スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衛星劇場からの返事 ソヌ・ワンの名前 その後…

  • 2008/01/10(木) 00:00:00

12月26日に衛星劇場で放送された『京城スキャンダル 日本語字幕版』第2話シーン47、ワン@カン・ジファン氏が上田サチコに向かって自己紹介するシーン
ワンの漢字表記が完()なのか、王()なのか…12月29日に衛星劇場の問い合せ窓口に送っていた質問メールのお返事をいただきました~。

kyonsu_wan_name_1.jpg
俺って「」?「」?

torakoから衛星劇場への質問メール

いつも楽しく視聴しています!12月26日からスタートした『京城スキャンダル』前評判どおりの面白さで、2時間半があっという間に過ぎました。
第2話を拝見しての質問なのですが、主人公ソヌ・ワンの名前(漢字表記)で、彼のセリフの日本語字幕が「王者の王と書いて王(ワン)です」となっていましたが、KBSの公式HPが提供しているシナリオでは「ワンです。完全の完の字を使います」となっています。
「王()」と「完()」では使用するハングルも違いますが、公式HPのキャスト紹介では、「完」にあたるハングル()で表記されているようです。日本語字幕を「王」にされているのは、何か意図あってのことでしょうか?

韓国での放送をきっかけに、『京城スキャンダル』に関するブログを立ち上げて、ファン同士で情報交換をしています。ワンの表記の違いはブログ上でも話題になっています。もし意図あってのことであれば、理由を教えていただけないでしょうか?

kyonsu_wan_name_3.jpg

衛星劇場からのお返事メール

いつも衛星劇場をご視聴いただき誠にありがとうございます。
昨年末にご指摘いただきました『京城スキャンダル』のソヌ・ワン漢字表記ですが、大変申し訳ございません。弊社の表記が間違っておりました。
問題の自己紹介の部分のセリフを、監修者、翻訳者ともに「完全(ワンジョン)」を、その後の助詞とつながった時に発音が類似する「王者(ワンジャ」と聞きとってしまい、その後、確認せず、お恥ずかしながら、ご指摘をいただいてはじめて認識した次第です。
今後このようなミスがないように気をつけます。
今後とも衛星劇場を宜しくお願い致します。
問題の誤字は部分はアンコール放送の際に訂正した字幕で放送をさせていただきます。
まだ、放送は先のことになってしまいますが、ご了承ください。



…とのことでした。年末年始にもかかわらず、きちんとしたお返事をしていただいた衛星劇場スタッフの方に、まずはお礼を申し上げます。
お返事メールで判明したこと&疑問は…
◆ 翻訳者の人は、台本を見ずに聞き取りだけで訳しているのだろうか?
◆ 衛劇版『京城スキャンダル』はアンコール放送がある!(1~4話見逃した人、安心してくださいね~)

kyonsu_wan_name_2.jpg
よかったね~
俺ってでした!
 

…ひとまず一件落着。アドバイスいただいた、na-mimさま、関心を持って見守っていただいたchaさんをはじめとしたみなさん、こういうことになりましたよ~。


リュジン氏の新作…というより韓国ではキム・スヒョン作家の新作として番宣されている『엄마가 뿔났다(オンマが怒った)』の撮影がいよいよ、1月5日からスタートした模様です(まだリュジン氏が出演する場面ではないようですが)。年末にキム・スヒョン作家が手術されたことなどがあり、放送開始は当初1月中旬とされていましたが、どうも2月にずれ込む模様。制作発表会もまだだよね~。

kyonsu_wan_name_4.jpg
『めっちゃ大好き』の時の
こんな雰囲気がいいんじゃない?
もっと三の線で狙ってますか?

ともかくリュジン氏が演じるバツイチの子連れ弁護士がどんな雰囲気なのか…いつも新作を待っている時はかすかな期待と大きな不安に苛まれるtorakoです~。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ブラボー!!!

torakoさん、すごい!!テレビ局を動かしましたね。それも些細であるようで、実は重要な問題で。プロの翻訳者を動かしたからすごいです。

1.torakoさんの行動力はすごい。
2.すぐに動いて訂正し、誠実な返事を送ってきた衛生劇場もえらい。
3.台本を見ないで訳しているなんて、さすがプロの字幕製作者だ。

うーん、仕事人ですね。

ところで、いつも読んでますがコメントをなかなかしなくてごめんなさい。京ス放送前のロケ地の記事は感激して読みました。もう撮影は始まってる頃なのに、たまたまその日はお休みだったのかな?でも貴重な写真を撮ってこられたのですね。

リュジン氏の次回作、いよいよですね。
>かすかな期待と大きな不安
ファンならではですね。

  • 投稿者: na-mim
  • 2008/01/10(木) 00:51:19
  • [編集]

エムルダン アイロンダン?

na-mimさま
おいそがしい中、いつもありがとうございます~!
もっと待たされるかと思いましたが、年明けに早速返事がいただけるなんて、衛劇さんエライ!

実はさきほどまで、衛劇版5・6話を見ていましたが、エムルダンが「愛論団」という字幕で、「アイロンダン」といルビをふっていたのが衝撃だった…それと、ガングがスヒョンと話す時、時々使われる「ナウリ」という言葉、衛劇版では「若君」になっているのがめちゃめちゃ違和感がしました。いくらリュジン氏がノーブルでも、「若君」はちょっと…。
ちらしチームも大活躍の5・6話でした!
それでは、また~

  • 投稿者: torako
  • 2008/01/10(木) 02:38:06
  • [編集]

だから私の訳は忘れてくださいよ。

本当に恥ずかしいです。
いくらなんでも衛生劇場とは...

エムルダンは私何て訳してましたっけ?ムルは動物の何とかってクンドクが言ってたような覚えがありますが、それも冗談だって言ってたような...
ナウリはだんな様とか訳してたような気がします。
あ、それで若旦那か。

誤訳だらけだから本当に恥ずかしいです。人様に忘れて欲しいので、自分が最初に忘れることにしています。
時代劇は特に用語が難しいので、「ホン・ギルドン」は最初から逃げ腰だったんですよ。
衛星劇場での放送で、京城スキャンダルのおもしろさにはまってる人も多いようですね。よかったよかった...

  • 投稿者: na-mim
  • 2008/01/10(木) 09:13:02
  • [編集]

快挙!

すっきりしました~ぁ。
きちんと、そして謙虚なお返事くれた衛劇さん、好感です。
なにより、質問を送ってくれたtorakoさんに感謝します。コマスミダ~。その行動力は、やはり‘日本人ではない’のかも・・。

『엄마가 뿔났다(オンマが怒った)』が先に延びたのは、残念なような、フーッと安堵のため息が出るような複雑な気分。
この題も、『ママに角がはえた』『ママはおかんむり』というのを見かけました。かわいい怒り方であってほしいと、リュジンパパのために思う。。

  • 投稿者: cha
  • 2008/01/10(木) 10:42:11
  • [編集]

愛の翻訳劇場

na-mimさま

翻訳モノを読む時は自分の日本語の感性と合うかどうかが結構重要ですよね。
その点、na-mim訳は、ピッタリはまって、私の「京ス」原体験に刻み込まれてしまっているので、忘れようにも忘れられないんです~。もうしばらくご容赦を~。
「ナウリ」を「ダンナ~」と訳すか「若君」を訳すかは、ガングとスヒョンの人間関係をどう理解して訳すかによって変わってくるような気がします。
やはりガングには、ちょっといやらしい口調で「ダンナぁ~」と言ってほしい!

衛劇のプロの翻訳者の方には敬意を表しつつ、ドラマを愛して、登場人物の人間性を深く理解した上で、翻訳してほしい!と切に願うtorakoです。

職場でも衛劇版を見ている人が何人もいて、皆「テンポが良い」「面白い」と言っています。今のところ、ちらしチームも含めてコミカル路線が評判いいみたいですね!

ふふふっ…これからですよ~「京ス」は…。

  • 投稿者: torako
  • 2008/01/10(木) 18:58:00
  • [編集]

オンマのように歌いたい…

chaさん
私もすっきりしました~!
他にも色々と気になるところはあれど、あまりしつこいとクレーマーになりそうなので、暖かく見守ることにします~。
「オンマ」の邦題ってどうなるんでしょうね?同じKBSで去年放送されてた「花いちもんめ」は笑ってしまいましたが…。「花はどこへ行った」くらいの方が良かったのでは?

まだ、リュジン新キャラの様子がわからないだけに恐怖です。
ジフニ氏のように安定した格好良さではなく、リュジン氏の場合、大きくはずすと、結構とんでもないことになる可能性があるから?
私の願いは~!男だろ、メソメソ泣くな!泣くのは50話のうち、1回だけにしてね!生歌シーン入れてねっ!

  • 投稿者: torako
  • 2008/01/10(木) 19:08:43
  • [編集]

torakoさん今晩は!
いつもご無沙汰しております。スッカリ現を抜かしておりましたら、流石きっちりと衛劇もチェックされてていつも頭が下がります。パチパチパチ、、、、na-minオンニのエムルダン談義も伺って、翻訳の大変さをうかがい知る事ができました。それをあの夏お忙しい中淡々とこなして下さったオンニに心から敬意を表しながら、、、ホントあの夏はいろんな意味で熱かったですよね、、今となっては懐かしいです。何よりもこの同盟の皆さんに出会えたことが何よりの私の人生の宝です^^b

リュジン情報有難う御座いマース!そろそろやる頃だと思っていたので情報が判ってあり難かったです。2月頃に開始なんですね!了解です!KBSですよね。忘れないように、、その頃イボムスの新作ドラマもあるので忙しくなりそうですね。ホントどんなリュジンで登場するのかいろんな意味で笑、ドキドキです笑。やっぱり私のリュジンの原点、めっちゃのドクちゃん路線がいいなあ、、駄目笑?

そうそうただ今私の恋人、、を見始めましたが、これがハイエナのユンダフンが出てきてびっくり笑!その上、その彼女がミンジョン氏の元彼女!?なんかイサゲな気分です笑。そんな典型的なホームドラマの中を一人ストックワールドで頑張るリュジンが又イサゲ~笑!!まだ4羽ですが、この先このホームドラマ渡る世間VSストックがどのような対決を見せていくのかこっちの忍耐比べもあって笑、楽しみです笑。

  • 投稿者: Lime
  • 2008/01/10(木) 20:01:42
  • [編集]

おぉ渡鬼vsストック!

Limeさん
こんばんは~!
Limeさん家のミンジョン氏情報を楽しみにしつつ、なかなかコメできる作品がなくて、ゴメンナサイ。
(前言ってた『恋をしましょう』しか、見てないのよ~)

「京ス」、今度は衛劇版でまた、ワーワー言ってます。幸い日本の視聴者の評判もいいようですね~。
来週は7・8話、早くも折り返しです。そんなんで毎週水曜日は「京ス」二本立て!
翌日は眠い目をこすりながら、出勤しています。

リュジン氏の新作、1月26日スタート説もあるようですね。
また、はっきりしたら、情報をあげたいと思います。
「私の恋人」今思うと、豪華なキャストですよね~。
前半のリュジン氏はやっぱりストックワールド??ミョン・セビンさんとお似合い~?
また、ストーリーや感想を教えてくださいませ。

私も、新作は『めっちゃ』前半の路線がいいな~。先日「希望事項」の記事を書くのに、Limeさんがリュジン落ちしたと言ってらっしゃった7話を見直していたんですが、この辺のリュジン氏って、格好良さと優しさが絶妙に配合されていて、もう最高!
http://torako2007.blog116.fc2.com/blog-entry-147.html
さすが、Limeさん、いいところに落ちますね~。私はソドンヨだもんな~チェッ(^^;)

  • 投稿者: torako
  • 2008/01/11(金) 01:15:25
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。