スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11話 醉ひぬればさめゆく時の寂しさに…スヒョンの苦悩

  • 2007/12/30(日) 00:00:00

ソンジュ@ハン・ゴウン嬢がミョンビンカンの池のほとりで「希望歌」を口ずさんでいる頃…。スヒョン@リュジン氏は…。

kyonsu_11_suhyon_kunou_2.jpg
カルペディエムのVIPルームで飲んだくれていました…。
しかも「サッポロビール」で。

kyonsu_11_suhyon_kunou_3.jpg

サッポロビールの歴史は長く、帝国ホテルやホテルオークラなどで有名な大倉喜八郎が1886年開拓使麦酒醸造所の払い下げを受け、翌年札幌麦酒株式会社を設立したのに始まります。1906年に日本麦酒(エビスビール)・大阪麦酒(アサヒビール)と合併し、大日本麦酒株式会社となりますが、「サッポロビール」の商標は、1943年に商標が禁止されるまで、継続しました。(1956年に商標復活、現在に至る)
朝鮮半島では、1933年に大日本麦酒が地元資本と合同で朝鮮麦酒(株)を設立、工場で製造をはじめます。(でもスヒョンの飲んでいたのは日本からの輸入かな?)
1934年に竣工した朝鮮麦酒の永登浦工場の建物は1999年まで残っていたようですが、現在は取り壊されているようですね。

kyonsu_11_suhyon_kunou_4.jpg

リアル視聴した時の感想でいえば「もっとクールに行け!飲んだくれるな!スヒョン!…しかもビールで」といったところ。
色もビールというよりは、麦茶?トウモロコシ茶?に近いような…。
リュジン氏が下戸なのは、ファンの間では有名な話のようですが、お酒が飲めないのに、ヤケ酒シーンが多い(それだけ不幸な目に遭っているってこと?)のはなぜかしら…。

kyonsu_11_suhyon_kunou_6.jpg

飲んだくれ→彼女の家の前(ミョンビンカン)でウロウロ→結局会わずに帰宅という、「ヘタレ」パターンにはまるスヒョン。
ミョンビンカン前でウロウロしているうちに、ソヌ・ワン@カン・ジファン氏と、イノの二人に時間差で遭遇(第11話シーン7)

kyonsu_11_suhyon_kunou_8.jpg

설마 나 만나러 온 거냐?
まさか、俺に会いに来たのか?

그랬으면 좋겠냐?
そうだったら嬉しいか?

설마
まさか

염려 마
心配するな
강인호 감시 차, 잠깐 나왔을 뿐이니까
カン・イノの監視のためにちょっと来ただけだから

kyonsu_11_suhyon_kunou_7.jpg

너랑 내가 어쩌다 이렇게 됐냐
お前と俺はなぜこうなったのかな
세상에 둘도 없던 친구 놈이, 내 가족의 숙적이 되고
世の中に二人とない友達が、俺の家族の宿敵になって
조선의 공적이 되고 그리고…
まさか朝鮮の敵になって、それから…

그리고?
それから?

내 연적이 되고
俺の恋敵になって

그새 하나가 더 늘었군
一つずつ増えていったんだな

kyonsu_11_suhyon_kunou_9.jpg

이제부터는 피하지 않는다
もうこれからは避けない
만나지면 만나지는 대로
会ったら会ったまま
얽히면 얽혀지는 대로
錯綜したら、錯綜したまま
꼬이면 또 꼬이는 대로…
絡み合ったら、絡み合ったまま…
피하지 않고 내 페이스대로 정면 돌파할 거야
避けないで、俺のペースで正面突破していくからな

兄の死をきっかけに、現実と向き合うことを避けて「ルンペン」として享楽的に生きてきたワンが、ヨギョンの生き方とふれあうことで、変わっていきました。スヒョンがワンの変化を好ましく思っているのは、ワンの後ろ姿を見送るその表情から読み取れます…。

kyonsu_11_suhyon_kunou_10.jpg

一方で、妹との再会とひきかえに、総督府のブラックG(スパイ)になったイノに向けられたスヒョンのまなざしは、かつての自分を見るかのような、苦悩に満ちたものでした。

kyonsu_11_suhyon_kunou_11.jpg
そして…結局、ソンジュには会わずに、下宿に帰ったスヒョン…
あぁ十八番(おはこ)の苦悩スタイル(手指に注目!)

kyonsu_11_suhyon_kunou_12.jpg
ワン・ミン・スヒョン
3人の思い出の写真

kyonsu_11_suhyon_kunou_14.jpg
楽しい青春思い出の裏には
スヒョンにとって
消し去りたい過去がありました…


 

第11話シーン7
スヒョンとワンのセリフ

この二人のシーン
回を追うごとに
素敵になってきます

※記事の翻訳部分はna-mimさまのブログを参考にしています

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

上の記事に書き込もうかと思ったけど、こっちに...

凍りつくようないい男同士の対決、シビレましたね。リュジンシの少しくぐもった声と、ジファンシのちょっと高い声、興奮すると搾り出すようになる声が本当にギリギリの心情を表現するシーンが随所にありましたね。ああ、素敵でした。

torakoさんの毎晩12時のアップ、本当にすばらしかったです。私は変なところでしかコメントできなかったけど、楽しませていただきました。
京スファンがこれから増えて、たくさんの方がこちらを訪れることでしょう。このブログで2倍、3倍楽しんでいってもらいたいですね。

torakoさん、よいお年をお迎えください。私はあれこれと忙しいお正月になりそうです。ではまた...



  • 投稿者: na-mim
  • 2007/12/31(月) 01:04:44
  • [編集]

2007年に乾杯!

na-mimさま
こちらこそ、2007年は大変お世話になりました。

na-mimさまの翻訳なしには、このブログをはじめることも、続けることもできなかったとおもうと、言い尽くせないほどの感謝の言葉でいっぱいです。

日本放送で「京ス」ファンになった方にもどんどん来ていただきたいですが、系統的なレビューではなく、torako的「京スワールド」なので、実際のドラマとはずいぶん印象が違うかも知れません。
素直にワンとヨギョンの素敵な恋を楽しむのも良し、スヒョンとソンジュワールドに嵌るのもよし、チラシチームで大笑いするのも良し、十人十色の楽しみ方ができるのも、「京ス」の醍醐味ですよね。

我が家は昨夜やっと年賀状の印刷を終わらせ、現在、大掃除とお正月料理を同居人と分担制作中です。(私は大掃除担当)
演技大賞をKBSWORLDで見れるかどうかは、同居人たちの反対にあっていて微妙です(字幕なしなので)チャンネル権を紅白に取られたら、寂しくネット視聴に切り替えます。

na-mim家はご家族が帰省されたのかな?
おめでたいばかりのお正月ではないかもしれないけれど、家族の顔をゆっくり見れるのは、なによりの幸せですね。

何度も宣言している韓国語での日記、改めて、2008年からはじめますよ~。(チンチャ?)
来るべき2008年も引き続きよろしくお願いします。
2008年も、いくつもの感動を共有できることを願って、少し早いですが、乾杯~!

  • 投稿者: torako
  • 2007/12/31(月) 14:39:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。