スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3話 ロマンと闘争~ワンと林和と日本~その1

  • 2007/09/01(土) 00:00:00

ヨギョンの気を引こうとワン@カン・ジファン氏が諧和堂(ヘファダン)で3時間粘って詩集を朗読します(第3話シーン48)

kyonsu_imufa_1.jpg
この詩集は、林和(1908~1953・イムファ)の『暗黒の精神』
(1934年10月発表)です

kyonsu_imfa_5.jpg
長い詩なので、ワンが朗読していた部分だけ紹介します。

kyonsu_imfa_2.jpg

암흑의정신 임화
暗黒の精神 林和

너는 두려워하느냐?
おまえは恐ろしいのか?
사는 것을…
生きることが…
너는 아파하느냐?
おまえは辛いのか?
청년인 우리들이 생존하고 성장하는 도포인
青年であるわたしたちが 生存して 成長して
「나이」가 하나 둘 늘어가는 것을!
「年」が一つ 二つ増えていくことを!
영리한 새여
賢い鳥よ
아직도 양심의 불씨가 꺼지지 않은 조그만 심장이여!
まだ良心の火種が消えない小さな心臓よ!
불룩 내민 그 귀여운 가슴을 두드리면서
ふっくらと突き出したそのかわいい胸を打ちながら
이렇게 소리쳐라!
このように叫びなさい!


kyonsu_imfa_3.jpg

林和は日本留学の経験のあるプロレタリア詩人。1932年には朝鮮プロレタリア芸術同盟(カップ=エスペラント語でKorea Artista Proleta Federation = KAPF)の書記長となります。その後、カップは1935年に解体。解放後は「朝鮮文学家同盟」の結成を主導しますが、南北対立の中、1947年北に渡り、1953年に「米帝のスパイ」容疑で処刑されます。

kyonsu_imfa_4.jpg

彼の詩の特徴は、比較的長文であるということ、「ロマンチシズムを軸にしながら階級闘争(民族独立闘争)を歌っている」点にあると言われているそうです。
「ロマンと独立闘争」なんて、ワンが、ヨギョンの気を引くために朗読する詩としてびったりだと思いませんか?(その2に続く…)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。