スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「千回のキス」ギリギリアジョシウジンの純愛日記その2

  • 2011/08/21(日) 20:46:47

천 번의 입맞춤
제2회

「千回のキス」
ギリギリアジョシ ウジンの純愛日記
第2話

cyonbon_ep2_01.jpg

昨日の第1話は本当に「あっ!」という間の出演時間でした。なんせ長丁場の週末ドラマ(だいたい50話くらい)ですから、登場人物が多い!それぞれの登場人物の人間関係の紹介的なシーンと、まずは主人公の離婚の原因となる「夫の浮気」から話が始まりました~。

第2話は主人公がゴミ捨てにいって、夫が愛人と抱き合っているのを目撃!ゴミ袋でめった打ちするシーンから…。部屋に帰って口論する夫婦。「そんな仲ではないから…」と言い訳しても「あなたを信じられない」…当然ですよね~あんな現場をみちゃったんだから…。「心配しなくていいから、俺を信じて…」

クラブで踊る若い女性…誰だっけ?お立ち台?でゴールデンベルを鳴らす。「ウビナ~」と電話をする。「タクシーに乗って帰れよ。」「早く来てよ~早く…」しかたなく迎えに行くウビン。「しっかりしろよ!」と女性を抱きかかえて帰ろうとすると、会計が358ウォン?ウビンは女性を「ヌナ…」と呼んでいる。本当の姉?「オンマがカードを止めたから払えないのよ~」「じゃあ、何でゴールデンベルを鳴らしたんだよ~」「ぐぅぅ…」仕方なく背負って自宅に帰る。「何であんたが背負ってきたの?」「電話が来たんだよ」

おっ!いよいよ例の漢江のシーン。ジュミが音楽を聴きながらランニング中。後ろ向きに走って、リュジン氏に「どすん!」とぶつかる~。振り向くと巨大な男性が…。ウジンはジュミの肩を軽く押して払いのけ、何事もなかったように去っていく…。ジュミは何か感じたようだけど、ウジンは無表情~。

帰宅して、スーツに着替えるウジン。家族に対しても無表情のままで出勤する。一方ジュミは朝食の席でも「ぼーっ」もしかして、ウジンに一目惚れ?おぉ~いい感じだ~やっぱりリュジン氏は憧れの君じゃなくては…。

部屋で原稿を書きながらも朝出会った巨大な男性が忘れられないジュミ…。可愛いじゃない~。グッド!グッド!

ウビン家では二日酔いの姉が起きてきて、クールなウビンが358万ウォンの領収書を差し出す。「じゃあ、3ヶ月の月賦で」放蕩娘にオンマも手を焼いている様子。

ジュヨンは家事をしながらも、頭は夫の浮気のことでいっぱい~。そこにウビンから陶磁器のことで電話。なかなかしつこい~。陶磁器店で待ち合わせるジュヨンとウビン。

ジュヨンの夫の職場に現れた愛人。あからさまに愛情表現する愛人に社員もあきれる。…で陶磁器の値段は30万ウォン。「カードはないの?」「あるけど…決済は夫だから…」漢江のほとりで愛人と話し合うジュヨンの夫。あぁ~場面がめまぐるしく変わって、落ち着かない~。「お前、俺の母親に仕えられるか?俺の子どもを育てられるか?」

チュノはウビンと約束したユン・ギジュン選手のサインのことが気になる。ウビンがやって来たのは選手たちのトレーニング室。ギジュン選手はBEASTのドゥジュン君「7歳の子だよ、早くサインして」

ウジンは会議でプレゼンテーション中。仕事できそうな雰囲気。スンジェ会長も叔父社長も聞いている。部下に書類を渡してねぎらうウジンに義母から電話。ウジンの実母のチェサの件。考え込むウジン。家では祭壇を見てスンジェアボジが激怒。「去年のチェサで最後だと言ったじゃないか!」「なぜ義母さんはこんなことしたんだ、これからは親父の言うとおりにして」言い残して、家を出るウジン。車で一人走る。

「ウジンが結婚するまでと思って…結婚したら、自分でチェサができるでしょ」スンジェアボジを説得しようとする義母。その頃、ウジンが一人で来ていたのは…母の遺骨が安置してある霊堂。

出番は増えてきたけど、ますます暗いウジン。ウビン家ではオンマと不良姉が喧しく言い争い。ギジュンのサインが入ったユニホームを前にして、考え込むウビン。ジュヨンに電話。「チャノのオモニですか?」「誰ですか?」「陶磁器の持ち主です。ユン・ギジュン選手のサインをもらったんだけど、どうやって渡そうか?」「料理教室に行くから、その帰りでも」「はぁ~30万ウォン」と陶磁器の値段にため息をついていると、夫の携帯に愛人からメールが…。

ジュミは今日も漢江でランニング。あの時であった巨大なナムジャが忘れられない~。ウジンはランニングに行かずに不機嫌そうに朝食中。「どこに行ってたんだ?」「オモニの祭壇に」「一晩中か?」「オモニのチェサはこれからお前がやれ」「はい」あくまで無表情なウジン。

ジュミは巨大ナムジャに出会えなくて、ちょっと元気がない~恋煩い?可愛いねぇ~。姉のジュヨンは夫の愛人とカフェで待ち合わせ。あぁ~リュジン氏が純愛カップルで良かった~もうドロドロはごめんだ~。

「あなたが昨日送ったメールは家庭のある男性に送るものじゃないわ」「あぁ~チェックしたのね、私たちは熱い仲なのよ。どんな仲なのかわかるでしょ?」「私たち今付き合ってるのよ、旦那を信じないでね、熱い仲なのは本当よ、じゃあ帰るわね」挑発して帰る愛人。

愛人と別れた後、公園に夫を呼び出すジュヨン。「あの女とどんな仲なの?本当のことを言ってよ!早く!熱い仲なの?付き合ってるの?」ヒステリックに夫を責めるジュヨン。「本当にあの女がお前に?ハハハ…俺はクライアントとしての感情しかないよ」「じゃあ、この場で電話してよ」慌てて土下座する夫。「正直に言えば…」夫を平手打ちするジュヨン。「一度だけ許してくれよ」バックでめった打ちするジュヨン「離婚しましょう」「そんなこと言わずに、もっと殴ってくれ」

慌てて愛人宅に来るジュヨン夫。「どうしてこんなことを…お前、気でも狂ったのか?」

会社にやってくるウビンオンマ。社長室に来て、何やら密談?スンジェ会長の後妻が気に入らない様子のウビンオンマ。
インタビューの仕事でカフェに来ているジュミ。そこにやって来たのは、憧れのウジン。「こんにちは!こないだ漢江でぶつかった…記憶ありませんか?」「ええ…」ジュミの肩を「ポン」と押して払いのけて、仕事相手の席に座るウジン。今のところジュミに何の興味もないみたい…。

ウビンオンマがスンジェ宅にやってきて、話ているのはウジンの見合い話?ウビンはジュヨンと待ち合わせる予定の場所に行くが…修羅場状態のジュヨンはすっかり忘れて泣きながらバスに。待ちくたびれたウビンはジュヨンに電話「サインもらったのに取りにこないのかよ~どこにいるんだよ~その近くにカフェある?」ムカムカしながらやって来たウビン。呆然と立ち尽くすジュヨン。カフェでいくら待ってもジュヨンは来ない。呆然と赤信号を渡るジュヨンを助けるウビン。「大丈夫?」カフェに入って少し落ち着いたジュヨン。「30万ウォンです、すみませんでした…じゃあ、サインください。」「本当にユニホームに?ありがとうございます。」

ウビンと別れてからも道ばたで座り込むジュヨン。車の中からそんなジュヨンの姿を見つけて…「どうしたんですか?」何も言えないジュヨン。「何があったんですか?お送りします…」「私を捨てようとしているんです…」一人で歩き出すジュヨン。「お金のせいかな?」わけがわからないウビン。

家に帰って姑から食事ができていないことを責められたジュヨン。「食事の問題ですか!」思わず怒鳴ってしまう…。どうなるか気になるジュミとウジン…「クールな憧れの君」っていうのがいいよね~!

スポンサーサイト

楽器たちの図書館 133P.2L~135P.19L

  • 2011/08/21(日) 02:43:10


악기들의 도서관
133P.2L~135P.19L

akidol_01.jpg

「ぽにょっ会」のみなさん、翻訳発表、ブログ公開とも大変遅れてしまって申し訳ありません~。

まずは修正から…
133P14行目
악기 소리들이 뇌 속에서 물을 다 뽑아냈나봐요.
楽器の音が頭の中にあったものを全て抜き出したみたいです
「頭の中にあったものを」→「頭の中の水を」

次に気になったところや悩んだところを…
○133P17行目
みなさんのブログ上でも話題になっていたことですが
그 문장の「문장」の訳し方ですが
「文句」「文章」「フレーズ」…「文章」だともっと長い文のイメージがあるので「言葉」としました。
ヒゲ社長がすぐ後に続く文で「맞는 말」と言い換えていますが、この「」はストレートに言葉…なので。

○134P1行目
누군가 나를 기억해줬으면 하는 바람 같은 거 말야
誰かが僕を記憶してくれたらという願いのようなものだよ
→誰かが自分を憶えていてくれたらという願いみたいなものだよ
と訳してみました~主題である
아무것도 아닌 채로 죽는다는 건 억울하다
という言葉の意味をヒゲ社長が解いてくれた瞬間のような気がしました

そんなヒゲ社長の言葉を受けた主人公の答えは
잘 모르겠어요. 그럴지도 모르죠.
よくわかりません。そうかも知れませんね
としましたが、こんな感じでいいのでしょうか…?微妙な掛け合いなので、うまく訳せたか心配です。

○134P19行目
강습실을 새롭게 꾸미고
講習室を新しく飾って(作って)→レッスン室をリニューアルして

○135P19行目
女の子が本で読んだシタールの音についての話を聞いた主人公の言葉
그래? 그럴 수도 있겠구나.
そう?そうともいえるだろうね。
と訳してみましたが、いかがでしょうか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。