スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国家が呼ぶ」ハン・ドフンのパボと呼ばないで~ 第15話

  • 2010/06/28(月) 21:54:38

국가가 부른다
제15회

kuka_18.jpg

いよいよ最終週になりました~(泣)。とどまることを知らないドフン@リュジン氏のコミック演技。今夜は農家のアジュンマ風?ニュース報道によれば、バス停でハナのために「歌を歌う」シーンがあるそうです。フォーエバーの人から聞いた話では「リュジン氏本人は、歌は苦手だと思っていて、カラオケセットを見ると逃げる」そうです。好きだけどなぁ~リュジン氏の生歌…。

仁川空港で中国からイソン財団に送られた美術品の強制捜査を強行した情報局。一方ドフンは自宅の前で麻薬ボスとにらみ合い…。ドフンにへばりついていたハナは…。「誰ですか?」「いいや、気にするな…」厳しい表情でハナを帰らせるドフン。ドフンと別れた後でジニョクに連絡を取るハナ。「麻薬ボスが現れた?」迎えに来たジニョクに抱きつく。(これがうっとーしーのよ!)ウンソもいるのに、無神経な二人…。

漢江で麻薬ボスと落ち合うドフン。「どうして、出てきたんですか?」「ハン理事長の顔が見たくなってね…連絡がつかなくなったんでね」「それで…キム秘書を?」過去のシーンの回想。ドフンが麻薬問題にかかわるようになったきっかけ?酔ったドフンともみ合っているのはジニョクとウンソの情報局の先輩?ドフンにつきとばされた先輩を部下のチンピラに車で轢かせて殺してしまう…ドフンを追い込む作戦?ドフンが情報局の先輩を突き飛ばした映像を送りつけたボス。父親に相談しようとして、父の期待の前に何も言えなかったドフン。そうか…仕方なくやってたのね…(ということだけわかった…)
ボスと別れた後で、アボジに電話するドフン。このままでは愛するキム秘書が危険な目に…。父に何もかも打ち明けようとしたドフンに「情報局が強制捜査」の連絡が入る。結局何も見つからなかった捜査の責任は次長が取らされる…。「麻薬にかかわるなんて…そんなことあってはいけない…絶対にな…」厳格な父親の前では何も言えないドフン。
アジトではラーメンを食べながら、明日からどうするかを話し合う。その時アジトのドアをドンドン叩く音。酔ったドフンがハナを訪ねてきた!「キム秘書に会いたいんだ…キム秘書を呼んでくれ…」ドフンを追い出すジニョク。マンションの前で殴り合うドフンとジニョク…しかし…全く…勝負にならない…。それでもあきらめないドフン。「キム秘書と話したいんだ…キム秘書~!!!」「会いたいんだ…会いたいんだ…キム秘書…」

寝室でドフンの手紙を読み返すハナ。「理事長はもしかして…」クビになったかと心配するハナ。詳しいことを話さないドフン。「明日理事長に…警察だったことを話すわ…」「話したら、すぐに帰ってくるんだぞ…」

翌朝…「理事長…大丈夫ですか?」「キム秘書…綺麗だな…」「昨日の夜はすまなかった…酒に酔って…」スタミナドリンクを手渡すハナ。「キム秘書…何か話すことはないか?」

情報局の捜査員たちが次々と取り調べを受ける。ドフンの父の圧力?ジニョクも取り調べを受けている。責任は?チーム長のウンソ?「ハン・ドフンは麻薬密売の容疑者だ!」と堂々と答えるジニョク…しかし…ウンソのことも心配?
急に情報局と連絡が取れなくなり心配するハナ。そこにイソン財団の職員が来る。「急に中国からVIPが来て…」焦るハナ。そこにやって来たドフン。「キム秘書はスケジュールがつまっているんだ…他を探せ…」命拾いした~。
次長に土下座するジニョク。他部署に異動になったウンソ…やはりチーム長として、今回の問題の責任を取らされた?落胆する情報局のメンバーたち。
その頃ハナはドフンと一緒に田舎に来ていた…。また車の故障?でも少し怪しい…。「ここはどこですか?」「俺もわからない…?ついて来て…」ハナを連れてドフンはどこへ行く?
捜査が中断されて、設備をかたづけているメンバーたち。TVニュースで麻薬ボスのことが報道されている。例の女性と一緒に何やら怪しげな相談をしている麻薬ボス。

ハナと一緒に田舎道を楽しそうに歩くドフン。「理事長…携帯電話を貸してください…チンサンに連絡しますから…」「ダメだ…チンサンはキム秘書を…」「チンサンが何ですって?」
農家のアジュンマ風の服装に日よけの帽子、日焼けクリームを塗った巨大な男子…。(一番上の写真)ドフンがやりたかったのは果樹園で林檎の袋かけ?不器用にいくつもの林檎を落とすドフンを見ていられない~思わず手を貸すハナ。「見ててくださいよ…」ハナも林檎を落とす。二人で落とした林檎を足で埋めてごまかす…。
現実を忘れたいドフン…そんなドフンにハナは…「過去を捨ててください…全部捨てて…心配しないでください…」
捜査が終了に反対するジニョク。去っていかなければいけないウンソも辛そうだ…。シニル上司が次長に辞表を出す。林檎の作業が終わり、バス停でバスを待つハナとドフン。「父の期待にこたえらない自分が恨めしくて…キム秘書…歌でも歌ってくれ…」「理事長が歌ってください…」「嫌だ…恥ずかしい…」「今まで一度も彼氏に歌を歌ってもらったことがないんです…」「今まで一度も?」ヤル気になったドフン。セリフ入りの謎の歌?を歌い出す…。何だ!この曲は?空気が読めてないのは確かだけど…何とも言えない~。

※ドフンの歌ったノレは
チョ・ヨンピルの
「キリマンジャロの豹」という歌だそうです
(フォーエバーでお聞きしました♪)

キリマンジャロの豹といえば…
『純情』のチャンソク刑事がセジンに
元気になって、キリマンジャロに豹がいるかどうか
確かめに行こう!と言ってましたね~

バスに乗って、二人で仲良く帰って来たハナとドフン。ハナを優しく見送るドフン…。なぜか寂しそう…。ドフンの後ろ姿を見送るハナもまた…。
ハナが家に帰れずにマンションの前にいると、ジニョクが帰ってきた…。手を握り合うハナとジニョク。あぁ~この二人が嫌なのよ~。ハナに辞表を渡すジニョク。「明日、理事長に渡すんだ…アメリカに帰ると言って…」「辞表ですか…」二人で仲良く話していると、サングラスをしたウンソがやって来る。飲みにでかけるウンソ。化粧がドロドロに落ちるまで酔って泣くウンソ。ハナのパンマルに突然怒り出す~。…で結局酔って、ハナのベッドで眠るウンソ。「ハナ…私は…先輩にできなかったことがたくさんあるのよ…同じようにならないでね」翌朝…辞表を見つめながら悩むハナを可愛く呼ぶドフン…いつものように?応接をハナに掃除させる…応接には例の絵のかわりにハナの絵がかかっている…。ドフンにかかってきた電話は…麻薬ボスがプールから?「俺が直接麻薬を運ぶんだって?」絵を見つめながら悩むハナ。絵の後ろには…何かおかしい…隠し扉を見つけたハナ。扉を開けようとして…ドフンが入ってくる~。ごまかして昼食に誘うハナ。「アメリカにいる義父が病気で…」「わかった、行かなきゃな…」素直に応じるドフン。「アメリカに行けばあえなくなりますけど…」「わかってる…」「キム秘書は俺がどういう人間に見える?」「悪い人には見えませんけど…」ハナが韓国を離れれば、麻薬組織に狙われなくてもすむ…。アジトも解散…カフェでイケメン部下に会うハナ。ネクタイピンをハナに渡すイケメン部下。またカメラが仕込んである?ネクタイピンを持って財団に行ったハナを見かけて、自分のためのソンムルだと思って喜ぶドフン。気が重いハナ…。女性職員と仕事の話をしていると、非常ベルが鳴る。展示室にハナがかけつけた。何事?
例の絵の後ろの金庫を開けて、拳銃を取り出すドフンの姿をモニターしたハナ。起きてきたオンマに慌ててPCを閉じる。いよいよハナが辞める日…。ネクタイピンをはずそうとするハナに「初めてで最後のソンムルじゃないか!」とネクタイピンを渡さないドフン。ハナはどうしてネクタイピンを回収しようとしている?ドフンを庇うため?
最後の挨拶をしに事務室に入るハナ。「行きます…理事長。今まで…ありがとうございました。」「色々ありましたが…本当に申し訳ありません…」イヤホンをして振り向かないドフン。
ドフンが持っていた銃は…ジニョクの銃?ウンソとジニョクの事件にドフンが関係している?会社を出ていくハナを追ってきたドフン

行くな…行くな…オ・ハナ…

ドフンはキム秘書がハナだと知っていた???
明日はいよいよ最終回…
でも、予告はなし?
やっぱり今日まで撮影していたから?
ただいま編集中でしょうか?

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。