スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「千回のキス」ギリギリアジョシウジンの純愛日記 最終回

  • 2012/02/05(日) 20:49:49


천 번의 입맞춤
최종회

「千回のキス」
ギリギリアジョシ ウジンの純愛日記
最終回

cyonbone_ep50_01.jpg

『千回のキス』もいよいよ最終回…。週末ごとにドラマの時間を気にしていたのに、来週からは、そんな心配もいらなくなって…何だか寂しいような…。リュジン氏も、そう遅くないうちに次回作を用意しておられるようですが、吉報はもう少し待つとして、最後の『千回のキス』一緒に楽しみましょう!

容体が急変し、病院に運ばれたウジン継母、ジュミもウジンもスンジェ会長も不安を隠せない…。ウビンはジュヨンのマンションを訪ねて、最後の別れを告げていた…。ジュヨンの家には母からチャンノの入学祝いの机が届く…。ジュミに電話すると母は緊急入院…電話を代わって机のお礼を言う…「チャンノの入学式はいつなの…?」「自分が生涯許さなかったから、病気になったんじゃないか…」心を痛めるハルモニ…。
ジュミが3歳の時に家族で動物園に行ったことを思い出す母…。「残った時間を幸せに過ごさせてやりたいが…」ウジンに相談するスンジェ会長…。「母さんが一番幸せに思うのは何だろうか…」「旅行にでも行ったら…」「今の状態でどうしてそんなことができる…?」
姉に電話をして、病院に来るように言うジュミ。「わかったわ…行くから…」病院に母を見舞うジュヨン。ノックして病室に入る…。「来たのね…」「大丈夫ですか?」「とっても悪く見えるのかしら?座って…」「チャンノの机、ありがとうございました…」「チャンノは気に入ったの?」「とても気に入っています…」「ハルモニも心配しています…」「本当に?ジュミ、ハルモニに電話をして…」電話を代わる母「ハルモニ…私…ご心配かけて、申し訳ありません…」「申し訳ないことはない…もう一度、ちゃんと生きなくては…」「はい、お義母さん、はい…」泣き崩れる母…。「さっき、家族で動物園に行ったことを話していたんだけど…もう一度行こうか?」「はい…お母さん…」
空港ではアメリカに旅立とうとしているユギョン。空港でユギョンを探すウビン。「来てくれたから…気分が悪くないわ…」「元気でね…」「一度だけ抱いてくれる?」静かに抱きしめるウビン。「さよなら…」にっこり笑って旅立つユギョン…。
ジュミとスアに付き添われて帰宅する母。スンジェ会長が迎える…。鏡台の上にはオルゴール…。「昔…小さい時にバレエを習っていたって…そんな話をしていたのを思いだして…」「そう…バレエリーナになりたかったのよ…」もう一つの贈り物は…バレエ公演のチケット…。「ウジンに頼んだんだ…」
ヘビンとミニ弁護士はモメながらも結婚に向けて一直線…。料理修行中のヘビンが弁護士の母に弁当を届ける…。色々苦労の多いヘビン…弁護士の車で泣いてしまう…。ラップで慰める弁護士…。
「母さんが一番したいことは何かな…?」ジュミに相談するウジン。「小さい頃にバレリーナーになりたかったって…でも実際に公演を見たことがなくて…」「姉さんとは動物園に行こうと言ってるの…昔家族で行ったことがあって…」ジュミとジュヨンと3人で動物園に出かける母…。幸せそうな姉妹の姿を見て微笑む…。食堂で暖かい食事…。「ジュヨンは一人で仕事しているの?」「姉さんは一番有名な靴デザイナーになれると思うわ!」「次はどこへ行こうか…?」「そうね…町のお風呂屋さん?」「どうしてお風呂屋さん?」「母さんが私たちを連れて、よくお風呂屋さんに行ってたから…」失った時間を取り戻そうとする親子…。その夜…スンジェ会長と手をつなぎながら眠る継母。
叔父夫妻が見舞いに来て、ウビンが破談になったことを告げる。その話を聞いて驚く継母。その頃ウビンも旅立つ準備をしていた…。荷物の片付けをしているとジュヨンとの想い出の品が…。ハンカチ…ペアリング…。最後にジュヨンの家の門の前に立つ。「俺は行くよ…元気でね…」友人に送られて、空港に来るウビン…。「行くよ…」ウビンが旅立った後、ガランとした部屋でビデオを見る父…ウビンが怪我をした試合…。
寝室で編み物をする継母…編んでいるのはスンジェ会長のセーター、寸法を合わせようとして倒れてしまう…。「お前…」夜になっても容体が落ち着かない…眠ったままの妻…。「起きて…バレエ公演に行こう…」容体が悪化したことを実家に報告に来るジュミ。「ジュミ…行こう…家に…」ハルモニとイモハルモニが見舞いに来る。「悔しいだろう…良くならなくちゃ…」「どうして、私がお義母さんを恨むんですか…」「子どもたちの顔を見ることができずに暮らすことになって…」「私が…一番の罪人なんです…」「すまない…」「いいえ…お義母さん…お義母さん…許してくださって、本当に有り難うございます…」「元気にならなくちゃ、元気になって…」帰宅しても涙が止まらないハルモニ…。
その夜…スンジェ会長と語り合う継母。「これが何だかわかるか…ヨーロッパ公演のチケットだ…お前が良くなったら、3月に出発だ…」「そうしたいわ…」指切りをする…そして…浴室で一人で泣くスンジェ会長…。一人になった継母は、ウビン母に電話をする。「後で…会うことができる…?」
夜…痛みに耐えられない妻を看護するスンジェ会長…。薬を飲んで何とか落ち着く…。翌朝…ほとんど朝ご飯が食べられない母を心配するスア、ウジンが出勤前に見舞う…。「母さん…何かいるものがある?CDをまた買って来ようか?」「大丈夫よ…出勤してちょうだい…」
元夫家では、ジュニが今度こそ本物のつわり?「テギョン氏、私、妊娠したみたい~」皆で喜ぶ元夫家の人々…。何となく幸せな感じ。早速病院に来て「他の兆候はありませんか?…想像妊娠みたいですね…」
ウジン家を訪ねるウビン母、寝室に入る…。顔色の悪さに驚くウビン母。「私に…何か話があるんでしょ…」「そう…必ずしたい話があって…許してもらいたくて…私のせいで、あなたの弟が…一生心をいためることになって…そのことを…許して…」「もう…そんなことは言わないで…」「私のせいで、ウビンとジュヨンが別れることになって…」「そんなことは…」「私がいなければ…あの子たちは…あなたが全て許して、私がいなくなって…あの子たちが、もしかして、また逢うことがあれば…私がこの世にいなくなれば…私が今まで生きて来れたこと…幸せだったと…私は…幸せな女よ…」何も言えずに肯くだけのウビン母…。
リゾートで仕事中のウジンにスンジェ会長から電話。会長室でウビン父にバレエDVDを見せるスンジェ会長。「公演に行くのが難しいから家で見ようと思って…」早めに帰宅して寝室にプロジェクターを用意するウジン…。そんなウジンを抱きしめる母…「私の息子になってくれて…ありがとう…」「僕こそ…愛しています…」ウジンとジュミを抱きしめる母…。そんな姿を見つめるスンジェ会長…。その夜…二人で同じベッドでバレエのDVDを見る…スンジェ会長と妻…。画面を見つめる二人…。スンジェ会長の肩にもたれ、スンジェ会長も妻を抱きかかえる…。静かに目をつぶる妻…その手の力が少しずつ抜けていく…。
1年後…仁川空港…帰ってきたのはウビン…。事務所の友人が迎える…。ウビン家では家族でパーティ…。ミニ弁護士の胸には赤ちゃんが…。「セジョンや~お前は叔父さんみたいに大きくなるんだよ…」
母の納骨堂にやってきたジュヨン…。今日は自分の店のオープンの日。すれ違うようにウビンが花を供えに来る…。「伯母さん…ウビンです…」ジュヨンの花の隣に花を置く…。ジュミはウジンと病院に。ヘアスタイルが少し変わっている…。「妊娠ですね…8週目です…」さっそくスンジェ会長に報告…。「昼食を食べてから帰ります…」電話を受けて写真の中の妻に報告する…「お前…赤ちゃんができるんだ…」ウビンが通りがかった靴店…。ウインドウをのぞくとそこにジュヨンの姿が…。微笑むウビン…。

…で、最後はNG集~ウジンのシーンも多いぞ!!

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました!
リュジン氏をはじめ
出演者のみなさん
スタッフのみなさん
本当に長い間
おつかれさまでした~

次回作でお会いできるのを楽しみにしています!

スポンサーサイト

「千回のキス」ギリギリアジョシウジンの純愛日記その49

  • 2012/02/04(土) 20:45:23

천 번의 입맞춤
제49회

「千回のキス」
ギリギリアジョシ ウジンの純愛日記
第49話

cyonbone_ep49_01.jpg
천번의 입맞춤 많이 사랑해주셔서
정말 감사드립니다
항상 행복하고 건강하세요

「千回のキス」をとっても愛してくださって
本当にありがとうございます
いつも幸せに、健康でいてください

リュジン氏~字が綺麗だわ~

「家に帰りたい…あなたや子どもたちの傍にいたい…」「希望を捨ててはダメだ…」骨髄移植が失敗した継母の状態は日々悪化していく…。友人の博士に相談するスンジェ会長。「答えてくれ…どうしたらいいのか…もうあきらめろというのか?」「そんなことを医者の口から言わせるな…」
一時的にでも家に迎えてはというジュミをウジンが説得する…。そんな深刻なウジン家とは関係なく?ミニ弁護士の母に会いに来た妊娠中のヘビン。「料理教室、文化講座…」嫁になるために身につけなくてはならないと言われて渡されたメモには、数え切れないくらいの習い事…。ミニ弁護士に文句を言っても…「兄嫁さんもそうしていたけどなぁ…」しかも彼の家は3世代同居…。次々と大変な事実がわかってくる…。
ユギョンも結婚に備えて、ウビン母と相談中。そこに「私、結婚しないからね!」とヘビンが帰ってくる…。「お腹の中の赤ちゃんはどうするのよ!」となだめるウビン母。
最後までしつこく元夫の家、ジュニの元カレが50万ウォンあったら出て行くから…と言っているが…泣く泣く50万ウォン渡すジュニ。本当に出て行くのかな?市場で買い物する元夫の母…30年ぶりに昔の知り合いに会う。「キム・ドゥシク社長が亡くなったって…息子に会って…」「え?社長は亡くなってませんよ、元気ですよ…それに息子の名前は…」話が食い違う…。
早く出て行くように言うジュニに「今日は体の調子が悪くて…」といいながら、ジュニが出かけた後で家の中を物色する元カレ。あぁ~もうどうしょうもない!出かけるジュニとすれ違いでタクシーで帰宅する姑。「あいつは偽物だよ!」逃げる元カレ。家の中はめちゃくちゃ…。
事務所の仲間とノレバンに来ているウビン。主人公のはずなのに、存在感が…。ウビンに電話をするユギョン「どこにいるの?」「友達と一緒だ…」「行っちゃダメ?」「次にしろよ…」「行きたいわ、ウビンさんの友達ってどんな人か気になるの?」
50万ウォンと宝石を盗られて男に逃げられた元夫家は大騒ぎ…もういいから、ウジン家はどうしたのか場面を切り替えて欲しい~。ウビンはかな~り飲み過ぎ…で、機嫌も悪い…。ウビンがトイレに立った隙に友人たちが携帯を勝手に触り出す。「絶対1番だよ~」1番の登録はジュヨン…。「出てきてくださいよ~婚約者でしょ~」「なにかの間違いです…」電話を切るジュヨン。そこにユギョンから電話。「そこ、どこなんですか?」
ユギョンがノレバンにやって来ると、ウビンは酔い潰れていた…。「まぁ、まず一杯どうですか?」酔った友人たちが「ユギョンさん、ウビンを信じちゃダメですよ…あなたの電話番号は1番じゃないですよ~」と言わなくてもいいことを言う…。ウビンを家まで送って帰ってきたユギョン…ウビンの携帯を確認する…1番は…ジュヨン…。助手席で眠るウビンの寝言も…。ユギョンのプライドはズタズタ…。ウビンと車を家の前に放置して、タクシーで帰るユギョン。しかたなくウビンアボジがウビンを引きずって家の中に…。
ユギョンは家の中の結婚写真を粉々にして泣き崩れる…。翌日…ユギョンに車を返しにきたウビン…「警備室に預けて…」「俺…何か失敗でもした?」「出勤するから…後で話しましょう…」マンションから出て来てもウビンに冷たい視線を投げつけるユギョン。「何か間違ったことでもしたのか?」「もう、これ以上待つ自信がなくなったわ…あなた…酔って助手席でジュヨンさんの名前を呼びながら、泣いていたわ…しかも、まだ携帯の1番目はジュヨンさん…」
ウジン継母が入院する病院。看護師に便箋を持って来てもらうように頼む継母。「あなた…家に帰してください…もう無菌室に過ごしたくない…あなたや子どもたちと一緒に幸せに過ごしたいんです…」その手紙を受け取ったスンジェ会長…秘書に命じて、病院に駆けつける…「お前…家に帰ろう…家に…」妻を車に乗せて、しっかりと手を握るスンジェ会長。「日の光が眩しくて、とっても気持ちいいわ…幸せよ…」
ウジン、ジュミ、スア…子どもたちが迎える…。ジュヨンに母の帰宅を知らせるジュミ…。「もう移植手術をするつもりはないのかい?」「1回失敗すると、もう一度成功させることは簡単ではないみたい…」
ウビン母に呼び出されるユギョン。「あなた…ウビンを車に置き去りにして、もし何かあったらどうする気だったの?」責めるウビン母。そこに帰宅したウビン。二人でカフェに来て別れを告げるユギョン。「私…ウビンさんから離れることにしたわ…」「もう一度考えてくれないか…僕が、努力するから…」「ウビンさん…最初から責任感だったのよ…責任感から始まったことだわ…ウビンさんが家に泊まった日…何もなかったのよ…」「努力するよ…」「何を…」「お前は信じないかもしれないけど…彼女を心の中から追い出すように…」「もういいわ…」自分から別れなのに、涙が止まらないユギョン…。
家でベッドカバーの取り替えをしている母、驚くジュミ…。そこに帰宅したスンジェ会長。「幸せよ…本当よ…」朝…ジュミが起きると、母が朝食の仕度をしている…。「そんなことするなら、すぐに病院に帰れ!」「私がそうしたくて、しているのよ…見逃して…」
会長室で社長と話すスンジェ会長。ジュミが寝室に来てみると、母がベッドの傍で倒れている…。「大丈夫ですか?」「大丈夫よ…」不安になるジュミ…。看護するジュミを愛おしそうに見つめる母…。
ミニ弁護士と結婚問題について相談中のヘビン。「間違いなく母さんが譲歩するから…」そう言って、母に会うように勧める弁護士。「この結婚はなかったことにしましょう…」「お義母さん…私…」「二つに一つね…同居するか、結婚をなかったことにするか…」「2年間だけということで…覚書を書いていただけませんか?」
出勤して部下に挨拶するユギョン…「おはよう…でも、これが最後ね…今まで助けてくれてありがとう…」爽やかなユギョンの笑顔…。その足でウビンの家に来て、結婚を止めたことをウビン母に告げるユギョン。「え?結婚しないことにしたって?何を言ってるの?」「お母さん…ウビンさんが努力すると言った事を信じていたけど…あきらめました…来週発ちます…すみませんでした…」両親に呼びつけられるウビン。体面を気にする母とウビンのことを心配する父。「もう、終わりにしたいんだ…ユギョンのためにも…」「不幸な結婚は必要ない…」と父。わ~わ~泣き叫ぶ母。
母を看護するジュミ。化粧をしたいと言う母。「お父さんに綺麗に見せたくて…」ジュミが母の顔におしろいを塗る…。次に頬紅…口紅も…。顔色が良く見える…。ウジンと一緒に帰宅したスンジェ会長。「今日はどうだった…少し吐いて…倒れました…でも、化粧をしたいって…」ウジンがCDを母に買って来た。高校生の時に母が好きだった歌手の歌…。家族たちに囲まれて幸せそうな母…。
夜中…突然苦しみ出す母…スンジェ会長に手を伸ばす…「あなた…」「どうした?」ウジンを呼ぶスンジェ会長…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。