スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12話 フンドゥルリスニッカヨ…「揺れた」からです その1

  • 2008/01/26(土) 00:00:00

第11話、「京城廃人同盟」を思いっきり動揺させた、衝撃のラストから一週間。第12話のオープニングは例の京城郊外の廃屋のシーンからはじまります。(第12話シーン3)
思いっきりネタバレなので、衛劇視聴組のみなさんは、これ以上読まないでください!

kyonsu_fundul_1.jpg

この場面でのイ・スヒョン@リュジン氏、めっちゃ素敵です。2月2日(土)からはじまる「オンマが怒った」制作発表会で、何と!5キロの減量に成功したリュジン氏。
減量前でもこのスヒョンは素敵だ~。減量してたら…もう正視できない~(^^;)
素っ気ない丁寧語のセリフが、長い間、本来の自分を偽装してきたスヒョンの生き方をあらわしているようです。

kyonsu_fundul_2.jpg

정말 대단한 위장이네요
本当にすごい偽装ですね
설명 좀 해주시겠어요?
ちょっと説明してくださいますか?

보고 계신 그대로입니다
ご覧の通りです
따로 설명이 필요합니까?
他に説明が必要ですか?

kyonsu_fundul_3.jpg

그동안 그 모든 지령을 내린 게 당신이었어요?
これまで全ての指令を出したのはあなただったのですか?

그렇습니다
そうです

그동안 내 앞에 나타나,
これまで私の前に現れて
협박 아닌 협박을 한 것도 결국
脅迫ともつかない脅迫をしたことも結局
경고 차원이었던 거군요 그러니까
警告のおつもりでしたのね。だから…

kyonsu_fundul_4.jpg

먹히진 않았지만, 노력은 했습니다.
受け入れられなくても、努力はしました

도대체 조직원들에게까지
組織員たちにまで
자신의 존재를 숨기는 이유는 뭐죠?
自分の存在を隠す理由は一体何ですか?

조직원 간에
組織員たちの間で
서로를 알아보는 것 이상의 위험이란 없으니까요.
お互いを知っている以上の危険はないからです

kyonsu_fundul_5.jpg

그럼 친구한테는 어떤가요?
じゃあ、友達に対してはどうですか?

무슨 말씀을 하시는지 잘 모르겠군요
何のことをおっしゃってるのかよく分からないですね

선우완과 이수현, 두 사람 사이에
ソヌ・ワンとイ・スヒョン、二人の間に
풀어야 할 오해가 있는 거 아닌가요?
解かなければならない誤解があるのじゃないですか?

kyonsu_fundul_6.jpg

조직의 보안을 위해
組織の保安のためには
그 어떤 경우에도 예외란 없습니다
どんな場合も例外はないのです


 

第12話シーン3
京城の廃屋で対峙する
スヒョンとソンジュ
その1



그럼 이제 와서 정체를 밝히는 이유는 또 뭔가요?
じゃあ、ここに来て正体を明らかにする理由は何ですか?
차송주씨가 너무 깊이 파고들려 했기 때문입니다
チャ・ソンジュさんがあまりに深く入り込んだからです

내가 파고들기 전에
私が、深く入り込む前に
먼저 말해줄 순 없었나요?
先におっしゃっていただくことはできなかったのですか?

kyonsu_fundul_7.jpg

같은 이야기를 반복하고 싶진 않군요
同じ話を繰り返したくはありません
내가 말할 수 있는 건 여기까집니다
僕がお話できるのはここまでです

수장의 존재는 언젠가 때가 되면 밝히게 될 겁니다
首長の存在はいつか、時が来れば明らかになることでしょう
아직은 때가 아닙니다
まだその時ではありません

비밀을 지켜주셨으면 합니다
秘密を守ってくださるよう願っています

kyonsu_fundul_8.jpg

口調のそっけなさとはうらはらに、この場面でのスヒョンの表情は、これまでと比べて「柔らかく」なっているような気がします。偽装して生きるということは、ある意味、一人の人間の中に二人の人格を棲みつかせるということ。
あぁ、そうか、スヒョンの場合、「総督府のスヒョン」と「首長のスヒョン」だけではないですね。「ソンジュを愛する一人の男としてのスヒョン」がいました…。
これから、ほんのわずかな瞬間ですが「本当のスヒョン」がソンジュの前に姿をあらわします。

 

第12話シーン3
京城の廃屋で対峙する
スヒョンとソンジュ
その2


※記事の翻訳部分はna-mimさまのブログを参考にしています

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

やっぱりスヒョン!

torakoさん あんにょ~ん

世間ではリュジン氏新作ドラマの話題で盛り上がっているのに、ついて行けず、私はスヒョンどっぷりです~^^KBSWORLDの放送を毎回文句言いながらも見て、録画して・・・
前にも不満を聞いていただきましたが、今回の放送はほんとに字幕がだめだめなんです~v-42
11話エンディング&12話冒頭、スヒョンが振り向いて 「반갑습니다.차 송주씨. 애물단의 수장 이수현입니다.」って言う感動的な場面・・・字幕どうだったと思います?!
「会えてうれしいよ」「エムル団のボス、イ・スヒョンだ」
ですよ~!!ひどいでしょ~!!
torakoさんがおっしゃる「素っ気ない丁寧語」のセリフが、全く生かされていない日本語訳なんです全体に!。意訳でもいいけど、せめて語尾の印象は変えないでほしいです。「~だ」「~ている」などの言い切りでは、偉そうな上から目線の印象です。他の場面も全部そうなんですよ~
字幕って大事ですね~
気を取り直して、字幕を見ずに、スヒョン@リュジン氏に集中すれば、このソンジュとのやりとりは、息を詰めて見てしまうほどステキです。笑わないリュジン氏の表情が、でもここでは、まっすぐソンジュを見つめて、冷たいのでなく熱い気持ちがつたわるようで・・・ソンジュとのシーンは、いつも緊張感があり、美しいです。何度も何度も繰り返し見てしまいます。
ソンジュが帰ったあとで、スヒョンが拳銃を手に、ソンジュを撃ってしまった時のことや10年前の出会いを思い出すシーンで、スヒョンがふっと唇をゆがめて笑うんですが、この笑いはどういう思いなのかなぁ~と思うんです、いつも。自嘲気味な笑いなのかなぁ?
10年前のことが忘れられない自分がおかしいのか、そんな気持ちをソンジュに伝えられない自分が憐れなのか・・・とても印象に残る表情です。
長くなってすみません・・・
ヨギョンとサバンチギのシーンも大好きで、コメしたいんですが、たらたら長いコメになりそうで・・・

  • 投稿者: yukippe
  • 2010/04/10(土) 02:21:10
  • [編集]

憐憫と嘲笑

yukippeさん
こんばんは!
今朝から法事で札幌の実家に帰ってきています~まだ少し雪が残っていて、夜はやっぱり寒い!明日の夕方にはまた大阪に戻るとんぼ返りですが。。。
yukippeさんにコメントいただいて、スヒョンのいるページを開くと、私までドキドキしてきます!
でも…ゑ?何ですか~その字幕は!!
本当に何度も言うようですが、スヒョンの過去や今の立場、ソンジュとの微妙な関係を理解しないで、翻訳しないでいただきたい!言葉の壁のある日本人が見た時に、字幕のニュアンスでその登場人物の個性を判断してしまうかも知れないのに!
「京ス」のような素晴らしい台本の作品を訳す時には、作品を愛して仕事をしてほしいと切に願います~
11話ラストのこのシーン。リアルで見た時は、衝撃でした~(本当)ネタバレして振り返ればエムルダンの首長はスヒョン以外にないのですが、当時は、キム・タックではないか…いや、もしかして、ヨギョンの母では?など色々想像をめぐらせていたのを懐かしく思いだしています。
ソンジュが去ってからのスヒョン。銃を見つめた表情は、自分自身に対する憐憫ではないかと思いました。
ミンの死をきっかけに、家族も捨て、愛や恋や人間らしい感情を殺してきたはずなのに、ソンジュに対して、「揺れた」自分自身に対して、「ふっ」とよぎる憐れみ、いや、もしかして嘲笑に近い感情かも…yukippeさんも書かれているように憐れみと嘲笑…そんな微妙な表情の中にスヒョンの複雑な感情が見え隠れするような気がします。
サバンチギのシーンもぜひコメしてください~やっぱりいいですよね~「京ス」は最高です!

  • 投稿者: torako
  • 2010/04/10(土) 22:43:17
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。