨ

 今 韓国にいらっしゃるから 今日は韓国語で挨拶して見ました。
日本にお帰りになるまで 新しいコメントは見れないと思ってましたので
今日来てみて少し驚きました。torakoさんがこのブログを楽しんで管理
なさってるんだなと思いました。
 お母さんが早くお亡くなりになったんですね。少し驚きました。
私こう言う時、どう言えばいいか分からなくて。。。私の日本語が
たりなくてすみません。もっとがんばらなければならないと思いました。
実は私も子供のころから病気を患ってきて高校生の時に危険な状態におちいった
ことがありました。苦しかった日々を乗り越えられたのはやっぱり家族の
おかげでした。私の宝物一号は家族です。torakoさんも家族の大切さを
誰よりもよく感じられているのではないでしょうか。

 ついにきょんそんスキャンダルのDVDが発売されます。お金も
振込みました。いまから わくわくしてたまりません。
ほかの俳優さんたちは もうつぎのドラマが決まり始めています。
ハンジミンさんは早くも今月の17日から始まる時代劇ドラマに
もちろん主役として出演します。
 カンジファンさんは<ホンギルドン>と言う韓国の伝説の英雄
物語の主役に抜擢されましたが、放送が1月に変更されました。でも、
きょんス廃人たちは喜んでいます。なぜかと言うとハンジミンさんの
ドラマと同じ曜日に放送される予定だったのですごく心配していたからです。
特に<ホンギルドン>はきょんそんスキャンダルみたいにフュージョン
ドラマだと聞きましたので楽しみです。
 明日からはついにぺヨンジュンさんのドラマが始まります。
日本のファンの方々がすごく見たがってらっしゃると聞きました。
 でも、かんじんなリュジンさんは まだ話が出ないので、とても
残念です。早くリュジンさんの新しい姿をみたいですね。
 じゃ、楽しい旅行をなさってください。
お体にきをつけて。。。
 

  • 投稿者: naneunna
  • 2007/09/10(月) 18:45:17
  • [編集]

祝!京スDVD発売!

naneunnaさん、こんばんわ
明日の朝、釜山からKTXに乗ってソウルに移動します。
naneunnaさんが住んでいる天安も通りますよね。すごく近くにいることが何だか不思議でです。
いやー本当に楽しんでブログをやっています。ホテル備え付けのパソコンのLANケーブルを抜いて、自分のノートパソコンにつなげれば、日本と同じように記事がアップできるなんて、さすがネットの世界はグローバルですね。
韓国では、食事をする時、食べきれないくらいたくさんのおかずを出してくれるので、少々食べ過ぎで、こちらにいる間に太ってしまいそう…。
でも、気候は日本と比べ爽やかなので、とても気持ちよく過ごしています。
新しい記事でも書いたように、今日の日中は慶州に行って、夜釜山で食事をして、夜景も見てきました。
韓国語が挨拶くらいしか話せないのと、英語も中途半端なので、通訳なしで韓国の人と話があまりできず、残念です。
日本に帰ったら、もっと韓国語の勉強をしなければ…。
naneunnaさんの「家族は宝物第一号」という言葉、すごく素敵ですね。子どもが病気で苦しんでいる時、きっとご両親は自分が病気になるより、何倍も苦しい思いをされたのではないかと思います。でも、それを乗り越えて、仲良く暮らせることって本当に幸せなことですよね。

京スのDVD発売!ビッグニュース!naneunnaさんの手元に届いたら、すぐにどんな内容か是非教えてくださいね。
日本のリュジンファンも次回作を首を長くして待っています。京スの記事を書きながら、少し前のリュジン氏出演作(「純情」「ストック」「ソドンヨ」)などの写真を時々記事に入れています。結構日本で放送されたものも多いので…。

それでは、あと2日ですが、韓国で色々な体験をしたいと思います。アンニョーン!

  • 投稿者: torako
  • 2007/09/11(火) 01:35:24
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。