スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アリランの歌』覚書 第一部

  • 2008/06/18(水) 00:01:55

まさに『京城スキャンダル』の時代、1937年中国・延安。「革命の聖地」ともいわれるこの地で、朝鮮人革命家キム・サン(張志楽)とアメリカ人女性ジャーナリスト、ニム・ウェールズ(ヘレン・フォスター・スノー)が出会い、うまれた名著『アリランの歌』…このブログでも、『京城スキャンダル』の時代を語る時に、何度か引用しています。

芥川賞作家李恢成(イ・ホェソン)氏、『アリランの歌』岩波文庫版補注や『創氏改名』の著者で近代史研究者の水野直樹氏、作家金賛汀(キム・チャンジョン)氏など『アリランの歌』に魅せられた人たちの手によって、キム・サンとニム・ウェールズ「二人の精神世界に近づき、歴史の空白を埋める作業をつうじて、時代を背景をも明らかにしたい」というねらいのもとで編まれた『アリランの歌』覚書(岩波書店)第一部を読み終えました。

ariran_1_1.jpg

『覚書』のまえがきで、李恢成氏は『アリランの歌』が時代を超えて読み継がれている理由について、次のように述べています。

恐らくこの一冊から人々が受けとったのは、革命の時代の困難な人間の生き方であり、地獄めぐりにひとしい、そうした逆境の中でも未来を信じようとする人間のひたむきな生命力のようなものではあるまいか。

スポンサーサイト

続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。