スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごあいさつ 終戦の日、光復節の日に…

  • 2007/08/15(水) 00:00:00

我地では終戦の日、彼地では光復節の日にブログを書きはじめます。

2007年6月6日~8月1日まで韓国KBS2で放送されていた、1930年代の「京城」を舞台にしたドラマ「京城スキャンダル」を今回初めて字幕なしでリアルタイム視聴しました。
視聴にあたっては、ネット上で色々な方々の助けを借り、感想の交流をしながらのとても楽しい経験でした。

kyonsu_ep8_suhyon_1.jpg



ドラマは2週間前に終了しましたが、「京城スキャンダル」は、私にとってとても印象深いドラマとなり、「京ス」の世界から抜けられなくなっています。
このままだと、他のみなさま方のブログに侵入しては、だらだらと長文の思いつきを書き込むばかり…。

人の家に侵入するなら、仮住まいでも、掘っ建て小屋でも自分の家をつくらないと…という思いで、無理矢理スタートさせました。
備忘的なことを徒然なるままに書いていく予定です。

当然ながら、ネタバレが多数予想されます
日本語字幕版が秋に衛星劇場で放映されるそうですので、そちらをご覧になる予定の方は十分お気をつけください。

また、画像で一目瞭然ですが、イ・スヒョン役のリュジン氏に「少々」傾いた内容になることを、平にご容赦ください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ブログ開設おめでとうございます。初コメント者として、ちょっと緊張しています...
まず、ブログネームがすばらしい。スヒョンは月光だと言ってましたね。蒼月倶楽部ですか。素敵です。

これから、torakoさんの深い知性と教養、卓越した人物識見に立脚した京城スキャンダルの世界とtorakoワールドの世界を遠慮なく披露していかれることを祈念いたします。

でも、「少々傾い」ていかなくてもいいですよ。思いっきり傾いて語ってください。では次の記事を楽しみにしていますね。

  • 投稿者: na-mim
  • 2007/08/15(水) 01:09:15
  • [編集]

コメント感激!

na-mimさま
早速コメントいただきまして、感激しています。
「蒼月」は前々からリュジン氏のイメージで決めていました。
スヒョンは月で、ワンは太陽、私の2トップの印象です。
…とはいえ、私は重箱的なことばかり気になる質なので、na-mimさまの「外伝」のような、大きな視点で問題提起するような文章はとても無理…。「外伝」ファンとしては、引き続きがんばっていただきたいと思います。
まだ、居心地の悪い新居ですが…(人の家の方が居心地がいいよ~!)ぼちぼちがんばりますので、お付き合いください。

  • 投稿者: torako
  • 2007/08/15(水) 02:13:16
  • [編集]

開設おめでとうございます。そして(既に妄想のスイッチ入ってます・・・)私の叶わなかった夢を実現してくださって本当にありがとうございます。感涙に咽ぶばかりです。 リュジン氏のためにまたまた「愛の詩」を捧げてしまいたくなります。
今月「岩波現代文庫」で、梶山季之の『族譜・李朝幻影』が出るのを楽しみにしています。

  • 投稿者: 御所
  • 2007/08/15(水) 12:19:29
  • [編集]

ブログ開設おめでとうございます。
トンチンカンな私が、コメントを残すのもなぁ・・とは思ったのですが、「京ス」では、背景などの深い話題で楽しませて頂いたので、一言お礼をと。
ありがとうございました。
「京ス」復習に、またおじゃまさせていただきます。

  • 投稿者: cha
  • 2007/08/15(水) 15:41:42
  • [編集]

少年たちの京城

御所さま!
我が草庵までお訪ねいただき、コメントまでいただけるとは…、本当にありがとうございます。
見ての通り、まだ右も左も上も下もわからず、ブログの「包装」(スキンというらしい…)も物色中で、ある日突然リュジン氏の周囲がピンクの小花に覆われるかも知れません。
梶山季之氏の本、明後日発売なのですね。貴重な情報ありがとうございました。
実は昨日実家からの帰途、川村湊氏の『ソウル都市物語』を読みまして、梶山季之氏の『李朝残影』と李良枝氏の『石の聲』が非常に印象的に引用されていたのです。それぞれ45歳と37歳で急逝した作家が描いた「京城」と「ソウル」…是非読みたいと思っていたところでした。
我が庵を人が住めるようにして、落ち着きましたら、またおじゃまします。
ありがとうございました。

  • 投稿者: torako
  • 2007/08/15(水) 19:22:19
  • [編集]

いらっしゃいませ

chaさん、いらっしゃいませ!
na-mimさまのところでおなじみですね。
>トンチンカンな私が、コメントを残すのもなぁ…
とんでもございません!大歓迎ですよ!
京ス以外でも、お薦めの作品があれば、是非教えてください。私は一つことにハマルとなかなか抜け出られない性格で、ドロ沼化しそうな時は、是非、引き留めてくださいね。
色々と記事を追加したいと思うんですが、ブログを開くとぬっと現れる、スヒョン@リュジン氏が素敵で、次の記事がなかなかアップできないミーハーな私です。
また気軽に遊びに来てください。ありがとうございました。

  • 投稿者: torako
  • 2007/08/15(水) 19:51:29
  • [編集]

torakoさん、こんばんは。
ブログ開設おめでとうございます!!
na-mimさんのところでいつもtorakoさんの鋭い観察力と
深く広い知識を感じるコメントを読んでいました。
イ・スヒョン傾倒のブログとのこと、とても楽しみです。
私もソヌ・ワンが太陽、イ・スヒョンは月だと思っていました。
これからもおじゃまさせていただきます~
ブログ始めはいろいろ疲れると思います、
暑い日々が続いていますので、どうぞご自愛くださいね(^^)またおじゃまします~

  • 投稿者: シベリア
  • 2007/08/15(水) 20:06:19
  • [編集]

「廃人」祭り?

シベリアさん、こんばんわ。
早速書き込みありがとうございました!
京城廃人のみなさんから、開店祝の「花輪」をもらっているような気持ちです。
1ヶ月後にあえなく「閉店」ということにならないように、マイペースを心がけます。
「英雄時代」のオヤジ祭をこの場でするかどうか不明です。いよいよ来週からですが、今のところ京スのリピート視聴が優先ですね。
シベリアさんの、刺身屋・ガング情報や、スヒョン@リュジン祭も期待しています。

  • 投稿者: torako
  • 2007/08/15(水) 21:08:25
  • [編集]

おめでとう御座います!!

torakoさん、ブログ開設おめでとう御座います!
廃人同盟の中ではお祝いがすっかり出遅れてしまって申し訳ありません!!でもtorako家の新築は自分の事のように心から嬉しく思います。タイトルが先ず素敵ですね、、京城蒼月倶楽部、、、それにハングルタイトル!私は未だハングルボードを制覇してないので其れだけでもう尊敬してしまいます。このリュジンシの写真も凄くサイトに合っててイイワ♪^m^リュジンネタをひそやかにやっていたので同じファンのサイトが増えてこんなに嬉しい事は有りません。ワ~イ!ヤッタ~!!!^0^)/私がリュジンペンになりたての頃よくお邪魔してた御所様もいらしていてなんかとっても嬉しいです。御所様その節は本当にお世話になりました。すっかりご無沙汰しております。スミマセン。でも何時も御所さんのUPを楽しみにしております。これからもどうぞ宜しくお願い致します。

6月に始まった一つのドラマが縁でこんなに素敵な出会いの輪が広がるのが不思議であり、シミジミト感動しています。私の拙いレビューを何時も暖かい目線で見守ってくださり、適確で深いコメントを何時も頂いて助けられました。有難う御座いました。きっとこの家もそんなtorakoらしい知的で深い素敵な場所になると思います。これからも是非廃人同盟として、貴重なリュジン同盟としてどうぞ宜しくお願い致します。

ア、是非韓国にふらっといらして下さい!もし東京にお住まいなら羽田からだとたった2時間余りで異国に行くことが出来ます。今はもう秋で秋雨がずっと降っていて日本より過ごしやすかったです。torako参ならきっと素敵な旅行が実現できますよ。なんか後ろからついていきたいなあ、、笑。

  • 投稿者: Lime
  • 2007/08/16(木) 21:38:06
  • [編集]

Limeさん 祝!帰国

Limeさま
今夜は一瞬自分のブログにアクセスできなくて、焦りましたが、何とか復旧…。
改めて、お帰りなさいませ~!
Limeさんの留守にホームセンターで材料買ってきて、日曜大工でお家を作ってみました!
ハングルタイトルも文字バケしてないか確認もせず、大胆に使っています。
あーLimeさんのコメントは元気がもらえそうな気がするな~。お名前のように爽やかな柑橘系のイメージですよね。
そうそう、御所さまが来てくださってるんです!私も長い間御所さまのお家を覗いて、リュジンさんに対する深い考察を密かに愛読するだけだったのですが、「京ス」を見ていて、たまらずにこちらから御所さまのブログに侵入してしまったのです。変な表現ですが、「一線を越える」きっかけになっちゃう…本当に「京ス」って不思議なドラマですよね。
ソウルレポート楽しみにしています。
ありがとうございました!

  • 投稿者: torako
  • 2007/08/16(木) 22:01:28
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。