スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3話 ロマンと闘争~ワンと林和と日本~その2

  • 2007/09/02(日) 00:00:00

(その1から続く…)
林和の名前は、1962年に発表された松本清張の小説『北の詩人』によって、日本でもよく知られています。小説では、日帝に協力した過去の精算と、肺結核の特効薬欲しさに米軍政に仲間の情報を流してしまう林和の内面の苦悩が克明に描かれています。しかし、この小説は北側の裁判記録をもとに書かれているので、小説で描かれている林和の「日帝に協力した過去」「スパイ行為」については、あくまでフィクションとして見る必要があると思います。

kyonsu_shyonrain_1.jpg

もう一つ知られているのが、日本を代表するプロレタリア文学者中野重冶(1902~1979)が親しい朝鮮の友人の強制送還に際して発表した詩「雨の降る品川駅」と、林和との関係です。

「雨の降る品川駅」 中野重治(1929年2月)

辛よ さよなら
金よ さよなら
君らは雨の降る品川駅から乗車する

李よ さよなら
も一人の李よ さよなら
君らは君らの父母の国にかえる

君らの国の川はさむい冬に凍る
君らの叛逆するこころはわかれの一瞬に凍る

海は夕ぐれのなかに海鳴りの声をたかめる
鳩は雨にぬれて車庫のやねからまいおりる

君らは雨にぬれて君らを追う日本の天皇を思い出す
君らは雨にぬれて 彼の髪の毛 彼の狭い額 彼の眼鏡
彼の髭 彼の醜い猫背を思い出す
ふりしぶく雨のなかに緑のシグナルはあがる
ふりしぶく雨のなかに君らの瞳はとがる

雨は敷石にそそぎ暗い海面におちかかる
雨は君らの熱い頬にきえる

君らのくろい影は改札口をよぎる
君らの白いモスソは歩廊の闇にひるがえる

シグナルは色をかえる
君らは乗りこむ

君らは出発する
君らは去る

さよなら 辛
さよなら 金
さよなら 李
さよなら 女の李

行ってあのかたい 厚い なめらかな氷をたたきわれ
ながく堰かれていた水をしてほとばしらしめよ
日本プロレタリアートのうしろ盾まえ盾

そして再び
海峡を踊りこえて舞い戻れ
神戸 名古屋を経て 東京に入り込み
彼の身辺に近づき
彼の面前にあらわれ
彼を捕え
彼の顎を突き上げて保ち
彼の胸元に刃物を突き刺し
返り血を浴びて
温りある復讐の歓喜のなかに泣き笑え

kyonsu_suhyonrain_2.jpg

この詩は、雑誌『改造』(1929年2月号)に発表された当時、「日本の天皇」に関する部分や、天皇の暗殺を思わせる最後の部分は「伏字」となっていました。

しかし続いて出版された、林和も所属する東京在住の若い朝鮮人や留学生の組織「無産者社」の機関紙『無産者』(1929年5月号)では、朝鮮語訳が伏字なしで掲載されました。当時東京にいた林和は中野の詩に対する「応答歌」として1929年9月に、追放されて朝鮮に追われて行く人が、日本に残る女性に訴える内容の「雨傘さす横浜埠頭」という詩を作っています。残念ながら日本語訳を見つけられなかったので、林和の詩はまだ読んでいません(^^;)

中野重治の詩とそれに応答する林和の姿は、当時日本と朝鮮でプロレタリア文学運動に携わった若者たちの、民族や国家を超越した連帯感を感動的にあらわしています。しかし、同時に、植民地支配下という条件の下での「民族主義」と「階級闘争」との間に横たわる「限界と矛盾」もあらわしているようです。

「雨の降る品川駅」にちなんで、「京ス」で雨の降っているリュジンさんのシーンをセレクトしました…。林和さんもとても端正なお顔立ちだったそうです。スヒョンと林和を重ね合わせてお読みください。ちょうど林和が東京に留学していた頃、スヒョンも東京にいたかも知れませんね。林和は悲劇的な人生を歩んでしまったけれど、スヒョンは…?

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

李朝残影

torako様、私も確かに「物足りなさ」を感じました。
タイトルが切なく思えたのもそのせいかも。
感傷や良心の呵責を超えた「何か」までを描いてほしかったです。

  • 投稿者: 御所
  • 2007/09/03(月) 12:04:21
  • [編集]

朴奎学

御所さま
おはようございます
残暑の日本で朝っぱらから『李朝残影』を語るのも似つかわしくないのですが…。
主人公を「明月館」(おーミョンビンカンに響きが似ている)に案内した謎のインテリ紳士「朴奎学」をリュジンさんに演ってほしいと思いました。
1940年の夏の設定の李朝残影で、朴奎学は「麻のスーツ」を着ていますが、そういえば「京城スキャンダル」でリュジンさん、麻のスーツは着てませんでしたね。
御所さまのスタイルブックに白い麻のスーツ姿のリュジン氏を加えていただけたら。
でも、膨張色は不安かも?う・う・う
産休・育休に入るのであれば、せめて体を鍛えておいてちょうだい!

  • 投稿者: torako
  • 2007/09/04(火) 07:44:24
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。