スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青年劇場『族譜』 オクスンが語る歴史

  • 2008/07/01(火) 00:00:00

先週、『族譜 족보』の舞台を見に行きました。原作者の梶山季之(1930~1975)は企業小説や風俗小説などでも知られていますが、植民地時代の京城で朝鮮総督府の土木技師の家庭に生まれたことなどから、「朝鮮物」といわれる一群の作品があります。植民地支配のもとでの「創氏改名」政策を題材にした『族譜』は『李朝残影』と並んで、梶山の朝鮮物の代表作にあげられる作品で、昨年8月に岩波現代文庫版『族譜・李朝残影』が出版されています。

cyoxtupo_1_1.jpg

舞台『族譜』は、青年劇場の公演によるもの。2006年10月に初演。今回は、6月の練馬文化センターから始まって、10月まで全国27ヶ所を巡回する予定だそうです。

◆ 公演の詳細はこちら 青年劇場「族譜」サイト

スポンサーサイト

続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。