スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「千回のキス」ギリギリアジョシウジンの純愛日記その4

  • 2011/08/28(日) 20:31:33

천 번의 입맞춤
제4회

「千回のキス」
ギリギリアジョシ ウジンの純愛日記
第4話

cyonbone_ep4_01.jpg

ゑ?あの暗~い、ウジンがこんな表情?いいえ、これはチャン・ウジンではなくて、素のリュジン氏~カメラが回っているうちは、影のあるウジンになりきっていますが、「カット!」の後は一瞬にして、明るくアジョシギャグを飛ばすリュジン氏に早変わり~個人的にはチャン・ウジンのキャラクターは、暗い過去を引きずった「京ス」のスヒョンに通じるものがあって大好きですが、時々は笑顔も見せてほしい~今のところ、連戦連敗のジュミですが、ウジンの心に暖かな灯をともすことができるのか…注目したいと思います~!!

偶然チャノとジュヨンを見つけてサッカーをするウビン。三人で腰掛けながらアイスを食べる。「陶磁器代は返しただろ?」「返さなくても良かったのに…」「アジョシ…またサッカー一緒にしてね!僕との約束は2つあるんだよ!サッカー場に行く約束もしたでしょ?」名刺をジュヨンに渡すウビン。「チャノをサッカー場に連れていくのはファンサービスだと思ってください。」

おずおずとジュヨンの実家にやって来た不倫夫。「お祖母さま、許してください~一度だけ、もう二度とこんなことはしません。」「もう二度目だよ…」「私たちが幸せに暮らしているのをご存じでしょう。僕はジュヨンに何の不満もありません。」「許しだったらジュヨンに言いなさい。あなたと暮らしていたのはジュヨンだし、もう暮らせないと言っているのもジュヨンだからね。」実家から帰ってドッと疲れる不倫夫。「ヤン社長のような女はヘビみたいなもんだからな…」同僚にもあきれられる不倫夫。

家でジュヨンが夕食の仕度をしようとすると不倫夫から外食の誘い。「私は行く気ないから、チャノとお義母さんと行けば…」結局姑が電話に出て、家でサムギョプサルを食べることに…。気乗りのしない買い出しに出かけて、公園で腰掛けるジュヨン。

ジュミは友人にウジンのことを相談。「美人局だって言われた…」文句を言い合いながらデザートを食べる。シックなスーツで仕事中のウジン。そこに叔母から電話。「今、現場などで、ソウルに帰るのは遅くなります。」「例のエンゼルグループの次女の件だけど…」「今仕事中なので、後で電話します…」部下に色々と指示してから、叔母に電話をかけ直すウジン。「叔母さん、あの話は考えていないと父にも話しました…」「お茶だけでもどう?」しつこい叔母。しかし、ウビンは話を切り上げて電話を切る。

すかさず叔母はスンジェ会長に電話「ウジンが…?」ジュヨン家では家族で仲良く?サムギョプサルで夕食中。「チャノ、たくさん食べろよ~」「チャギヤ~あ~ん」不倫夫のサムギョプサルを拒否するジュヨン。「オンマ~何とかしてくれよ~離婚したら、オンマがチャノを育てられるの?」部屋に引き籠もるジュヨン。「オンマ…アッパーと喧嘩したの?アッパーが憎いの?離婚するの?」「離婚って知ってるの?」「知ってるよ…」チャノを抱きしめるジュヨン。

帰宅したウジン。今日も家でトレーニングに励むスンジェ会長。「お父さん、叔母さんから話は聞きました。…まだ結婚する気はありません。」「まだ?いくつになったと思ってるんだ?」「相手を幸せにする自身がありません」ウジンの母はいつもスンジェ会長の前では息を潜めて怯えて暮らしていた…らしい…「お義母さんにも聞かれてみたらいいんです…」「出て行け~」家を出て一人で屋台で飲むウジン。偶然友人と飲んでいるジュミがウジンを見つける。「あの、おじさん?」「おじさんじゃない?あんた、おじさんが好きなの?」アジョシを連発する友人~年齢的にはアジョシなのは確かだけど、失礼なっ!(怒)「行ったわよ…バカなアジョシ」泥酔して鞄を置いて店を出るウジン。「アジョシ~鞄ですよ~アジョシのじゃない」ふらふらと歩くウジン。そんなウジンを心配そうに見守るジュミ。「あぶないじゃない…」「行こうよ~」バタっと倒れるウジン。あきれて先に帰る友人。「どうしよう…」泥酔しても上品に大の字で眠るウジン。…大きすぎてどうしょうもない…呆然と見つめるジュミ。


眠れる
酔っぱらいアジョシと
ジュミ・コンジュ

cyonbone_ep4_02.jpg
むかし、むかし…あるところに
酔っぱらいの森に迷い込んだ
チャルセンギン・アジョシが
おりました

うぃ~っ!
酔っぱらっちゃった~ぃ~
バタン

cyonbone_ep4_03.jpg
そこに通りがかった
純愛王国の
ジュミ・コンジュ
…デカすぎ…
ガリバーを思わせる
巨大アジョシを目の前に
途方に暮れてしまいましたとさ

cyonbone_ep4_04.jpg
スンジェ大王に
お仕置きしてもらおうかしら?
でも
このアジョシ
寝顔が超可愛いっ!

cyonbone_ep4_05.jpg
どうしよう…?
このまま襲っちゃう?

cyonbone_ep4_06.jpg
アジョシの寝顔を見ているうちに
一緒に眠ってしまった
ジュミ・コンジュ

cyonbone_ep4_07.jpg
ああら大変
いつの間にか
夜が明けて…
夜が明けると
魔法がとけてしまいます~

cyonbone_ep4_08.jpg
先に目が覚めた
アジョシは
自分がどこにいるのか
何をしていたのか
全く理解できませんでした

cyonbone_ep4_09.jpg
傍にいるのは
人間なのか
それとも…

cyonbone_ep4_10.jpg
それとも…?
良く見ると
若い!
もしかして
88オリンピックより
後?
アジョシ•ギャグが
通じないかも…?

cyonbone_ep4_11.jpg
はっ!と目覚めた
ジュミ・コンジュ
夜が明けると
魔法がとけてしまうので
呆けたアジョシの
相手をしているヒマは
ありません

cyonbone_ep4_12.jpg
アジョシを
テキトーにあしらって
すたこらさっさと
逃げてしまいました…

cyonbone_ep4_13.jpg
あ…待って
僕を置いて行かないで~

cyonbone_ep4_14.jpg
ジュミ・コンジュに
放置されたアジョシは
ここはどこ…?
私は誰…?

cyonbone_ep4_15.jpg
自分が何ものであるか
完全に
見失ってしまった
アジョシ…
可哀想に
人前でシャワーを浴び

cyonbone_ep4_16.jpg
その上
タオル一枚で
サウナまで入って
しまいました…とさ
(びっくり!)
全身はNGよっ~っ!

cyonbone_ep4_17.jpg
そして…
やっと我に返ったアジョシは
自分が「脱ぎ系」のクォン・サン○でもなく
ソン・スン○ンでもなく
脱がない文系俳優
リュジンだということを
思いだしましたとさ…
めでたし、めでたし…

※このお話は
ドラマとは無関係です

ウジンに電話しても通じない…少し心配なスンジェ会長。部屋に入ってくる義母。「お前は…幸せか?」「ウジンの言葉は気にしないでください…」「感謝してます…20年間あなたのそばにいて…娘までできて…」「どうして、最後まで拒否しなかったんだ?」「私の助けが必要な方だったからです…私は…不安ではありません。」「幸せだという言葉は一度もない…」「幸せだと思っています…」この二人も何となく、訳ありで大人~の雰囲気。握った手、なぜか切ない~。70代後半でこんな演技ができるなんて…さすがスンジェさん~!

大の字で倒れているウジンの横でハルモニに電話するジュミ。「友だちが…酔っぱらってしまって…」鞄を枕にしてみたり…ウジンの横で正座して見守るジュミ。友人から電話。「まだあのアジョシと一緒なの?」「寝てるのよ…」「起こしてみたら?」「すみません…」起きないウジン。ウジンの携帯が鳴るが…。取れない~そのうちにあぁ~朝になっちゃったよ~。目が覚めて…横に寝ているジュミを見つけて焦るウジン。「こんにちは…大…丈夫ですか?」「なぜここに?」「憶えていませんか?」「ひどく酔って…あの屋台で…鞄を置いたままで行かれて、ここで倒れたんです…目が覚めないので、心配で…あ、鞄は開けていません…さようなら~」走って去っていくジュミ。呆然と見送るウジン。ウジンの表情がやっと人間的になってきた~。

朝帰りのジュミ。「友だちと一緒に寝てしまって…」ハルモニに怒られる~。ジュヨンは朝ご飯の準備中。チャノの言葉を思い出すジュヨン。スンジェ家では、義母が朝食の準備中。ウビンはシャワーをあびて、サウナでリフレッシュ中。(おぉ!シャワーシーンとサウナシーンが…)ビシッとスーツで決めて出勤~スンジェ会長に呼び出される。

不倫夫は愛人と密会中。「週末、最後の贈り物…考えてくれた?遠くじゃなくてもいいのよ」「お前…俺の家は今雰囲気が最悪なんだ~ちょっとだけでも考えてくれよ~俺は離婚できない…あいつと別れる気は少しもないんだ」「私は、最後の贈り物で旅行がしたいのよ~」断り切れない夫~

家で掃除中のジュヨンにウビンから電話。「用件はなんですか?」「チャノと土曜日にサッカー見に行こうと思って電話したんだ…」「ご面倒をおかけするのは…?」「大丈夫ですよ、土曜日、マンションの前に向かえに行きます…。それと…俺は「陶磁器」ではありません、「チャン・ウビン」です」

ジュヨン家では不倫夫が土曜日は出張だとウソをついている…「アッパー、僕、土曜日サッカー場に行くんだ、アジョシに連れていってくれるんだ~」「あぁ~ありがたいな~一度アッパーも会いたいな~」

チームの練習に立ち会うウビン。いつも気に掛けている選手に声援を送り励ます。帰宅したウビン。自分が出ていた昔の試合のビデオを見ているアボジに気がつく~怪我をした時の…」「親父…」「あの時怪我していなかったら、今でもナショナルチームにいたかな?お前にまだ治っていない傷が残ってないか気になってね…」「俺は選手だったから、マネージメントもできて…」いたわりあう父子、社長叔父さんはいい人なのかな?

大丈夫だと言ったものの、やはり未練が残っているウビン。怪我のシーンを切なく見つめる。…土曜日、チャノを迎えに来るウビン。「こんにちは!」「試合は5時からなので、お茶でもいかがですか?」「結構です」「そんな答えばかりなら、これから質問には○×で答えてもらいますよ~」手を振って見送るジュヨン。その頃不倫夫は愛人とドライブ中。「おかしいわね…あんたの奥さん、もうあきらめているんじゃない?」「私たち…今まで熱々だったじゃない…」家で父の写真を見ながら、夫を許そうかどうしようか考えるジュヨン。結婚式の前の日、父に言われた言葉を思い出すジュヨン。「アッパーは今まで生きてきて、たくさん後悔しているし、許してもらわなくちゃいけない人がたくさんいるんだ…許してあげるんだ…たくさん許してあげれば、幸せに暮らせるんだよ」「でも…お父さん、本当に許したくないの…」

ジュヨンの様子を見に来たハルモニ。「お前のすきなようにしなさい…しんどければ、ここに来ていればいい…」ウビンとパスタを食べるチャノ。「これも食べろよ!」「いただきます!」何となくウマが会っているウビンとチャノ。夜…試合を終えて、帰ってきたチャノ。「ありがとうございます…」その時ジュヨンの電話に愛人から電話。「旦那さんと私は一緒にいるのよ…」「出張じゃなかってんですか?」「信じていたの?」動揺するジュヨン。「今、旦那さんはシャワーなの…」「電話した理由は何なの?」修羅場で終了~。前半はウジンとジュミの話が中心で良かったんだけど~。

スポンサーサイト

「千回のキス」ギリギリアジョシウジンの純愛日記その3

  • 2011/08/27(土) 20:44:29

천 번의 입맞춤
제3회

「千回のキス」
ギリギリアジョシ ウジンの純愛日記
第3話

cyonbone_ep3_01.jpg

早いですね~初放送からもう一週間。この間リュジン氏は撮影のために、漢江に落ちたキム・ソウン嬢を助けるシーンなんかを撮影されたりして。。。第3話で放送されるのでしょうか。楽しみです!
個人的には主人公ジュヨンと夫のドロドロの修羅場の場面を減らして!可愛いジュミと無愛想なウジンがどのように純愛を育んでいくかをじ~っくり見たいところです~。
そんな期待と裏腹に、夫の不倫に悩むジュヨンの姿からスタート~。ウビンは別れたジュヨンが道ばたで泣いていたのが気になる…。帰宅したジュヨンは食事の用意が出来ていないと文句を言う姑に「食事の問題なんですか!」と本当の事をいいそうになるが…ぐっと堪えて…わけがわからない姑に「すみません…とても気がふさがることがあったもので…すぐに食事の用意をします」帰宅したチャノはユン・キジュン選手のサイン入りユニホームに大喜び、すぐにウビンにお礼の電話をしようとせがむ。「後にしなさい…」
懲りない夫は花束を持って帰宅。「何の花束?誕生日でもあるまいし…」不審そうな姑。花束を差し出す夫を無視するジュヨン。姑に言われて仕方なく受け取る。
部屋に戻って、夫の花束をゴミ箱に捨てるジュヨン。「はぁ~」その頃、ユビン家では、ユビンの姉?が友人と長電話中。部屋に入ってきたユビン。クラブでの借金の取り立て。結構セコイ~。「どうやって返すのよ…お金もないのに…」「姉さん、300万ウォンじゃなくて、30万ウォンで泣く人間もいるんだ…」と勘違いの説教。

cyonbon_ep3_02.jpg
ウビン家のオンマに呼び出されたウジン。
「会社に来られたという話を聞きましたけど…」
ウビンオンマの用事はウジンへの見合いの勧め~
だんだんブルーになるウジン

cyonbon_ep3_03.jpg
「大企業のお嬢さんで、音大のピアノ科を出て」
「留学経験があって…今大学で講師をしているそうよ…」
「31歳で…4歳差なら結婚するのにいいでしょ…」「
あなたも35歳なんだから、そろそろ結婚しなきゃ…」
「会ってみたら…きっとお似合いだわ…」

cyonbon_ep3_04.jpg
「女性と知り合う機会がないから、結婚できないのよ…」
「兄貴、彼女いるの?」
「いいや…まだ、自身がありません…」
「それは…謙遜か?過ぎた謙遜はいけないぞ…」
しつこいウビン家の家族たち。
「兄貴、独身主義なの?」

cyonbon_ep3_05.jpg
「いや…女性を幸せにできる自身がありません…」
「叔父さんも叔母さんも、僕が親父によく似ているのをご存じでしょう…」
「親父は…亡くなった母も、今の一緒に暮らしている母も」
「幸せにはしていません…」
「僕も間違いなく、父のような人生になると思います」

cyonbon_ep3_06.jpg
「お前、そんなこと話にならないよ…」
「父親は父親、お前はお前だ…」
「お前と父親は違うんだよ…」

cyonbon_ep3_07.jpg
「あなたが…まだ気に入った女性に会っていないから…」
「そんなことを考えるのよ…」
「お前の叔母さんの言うとおりだ…」
「愛する人に会っていないからだよ…」
「一回会ってみろ…運命は誰にもわからないんだから…」

cyonbon_ep3_08.jpg
色々言われまくって帰宅したウジン。
「叔父さんの家に行ってきたのか?どうだった?」
「まだその気はないと言いました…」
「会う約束をするんだ…」
「僕の結婚問題は僕に任せてください」

cyonbon_ep3_09.jpg
部屋に帰ってブルーな気分のウジン。
「はぁ…」と深いため息。
いいわぁ~口数が少ない暗~い雰囲気。

ジュヨン家では不倫夫がオンマに相談…。「お前…また浮気したのね?」「…でそれがバレたのね?」「頼むよ…オンマが頼んでくれよ~」チャノは「アジョシに電話しちゃダメ?」「もう遅いじゃない」「じゃあ、いつ?」「明日ね」何も知らないチャノはユニホームを抱きしめてベッドに…。そこにやってきた夫。「お前…寝ようよ…」無視して絵本を読み出すジュヨン。「じゃあ…早く読み終われよ…」和解のきっかけが見つけられない不倫夫。ジュヨンは子どもの部屋で呆然と夜を明かす。

cyonbone_ep3_13.jpg
…そして翌朝、漢江をジョギングするジュミ。
問題のシーンかな?
正面から走ってくるウジンの姿を見つける。
「こんにちは~私たち、会ったじゃないですか?」
「ここでも会って、カフェでも会って」
「ぶつかりましたよね」
「憶えていませんか?」

「…知っています」
「私の名前はウ・ジュミです」
「一緒に運動してはいけませんか?」
後ろ向きに走りながら
にこやかにウジンに話しかけているうちに
(見事に)足をすべらせて
漢江にドボン!!!

cyonbone_ep3_10.jpg
※なんとなく飛び込むリュジン氏が
変かも…?

cyonbone_ep3_11.jpg
このあたりは動きが速いので
公式HPのスチール写真で~

cyonbone_ep3_12.jpg
今年の韓国は豪雨が続いていたので
漢江の水も多くて
濁っているような~
熱演?の二人はだいぶ
水も飲んでいるのではないでしょうか?

cyonbone_ep3_14.jpg
すかさず飛び込んで
ジュミを助け上げるウジン
「しっかりして…」
ジュミを背負って走り出す
一瞬、人工呼吸するのかと思ったけど…。
颯爽としてカッコ良かった…
一瞬だったけど…

ジュヨン家では愛人の「熱い仲」という言葉が頭をグルグル回るジュヨン。大叔母(イモハルモニ)からの電話を姑に取り次ぐジュヨン。姑と大叔母は友人?何とかジュヨンを説得しようとする姑。

cyonbone_ep3_15.jpg

その頃ジュミは…病院のベッドに…。ウジンに再会した嬉しさの余り川に落ちたことを思い出す。「…で、私はどうやってここまで…」医者がやって来た。「私はどうやってここに来たのですか?」ウジンの名刺を出す医者。「この人が…」「その人はどんな人でしたか?」「背が高くて、イケメンでしたよ…」「今…お金がなくて、治療費が…」「治療費はその方が払っていかれましたよ…」名刺を見て嬉しそうなジュミ。家に帰って、驚くハルモニと大叔母。「漢江に落ちたの…お腹減った…」「ジュミは泳げないのに漢江に落ちて…」部屋に帰ってウジンの名刺を取り出すジュミ。「チャン・ウジン…」

cyonbone_ep3_16.jpg
会社で社長叔父と朝の出来事を話すウジン。
「事故だって…?」
「漢江でジョギングをしていて
漢江に落ちた人がいたんです」
「自殺か?」
「いいえ…誤って」
「泳げなくて気絶してしまったので
病院に行って来たので
出勤時間に遅れました」

cyonbone_ep3_17.jpg
「あの道は俺も時々自転車に乗っているけど
そんなこともあるんだな」
「その人は大丈夫だったのか?」
「ええ、そう思います」

ジュヨンのことが気になるウビン…。「お金を返してあげようとしているのに…」その頃ジュヨンは市役所で離婚届を取りに行っていた。ジュヨンが思い出すのは夫の浮気の数々…。何とジュヨンが臨月の時にも…。帰宅して飛び出して来たのはチャノ。ユニホームをくれたアジョシに電話しようという。「アジョシの名前を知らないのよ…」電話の登録は「陶磁器」「アジョシ…ありがとう~アジョシもサッカーをしていたの?」「アジョシがサッカー場に連れていってあげようか?」「本当?」そんな話をしていると、姑がジュヨンの持ってきた離婚申請書を見つけて怒鳴りだす。その声を電話を通じて聞いてしまったウビン。姑を訪ねて来た大叔母も加わって大変な騒ぎに…。
ジュヨン実家でハルモニと話す大叔母。「また、浮気したの?」「ゑ?またって…?」ジュヨンからハルモニに電話。「私…もう暮らしていけない…私の思うようにしてもいい?」「あんたを信じるよ…」

cyonbone_ep3_20.jpg
ウジンの会社にやってきたジュミ
会社のロビーで電話をかけてみる
「チャン・ウジンです…もしもし?」
「こんにちは!私…
朝助けていただいた者ですが…」
「今ロビーに来ているんですが…」
「ちょっと会っていただけますか?」

cyonbone_ep3_19.jpg
「何事もなかったのなら、結構です」
「お会いする必要はありません」
「お渡ししたいものがあるので、
ちょっとだけでいいんです」

cyonbone_ep3_21.jpg
「何ですか?」
「治療費をお渡ししようと…」
「そんなに大した金額ではないので
心配しなくても結構です」
「いいえ、当然お返ししないと…」
「結構です!プチ」

cyonbone_ep3_22.jpg
それでもあきらめきれないジュミ
受付に身分証をあずけて
恐る恐る
ウジンのオフィスにやって来た…

cyonbone_ep3_23.jpg
「こんにちは!」
「ダメだとおっしゃられていたのに
勝手に上がってきて申し訳ありません」
「そのまま帰っていいと言いませんでしたか?」

cyonbone_ep3_24.jpg
「ご挨拶がしたくて…
命を助けていただいて…
命の恩人じゃないですか」

cyonbone_ep3_25.jpg
「結構です」
「これからはぶつかることのないように
してください」

cyonbone_ep3_26.jpg
「治療費…
出していただいたことは…」

cyonbone_ep3_27.jpg
「結構ですと言ったのが
聞こえなかったんですか?」
部屋を冷たく出て行くウジン
さすがのジュミも泣きべそ…
「ナップンジャシ…」

cyonbone_ep3_28.jpg

漢江では不倫夫と愛人が別れ話の最中。「私に最後の贈り物をちょうだい?」「何だ?」「最後の旅行…一泊二日でいいわ…」「俺がどんな状況かわかってるのか?」
夫が帰ってきても無視して料理を作るジュヨン。姑は部屋の中で「アイゴー!もう生きていけない~」部屋に入ってきた息子を怒鳴りつける。ジュヨンの大叔母と乱闘したのがショックらしい…。「離婚書類まで準備して…」「ゑ?離婚書類?」「あぁ~ダメだ~」離婚する気だけはないらしい不倫夫。「話をしよう」部屋でジュヨンに土下座する不倫夫。「お前~お前もわかってるだろ~離婚はダメだ…」「お前に言う言葉はないが、お前は俺のサンシャインだ~」何だコイツ!(怒)
サッカーの代表チームを送り出すウビン。「頼みがあるんだ…母が病気で…一度、様子を見て来てくれない?」後輩の頼みに「心配しないで、頑張って来いよ」帰宅して、昼のジュヨン家の出来事を思い出すウビン。ジュヨンにメッセージを送る。「口座を確認して…陶磁器の代金は返すから…」
ウビン家を訪ねる、スンジェ会長の後妻。「…で、急に何の用?」「頼みがあって…ウジンの事…」「ウジンは…女性を幸せにする自身がないって言ったのよ…」「頼むわ…その話すすめてほしいの…私は、ウジンが幸せになったらいいと思って…色々傷ついてきたから…」
ウジンに冷たくされてショックのジュミ。「ウ・ジュミ、勇気を出して、ファイティン!」気合いを入れて、またやって来たのはウジンのオフィス。「こんにちは~治療費を受け取ってもらえなかったので、また来ました。」「もう結構ですと言いましたが…こんな風に男性に近づくんですか?あなたは美人局ですか?お金を置いて行ってください。治療費を受け取れば、もう来ないくていいでしょう。」「私は…美人局じゃありません!」また半ベソで出て行くジュミ。(○○が聞き取れませんでした~)
公園でサッカーをするチャノを見守るジュヨン。そこに通りがかったウビン。「あ…あのチビじゃないか?」ジュヨンがボールを蹴ると、ウビンのところに飛んでいく。「こんにちは!」ペコリと頭を下げるジュヨン。「名前は…?」「チャノ!」「アジョシとサッカーをするか?」「アジョシ、サッカー上手なの?」「おぉ!上手だよ~」仲良くサッカーをはじめるチャノとウビン。そんな姿を見ていると嫌なことも忘れそう…。ジュヨンの実家前で気合いを入れる不倫夫。予告編では…漢江で倒れるウジン~何が起きるのかな?

(追記)
その後、聞き取れなかった
ウジンがジュミに言った「暴言」
のことを調べてみました~

당신 꽃뱀이야?
あんた、美人局か?

꽃뱀 美人局:偶然を装って男性を騙し金品をまきあげる女性

…ひ、ひどい~

「千回のキス」ギリギリアジョシウジンの純愛日記その2

  • 2011/08/21(日) 20:46:47

천 번의 입맞춤
제2회

「千回のキス」
ギリギリアジョシ ウジンの純愛日記
第2話

cyonbon_ep2_01.jpg

昨日の第1話は本当に「あっ!」という間の出演時間でした。なんせ長丁場の週末ドラマ(だいたい50話くらい)ですから、登場人物が多い!それぞれの登場人物の人間関係の紹介的なシーンと、まずは主人公の離婚の原因となる「夫の浮気」から話が始まりました~。

第2話は主人公がゴミ捨てにいって、夫が愛人と抱き合っているのを目撃!ゴミ袋でめった打ちするシーンから…。部屋に帰って口論する夫婦。「そんな仲ではないから…」と言い訳しても「あなたを信じられない」…当然ですよね~あんな現場をみちゃったんだから…。「心配しなくていいから、俺を信じて…」

クラブで踊る若い女性…誰だっけ?お立ち台?でゴールデンベルを鳴らす。「ウビナ~」と電話をする。「タクシーに乗って帰れよ。」「早く来てよ~早く…」しかたなく迎えに行くウビン。「しっかりしろよ!」と女性を抱きかかえて帰ろうとすると、会計が358ウォン?ウビンは女性を「ヌナ…」と呼んでいる。本当の姉?「オンマがカードを止めたから払えないのよ~」「じゃあ、何でゴールデンベルを鳴らしたんだよ~」「ぐぅぅ…」仕方なく背負って自宅に帰る。「何であんたが背負ってきたの?」「電話が来たんだよ」

おっ!いよいよ例の漢江のシーン。ジュミが音楽を聴きながらランニング中。後ろ向きに走って、リュジン氏に「どすん!」とぶつかる~。振り向くと巨大な男性が…。ウジンはジュミの肩を軽く押して払いのけ、何事もなかったように去っていく…。ジュミは何か感じたようだけど、ウジンは無表情~。

帰宅して、スーツに着替えるウジン。家族に対しても無表情のままで出勤する。一方ジュミは朝食の席でも「ぼーっ」もしかして、ウジンに一目惚れ?おぉ~いい感じだ~やっぱりリュジン氏は憧れの君じゃなくては…。

部屋で原稿を書きながらも朝出会った巨大な男性が忘れられないジュミ…。可愛いじゃない~。グッド!グッド!

ウビン家では二日酔いの姉が起きてきて、クールなウビンが358万ウォンの領収書を差し出す。「じゃあ、3ヶ月の月賦で」放蕩娘にオンマも手を焼いている様子。

ジュヨンは家事をしながらも、頭は夫の浮気のことでいっぱい~。そこにウビンから陶磁器のことで電話。なかなかしつこい~。陶磁器店で待ち合わせるジュヨンとウビン。

ジュヨンの夫の職場に現れた愛人。あからさまに愛情表現する愛人に社員もあきれる。…で陶磁器の値段は30万ウォン。「カードはないの?」「あるけど…決済は夫だから…」漢江のほとりで愛人と話し合うジュヨンの夫。あぁ~場面がめまぐるしく変わって、落ち着かない~。「お前、俺の母親に仕えられるか?俺の子どもを育てられるか?」

チュノはウビンと約束したユン・ギジュン選手のサインのことが気になる。ウビンがやって来たのは選手たちのトレーニング室。ギジュン選手はBEASTのドゥジュン君「7歳の子だよ、早くサインして」

ウジンは会議でプレゼンテーション中。仕事できそうな雰囲気。スンジェ会長も叔父社長も聞いている。部下に書類を渡してねぎらうウジンに義母から電話。ウジンの実母のチェサの件。考え込むウジン。家では祭壇を見てスンジェアボジが激怒。「去年のチェサで最後だと言ったじゃないか!」「なぜ義母さんはこんなことしたんだ、これからは親父の言うとおりにして」言い残して、家を出るウジン。車で一人走る。

「ウジンが結婚するまでと思って…結婚したら、自分でチェサができるでしょ」スンジェアボジを説得しようとする義母。その頃、ウジンが一人で来ていたのは…母の遺骨が安置してある霊堂。

出番は増えてきたけど、ますます暗いウジン。ウビン家ではオンマと不良姉が喧しく言い争い。ギジュンのサインが入ったユニホームを前にして、考え込むウビン。ジュヨンに電話。「チャノのオモニですか?」「誰ですか?」「陶磁器の持ち主です。ユン・ギジュン選手のサインをもらったんだけど、どうやって渡そうか?」「料理教室に行くから、その帰りでも」「はぁ~30万ウォン」と陶磁器の値段にため息をついていると、夫の携帯に愛人からメールが…。

ジュミは今日も漢江でランニング。あの時であった巨大なナムジャが忘れられない~。ウジンはランニングに行かずに不機嫌そうに朝食中。「どこに行ってたんだ?」「オモニの祭壇に」「一晩中か?」「オモニのチェサはこれからお前がやれ」「はい」あくまで無表情なウジン。

ジュミは巨大ナムジャに出会えなくて、ちょっと元気がない~恋煩い?可愛いねぇ~。姉のジュヨンは夫の愛人とカフェで待ち合わせ。あぁ~リュジン氏が純愛カップルで良かった~もうドロドロはごめんだ~。

「あなたが昨日送ったメールは家庭のある男性に送るものじゃないわ」「あぁ~チェックしたのね、私たちは熱い仲なのよ。どんな仲なのかわかるでしょ?」「私たち今付き合ってるのよ、旦那を信じないでね、熱い仲なのは本当よ、じゃあ帰るわね」挑発して帰る愛人。

愛人と別れた後、公園に夫を呼び出すジュヨン。「あの女とどんな仲なの?本当のことを言ってよ!早く!熱い仲なの?付き合ってるの?」ヒステリックに夫を責めるジュヨン。「本当にあの女がお前に?ハハハ…俺はクライアントとしての感情しかないよ」「じゃあ、この場で電話してよ」慌てて土下座する夫。「正直に言えば…」夫を平手打ちするジュヨン。「一度だけ許してくれよ」バックでめった打ちするジュヨン「離婚しましょう」「そんなこと言わずに、もっと殴ってくれ」

慌てて愛人宅に来るジュヨン夫。「どうしてこんなことを…お前、気でも狂ったのか?」

会社にやってくるウビンオンマ。社長室に来て、何やら密談?スンジェ会長の後妻が気に入らない様子のウビンオンマ。
インタビューの仕事でカフェに来ているジュミ。そこにやって来たのは、憧れのウジン。「こんにちは!こないだ漢江でぶつかった…記憶ありませんか?」「ええ…」ジュミの肩を「ポン」と押して払いのけて、仕事相手の席に座るウジン。今のところジュミに何の興味もないみたい…。

ウビンオンマがスンジェ宅にやってきて、話ているのはウジンの見合い話?ウビンはジュヨンと待ち合わせる予定の場所に行くが…修羅場状態のジュヨンはすっかり忘れて泣きながらバスに。待ちくたびれたウビンはジュヨンに電話「サインもらったのに取りにこないのかよ~どこにいるんだよ~その近くにカフェある?」ムカムカしながらやって来たウビン。呆然と立ち尽くすジュヨン。カフェでいくら待ってもジュヨンは来ない。呆然と赤信号を渡るジュヨンを助けるウビン。「大丈夫?」カフェに入って少し落ち着いたジュヨン。「30万ウォンです、すみませんでした…じゃあ、サインください。」「本当にユニホームに?ありがとうございます。」

ウビンと別れてからも道ばたで座り込むジュヨン。車の中からそんなジュヨンの姿を見つけて…「どうしたんですか?」何も言えないジュヨン。「何があったんですか?お送りします…」「私を捨てようとしているんです…」一人で歩き出すジュヨン。「お金のせいかな?」わけがわからないウビン。

家に帰って姑から食事ができていないことを責められたジュヨン。「食事の問題ですか!」思わず怒鳴ってしまう…。どうなるか気になるジュミとウジン…「クールな憧れの君」っていうのがいいよね~!

楽器たちの図書館 133P.2L~135P.19L

  • 2011/08/21(日) 02:43:10


악기들의 도서관
133P.2L~135P.19L

akidol_01.jpg

「ぽにょっ会」のみなさん、翻訳発表、ブログ公開とも大変遅れてしまって申し訳ありません~。

まずは修正から…
133P14行目
악기 소리들이 뇌 속에서 물을 다 뽑아냈나봐요.
楽器の音が頭の中にあったものを全て抜き出したみたいです
「頭の中にあったものを」→「頭の中の水を」

次に気になったところや悩んだところを…
○133P17行目
みなさんのブログ上でも話題になっていたことですが
그 문장の「문장」の訳し方ですが
「文句」「文章」「フレーズ」…「文章」だともっと長い文のイメージがあるので「言葉」としました。
ヒゲ社長がすぐ後に続く文で「맞는 말」と言い換えていますが、この「」はストレートに言葉…なので。

○134P1行目
누군가 나를 기억해줬으면 하는 바람 같은 거 말야
誰かが僕を記憶してくれたらという願いのようなものだよ
→誰かが自分を憶えていてくれたらという願いみたいなものだよ
と訳してみました~主題である
아무것도 아닌 채로 죽는다는 건 억울하다
という言葉の意味をヒゲ社長が解いてくれた瞬間のような気がしました

そんなヒゲ社長の言葉を受けた主人公の答えは
잘 모르겠어요. 그럴지도 모르죠.
よくわかりません。そうかも知れませんね
としましたが、こんな感じでいいのでしょうか…?微妙な掛け合いなので、うまく訳せたか心配です。

○134P19行目
강습실을 새롭게 꾸미고
講習室を新しく飾って(作って)→レッスン室をリニューアルして

○135P19行目
女の子が本で読んだシタールの音についての話を聞いた主人公の言葉
그래? 그럴 수도 있겠구나.
そう?そうともいえるだろうね。
と訳してみましたが、いかがでしょうか?

「千回のキス」ギリギリアジョシウジンの純愛日記その1

  • 2011/08/20(土) 20:45:40

천 번의 입맞춤
제1회

「千回のキス」
ギリギリアジョシ ウジンの純愛日記
第1話

cyonbon_ep1_06.jpg

いよいよ始まりました~とっても幸せそうなテーマソング。MBCの接続も今のところ順調です。
主人公ジュヨンの息子の学芸会のシーンからスタートしました。夫?も一緒だけど、離婚してたんじゃないのかな?やたらと軽いアッパーだ~食事中に色々言い訳をして先に帰ろうとしているけど…。「お前しかいないよ~」と言いながら、席を立って、横に派手な女性を乗せてドライブ中~。ジュヨンは姑と同居中。色々文句を言い合いながらも嫁姑の仲は良さそう…でも、夫はねぇ…。
家をのぞいている少し訛ったアジュンマ。帰って来たのはジュヨンの妹ジュミ@リュジン氏の相手役~。この家はジュヨンの実家のようですが…。突然家にやって来たボクチュアジュンマは色々と問題を起こしそうな雰囲気だし…。
チ・ヒョヌ氏演じるウビンはサッカー場で電話を受けて、やって来たのはクラブ。選手の一人?を捕まえに来たのかな?学費のためにサッカーが続けられない後輩…。帰宅したウビンを迎えるアボジ…背が小さい…ウェ?オンマもいるのね…寝てるけど。部屋で見るビデオはやはりサッカー。
どうやら、ジュヨンはまだ離婚していないみたい…でも夫はロクデナシ。「あんたは信じられないわ…携帯電話をチェックしてやる…」慌てる夫~。ごまかして寝ちゃう…。まだリュジン氏の出番なし…。
出勤する夫を見送るジュヨン。料理教室へ~普通の幸せな主婦~でもチャノから「アッパーが来ないよ~」と電話あり。「電話してみなさい~アッパーは約束を守るから…」いつまで経ってもアッパーは来ない。チャノ君をサッカー場に送る約束が…。姑からジュヨンに「何とかせぇ~」と電話。
一方ウビンはサッカーを辞めようとしている後輩の説得。困ったジュヨンは妹にチュノの送迎を頼むが…仕事あり。出かけるジュミ。「デートなの?」と冷やかすアジュンマ…でもオンマがひと言「彼氏いないのよ…」
慌てて帰宅しようとするジュヨンがエレベーターの前でウビンとぶつかって荷物を落とす。お互い印象悪~の出会い。あぁ~まだリュジン氏は出てこない…。
ウビンが事務室に持ち込んだ荷物は陶磁器。見事に割れていた。「女とぶつかって…」ジュヨンはタクシーに乗って、夫に怒りのメール。妹のジュミは画家にインタビュー中。誰だ?この画家役の人は…。窓の外に目をやると、ジュヨンの夫が愛人と抱き合っていた…。驚くジュミ。

cyonbone_ep1_02.jpg

スンジェさん登場…と思ったら車椅子を押しているのはリュジン氏。「叔父さんに電話しろ」ウビンのアボジがウジンの叔父さん…ということは、ウビンとウジンは従兄弟…あぁ~ややこしい~。

cyonbone_ep1_03.jpg

会社の経営をめぐって文句を言う、ウビンオンマ。その頃ウビンはサッカー場へ。ジュヨンとチャノもサッカーの応援中。

cyonbone_ep1_04.jpg

スンジェ家を訪ねるウビンの両親。爽やかに登場するウジン@リュジン氏。何か影のある雰囲気かも…。食卓にはごちそうが並ぶ。「会長がお好きなものを用意したわ…」「ところで、気になることがあるのよ。

cyonbone_ep1_05.jpg

もっと大きな病院に行った方がいいんじゃない…?」スンジェ氏の世話をしている女性は誰?後妻かな?何か事情がありそうだけど…「私は…そんな事を聞く資格のない人間です。」若い女性が登場~ウジンの妹か?明るく叔母と話をしている。
サッカー場ではチャノが応援しているチームが勝利!ジュヨンに妹のジュミから電話「え?女?何の女?」「義兄さんがその女にキスをしてて…」「わかったわ…もう切るわね…」ボーッととしている間にチャノが迷子に…。柵を乗り越えようとしているチャノがウビンと出会う。「ユン・ギジュン選手のサインが欲しいんだ!」必死で探すジュヨン。客席の隅でウジンと話すチャノを見つける。「チビがサインをもらおうと乗り越えようとしていたので…」ウジンと電話番号交換をしたウジン。ジュヨンが陶磁器が壊れた原因の女性だと気がつく。「あんたがぶつかったから陶磁器が壊れたんだ…」「わざとじゃないでしょ」当然のように、口論発生~。「壊れた陶磁器が事務室にあるから、一緒に来てもらおうか…」何なの…この男…?
ジュヨンが再度夫に電話するが、今度は車の中で愛人とキス中~。「明日は仕事なの?」「何時に会おうか?」家では姑がドラマを見ながら感情移入中~。
実はジュヨンが7歳の時にオンマが家を出ていた…じゃあ、家にいるのは、ハルモニ?考え事をしていると、夫が帰宅。サッカーボールをお土産に息子の機嫌を取る夫。寝室にやってきて言い訳をする。「急に地方に行かなくちゃ行けなくなって…携帯電話を事務室に置いていったものだから…」
「女は誰なの…昌徳宮の前の道でキスしいた女は…?」「クライアントだよ~ただの客だよ…挨拶でキスしたんだよ~何でもないんだ~」「あぁ~信じられない…そんな女がいるの?2回がまんしたのよ!3回はできないわ!」
漢江で夫と待ち合わせる夫「何て?しばらく会えないって?」
ジュヨンは実家でアジュンマに挨拶。楽しくしゃべった後で妹の部屋で夫の話。「キスしてた女はお客さんで、キスが挨拶みたいなのよ…」「ゑ?キスが挨拶って?」
翌日…ウビンの事務室に仕方なくやって来たジュヨン。「あぁ~」陶磁器を見せるウビン。「確かに壊れてるだろ?作家のところに一緒に行ってもらおうか…」「今時間ないんだけど…」
スンジェさんが会社を出る。社長のウビン父が見送る。スンジェ会長は帰宅して、トレーニング中。足が不自由なようだけど…。アジュンマに介助してもらってシャワー。
家でくつろぐ夫に愛人から電話。「今家の前よ…あんたの家の前、出て来てよ…そうじゃないと家に行くわよ。」ウソをついて家を出る夫。「なんでこんなとこまで…酒でも飲んだのか?」ゴミを捨てにいくジュヨンが見たのは…夫と愛人がキスするところ…。しかもかな~りしつこく。ゴミを振り回して暴れるジュヨン。
次回予告では、やっとジュミとウジンの出会いが…そして、なぜかウジンが川べりで倒れている~?チュノの好きな選手ってBEASTのユン・ドゥジュンだったの?へぇ~?第1話はこんなもんでしょうか?まだ出演時間は少ないです~ウジンの雰囲気は少し暗くていい感じですが…。よく考えるとほとんどセリフがありませんでした~(泣)

「千回のキス」本日初放送!

  • 2011/08/20(土) 12:41:07

リュジン氏の新作ドラマ「千回のキス」が、いよいよ本日初放送です!今日はたぶん人物紹介的なシーンと、相手役との出会いくらいかな?と思いつつ、期待が膨らみますね~。


ネット上には、リュジン氏が相手役のキム•ソウンさんと出会うシーンのオフショットがあがっていました。漢江でジョギングしていてぶつかるシーンのようです~。可愛いソウンさんとツーショットで、デレデレアジョシ状態のリュジン氏ですが、きっとドラマの中では冷たい感じなんでしょうね~?

「千回のキス」制作発表会!

  • 2011/08/16(火) 16:42:29

本日午後2時より、ソウル江南区のウエディングホールで、8月20日より放送されるMBCの新週末ドラマ「千回のキス」の制作発表会がおこなわれました!(速報で~す、詳しくは後ほど…)


麗しいリュジン氏、元気そうで何よりです~。




「1000回のキス」ポスター撮影~!!!

  • 2011/08/11(木) 02:26:24

みなさま~長らくのご無沙汰、申し訳ありませんでした!仕事が忙しかったのと、体調を少し崩したりで、なかなかブログアップもままならず…でもでも、新ドラマの情報が入ってきたら、黙ってはいられませんよね!

cyonbone_poster_01.jpg

いよいよ8月20日(土)から始まるリュジン氏の最新作『천 번의 입맞춤 1000回のキス』の公式ポスターが公開されました!

cyonbone_cast_01.jpg

公式HPによれば、リュジン氏演じるチャン・ウジンはリゾート会社の企画室長。『童顔美女』では社長だったので、少し格下げ?年齢は34歳~実年齢より少々若めなのは、そう見えるんだからしょうがない~!お父さまが会長(何と!イ・スンジェ氏~嬉しいです~)、社長は叔父さんなので、立場が微妙~?母親をガンで亡くしていて、母に冷たかった、イ・スンジェアボジに反発して、クールで暗~い性格に…しかし、そんなウジンがチュミに出会い、彼女を愛するようになって変わっていく…(らしいです・ヘアスタイルが若干微妙~)

cyonbone_cast_02.jpg

そんなウジン@リュジン氏のお相手は、キム・ソウン氏演じるウ・ジュミ。27歳…とはいってもキム・ソウンさんの実年齢は1989年(日本だと平成~)生まれの22歳!実は17歳差のカップルということで…。雑誌社の客員記者をしているジュミは、ある日ジョギング途中にウジンと偶然ぶつかって恋に落ちるそうな(韓ドラらしい!)氷のように冷たくて、冷淡なウジンは、天真爛漫なジュミに序々に心を開いてお互い愛するようになるのだが、二人の間には想像することもできないようなおびただしい障害が待ち受けている…(そうな)

cyonbone_yoko_02.jpg

今のところのシノプシスを読む限りでは、今回のリュジン氏は振られることもなく、三角関係の敵役でもなく、バツイチでも子持ちでもなく、色々な障害はあっても愛を育む役のようで…期待大!!!

cyonbone_yoko_03.jpg

恋人というよりは、可愛い「姪っ子」にメロメロの叔父さんのような雰囲気がただよってますが、ドラマの世界に一歩入れば、きっとお似合いのカップルになるはず!

천 번의 입맞춤
1000回のキス

8月20日(土)
MBC 午後8時40分~

リアル視聴がんばります~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。