スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釜山で『追撃者』を見る

  • 2008/02/19(火) 00:00:00

추격자 追撃者

한국 2008.2.14封切
나홍진(ナ・ホンジン)監督

김윤석(キム・ユンソク)・하정우(ハ・ジョンウ)・서영희(ソ・ヨンヒ)
김유정(キム・ウジョン)・정인기(チョン・ミンギ)

chaser_7.jpg

『オンマが怒った』第6話。リュジン氏の出演時間のあまりの短さに腹を立て、近くの映画館にレイトショーを見に行きました。
当初、見ようと思っていたのが、リュジン氏の親友キム・ミョンミン氏とリュジン氏を袖にしたソン・イェジン嬢の『無防備都市』…しかし、その映画館ではもう上映していなくて(2月中旬に新作を入れ替えたようです)

chaser_6.jpg

上映時間をチェックして、選んだのが22:20~の『추격자』以前Limeさんのブログで紹介されているのを読んでいたのと、『復活』で見た、キム・ユンソク氏が気になっていたから…。

chaser_5.jpg

『HIT』を見ていないので、もう一方の「殺人鬼」役ハ・ジョンウ氏は先入観なしで見ました。

chaser_3.jpg

感想はまた改めて…。昨夜は軽い興奮で、なかなか寝つけないほど。ユンソク氏は『復活』の頃よりも少し顔がふっくらしていて、季節が夏の設定なので、とにかく「むさくるしい」「汚い」ほとんど最初から最後まで同じシャツを着ているし(ダサいアジョシシャツ)髭もどんどん伸びてくるし、街でいかがわしチラシを配ってマッサージ嬢(売春)を斡旋するユンソク氏。よくわからなかったけど、元刑事なのかな?警察に知り合いが多い様子。

chaser_2.jpg

でも、これが良いんです…。何か哀感というか、底辺を這いずり回っている男のふとした優しさというか、ユーモアも随所に絡めて、観客は殺人シーンに戦慄し、緊張しながらも、ユンソク氏と周囲の掛け合いに泣き笑い…。ラストシーン、病院のベッドで何も知らず眠るヒロイン?(ほとんど血だらけで倒れていただけだけど)の娘の小さな手をユンソク氏がそっと握りしめ、深いため息をつく…。

chaser_1.jpg

敵に囲まれた戦場で、寄り添いながらつかの間の安息…、病院の窓からは、「美しいソウル」ではなく「薄汚れた街、雨に濡れたソウル」が見える。
うーんハード&ダーティ。

字幕なしでも十分楽しめました~。これは日本でも上映してほしい!


うーん、いつもながら、こんなドロドロしたダーティな作品にリュジン氏が出ることがあるんでしょうか?もういい年なんだから、コメディ狙いもいいけれど、思いっきり汚い風体で、こんな映画も出てほしい!どこかのインタビューで、夜通し酒を酌み交わしながら撮影するような『映画』よりもTVドラマの方がいい、みたいなことを言ってらっしゃったけど、奥様との約束のキスシーンの禁は破れたんだから、殺人&血ドロドロもいいんじゃないの?
もし、そんな話があったら、封切りしたら、絶対見に行くからね~。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。