スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「千回のキス」ギリギリアジョシウジンの純愛日記その8

  • 2011/09/11(日) 02:17:35

천 번의 입맞춤
제8회

「千回のキス」
ギリギリアジョシ ウジンの純愛日記
第8話

cyonbone_ep7_03.jpg
cyonbone_ep7_04.jpg

土曜日の交流行事はたくさんの方が力を合わせて、無事終わりましたが、明日は別分野のシンポジウムがあります~もしかして、間に合うかも?と思いつつ、無理かな~。第7話のみなさんのコメント、ありがとうございます~明日の夜ゆっくりジュミとウジン、そしてスンジェ会長と奥さまのシーン中心に見ますね~!!

やったぁ~今夜は間に合いました!今日の催しの交流会もあったけど、一次会で帰って来ることができたので、第8話をこれからリアル視聴します~!…とはいえ、リュジン氏@ウジン、出番あるかな?

KJリゾートで偶然再会したジュヨンとウビンのシーンからスタート!ジュミはリゾートに来ているのに、ウジンは何をしているのでしょうか?「ここにどうして立ってるんですか?このリゾートに、この時間に、どうして立ってるんですか?」「チャノも来ているんですか?選手たちも来ています。よく来るんですか?」「いいえ、妹がチケットをもらったんで、来たんです。」連れだって歩き出すウビンとジュヨン。「僕はここが好きなんです」渓流にかかる橋の上で楽しそうにおしゃべりをする二人。

夜遅くまでリゾートのあちこちを見て回る二人。コスモスの咲くスキー場を散歩する。やたらと敷地に詳しいウジン。「今雪が降ればいいのに…」「じゃあ、雪が降るって考えてみて」雪の歌を歌う。「目を閉じてみて」「どうして?」「待っていれば、雪が降るかもしれないよ。僕が神さまに祈ってあげるから…待っていて…」すると空から雪が…「降ってきたわ!とっても綺麗…」想像の中…?すっかり恋人モード~

無邪気にコスモスを摘んでいるうちに、ころんで足を挫いてしまったジュヨン。「おぶってあげるよ…」「歩けるわよ…」「早く!」ウビンに背負われて帰るジュヨン。「心配しないで…何か言って」「ごめんね…大変でしょう」「思ったより重くないよ」ホテルのロビーまで帰ると、ジュミから電話。「今明け方の4時よ~オンニ!」薬箱を持ってくるウビン。慣れた手つきでアイシングして湿布を巻く。「思ったよりひどくないから、明日の朝には良くなっているよ、おやすみ」「おやすみなさい」

翌朝、部屋で寛いでいると、義母から電話。「家族みんなで出かけているんです…」電話を代わった大叔母がリゾートに来ていることを自慢~。その頃不倫夫は…義母のセリフは???「…で、どうしろっていうんですか?母さんもリゾートに行ったらいいでしょう!」

スンジェ会長と叔父社長が相談中。ウジンの処遇問題?ウジン登場~「リゾート事業を任そうと思うんだが、でくるか?」「わかりました」叔父家では、ウビン母が電話で会話中。「わかったわ!招待するから来なさいよ」ウビン姉は34歳だと判明。「結婚しないんなら、ウビンを先に結婚させるわよ!」

リゾートではウビンが選手たちを送り出している。自分も車に乗って出発。ジュヨンに電話。「いつ出発するの?」「もう出発したわ」「足は大丈夫」「おかげさまでね」電話を切ってしばらくすると車の調子が悪い。「何だか傾いているような気がするの…」点検してみると後部タイヤがパンクしている。「トランクにスペアタイヤがあるんだけど、取り替え方がわからないわ…」困っているジュヨンたちを偶然ウビンが発見~恐るべき偶然の連続…。しかし、大叔母さんはリュジン氏@ウジンを見つけた時ほど騒がない!ジュミをウビンに紹介するジュヨン。テキパキ?とタイヤ交換をするウビン。「チャン・ウビン氏はどうして困っている時に現れるのかしら?」「ポパイ?アジョシ?」…何故かって?それはドラマだからです。

不倫夫の愛人登場~第7話で義母を訪ねて追い出されているのね…。夫の職場に登場する愛人。「ちょっと出てようか?」気をきかせて席をはずす同僚。「なぜ家に来たんだ?」「私の人生はあなたにかかっているんだもの」

ウビン家では仲良く食事中。ウビンオンマが招待したのは姉の結婚問題関係?ウビン家の会話の内容によると、ウジンは本部長になった様子。

ジュヨン実家ではリゾートでの写真でスライドショーを開催中。その頃、不倫夫は同僚相手に屋台でクダを巻く~。「まともだったら、なんでそんなことがおこるんだよ~」同僚にも呆れられる夫。結局愛人宅に転がり込む。あぁ~もうこの二人はいいから、ウジンを出してくれぃぃぃ~!!!

おっと漢江でのランニングシーン。きょろきょろとウジンを探すジュミ。でも今日はなかなか会えない。いつもと違ったウエアで走るリュジン氏が先にジュミを見つけた。おぉ!ウジンからジュミに近づく。「行ってきましたか?」「ええ!とっても良かったです!お父さまにお礼を…」「いいえ、私が伝えますから…で、偽恋人、まだ続けたいですか?」黙り込むジュミ。「私を笑わせるプロジェクト、第3弾はないんですか?」「ゑ?待ってたんですか?」黙って走り去るウジン。「待ってたんでしょ~」何となくお茶目でウジン。

ブログホストのサーバー障害で書き込みができないでいるうちに、ジュミが上司にリゾートの取材を命じられたり、ジュミがウジンにスンジェさんへのお礼の品をことづけたり…。机の上に置いたジュミのソンムルをじぃっと見つめるウジンが可愛い~。

ウジン義母がユビン一家を食事に招待。ウジンが帰宅。「昇進おめでとう」「あぁ…」あまり嬉しそうじゃないウジン。部屋に帰って、鞄からソンムルを取り出す。

ジュミ実家ではいつの間にか不倫夫が入り込んでいて、チャノにPCを買い与えていた…。怒るジュヨン。「さよなら…」チャノはPCでサッカー中継を見ながら大喜び~アッパーが恋しい様子。夫が帰宅すると激怒している母。「出て行きなさい!」愛人のことでかな~り腹を立てている。ウビンはリゾートでのジュヨンとの偶然の再会を思い出している。思わずジュヨンに電話。「もしもし…」「ポパイですが、車は無事に着きましたか?」車を点検する約束を一方的にするウビン。

翌朝…母に追い出された不倫夫は会社で寝泊まり。ウジンはジュミの笑わせ写真を何度も見ている。何を考えているんだろう?ウビンの元カノがデザイン会社の本部長に着任。…で、そこはジュヨンの友人が働いている会社。社員公募の書類をジュヨンに渡す巨大な友人。元カノとすれ違う。「アメリカから来た本部長よ」ジュヨンの携帯が鳴り、ウビンから電話。「昨日の約束忘れたんですか?」カフェで待ち合わせるが、ユビンはご機嫌斜め。「急な用事って何ですか?約束を忘れるくらいの…」「靴メーカーからデザイナーの公募があって?」「ジュヨン氏に何の関係があるんですか?」「私…結婚前には靴のデザイナーだったの…」

来週は…?ウジンとジュミが偽恋人だということがバレたけど、なぜか両親の前でウジンがジュミと「結婚したい人です」と言い切っている!!!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。